テラフォーマーズ(TERRA FORMARS、テラフォ)のネタバレ解説まとめ

『テラフォーマーズ(TERRA FORMARS、テラフォ)』は、作画が橘賢一・原作が貴家悠によるコミック作品。『全国書店員が選んだおすすめコミック2013』で2位で、『このマンガがすごい!(2013年)』オトコ編では1位となった。累計発行部数は1600万部(2016年4月時点)を突破している。
火星開拓の副作用で異常進化したゴキブリ「テラフォーマー」と人類の存続をかけた戦いを描く。

第四班の策略により、孤立してしまった第五班。
テラフォーマーの大群に囲まれてしまう。善戦するも、力士型テラフォーマーの登場により窮地に追い込まれる。
班員を家族同然に想うアドルフは必死に護るも、最後は投石攻撃により絶命してしまう。戦いの最中、「もう嘘を吐かないで生きよう」と決意しにも関わらず、その願いは永遠にかなえられない。アドルフの生きざまを表すシーン。

小吉とジョセフの戦い

燈たちを脱出させる為に、劉・小吉・アシモフ・ジョセフが火星に残り、凱将軍やテラフォーマーと戦う。
その最中、ジョセフが本性を表す。彼の狙いは幹部たちの抹殺だった。
小吉は、ジョセフと五角以上の戦いを展開するが、エヴァから奪ったデンキウナギの能力を使い小吉を苦しめる。
小吉は心臓を剣で串刺しにされ、なおかつ頭部に電気ショックを受けた状態にもかかわらず、ジョセフをバラバラにし勝利した。

蛭間一郎の政治力

アネックス2号の乗務員救助のため極秘に会議を開いた各国首脳だったが、アメリカの大統領が火星に救助艇を飛ばしていないことが発覚。
中国が野心をむき出しにして火星の救助の為すでに船を派遣していると発言。
そこで蛭間が「本多晃を確保している」と発言。バグス手術の成功率が上がることをチラつかせ、ロシア、ドイツを味方につけた。そして中国がもっていた主導権を奪うことに成功する。
武力ではなく政治力でアネックス2号の乗務員を守っていることがわかる、印象的なシーン。

テラフォーマーの大群

テラフォーマーは、スキンヘッド型・力士型など一部を除いては大群で行動する。
作中では「億」と表現されるほど、数が多い。火星の大地に余すことなく生息している故に何処にでも出没する。
アネックス2号の乗務員は不時着時に各班に別れ行動したが、度々群体のテラフォーマーに遭遇し多大な被害を出している。
黒い軍隊は見ただけで悪寒が走るような不気味さだ。

関連映像

アニメ

OVA

監督は浜崎博嗣。
単行本1巻にあたる「バグズ2号編」が前後編のOVAとして制作された。
単行本10巻のOVA同梱版に前編「00-01 THE ENCOUNTER 既知との遭遇」が収録。
単行本11巻OVA同梱版に後編「00-02 UNDEFEATED 敗れざる者たち」が収録。

TVアニメ版(テラフォーマーズ)

監督はOVAと同じ浜崎博嗣。
単行本2巻以降にあたる「アネックス1号編」を描く。
テレビアニメとして2014年9月より12月まで放送された。

TVアニメ版(テラフォーマーズ リベンジ)

監督は福田道生。
TVアニメ版(テラフォーマーズ)の続編で、単行本7~12巻にあたる。
反乱を起こした第四班と他班の戦いを中心に描く。
テレビアニメとして2016年4月より6月までまで放送された。

実写

実写映画版「テラフォーマーズ」

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents