STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート/シュタゲ)のネタバレ解説・考察まとめ

STEINS;GATEとは、5pb.の同人ゲーム作品を原作としたアニメ作品である。放送時期は2011年の4月から9月。第15回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品アニメーション部門/長編に選ばれた。
大学の友人と日々おかしなマシンを開発していた倫太郎は偶然タイムマシンを開発する。だが、倫太郎はタイムマシンで過去を改変したことにより様々な問題に直面してしまう。

CV:関智一
ラボメンNo.003。通称「ダル」。
19歳、身長164cm、体重98kg、B型。
東京電機大学の一年生で、倫太郎とは高校からの付き合い。
ハッキングの技術はある研究機関にハッキングを仕掛け成功させるレベルである。
日常会話でもネット用語を使用していて、二次元をこよなく愛している。

牧瀬 紅莉栖(まきせ くりす)

出典: steinsgate.tv

CV:今井麻美
ラボメンNo.004。
18歳、身長160cm、体重45kg、A型、スリーサイズはB79/W56/H83。
アメリカのヴィクトル・コンドリア大学脳科学研究所所属研究員。
同大学をすでに飛び級で卒業している。
専攻は脳科学で、サイエンス誌に自らの論文がすでに記載されている。
実は重度の@ちゃんねらーでラボメンとの会話中につい、@ちゃんねる用語に反応してしまうことがある。
実験大好き少女で岡部たちの実験現場を偶然目撃したことが発端で、倫太郎たちのラボに顔を出すようになる。
シュタインズゲート世界線で、自身を救った人間を探している最中に倫太郎と再会。ラボメンの証であるピンバッジを受け取るが、紅莉栖はその意味を理解できていない。だが、他の世界線での一部の記憶が残っており倫太郎の「クリスティーナ」という呼び方に対して反応を示す。

桐生 萌郁(きりゅう もえか)

出典: steinsgate.tv

CV:後藤沙緒里
ラボメンNo.005。通称『閃光の指圧師(シャイニングフィンガー)』
20歳、身長167cm、体重54kg、B型、スリーサイズはB88/W59/H88。
編集プロダクション「アーク・リライト」でアルバイトをしている。
極度の携帯依存症で人と会話するときは、直接会話せずにメールを送る。
SERNから派遣されたFBという人間によって操られ、ラウンダーとして活動している。
シュタインズゲート世界線では「ブラウン管工房」でバイトとして雇われている。

漆原 るか(うるしばら るか)

出典: steinsgate.tv

CV:小林ゆう
ラボメンNo.006。男の娘。
16歳、身長161cm、体重44kg、血液型はA型、スリーサイズはB73/W60/H77。
御茶ノ水にある私立花浅葱大学附属学園2年生で、まゆりのクラスメイト。
秋葉原にある「柳林神社」の一人息子。
見た目は女の子のようであるが、正真正銘の男。
容姿のことは本人も気にしており「いっそのこと女の子になりたい」という、願いを持っている。

フェイリス・ニャンニャン

出典: steinsgate.tv

CV:桃井はるこ
「フェイリスニャンニャン」は源氏名で、本名は「秋葉 留未穂(あきは るみほ)」であるが、作中に本名で呼ばれることは数えるほどしかない。
17歳、身長143cm、体重43kg、AB型、スリーサイズはB80/W54/H77。
自らが経営するネコ耳メイド喫茶「メイクイーン+ニャン2」で働いていて、人気ナンバー1メイド。
いつも猫語で話すため語尾に「にゃん」をつける。倫太郎とは厨二病仲間。
流行しているボードゲーム「雷ネット」の腕は世界ランカーレベル。店内の試合では常に無双している。
実は秋葉原の大地主で父が秋葉原の街づくりに強く影響していた。そのため、Dメールによって過去を改変した父親が死なない世界では、父がオタク文化を秋葉原にとりえれることを拒否したことで秋葉原はただの電気街となっている。

阿万音 鈴羽(あまね すずは)

出典: steinsgate.tv

CV:田村ゆかり
ラボメンNo.008。自称「一人前の戦士」。
18歳、身長163cm、体重51kg、O型、スリーサイズはB80/W59/H86。
唐突に現れ、未来ガジェット研究所階下の「ブラウン管工房」でアルバイトを始めた少女。
なぜかサバイバル術などに精通していて、倫太郎からは「バイト戦士」と呼ばれている。
倫太郎たちの不注意で偶然タイムマシーンの存在を知ってしまい、半ば強制的にラボメンになることが決まる。
α世界線では、未来から来たSERNと戦う本当の戦士。至の実の娘であるということは本人も知らなかった。倫太郎が去っていく鈴羽を引き止めない世界では最後までその事実を知らずに他界する。
β世界線では、至の娘であることを知っていて、未来から第三次世界大戦を食い止めるために派遣されて過去へ跳んできた。

天王寺 裕吾(てんのうじ ゆうご)

出典: steinsgate.tv

CV:てらそままさき
通称「ミスターブラウン」。
32歳、身長187cm、体重86kg、O型。
未来ガジェット研究所の階下にある「ブラウン管工房」の店主。
研究所の部屋を倫太郎に貸している。
萌郁を操るFBの正体。FBは、ブラウン管の開発者であるフェルディナント・ブラウンのイニシャルから名付けた。
SERNの命令でラウンダーを集め、IBN5100の回収を目論んでいた。

用語解説

未来ガジェット研究所

倫太郎が創設したラボラトリー。
研究所に所属するメンバーを「ラボメン」と呼ぶ。
ラボラトリーと言っても、実際にはブラウン管工房の二階にある空き部屋を借りて作られた拠点である。
倫太郎たちの実験により度々部屋を傷つけては、家主のブラウン氏に怒られる。

電子レンジ(仮)

中に入れたものを過去に跳ばし、取り付けられた携帯にメールを送るとメールが過去に跳ばされる。
物体を過去に飛ばすと体積の強制的圧縮によって、跳ばされた物体はゲル状になる。
メールは容量が決まっていて、英語で36文字、日本語で18文字しか一度に送ることはできない。
電子レンジのタイマーによって遡る時間は決まっていて、タイマーの一秒は現実時間の一時間に値する。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

シュタインズ・ゲート ゼロ(第3話『双対福音のプロトコル』)のあらすじと感想・考察まとめ

レスキネン教授の発案により、紅莉栖の記憶をベースとしたアマデウスのテスターを引き受けた岡部だったが、まるで紅莉栖がそこにいるかのような錯覚に陥っていく。一方、岡部と鈴羽の仲を案じたまゆりは、彼女のコスプレ仲間とともにクリスマスパーティの計画を立てる。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第3話『双対福音のプロトコル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第1話『零化域のミッシングリンク』)のあらすじと感想・考察まとめ

β世界線で牧瀬紅莉栖を救うのを諦めた未来の物語。ラジ館の事件から時は過ぎ、各々の日常を過ごしていたラボメン達だったが、岡部は心に大きな傷を抱えていた。まゆりに勧められメンタルクリニックに通いながら日常に埋もれていく彼からは「鳳凰院凶真」としての顔も封印されていた。そんな折、ヴィクトル・コンドリア大学のセミナーに出席した岡部は、主催のレスキネン教授の助手・比屋定真帆と出会う。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第1話『零化域のミッシングリンク』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第2話『閉時曲線のエピグラフ』)のあらすじと感想・考察まとめ

レスキネン教授が発表した論文は、かつて紅莉栖が提唱した「人の記憶をデータ化し保存する」ことに成功したというものだった。そして、この研究を基に、保存された人間の記憶や感情から構築された人工知能「アマデウス」は、本物の人間のように見えた。セミナー終了後、岡部が紅莉栖の知人だと知った真帆とレスキネン教授から提案されたのは、8ヶ月前の紅莉栖の記憶を基としたアマデウスに会うことだった。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第2話『閉時曲線のエピグラフ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『シュタインズ・ゲート ゼロ』とは、5pb.製作の同名ゲームを原作としたアニメ作品であり、前作『シュタインズ・ゲート(STEINS;GATE)』の続編である。 大学の友人と偶然タイムマシンを開発してしまった岡部倫太郎は、幼馴染である椎名まゆりを救うために奮闘するが、その結果恋人となった牧瀬紅莉栖を失うこととなる。これは、救えなかった「未来」の物語。

Read Article

シュタインズ・ゲート『STEINS;GATE』本格SFアニメの傑作!

2011年4月から放送された、全24話アニメ。 一見、中二病全開の主人公・岡部倫太郎が、ある時 本物のタイムリープマシンを完成してしまうことから 物語は始まっていきます。一見とっつきにくそうなアニメ ですが、途中から離れられなくなること間違いなしです! ※主人公がアニメアワード2011キャラクター部門男性賞もとっています。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(STEINS;GATE 0)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュタインズ・ゲート ゼロ』とは、2018年4月から9月にかけて全23話+SP特番1話が放送されたテレビアニメ作品。原作は5pb.の同名ゲームソフトであり、2011年4月から9月にかけて放送された第1作目『シュタインズ・ゲート』の続編である。第1作目の物語における分岐点となった第23話から続く「β世界線」において、主人公である岡部倫太郎が辿る運命を描く。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第6話「軌道秩序のエクリプス」)のあらすじと感想・考察まとめ

るかが連れて来た記憶喪失の少女は、鈴羽が探していた椎名かがりだった。それが分かっても彼女自身の記憶は戻らないままだったが、ラボメンと過ごす中でかがりは次第に笑顔を取り戻していく。元旦を迎え、ラボメンやまゆりのコスプレ仲間で初詣に行くこととなる。その後、ラボに移動して年明けパーティを開いた岡部たちだったが、その最中に武装した何者かに襲われる。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第6話『軌道秩序のエクリプス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第4話『亡失流転のソリチュード』)のあらすじと感想・考察まとめ

牧瀬紅莉栖は死んでいる。その現実を突き付けられた岡部は、突如リーディングシュタイナーの感覚に襲われるが、そこは元の世界線とほぼ変わりはなかった。一方、ダルは鈴羽の様子がおかしいことに気付く。鈴羽は、一緒に未来に来た後に行方不明になったまゆりの養女『椎名かがり』を探していた。捜索の手がかりが無い中、ダルが協力を要請したのは、この世界線で面識のないはずの人物『桐生萌郁』だった。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第4話『亡失流転のソリチュード』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第7話『振電遷移のエクリプス』)のあらすじと感想・考察まとめ

突如として乱入してきた武装集団は、ライダースーツの女を筆頭にかがりを拐おうとした。だがそこに現れた天王寺裕吾が彼らを一蹴し、ことなきを得る。このことで、かがりを拐おうとしたのはラウンダーではないと踏んだ岡部は、裕吾にかがりのボディーガードを頼む。そんな中、再びリーディングシュタイナーが発動し世界線が変動すると、そこには牧瀬紅莉栖の姿があった。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第7話『振電遷移のエクリプス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第5話『非点収差のソリチュード』)のあらすじと感想・考察まとめ

ダルが協力を求めたのは、かつてα世界線で敵対した桐生萌郁だった。椎名かがりの捜索依頼を引き受けた萌郁は、岡部たち以外にもかがりを探している人間がいるという情報を掴む。一方、アマデウス"紅莉栖"から、岡部からなんの連絡もないことを相談されていた真帆は、岡部と話をしにラボへ向かう。だがその道中何者かに後を付けられてしまう。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第5話『非点収差のソリチュード』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents