こんな可愛い子が女の子のはずがない!?可愛い男の娘5選!!(ネタバレ含む)

こんなに可愛いのに女の子じゃない?
最近になって、話題になってきた「男の娘」。
その存在はいろいろな作品に出てきて、視聴者を魅了します!
今までは知らなかった人も知ればきっと虜になるはず!可愛い男の娘をご紹介します!

はじめに

最近「男の娘」という言葉を聞いたことありませんか?男の娘とは男でありながら女の子にしか見えない外見と内面を持つ子の総称です。
可愛いのに女の子じゃない!でも可愛い…そんなジレンマに遭いながら最終的には男の子でも良い!!むしろ男で良い!!となってしまうのが男の娘の魅力。
今回はそんな男の娘達をご紹介します!
劇中に男の娘ということ判明したものもありますので、ネタバレに注意してください。(プリパラ・ダンガンロンパ)

・木下秀吉(バカとテストと召喚獣)

文月学園高等部2年Fクラスに通う稀代の美少女、木下秀吉君。
演劇部所属で部活に精が入り過ぎるため成績がとれていません。
爺言葉で喋ることが特徴的です。
その美声は学園の中でも有名で、それを活かした声帯模写は女声も男声も自由自在。、
演劇部所属のこともあって、異常なまでの役者魂が心に宿っています。
なので女装(させられていて)も決して手を抜くことはありません!それが更に男性ファンを増やしています。
「このライトノベルがすごい!」の2009年度版において男性キャラの1位、女性キャラにおいても10位、総合2位という男女双方で大健闘を見せました。なんで女性キャラランキングにいるんだ!!というツッコミすらないのが木下秀吉の凄さを表しています。

・漆原るか(STEINS;GATE)

清楚で可憐で正直者という三拍子揃った大和撫子の漆原るか君。
しかし、劇中でたびたびだが男だと注釈が入ることからようやく男性ということが分かります。
高校(私服制)に行くとき以外はほとんど巫女服を着ているが、これはどうやら父親の趣味みたいです。なんという趣味。

本人は女の子のような容姿が嫌いで、いっそのこと女の子になりたいという願望(性同一性障害?)を持つほど自信喪失気味。
そのため、いつも怯えたような小さい声で話し、感情の振れ幅が大きくなると悲喜どちらでも泣いてしまう気の弱い性格です。
それがさらに女性らしさを出しているのかもしれません。

・レオナ・ウェスト(プリパラ)

お姉さんのドロシー・ウェストとは双子でアイドルのレオナ・ウェスト君。キャッチフレーズは「テンション・リラックス」。
行動的な姉のドロシーとは対照的に引っ込み思案で「ドロシーがやるなら私も…」が口癖になってます。
その依存度は強く、「ドロシーが気絶するなら私も…」と言って気絶してしまう程。
その言動は当初「自分の意見がない」とマイナスに捕えられていましたが、後にそういった言動は自分よりも誰かの幸せを喜ぶ天性の優しさからくるものであると認識を改めています。可愛い…。
作中では突然男の娘ということが判明し、女児向けアニメなのに…と激震が走りました。
普段女の子の格好をしてるのはドロシーのマネをしてるからだそうです。
しかし女装に対して自分の「あるがまま」という意思を表明しており、自ら好んで女物を着用しているようです。

・秋月涼(THE IDOLM@STER Dearly Stars)

男でありながら男に告白されるような自分を変え、男らしいイケメンになる為に、一念発起して従姉である765プロアイドルを頼ってアイドルデビューしようとする秋月涼君。
プロアイドルその頼みに対して876プロを紹介してくれますが、成り行きで女装してステージに立つ事に。
そのステージで女の子アイドルとしての才能を秘めている事が明らかになり、律子に女装アイドルとして765プロに連れて行かれそうになりますが、男性アイドルとしてデビューしても良いと言う言葉に釣られてそのまま876プロでデビューする事を選びます。
しかし、石川社長から「断じて、女の子デビュー。それ以外は認めません」とあっさりと切り捨てられ結局女装デビューをする羽目に…。
少し不憫な気もしますが、可愛いから仕方ない。

不二咲 千尋(ダンガンロンパ)

数々の革新的なプログラムを作る「超高校級のプログラマー」の不二咲千尋。
高校生のはずですが、小学生に見紛うほど小柄であり、おっとりした性格と可愛らしい容姿ゆえに、ファンからは超高校級の天使または小動物と呼ばれることもあります。どう見ても愛らしい少女ですが、CVは男性声優(40代)。
初めて自分で作ったプログラムは、小さい頃、父親のプログラムを勝手に改造して遊んでいるうちに完成させた自動応答システムである。
気弱で優しい性格で、自分の容姿に対してコンプレックスを抱えていますが、それを乗り越えようとする素直で前向きな心を持っています。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
紹介した男の娘は女の子より女の子らしい性格や容姿の子ばかり。
これを全部読んで頂いたあなたもきっと男の娘のことをいいなと思ってくれていると思います。
是非これからは作中の男の娘達も気にかけてみてください。
きっと可愛くて、気がつけば虜になること間違いありません!

yu-na78
yu-na78
@yu-na78

Related Articles関連記事

シュタインズ・ゲート ゼロ(STEINS;GATE 0)のネタバレ解説まとめ

『シュタインズ・ゲート ゼロ』とは、2018年4月から9月にかけて全23話+SP特番1話が放送されたテレビアニメ作品。原作は5pb.の同名ゲームソフトであり、2011年4月から9月にかけて放送された第1作目『シュタインズ・ゲート』の続編である。第1作目の物語における分岐点となった第23話から続く「β世界線」において、主人公である岡部倫太郎が辿る運命を描く。

Read Article

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート、シュタゲ)のネタバレ解説まとめ

STEINS;GATEとは、5pb.の同人ゲーム作品を原作としたアニメ作品である。放送時期は2011年の4月から9月。第15回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品アニメーション部門/長編に選ばれた。 大学の友人と日々おかしなマシンを開発していた倫太郎は偶然タイムマシンを開発する。だが、倫太郎はタイムマシンで過去を改変したことにより様々な問題に直面してしまう。

Read Article

バカとテストと召喚獣(バカテス、Baka and Test)のネタバレ解説まとめ

『バカとテストと召喚獣』とは、井上賢二作の小説が原作のテレビアニメ。第一期は2010年、第二期は2011年に放送された。成績下位の人間ばかりが集められた学年最下位のクラス、Fクラス。彼らは学年最上位クラスに勝利するため、試験召喚戦争を始める。大きな点数差に圧倒されながら、自身の召喚獣と学校中を駆使して生徒たちが奮闘する。「試験召喚システム」を使って、生徒たちが下剋上を起こすドタバタコメディアニメ。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第4話『亡失流転のソリチュード』)のあらすじと感想・考察まとめ

牧瀬紅莉栖は死んでいる。その現実を突き付けられた岡部は、突如リーディングシュタイナーの感覚に襲われるが、そこは元の世界線とほぼ変わりはなかった。一方、ダルは鈴羽の様子がおかしいことに気付く。鈴羽は、一緒に未来に来た後に行方不明になったまゆりの養女『椎名かがり』を探していた。捜索の手がかりが無い中、ダルが協力を要請したのは、この世界線で面識のないはずの人物『桐生萌郁』だった。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第4話『亡失流転のソリチュード』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第1話『零化域のミッシングリンク』)のあらすじと感想・考察まとめ

β世界線で牧瀬紅莉栖を救うのを諦めた未来の物語。ラジ館の事件から時は過ぎ、各々の日常を過ごしていたラボメン達だったが、岡部は心に大きな傷を抱えていた。まゆりに勧められメンタルクリニックに通いながら日常に埋もれていく彼からは「鳳凰院凶真」としての顔も封印されていた。そんな折、ヴィクトル・コンドリア大学のセミナーに出席した岡部は、主催のレスキネン教授の助手・比屋定真帆と出会う。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第1話『零化域のミッシングリンク』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第5話『非点収差のソリチュード』)のあらすじと感想・考察まとめ

ダルが協力を求めたのは、かつてα世界線で敵対した桐生萌郁だった。椎名かがりの捜索依頼を引き受けた萌郁は、岡部たち以外にもかがりを探している人間がいるという情報を掴む。一方、アマデウス"紅莉栖"から、岡部からなんの連絡もないことを相談されていた真帆は、岡部と話をしにラボへ向かう。だがその道中何者かに後を付けられてしまう。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第5話『非点収差のソリチュード』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第2話『閉時曲線のエピグラフ』)のあらすじと感想・考察まとめ

レスキネン教授が発表した論文は、かつて紅莉栖が提唱した「人の記憶をデータ化し保存する」ことに成功したというものだった。そして、この研究を基に、保存された人間の記憶や感情から構築された人工知能「アマデウス」は、本物の人間のように見えた。セミナー終了後、岡部が紅莉栖の知人だと知った真帆とレスキネン教授から提案されたのは、8ヶ月前の紅莉栖の記憶を基としたアマデウスに会うことだった。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第2話『閉時曲線のエピグラフ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第6話「軌道秩序のエクリプス」)のあらすじと感想・考察まとめ

るかが連れて来た記憶喪失の少女は、鈴羽が探していた椎名かがりだった。それが分かっても彼女自身の記憶は戻らないままだったが、ラボメンと過ごす中でかがりは次第に笑顔を取り戻していく。元旦を迎え、ラボメンやまゆりのコスプレ仲間で初詣に行くこととなる。その後、ラボに移動して年明けパーティを開いた岡部たちだったが、その最中に武装した何者かに襲われる。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第6話『軌道秩序のエクリプス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第3話『双対福音のプロトコル』)のあらすじと感想・考察まとめ

レスキネン教授の発案により、紅莉栖の記憶をベースとしたアマデウスのテスターを引き受けた岡部だったが、まるで紅莉栖がそこにいるかのような錯覚に陥っていく。一方、岡部と鈴羽の仲を案じたまゆりは、彼女のコスプレ仲間とともにクリスマスパーティの計画を立てる。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第3話『双対福音のプロトコル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第7話『振電遷移のエクリプス』)のあらすじと感想・考察まとめ

突如として乱入してきた武装集団は、ライダースーツの女を筆頭にかがりを拐おうとした。だがそこに現れた天王寺裕吾が彼らを一蹴し、ことなきを得る。このことで、かがりを拐おうとしたのはラウンダーではないと踏んだ岡部は、裕吾にかがりのボディーガードを頼む。そんな中、再びリーディングシュタイナーが発動し世界線が変動すると、そこには牧瀬紅莉栖の姿があった。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第7話『振電遷移のエクリプス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『シュタインズ・ゲート ゼロ』とは、5pb.製作の同名ゲームを原作としたアニメ作品であり、前作『シュタインズ・ゲート(STEINS;GATE)』の続編である。 大学の友人と偶然タイムマシンを開発してしまった岡部倫太郎は、幼馴染である椎名まゆりを救うために奮闘するが、その結果恋人となった牧瀬紅莉栖を失うこととなる。これは、救えなかった「未来」の物語。

Read Article

バカとテストと召喚獣(バカテス、Baka and Test)の名言・名セリフまとめ

「バカとテストと召喚獣」は、井上堅二によるライトノベル作品。 主人公「吉井明久」が在籍する文月学園では、科学とオカルトの偶然によって開発された「試験召喚システム」が採用されていた。己の試験結果に応じた強さの召喚獣を駆使し戦う試験召喚戦争で、勝利報酬である待遇の向上を目当てに、成績最底辺である明久達のFクラスは上位クラスへ立ち向かう。主にバカらしく滑稽な名言が数多い。

Read Article

シュタインズ・ゲート『STEINS;GATE』本格SFアニメの傑作!

2011年4月から放送された、全24話アニメ。 一見、中二病全開の主人公・岡部倫太郎が、ある時 本物のタイムリープマシンを完成してしまうことから 物語は始まっていきます。一見とっつきにくそうなアニメ ですが、途中から離れられなくなること間違いなしです! ※主人公がアニメアワード2011キャラクター部門男性賞もとっています。

Read Article

目次 - Contents