シュタインズ・ゲート ゼロ(STEINS;GATE 0)のネタバレ解説まとめ

『シュタインズ・ゲート ゼロ』とは、2018年4月から9月にかけて全23話+SP特番1話が放送されたテレビアニメ作品。原作は5pb.の同名ゲームソフトであり、2011年4月から9月にかけて放送された第1作目『シュタインズ・ゲート』の続編である。第1作目の物語における分岐点となった第23話から続く「β世界線」において、主人公である岡部倫太郎が辿る運命を描く。

『シュタインズ・ゲート ゼロ』の概要

『シュタインズ・ゲート ゼロ』とは、2018年4月から9月にかけて全23話+SP特番1話が放送されたテレビアニメ作品。原作は5pb.とニトロプラスのコラボレーション企画『科学アドベンチャーシリーズ』の中の同名ゲームソフトであり、同シリーズのゲームソフト『CHAOS;HEAD』『ROBOTICS;NOTES』『CHAOS;CHILD』とも世界観を共有している。アニメーションとしては2011年4月から9月にかけて放送された第1作目『シュタインズ・ゲート』の続編であり、第1作目の物語における分岐点となった第23話から続く「β世界線」において、主人公である岡部倫太郎が辿る運命を描く。また、アインシュタインの相対性理論が物語の鍵として登場したり、本作に登場する人工知能システム『Amadeus』が学会誌に掲載されたりするなど、現実世界の科学にもリンクしている部分が多く存在する。

『シュタインズ・ゲート ゼロ』のあらすじ・ストーリー

「Amadeus」に「牧瀬紅莉栖」の面影を感じ、苦悩する岡部

物語は、前作『シュタインズ・ゲート』で主人公・岡部倫太郎が訪れた世界線(パラレルワールド)の1つである"β世界線"で起きた「愛する人を喪う」悲劇から始まる。愛する人・牧瀬紅莉栖の救出を諦めた岡部は、様々な世界線を渡り歩いたことによるフラッシュバックに苦しんでいた。自分自身のアイデンディティーとしていた『鳳凰院凶真』という人格を封印し、かつて紅莉栖が所属していた「ヴィクトリア・コンドリア大学」に行くことをを新たな人生の目標とし、サークルや合コンに明け暮れるごく普通の大学生として日常を送ることになる。ある日、岡部は通っている大学の教授のセミナーを手伝うことになり、そこで紅莉栖と同じ研究チームだったレスキネン教授と、紅莉栖の先輩であった比屋定真帆と出会う。そこで岡部は、彼らが人間の記憶をコンピューターに保存し、それを活用しているAIシステム「Amadeus(アマデウス)」の研究開発を行なっていることを知る。レスキネン教授の提案により、岡部は「Amadeus」のテスター協力をすることになった。その「Amadeus」には、「牧瀬紅莉栖」の記憶がインストールされていた。戸惑いつつも専用アプリの中の「紅莉栖」と交流を深めていくことになった岡部だが、距離を縮めていくほどに、喪った「牧瀬紅莉栖」の面影を持つ「紅莉栖」に甘え、依存していくことを自覚し、苦悩するようになる。

悩みをダルに相談する鈴羽

そんな岡部を励ますように、幼馴染である椎名まゆりの発案で、かつて岡部がリーダーを務めていた発明サークル「未来ガジェット研究部」のメンバー、通称「ラボメン」たちや、まゆりのコスプレ仲間を交えたクリスマスパーティーが催される。たまたまパーティーの開催を知ったレスキネン教授や真帆も参加し、久しぶりに楽しい時間を過ごした岡部だったが、「紅莉栖」からの着信で席を外す。そこで会話を交わした際の「紅莉栖」の反応が生前の「牧瀬紅莉栖」とあまりにも似ていたために胸がいっぱいになる岡部だったが、それを目撃した真帆から「そこにいるのはアマデウス。牧瀬紅莉栖は死んだ」と冷酷な現実を突きつけられる。その瞬間、岡部は世界線を移動する感覚である「リーディング・シュタイナー」を知覚した。久しぶりのことに動揺する岡部だったが、元の世界線との違いが殆ど見られないことに安堵する。

一方、ラボメンの1人である阿万音鈴羽は、ある悩みを抱えていた。未来人である鈴羽はタイムマシンで現代にやってきたが、その際に一緒にタイムマシンに乗っていた女の子が、1998年の秋葉原ではぐれて以来、行方不明になっていたのだった。その少女の名前は「椎名かがり」。2036年の世界で戦争孤児となっていたところを、まゆりに引き取られた養子だった。鈴羽の悩みを聞いた、岡部の親友兼ラボメンの橋田至(通称:ダル)は岡部にかがりの捜索を相談する。手がかりは殆どない状態だったが、ラボメンたちや「紅莉栖」などの頼れる人脈を使い、岡部はかがりの捜索を始める。そんな中、ダルが捜索協力を依頼した「専門家」が岡部のもとを訪れる。それは、ラボメンとして岡部たちの懐に潜り込み、かつて別の世界線で幾度もまゆりの命を奪ったテロ組織「ラウンダー」の工作員である「桐生萌都」だった。「また自分たちに危害を加えるつもりなのだろうか」と疑念を抱く岡部だったが、現在の世界線での萌都は「ラウンダー」ではなく、調査を得意とする編集ライターだった。高い調査能力を有する萌都は岡部たちに協力的であり、やがて岡部たち以外にもかがりを探している存在がいることを突き止める。

喪ったはずの「紅莉栖」が生身で現れる

年末になり、岡部を師と仰ぐラボメン・るかは「記憶喪失の知人が記憶を取り戻す手がかりはないか」と岡部に一人の少女を紹介する。その少女の容姿は「紅莉栖」にそっくりで、驚きを隠せない岡部。さらに驚くべきことに、鈴羽はその記憶喪失少女こそかがりであると判断する。その根拠に、その場に居合わせたまゆりに強い反応を示したことと、「ママに貰った」というお守りを少女が持っていたことを挙げるが、かがりは記憶を取り戻すことができなかった。そのことを申し訳なく思うかがりだったが、ラボメンと交流を深めることで彼女らの温かさに触れ、笑顔と元気を取り戻していく。しかし、鈴羽の表情は浮かなかった。実は鈴羽は行方不明直前のかがりに銃を突きつけられており、彼女はそのまま逃走してしまったのだった。記憶喪失であることでかがりの真意を聞くことができず、鈴羽はもどかしさを募らせていく。
年が明け、初詣後にかがりや真帆を含めたラボメンたちはラボでパーティーを開くこととなる。その場で真帆がラボメンたちに「紅莉栖」を紹介しようとしたところ、突然「紅莉栖」との通信が切断されてしまう。そこへ武装集団が押し入り、かがりを連れ去ろうとするが、ラボの大家であり階下で自転車店を営む天王寺の助けによって難を逃れる。落ち着きを取り戻した岡部は武装集団の正体に思いを馳せるが、心当たりがなく思い悩み、真相を探るために天王寺に協力を依頼する。一方、「紅莉栖」がなかなか復旧しないことも岡部の心配の種だった。真帆が乗っ取りの可能性を示唆したところ、突然「紅莉栖」から、助けを求める着信が入る。その瞬間、「リーディング・シュタイナー」が発動し、岡部は別の世界線に移動してしまう。ラボで目を覚ました岡部の前には、本物の「牧瀬紅莉栖」が存在していた。

元の世界線に帰るように岡部を説得する紅莉栖

紅莉栖が生きていることに喜びの涙を流した岡部だったが、同時に「紅莉栖が生きている世界線」であることは、すなわち「まゆりを喪った世界線(α世界線)」であることに気づき、絶望する。戸惑いを隠せない岡部の様子に、紅莉栖は目の前の岡部が「自分が知っている岡部」ではなく、「別の世界線の岡部」であることを見抜く。β世界線で紅莉栖を喪ったことで疲弊していた岡部は「もうβ世界線には戻りたくない」と心情を吐露する。そんな岡部を、紅莉栖はある場所へ連れていく。そこは、半年前に亡くなったというまゆりの墓だった。そこで紅莉栖は、「まゆりの救出を諦める」という選択をしてまゆりを喪ってからの岡部が、その悲しみから抜け出せず、毎日この場所を訪れていることを打ち明ける。岡部のこともまゆりのことも大切に想う紅莉栖は、自分はいなくなっても良いから二人に幸せになって欲しいと、岡部に元の世界線に戻るよう説得する。紅莉栖の優しさや強さに背中を押された岡部は、紅莉栖の想いを胸にβ世界線に帰還した。

過去の行動が間違っていたのかと思い悩むまゆり

β世界線に帰還した岡部は、真帆の周囲で泥棒事件や研究室のガス爆発といった不可解な事件が起こっていることを知る。レスキネン教授とともにアメリカへの帰国が決まった真帆は、「Amadeus」の復旧が終わったことと、紅莉栖の遺品であるロックがかかったノートパソコンを持っていることを打ち明ける。その中にはタイムマシンについての論文が入っており、数々の事件はそれを奪うために起こされていたと思い至る岡部。既に真帆はハッカーのスキルを持つダルにロックの解除を依頼していたが、数々の世界線を渡り歩いたことで、タイムマシンが世界を破滅に導く「第三次世界大戦」の引き金になることを知っていた岡部はロックの解除を中止するように警告する。ところが事態は既に深刻化しており、武装した工作員たちに襲撃される。しかしそこで他国の工作員が現れて銃撃戦となり双方は撤退し、岡部たちは事なきを得るものの、ノートパソコンは破壊されてしまう。

一方、かがりはまゆりが口ずさむ歌を聴いたことをきっかけに、子供時代の記憶を取り戻す。しかし、鈴羽とはぐれてから現在に至るまでの12年間の記憶は戻らなかった。鈴羽は苛立ちを隠せず、険悪な空気になってしまう。かがりを元気付けるためにまゆりはパーティーを開くことにした。しかし、萌都が探し当てた「かがりの失った12年間の記憶」の手がかりがあると思われる施設を岡部が訪ねた頃、パーティーに向かっていたはずのかがりが行方不明になったと連絡が入る。
かがりが失踪して数ヶ月経った夏、鈴羽はラボで黒いライダース姿のかがりの襲撃を受ける。あまりに様子の違うかがりに、鈴羽はかがりが洗脳されていると結論づける。事態を重く見た鈴羽とダルは過去を改変する必要を感じ、タイムリープマシンを作るために真帆を来日させ、過去改変の元凶となった発明品である電話レンジ(仮)を修理するが、それを知った岡部は激怒する。自らの体験から過去を変えてはならないと主張する岡部に、真帆は「まゆりも紅莉栖も死ぬことがなく、第三次世界大戦も起きない」という『シュタインズ・ゲート』を追求すると言い、岡部の気持ちに変化を起こさせる。そんな岡部と真帆のやりとりを聞き、まゆりは自分が過去に選択した「牧瀬紅莉栖の救出に失敗した岡部を叱咤激励しなかった」という行為が間違っていたのではないかと思い悩む。

過去へ旅立つまゆり

事態は深刻さを極め、第三次世界大戦に着々と向かっていた。鈴羽はそれを回避するため、自身が乗ってきたタイムマシンの残りの燃料を全て使い、1年前の紅莉栖が死ぬ前に戻ることを決意する。そんな中でまゆりは、今の自分が生きているのは岡部が紅莉栖を見捨てたからだという事実を知る。まゆりは過去の自分の選択を変えようと、旅立とうとする鈴羽に自分も過去に連れていって欲しいと頼む。共にタイムマシンに乗り込もうとした二人を邪魔するように武装集団が襲撃するが、突如現れたかがりが武装集団に立ち向かう。銃弾を受けつつ応戦するかがりだったが、やがて力尽きてしまう。一方、まゆりの様子がおかしいことを心配し、まゆりが向かったというラジ館へ急いでた岡部の元にレスキネン教授が現れ、真相を明かす。
2036年のレスキネン教授によってかがりは洗脳されており、そのかがりによってタイムマシンの存在を知ったレスキネン教授は、自分の地位を確固たるものにするため再びかがりを洗脳し、タイムマシンを奪う計画を立てていたのだ。レスキネン教授は、事実を知りショックを受けた岡部と真帆からタイムマシンを奪おうとするが、力尽きたと思われていたかがりの命と引き換えの抵抗により阻止される。悲しみに浸る間もなく他国の工作員が次々と押し寄せる中、必死にタイムマシンに乗り込んだ鈴羽とまゆりだったが、転移の途中でヘリからミサイルで追撃され、タイムマシンの部分的な残骸だけが残り、二人は生死不明になってしまう。危機的状況に岡部はタイムリープで二人を救うことを決め、ダルと、真帆が作った電話レンジ(仮)2号機で過去や未来に幾度も飛び、3000回のループを繰り返して、ようやく銃撃戦の前、2011年7月7日に到達する。「諦めない」ことを決めた岡部は、自身と周囲を鼓舞するため『鳳凰院凶真』の復活を宣言し、ラジ館襲撃戦回避に向けてラボメンや真帆に指示を出す。全てに先手を打ち、悲劇の回避に成功したと思いきや、どうしてもタイムマシンはヘリにより破壊されてしまう。対処の方法に悩んだ岡部は「紅莉栖」の知恵を借りることにする。その結果、悲劇の回避に必要なことは、「タイムマシンの理論を構築した『牧瀬紅莉栖』の記憶データを持つAmadeusの消去」が必須であることが判明する。岡部は苦悩するが、悲劇を繰り返さないため、過去にメールを送ることができる発明品「Dメール」を改良した「Dライン」を使い、過去のダルに「紅莉栖」を消去させることを決断する。ついに迎えたタイムマシンの出発の日、タイムマシンに乗り込もうとする鈴羽とまゆりをかがりが妨害する。過去改変を行えば自分とまゆりが出会う未来を失くされてしまうと恐れたかがりだったが、まゆりはそれでも過去を変えて岡部の背中を押したいと説得。その思いに、かがりもようやく二人を送り出す決意を固める。他国の工作員が妨害するも、かがりや岡部と共にラジ館にかけつけていた萌都の応戦により二人とタイムマシンは守られ、岡部は二人が過去へ旅立つ瞬間の観測に成功した。

タイムマシンへ乗り込む岡部

時は流れ、2025年。 一連の出来事が「血溜まりに倒れている紅莉栖を見て"死亡している"と判断し、ダルに『紅莉栖が刺されている』というメールを送ったことがα世界線に移動したきっかけであるが、実際にその時の自分は紅莉栖の正確な生死を確認していなかった」ということに思い至った岡部。その状況を利用し、「紅莉栖の"死亡"を偽装することで紅莉栖を救出する(気絶させた紅莉栖を偽の血溜まりに倒れさせ、周囲には確実に”紅莉栖が死亡している”と思わせるが、実は紅莉栖は意識を失っているだけであり、本当はまだ生きているという状況を意図的に作り出す)」という策を思いつく。このミッションを『オペレーション・スクルド』と名付け、2010年の自分に向けて「生きている紅莉栖を過去の自分に死んだと錯覚させろ」というメッセージを入れたムービーメールを送信する。このこのムービーメールとまゆりの叱咤激励により、必ず「シュタインズ・ゲート」に辿りつくだろうと確信した岡部は、行方不明になったまゆりたちを探すため、自らの最終ミッションである『オペレーション・アルタイル』に乗り出す。必ずやり遂げることを誓った岡部は、タイムマシンに乗り込むのだった。

『シュタインズ・ゲート ゼロ』の登場人物・キャラクター

主要人物

岡部倫太郎(おかべ りんたろう)

CV:宮野真守

小規模の発明サークル「未来ガジェット研究所」のラボメンNo.001であり、ラボの創設者。東京電機大学1年生で、通称は「オカリン」。かつては重度の厨二病を患っており、『狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶魔』を名乗っていたが、タイムリープマシンを発明してしまった一連の出来事によって心に変調をきたし、現在はごく普通の大学生活を送る穏やかな青年となるが、かつて思いを寄せた「牧瀬紅莉栖」の記憶を持ち合わせる人工知能『Amadeus』のモニターに選ばれたことにより、『紅莉栖を救わなかった』という選択の正当性を見つめ直すことになり、その過程で再びタイムリープを経験することになる。そのタイムリープの中で、最も妥当な選択だと思われた"β世界線"の収束する先も「世界の破滅(第三次戦争の勃発)」であることを知った岡部は、「紅莉栖もまゆりも死なないことで世界の破滅も起こらない世界線="シュタインズ・ゲート"」を目指すことを決意する。

牧瀬紅莉栖(まきせ くりす)

yskt0805shr
yskt0805shr
@yskt0805shr

Related Articles関連記事

シュタインズ・ゲート ゼロ(第1話『零化域のミッシングリンク』)のあらすじと感想・考察まとめ

β世界線で牧瀬紅莉栖を救うのを諦めた未来の物語。ラジ館の事件から時は過ぎ、各々の日常を過ごしていたラボメン達だったが、岡部は心に大きな傷を抱えていた。まゆりに勧められメンタルクリニックに通いながら日常に埋もれていく彼からは「鳳凰院凶真」としての顔も封印されていた。そんな折、ヴィクトル・コンドリア大学のセミナーに出席した岡部は、主催のレスキネン教授の助手・比屋定真帆と出会う。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第1話『零化域のミッシングリンク』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第5話『非点収差のソリチュード』)のあらすじと感想・考察まとめ

ダルが協力を求めたのは、かつてα世界線で敵対した桐生萌郁だった。椎名かがりの捜索依頼を引き受けた萌郁は、岡部たち以外にもかがりを探している人間がいるという情報を掴む。一方、アマデウス"紅莉栖"から、岡部からなんの連絡もないことを相談されていた真帆は、岡部と話をしにラボへ向かう。だがその道中何者かに後を付けられてしまう。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第5話『非点収差のソリチュード』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第2話『閉時曲線のエピグラフ』)のあらすじと感想・考察まとめ

レスキネン教授が発表した論文は、かつて紅莉栖が提唱した「人の記憶をデータ化し保存する」ことに成功したというものだった。そして、この研究を基に、保存された人間の記憶や感情から構築された人工知能「アマデウス」は、本物の人間のように見えた。セミナー終了後、岡部が紅莉栖の知人だと知った真帆とレスキネン教授から提案されたのは、8ヶ月前の紅莉栖の記憶を基としたアマデウスに会うことだった。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第2話『閉時曲線のエピグラフ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第6話「軌道秩序のエクリプス」)のあらすじと感想・考察まとめ

るかが連れて来た記憶喪失の少女は、鈴羽が探していた椎名かがりだった。それが分かっても彼女自身の記憶は戻らないままだったが、ラボメンと過ごす中でかがりは次第に笑顔を取り戻していく。元旦を迎え、ラボメンやまゆりのコスプレ仲間で初詣に行くこととなる。その後、ラボに移動して年明けパーティを開いた岡部たちだったが、その最中に武装した何者かに襲われる。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第6話『軌道秩序のエクリプス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第3話『双対福音のプロトコル』)のあらすじと感想・考察まとめ

レスキネン教授の発案により、紅莉栖の記憶をベースとしたアマデウスのテスターを引き受けた岡部だったが、まるで紅莉栖がそこにいるかのような錯覚に陥っていく。一方、岡部と鈴羽の仲を案じたまゆりは、彼女のコスプレ仲間とともにクリスマスパーティの計画を立てる。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第3話『双対福音のプロトコル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第7話『振電遷移のエクリプス』)のあらすじと感想・考察まとめ

突如として乱入してきた武装集団は、ライダースーツの女を筆頭にかがりを拐おうとした。だがそこに現れた天王寺裕吾が彼らを一蹴し、ことなきを得る。このことで、かがりを拐おうとしたのはラウンダーではないと踏んだ岡部は、裕吾にかがりのボディーガードを頼む。そんな中、再びリーディングシュタイナーが発動し世界線が変動すると、そこには牧瀬紅莉栖の姿があった。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第7話『振電遷移のエクリプス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『シュタインズ・ゲート ゼロ』とは、5pb.製作の同名ゲームを原作としたアニメ作品であり、前作『シュタインズ・ゲート(STEINS;GATE)』の続編である。 大学の友人と偶然タイムマシンを開発してしまった岡部倫太郎は、幼馴染である椎名まゆりを救うために奮闘するが、その結果恋人となった牧瀬紅莉栖を失うこととなる。これは、救えなかった「未来」の物語。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(第4話『亡失流転のソリチュード』)のあらすじと感想・考察まとめ

牧瀬紅莉栖は死んでいる。その現実を突き付けられた岡部は、突如リーディングシュタイナーの感覚に襲われるが、そこは元の世界線とほぼ変わりはなかった。一方、ダルは鈴羽の様子がおかしいことに気付く。鈴羽は、一緒に未来に来た後に行方不明になったまゆりの養女『椎名かがり』を探していた。捜索の手がかりが無い中、ダルが協力を要請したのは、この世界線で面識のないはずの人物『桐生萌郁』だった。 今回は「シュタインズ・ゲート ゼロ」第4話『亡失流転のソリチュード』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

CHAOS;CHILD(カオスチャイルド、カオチャ)のネタバレ解説まとめ

『CHAOS;CHILD』とは、2014年12月18日に発売されたXboxOne用のゲームソフトであり、2017年にアニメ化がされた。略称は「カオチャ」。「科学アドベンチャーシリーズ」の第4弾で、シリーズ第一弾の「CHAOS;HEAD NOAH」の後継作である。 渋谷は、6年前に起きた大災害『渋谷地震』から復興した。新しく設立された『碧朋学園』に通う宮代拓留は、所属している新聞部の活動の一環として街で起こった事件を追っていく。そして拓留は、渋谷の街を巻き込む事件へと足を踏み入れていく。

Read Article

ヨルムンガンド(Jormungand)のネタバレ解説まとめ

ヨルムンガンド(Jormungand)とは、日本の漫画家・高橋慶太郎の作品。2006年5月に『月刊サンデージェネックス』(小学館)で連載が開始され、2012年2月に最終話を迎える。戦争で両親を殺されたヨナは、武器を売る武器商人を憎んでいた。しかしヨナは、ある事情から武器商人ココ・ヘクマティアルの部下として働くことになる。ココと彼女の仲間たちと共に世界を旅する物語が幕を開ける。

Read Article

刀語(Katanagatari)のネタバレ解説まとめ

『刀語』とは、西尾維新のライトノベル作品である。全12話で、作者初の時代小説となる。2010年1月から12月にかけてテレビでアニメ化されている。「刀を使わない剣士」の鑢七花は、「奇策士」を名乗る女・とがめに誘われ、「完成形変体刀」とよばれる刀を集める旅に出ることとなる。人を知らぬ男と心を無くした女の物語が始まる。

Read Article

B-PROJECT(ビー・プロジェクト、Bプロ)のネタバレ解説まとめ

B-PROJECTとは、日本のバーチャルアイドルプロジェクトである。2016年にアニメ化された。総合プロデューサーは歌手やミュージシャンとして活躍している西川貴教、企画・原作は志倉千代丸、キャラクターデザインは「魔界王子」で人気の雪広うたこがそれぞれ担当している。 大手のレコード会社「ガンダーラミュージック」に採用された澄空つばさは、3つのアイドルグループが集結した『B-PROJECT』を受け持つことになった。つばさはメンバーたちと共に成長していく。

Read Article

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート、シュタゲ)のネタバレ解説まとめ

STEINS;GATEとは、5pb.の同人ゲーム作品を原作としたアニメ作品である。放送時期は2011年の4月から9月。第15回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品アニメーション部門/長編に選ばれた。 大学の友人と日々おかしなマシンを開発していた倫太郎は偶然タイムマシンを開発する。だが、倫太郎はタイムマシンで過去を改変したことにより様々な問題に直面してしまう。

Read Article

ご注文はうさぎですか?(ごちうさ)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家Kioによって書かれた四コマ漫画「ご注文はうさぎですか?」を原作としたアニメ作品で、アニメ株式会社WHITE FOXによって制作された。この作品は主人公保登心愛などラビットハウスで働く少女たちとその周りの登場人物の日常を描いた作品である。1期が2014年の4月から6月まで、2期が2015年の10月から12月まで放送された。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第7話『死へ進め』)のあらすじと感想・考察まとめ

無事にゴブリン退治を終えて水路から戻ったゴブリンスレイヤーたちは、水の街の奇妙な状況に気づく。また、剣の乙女と話した女神官は、剣の乙女が何か隠していることがあるのではないかと考えた。そんな中、探索のために再び水路に潜ったゴブリンスレイヤーたちは、ゴブリンの罠にはまって危機的状況に陥ってしまう。何とかゴブリンの襲撃を切り抜けたが、ゴブリンスレイヤーが負傷で意識を失くしてしまった。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第7話『死へ進め』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ゴブリンスレイヤー』とは、ライトノベル『ゴブリンスレイヤー』を原作としたメディアミックス作品である。 冒険者になったばかりの女神官が初めての冒険で危機に陥った時に出会ったのは、ゴブリン退治のみを専門に行う変わり者の冒険者・ゴブリンスレイヤーだった。ゴブリンスレイヤーと女神官、その後出会った妖精弓手、蜥蜴僧侶、槍使いと共に、ゴブリン退治が絡む冒険に挑んでいく。 ゴブリンに強い恨みを持つゴブリンスレイヤーと彼の仲間である冒険者たちの物語を、厳しい冒険者の現実と共に描き出したダークファンタジー。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第11話『冒険者の饗宴』)のあらすじと感想・考察まとめ

牛飼娘が住む牧場にゴブリンが襲撃しようとしていることに気づいたゴブリンスレイヤーは、牛飼娘に逃げるようにと告げる。しかし、牛飼娘はゴブリンスレイヤーの帰る場所が無くなるから逃げないと反論した。ゴブリンスレイヤーはあらゆる手を打つことを決めて冒険者ギルドに赴き、他の冒険者たちにゴブリン退治を依頼する。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第11話『冒険者の饗宴』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第4話『強き者ども』)のあらすじと感想・考察まとめ

遺跡に住み着いたゴブリンの巣穴に潜り込んだゴブリンスレイヤーたちは、仲間としての結束を固くしていた。しかし彼らは、ゴブリンたちを使役していた上位種のオーガに遭遇してしまう。巨大な力を持つオーガの前でなす術もない仲間たちを庇うようにして、ゴブリンスレイヤーがオーガの前へ進み出た。そこで彼は、あるアイテムを発動させる。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第4話『強き者ども』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第8話『囁きと祈りと詠唱』)のあらすじと感想・考察まとめ

瀕死の重傷を負ったゴブリンスレイヤーだったが、治療の甲斐あって一命を取り留めることが出来た。回復したばかりの女神官とゴブリンスレイヤーは、街に出て破損した武器を修理に出した後、穏やかな1日を過していた。その後、水路の探索を続けていた仲間たちから行く先を邪魔する怪物の存在を聞き、ゴブリンスレイヤーはある作戦に出る。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第8話『囁きと祈りと詠唱』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第1話『ある冒険者たちの結末』)のあらすじと感想・考察まとめ

冒険者を志す女神官の少女は、初めての任務であるゴブリン退治で危機的状況に追い込まれる。仲間が次々と倒される中で出会ったのは、ゴブリン退治の任務のみを引き受ける変わり者の冒険者・ゴブリンスレイヤーだった。彼に助けられた女神官は、ゴブリンスレイヤーと共にゴブリン退治を行うことにする。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第1話『ある冒険者たちの結末』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第12話『ある冒険者の結末』)のあらすじと感想・考察まとめ

ゴブリンロードはゴブリンスレイヤーと対峙し、ゴブリンスレイヤーを追いつめたかに思えた。しかしゴブリンロードへ女神官がプロテクションを使い、ゴブリンスレイヤーに止めを刺される。冒険者ギルドに帰還した冒険者たちは祝杯を挙げ、ゴブリンスレイヤーは約束していた対価を払った。女神官は対価としてゴブリンスレイヤーに兜を外してほしいとお願いし、ゴブリンスレイヤーは遂に素顔を露わにする。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第12話『ある冒険者の結末』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第5話『冒険と日常と』)のあらすじと感想・考察まとめ

無事にゴブリン退治を終え、辺境の街に戻ったゴブリンスレイヤーたち。ゴブリンスレイヤーは傷を癒し、女神官は冒険者の等級を決める昇級試験に合格した。冒険者ギルドで束の間の平和な日常を送っていると、ゴブリンスレイヤーを名指しした依頼の手紙がギルドに届く。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第5話『冒険と日常と』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第9話『往きて、還りし』)のあらすじと感想・考察まとめ

地下の遺跡の奥にあったのは、失われた古代の技術である「転移の鏡」だった。ゴブリンはこの鏡を使って水の街の水路に現れていたのだ。鏡を守ろうとするゴブリンとの戦いに勝利したゴブリンスレイヤーたちは、水の街に隠された真相に気がつく。それは、剣の乙女の過去と恐怖についての秘密が関わっていた。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第9話『往きて、還りし』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第2話『小鬼を殺すもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

女神官がゴブリンスレイヤーと共にゴブリンを退治し始めて、1カ月が経過した。ゴブリンスレイヤーは相変わらず淡々とゴブリンを殺し、女神官は彼のやり方に疑問を感じていた。しかし、ゴブリンスレイヤーの過去とゴブリンへ抱く憎しみを知り、彼の信念と悩みを理解していく。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第2話『小鬼を殺すもの』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第6話『水の街の小鬼殺し』)のあらすじと感想・考察まとめ

水の街からのゴブリン退治の依頼を受け、ゴブリンスレイヤーと女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶は水の街へ向かう。ゴブリンスレイヤーは仲間から火や水、毒を使った攻撃を禁止されたが、地下水路で出会ったゴブリンたちを見事退治していく。しかし、ゴブリンたちの組織だった攻撃には不審な点がたくさんあった。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第6話『水の街の小鬼殺し』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第10話『まどろみの中で』)のあらすじと感想・考察まとめ

勇者が魔神王を打ち倒し、世界には束の間の平和が訪れた。辺境の街では、ゴブリンスレイヤーと女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶が依頼がない穏やかな日々を過ごしていた。しかし、ゴブリンスレイヤーと牛飼娘は平穏な日々が長く続かないことを不安に感じていた。そんな中、ゴブリンの魔の手が牛飼娘の住む牧場へ伸びていた。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第10話『まどろみの中で』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第3話『思いがけない来客』)のあらすじと感想・考察まとめ

ゴブリンスレイヤーと女神官が冒険者ギルドに戻ると、エルフの土地での活動が活発になっているゴブリン退治の依頼が来ていた。依頼に来た3人の冒険者であるエルフの妖精弓手、ドワーフの鉱人道士、リザードマンの蜥蜴僧侶と共に、一行はゴブリン退治へ向かう。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第3話『思いがけない来客』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

シュタインズ・ゲート『STEINS;GATE』本格SFアニメの傑作!

2011年4月から放送された、全24話アニメ。 一見、中二病全開の主人公・岡部倫太郎が、ある時 本物のタイムリープマシンを完成してしまうことから 物語は始まっていきます。一見とっつきにくそうなアニメ ですが、途中から離れられなくなること間違いなしです! ※主人公がアニメアワード2011キャラクター部門男性賞もとっています。

Read Article

目次 - Contents