ガルパンで見る世界の戦車達 黒森峰女学園編

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとなった世界で少女たちが戦車に乗って戦うミリタリーと少女が融合した作品である「ガールズ&パンツァー」
可愛らしい少女達と鉄と油と火薬の匂いが漂うなんともアンバランスな作品、劇場版も大いに賑わいました。
今回は精度が高く、そして車種が多い、名車も迷車も多いドイツ戦車所有の「黒森峰女学園」の紹介となります。

エレファント重駆逐戦車

全長 8.14m
車体長 6.97m
全幅 3.38m
全高 2.97m
全備重量 65.0t
最大出力 600hp/3,000rpm
最大速度 30km/h
航続距離 150km
武装 71口径8.8cm対戦車砲PaK43/2×1 (50発)
7.92mm機関銃MG34×1 (600発)
装甲厚 20~200mm
乗員 6名

ドイツ駆逐戦車。不採用になったポルシェティーガーの再利用の為に設計された戦車。
ティーガーⅠ採用競争に敗れ、先行して生産されていたポルシェティーガーの車台90両を使用して設計された戦車で、増加装甲板を加えて200mmの装甲厚に8.8mm高射砲を再利用した71口径8.8mmを搭載していましたが、採用競争に負けた原因である電気式駆動のハイブリッドは変わらず、ポルシェティーガーより増加した重量は機動性を著しく低下させ、通信機へノイズを加わる原因にもなりました。
当初は設計者のポルシェ博士のファーストネームの「フェルディナント」と命名されたが、ソ連との戦いの「クルスクの戦い」において49両しか残らず、残存した車両は改修後、搭乗員たちが付けた愛称「エレファント」と改称されました。その後、各地を転戦し終戦間近のベルリン近郊の防衛戦へ4両投入された資料が最後となっています。
終戦後、批評家の多くが構造上の問題・ポルシェ博士とヒトラーの関係・初陣の敗北と損害から酷評される事が多かったのですが、ソ連解体によってエレファントに関する膨大な資料が出る事によって、一変しました。ソ連保有の戦車と対戦車砲を全く効果がなかった事、逆に強固な戦車や陣地は効果なく撃破された事、畏怖の念を込めた「フェアジナント(フェルディナントのロシア読み)」と呼ばれた事などにより優良な重駆逐戦車であった事が証明されました。事実、撃破方法は殆どなく地雷原に誘い込んで履帯を破壊するしか方法がなかったり、2両だけで200以上の戦闘車両を撃破した資料などが存在しました。

ヤークトティーガー

全長 10.65m
車体長 7.53m
全幅 3.63m
全高 2.95m
全備重量 70.0t
最大出力 700hp/3,000rpm
最大速度 38km/h
航続距離 170km
武装 55口径12.8cm対戦車砲PaK44×1 (40発)
7.92mm機関銃MG34×1 (1,500発)
装甲厚 25~250mm
乗員 6名

ドイツ重駆逐戦車。ティーガーⅡを再設計し生産された戦車。
将兵からの3000mの距離で敵車両を撃破できる車両の必要性を受け設計された駆逐戦車であり、前面装甲厚250mmはもはや貫通できる砲は当時存在せず、搭載した55口径12.8cm砲は、当時最新型で装甲厚101mmのアメリカのM26パーシング重戦車を2000m以上先から撃破する程の威力でした。
その分、重量は75tを越えティーガーⅡから据え置きとなっていた車台とエンジンでは機動性はもはや皆無に近く一日の移動距離は30km程と歩兵並であり、2日で90kmを走行できたことは新記録と謳われるほどでした。また、固定砲塔の本車は頻繁に旋回を行う為、履帯の摩耗による故障不具合は多発しました。また、車体から長く飛び出した7mの長砲身は固定せずに移動すると砲架を摩耗させて照準を狂わせた為、車体前部に固定機を設置してありました。これは外部に設置してあり、外すには乗員が車外に出て手動で外さなければならなかった為、度々危険に晒される形になりました。
しかし、待ち伏せ等防衛戦においてはほぼ無敵の存在であり、家屋越しにM4シャーマンを撃破したり、敵戦車大隊を狙撃し敵に何が狙撃してきているか理解させる前に撤退させたり、中には本車4両とⅣ号1両対空車両など併せて13両程度の小規模部隊で、アメリカ軍戦車24両を撃破するなど悩ませた末、アメリカ軍に唯一堂々と降伏した部隊も存在します。

マウス

全長 12.659m
車体長 9.034m
全幅 3.67m
全高 3.63m
全備重量 187.998t
最大出力 1,200hp
最大速度 22km/h
航続距離 186km
武装 55口径12.8cm戦車砲KwK44×1 (68発)
36.5口径7.5cm戦車砲KwK44×1 (200発)
7.92mm機関銃MG34×1 (1,000発)
装甲厚 50~240mm
乗員 6名

ドイツの超重戦車。装重量180tを越えるドイツ史上最大の戦車。
ソ連の新型戦車に備え、アドルフ・ヒトラーから重装甲・重火力を持つ戦車の開発の命令を受けたポルシェ社が設計した重戦車で、最大装甲厚は250mmで装甲厚100mm以下の部分は極めて少なくなっています。この超重戦車には中戦車と同等の重量のある55口径12.8mm砲と副砲に36.5口径7.5cm砲を搭載しており、3500m以上の距離からソ連重戦車IS-2を貫通できる威力を備えていましたが、初弾速度が遅く半分以下の1500mでも命中率は18%程しかありませんでした。また巨大な車体に見合わず砲塔スペース操縦スペース共に狭く、殆どを装甲板とエンジンが占めており、250tの重量の要因の一つでもあります。
結局、250tの重量による機動性の低さで開発は打ち切られ、試験車両の一台は試験場の捨て置かれていたのをソ連が接収、完成されていた車両は前線に向かう前に故障して爆破処分された説・侵攻してくるソ連と砲火を交えた説等、最後の一両に関しては諸説存在します。
因みに正式名称「マウス」は敵に車両情報を推測させない為に付けられたと言われています。

黒森峰女学園所有ドイツ戦車の紹介は終わります。如何でしょうか?
ガールズ&パンツァーを見ると監督やスタッフの戦車の細部に至るまでの拘りの描写や演出が見れます。
そういった時に戦車の詳細なスペック等を知っておくと尚楽しめると思いますよ!!

関連記事

renote.jp

renote.jp

renote.jp

renote.jp

renote.jp

stranger
stranger
@stranger

Related Articles関連記事

ガールズ&パンツァー(ガルパン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガールズ&パンツァー』とは、監督・水島努によるアニメ、及びそれらを原作としたマンガ、ゲーム作品。 架空の競技「戦車道」をテーマに、主人公・西住みほが率いる大洗女子学園戦車道チームの奮闘を描く。 2012年にテレビアニメが放送され、幕間劇を描くOVAが2014年に発売。2015年には続編が劇場映画として制作された。

Read Article

ガルパンで見る世界の戦車達 アンツィオ高校編

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとなった世界で少女たちが戦車に乗って戦うミリタリーと少女が融合した作品である「ガールズ&パンツァー」 可愛らしい少女達と鉄と油と火薬の匂いが漂うなんともアンバランスな作品、劇場版も大いに賑わいました。 今回は車両は変なところが極端な性能の車両が多いイタリア戦車を所有する「アンツィオ高校」の紹介となります

Read Article

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

アニメに登場する女子キャラたちの制服は、現実の飾らない制服よりも、遥かに華やかで特徴的で可愛らしいですよね。カラフルなものからファッションセンスにこだわったもの、シンプルだけどどこか趣があるものから、どれも印象的です。そしてもはや、その制服を見ただけで原作がなにかわかってしまうほどです。今回はそんなアニメに登場する女子たちの制服をあれこれまとめてみました。

Read Article

ガルパンで見る世界の戦車達 県立大洗女子学園編

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとなった世界で少女たちが戦車に乗って戦うミリタリーと少女が融合した作品である「ガールズ&パンツァー」 可愛らしい少女達と鉄と油と火薬の匂いが漂うなんともアンバランスな作品、劇場版も大いに賑わいました。 今回、主人公が在籍する大洗女子学園の戦車の紹介になります。

Read Article

ガルパンで見る世界の戦車達 プラウダ高校編

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとなった世界で少女たちが戦車に乗って戦うミリタリーと少女が融合した作品である「ガールズ&パンツァー」 可愛らしい少女達と鉄と油と火薬の匂いが漂うなんともアンバランスな作品、劇場版も大いに賑わいました。 今回は機動力と火力に重点を置き、T-34ショックや名車KV1の砲大国ソ連の戦車を所有する「プラウダ高校」の紹介になります

Read Article

ポスト田村ゆかり!?声優:上坂すみれの経歴から実績まとめ

近年、様々なメディアで大注目・大人気の声優:上坂すみれさんはご存知でしょうか?その可愛さはもちろんのこと、上智卒かつロシア語に精通した面白トークや、あらゆるコスプレ衣装を「すみぺ色」に染めてしまうなど、とにかく声優業界に激震が走るほどにすごいのが、上坂すみれ様なのです!!今回は、そんなすみぺ様の経歴と実績をまとめてみました。

Read Article

ガルパンで見る世界の戦車達 聖グロリアーナ女学院編

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとなった世界で少女たちが戦車に乗って戦うミリタリーと少女が融合した作品である「ガールズ&パンツァー」 可愛らしい少女達と鉄と油と火薬の匂いが漂うなんともアンバランスな作品、劇場版も大いに賑わいました。 今回は全戦車内部に紅茶用具一式が搭載されていると噂のイギリス戦車所有の「聖グロリアーナ女学院」の戦車の紹介になります。

Read Article

ガルパンで見る世界の戦車達 サンダース大学付属高校編

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとなった世界で少女たちが戦車に乗って戦うミリタリーと少女が融合した作品である「ガールズ&パンツァー」 可愛らしい少女達と鉄と油と火薬の匂いが漂うなんともアンバランスな作品、劇場版も大いに賑わいました。 今回は物量と猿にでも扱える操作性を謳う、尖った所がないのが特徴のアメリカ戦車所有の「サンダース大学付属高校」の紹介となります

Read Article

目次 - Contents