古見さんは、コミュ症です。のネタバレ・解説まとめ

『古見さんは、コミュ症です。』はコミュ症の女子高生、古見硝子と普通の男子高校生、只野仁人の交流を描いたコメディ漫画である。容姿端麗であるが人付き合いが苦手な古見硝子の見せる可愛らしい言動が魅力であり、読者だけではなくクラスメイトからも人気を集める。また癖の強いクラスメイト達と只野仁人とのテンポの良いやりとりも作品を面白くしている。

◆ あらすじ

古見さんは、コミュ症です。なので人付き合いがとても苦手です。でも友達が欲しい古見さん。人の気持ちを察するのが得意な只野くんが友達になり、その伝手で長名なじみとも友達になりました。だけど……
話したい。話せない。沈黙の美少女・古見さんのコミュ症コメディー!!

出典: websunday.net

◆ 登場人物

出典: websunday.net

古見硝子

古見さんは、コミュ症です。すごい美人だけど、人付き合いが苦手。
自己紹介で名前を黒板に書く、喋る時も声が上ずる、など。

でも本当は、人と喋りたい。

ただ、「どうやって話しかけよう」「話しかけた後どうしよう」と考えてしまう。

目標は友達を100人作ること。猫好き。

出典: websunday.net

只野仁人

只野くんは、ただの人です。
「周りの空気を読み、波風の立たない高校生活を送る!!」ことを目標とした入学初日、自己紹介でスベリ、自分の高校生活が終わりを告げたことを悟った。

ただ、人の気持ちを理解することに長けているらしく、コミュ症な古見さんと友達になる。

小心者。

出典: websunday.net

長名(おさな)なじみ

長名なじみは、馴染んでいる。只野くんの中学時代の同級生。ミステリアスな側面を多く持つが、何より驚くべきはそのコミュ力! 「学校の生徒全員が僕の幼馴染」と豪語するそのキャラ性はもはや特殊能力。だが、小2の時に古見さんとうまく話せず、未だ目が合うと震える。

主人公はそこに進学したばかりの新高校一年生・只野仁人(ただのひとひと)。『只野仁』という漫画のキャラクターがいたような気がしますが、きっと気の所為。性格は本家の腰振りフンフンとは違って、至ってフツー。むしろ小心者で、空気を読んで目立たないタイプ。

出典: subcham.blog.fc2.com

そんな只野の前に現れたのが、同じ一年生の古見硝子(こみ・しょうこ)。登校初日から学校一のマドンナ扱い。何にしても絵になる美少女。勇気を出して軽く挨拶をした只野だったが…

出典: subcham.blog.fc2.com

まさかのめっちゃにらみ返される。無言の圧力たるやハンパない。思わず「ヒィ~なんか僕悪いことしたかな」と冷や汗ダラダラ。古見は見た目さながら冷たい性格なのか。はたまたスクールカースト底辺丸出しの只野を見下しているだけなのか。

いや、どれも違う。

出典: subcham.blog.fc2.com

古見さんはただ単に「コミュニケーションが苦手」なだけだった。いわゆるネット用語風に言えば「コミュ障」と呼ばれるもの。あまりにどもりすぎて、最初の一文字しか発音できない。ここまでマシンガンのように発音できたら、逆にすごいと思っちゃいますが。

出典: subcham.blog.fc2.com

この古見さんの夢が「友達100人作る」こと。今まで古見さんには友達がろくにできた例がない。画像を見ても分かるように、只野と黒板で会話するぐらいまともに人と会話ができないことからも明らかでしょう。

出典: subcham.blog.fc2.com

◆ 古見さんが怖かわいい?

『古見さんはコミュ障です』が面白いかどうかのカギは、やはり古見さんというキャラクターにかかってる。結論から書くと、古見さんのキャラは割りと立っててまあまあ面白い。

出典: subcham.blog.fc2.com

何と言っても「どもり」。喋れるどうこう以前に、もはや軽い人間バイブ状態。

画像は「友だちになって下さい」と言おうとしてる場面ですが、頭文字2文字しか発音できてないので全く理解できない。長名なじみというキャラも思わず「なんなの!?ねぇっ!!なんなのこれッッッ!?」と恐怖を覚えるしかない。

出典: subcham.blog.fc2.com

メアドを聞こうとしてる場面では、ただの水戸黄門の印籠(いんろう)。しかも古見さんが所有してるのは、今では当然になったスマホではなくガラケー。最近i-mode対応のガラケーの生産発売もストップしたらしいですが、友達が少ないだけに流行りに付いていけない。多分今時の高校生はみんなメールではなくLINEで連絡を取り合ってるはず。

出典: subcham.blog.fc2.com

また古見さんはまともに会話できないだけではなく、表情も基本的には無表情。表情筋はピクリとも微動だにしない。

出典: subcham.blog.fc2.com

ysdysd
ysdysd
@ysdysd

目次 - Contents