電影少女(ビデオガール)のネタバレ解説・考察まとめ

『電影少女(ビデオガール)』とは、1989年から4年にわたり週刊少年ジャンプに掲載された桂正和の恋愛漫画である。男子高校生を主人公に、同級生や後輩の少女、不思議なビデオテープから現れたビデオガールの少女との恋愛模様を描いている。
リアルな筆致と心理描写、SF要素が特徴。桂正和の連載作品としては4作目となるが、それまでの作風を一転させ、写実的な絵柄で本格的な恋愛漫画を描くスタイルは、『電影少女』が始まりとなっている。
なお、『ビデオガール』は『電影少女』の元となった読み切り作品のタイトル。

『電影少女(ビデオガール)』の概要

『電影少女(ビデオガール)』とは、桂正和の第4作目の連載作品。集英社の週刊少年ジャンプにて1989年から1992年まで連載された。

恋に悩む男子高校生を主人公に、複数の少女との恋模様を描いた恋愛漫画である。これまでコメディ色の強かった少年マンガの恋愛枠において、登場人物の心情の機微を細かく描いた本格志向。また、ビデオの中から現れるビデオガールを巡る恋愛を中心としており、SF要素を含んでいるのが特徴的である。

ストーリーは2部構成になっており、それぞれ中心となるビデオガールの名前を取り、『あい編』116話と『恋(れん)編』14話に分かれる。

『あい編』は弄内洋太(もてうち ようた)を主人公に、ビデオガールの天野あい、同級生の早川もえみ、後輩の仁崎伸子(にさき のぶこ)との恋愛模様を描く。洋太の気持ちが揺れ動きながらも、最終的には人間となったあいと結ばれるストーリーだ。
一方、『恋編』は、男の主人公と複数の女の子が登場することは同じだが、主人公の田口広夢(たぐち ひろむ)は一貫して絵画教室で知り合った白川あゆみに想いを寄せており、ビデオガールの桃乃恋はそんなふたりの仲を応援する立ち位置に終始し、広夢との恋愛には参入しない。また、ラストシーンで恋はみなに感謝されながらレンタル期間を終えてビデオの中に戻っていくのも『あい編』と異なる点だ。

話数のボリュームと知名度から、『電影少女』は「あい編」がメインとして捉えられていることが多い。
また、連載前に読み切り作品『ビデオガール』が掲載されている。こちらのストーリーは『あい編』の土台となっている。

作者の桂正和は大の特撮好きで、これまではスーパー戦隊などから着想を得たSF作品をメインに描いていたが、担当編集者の鳥嶋和彦のすすめで1980年頃からラブコメディを描くようになった。そこに自身のSF趣味もおり混ぜて生まれたのが『電影少女』である。
これまでの少年マンガの恋愛マンガに新しい風を吹き込んだ『電影少女』は人気を博し、長期連載作品となった上、OVAや実写映画化などのメディアミックス展開も行われた。

『電影少女(ビデオガール)』のあらすじ・ストーリー

『あい編』

ビデオガール天野あいとの出会い

テレビ画面から飛び出してきた天野あい

冬休み最終日、弄内洋太(もてうち ようた)はずっと片思いしていた早川(はやかわ)もえみに告白することを決意する。親友の新舞貴志(にいまい たかし)に背中を押された洋太だったが、もえみが貴志を好きだと知ってしまう。恋愛に関心がない貴志はもえみの告白を受け流してしまった。洋太は「自分に勇気がなく、貴志を巻き込んだせいで、もえみの心を傷つけてしまった」と悔やむ。
自分の失恋よりもえみの傷ついた心を思って涙する純粋な気持ちが、不思議なレンタルビデオショップGOKURAKU(ゴクラク)を呼び寄せた。洋太は吸い寄せられるように入店する。
洋太は成り行きで「天野(あまの)あい」「やさしく清楚な16歳」と説明書きのある『なぐさめてあげる♡』というビデオテープをレンタルする。
家に帰り、ビデオテープを再生すると、画面の中のあいはまるで今の洋太の状況が見えているかのような発言をした。そして「心からわたしを必要としているのね」と言い、画面の中から飛び出して実体化した。
ビデオガールのあいは、男の望むことをなんでも聞き、その心を癒すために存在しているという。ビデオガールはビデオテープと魂が繋がっており、再生時間の間だけ現実に存在できる。
だが、洋太のビデオデッキが故障していたせいで、あいは性格が少々ガサツになってしまっていた。それでも明るく屈託ない性格のあいに、洋太はなぐさめられた。

洋太に恋心を抱いたあい

もえみは貴志のことを諦めきれず、洋太に励まされて貴志の誕生日に再び告白する。もえみと貴志は付き合うことになった。
あいは、自分の気持ちを犠牲にしてでも人の幸せを願う洋太の優しさに心動かされていた。本来ビデオガールは特定の男性に恋心を抱くことはないが、壊れたデッキで再生された影響で、あいには様々な不具合が生じていた。
ビデオガールを作ったGOKURAKU上層部の男、ローレックはあいの不具合を察知して回収してしまう。あいはローレックに反発し、「洋太のもとへ戻りたい」と懇願した。するとローレックはあいに交換条件を出す。それは「ビデオガールとしての使命を果たすため、洋太ともえみの恋を応援しろ」というものだった。あいは条件を受け入れ、『応援するぜ!!』というビデオテープに生まれ変わり、洋太のもとへ戻った。
あいの帰還を喜ぶ洋太だったが、あいは洋太ともえみの恋を成就させるため、自分の洋太への恋心を押し殺さなくてはならなかった。このことを洋太に打ち明けるとあいは存在を消されてしまう。あいは洋太に冷たく接し、距離をとる。しかし別の男に襲われそうになったことをきっかけに、自分の中の洋太の存在の大きさを痛感したあいの決意は揺らいでしまう。そして消えてしまうことを覚悟の上で、洋太に想いを打ち明けた。気持ちを通じ合わせた洋太とあいだったが、ローレックとの契約により、あいはビデオテープの中に消えてしまう。
GOKURAKU店主のじィさんの手助けで、洋太はあいを追ってビデオテープの中に入り込む。ビデオテープは洋太を拒み、洋太は心身ともに傷つきながらも、あいへの強い想いを力に変え、あいを取り戻した。しかし依り代となっていたビデオテープを失ったあいは仮死状態となる。あいはそのままローレックに連れ去られてしまった。

伸子とのあたらしい恋

あいを失ったまま春を迎えた洋太は、新入生として入学してきた仁崎伸子(にさき のぶこ)と再会する。伸子とは中学の時に美術クラブで出会っており、伸子はその頃から洋太に片思いをしていた。真っ直ぐな性格の伸子は、躊躇うことなく洋太へ好意を伝える。意志の強い伸子に洋太は少しずつ惹かれていった。
そんな中、突然あいが戻ってきた。喜ぶ洋太だったが、あいは洋太の記憶を失い、自分がビデオガールであることも忘れてしまっていた。
洋太はあいと伸子の間で揺れ動くが、記憶を失ってしまったあいを追い求めることに疲れ、伸子に安らぎを感じるようになっていた。洋太は伸子と交際することを決めた。
伸子と交際を始め、洋太は明るさを取り戻していく。そんな洋太とはうらはらに、あいは洋太と伸子が仲良くしている様子を見て、苛立ってしまうようになっていた。
あいの中で洋太の存在はどんどん大きくなっていき、あいは深夜に洋太に電話をかけてしまう。その夜、伸子は洋太と初夜を迎える覚悟で家に泊まっていた。あいからの電話に真剣に耳を傾ける洋太を見た伸子は、あえて一緒にあいのもとに向かい、洋太はもう自分のものなのだとあいに示す。しかし洋太はあいが記憶を取り戻し始めているのではないかと思い、あいを気遣った。洋太とあいの深い絆を感じた伸子は、大きな不安を抱く。

新たなビデオガール神尾まいの出現

あいの破壊を目論むローレックは、伸子に失恋したばかりだった松井直人(まつい なおと)を利用して新たなビデオガール神尾まい(かみお まい)を出現させた。直人はまいの体に溺れて衰弱し、入院してしまう。
まいがビデオテープから具現化される様子を目撃したあいは、自分がまいと同じビデオガールであることを思い出した。
まいは体を流れる磁力を武器にしてあいを襲撃する。じィさんがなんとかまいを退けたが倒すことはできず、あいの身の危険は続いていた。じィさんは「若い洋太の方が助けになるだろう」と考え、あいを再び洋太に託す。あいは洋太への想いを押し殺して洋太と過ごした。
一方、伸子は直人が入院したことに責任を感じ、連日直人のお見舞いに通っていた。意識を取り戻した直人の誠実な想いに触れ、伸子の心は揺れていた。
そんな中、伸子は洋太があいと同居していることを知って深く失望し、洋太との関係に亀裂が入る。伸子は自分の気持ちに決着をつけるために洋太を呼び出した。凍てつくような空気と沈黙が、洋太と伸子の埋められない溝を表していた。

まいとの戦い

伸子と破局した帰り道、洋太は不良に絡まれる。そこへ、幼少期の友達の夏美(なつみ)が助けに入った。夏美は連絡の途絶えた彼氏を追って岡山から上京してきたが、彼氏にフラれたと言う。夏美は洋太の家に泊まることになった。
洋太が夏美と話している間に、街にいたあいが再びまいに襲撃された。洋太はあいを探しに行こうとするが、道中で伸子に出くわす。夏美は洋太に伸子ともう一度話すように促し、あいのもとに向かった。洋太は「まだ伸子が必要だ」と訴えたが、伸子の意思は固く、「お互いを嫌いになる前にきれいに関係を終わらせよう」と告げた。
あいを見つけ出した夏美はまいと戦うが、持病の心臓発作を起こして倒れてしまう。遅れて駆けつけた洋太があいを守ろうとするが、まいには歯が立たない。ボロボロになりながらも自分を守る洋太を見たあいは、まいを上回る磁力を放出し、まいは消滅した。
あいとまいの戦いを見ていたローレックは、愛の力で困難を乗り越えていく洋太とあいに興味を持ち、あいに「ひとりの男性と愛を結んでみろ」と命じた。あいの再生時間内に愛を結実させられたら、あいを人間にすると言う。だが、このことを洋太に打ち明けた場合、即刻存在を抹消するという。あいはローレックの条件を飲んだ。一方、洋太はあいがいつか再生時間を終えて消えてしまうことを想像し、恐れていた。

洋太の告白

もえみと貴志の関係は冷え切っていた。バンドを組んでいる貴志が恋人をぞんざいにしていることは他のメンバーも知っていた。そのことを知った洋太は、貴志を叱責する。洋太の精神的な成長を実感した貴志は反省し、もえみと真剣に向き合うことを決意する。そして「明日のバンド練習で自分の曲を聞いて欲しい」ともえみに電話をかけた。
次の日は台風だった。貴志を信じているもえみは悪天候の中、練習場所へ向かう。
貴志はバンドの練習の中止をもえみに伝えていなかった。洋太は、もえみの性格なら連絡がない限り練習場所に行ってしまうと忠告したが、貴志は聞き入れない。不安を感じた洋太はもえみのもとへ向かう。
練習会場に着いたもえみは、見知らぬ男たちに突如襲われた。洋太が駆けつけたことで暴行は未遂に終わったが、衣服を乱されたもえみは気を失う。遅れて貴志も現場にやってきた。洋太は事件に貴志が関与していないか問いただした。貴志は何も答えなかった。
洋太は貴志を信用してもえみを託した気持ちを裏切られたと感じ、自分がもえみにきちんと想いを告げていれば、貴志が無理にもえみと付き合うことはなかったと悔やんだ。洋太はもえみに改めて想いを告げる。もえみはいつでも自分を支えてくれたのは洋太だったと気が付き、洋太の気持ちを受け入れた。
あいは洋太への想いを断ち切る覚悟を決めた。だが、決意と裏腹に、あいは急速に記憶を取り戻し始めてしまう。必死に気持ちを抑え込もうとするあいだったが、洋太ともえみがキスするところを見て、過去の記憶が全て戻り、洋太への強い想いも蘇ってしまった。

絵本制作を通じて絆を強める洋太とあい

絵本制作を通して絆を深める洋太とあい

洋太は小さい頃からの夢だった絵本作家に向けて、自作の絵本をコンクールに提出しようとしていた。それを見たあいは、洋太の描きかけのイラストに色を塗ってみた。あいの優れた色彩感覚を知った洋太は、絵本制作を手伝って欲しいとあいに依頼した。洋太のそばにいたいあいは、「もえみが傷つくのでは」と思いつつも協力することにする。
コンクールには落選してしまったが、洋太の絵本を個人的に気に入った人物の誘いで、新しく絵本を描いて出版を目指すことになった。そんな中、洋太は偶然あいとローレックが交わした契約のことを知る。再生期限を迎えてもあいと離れないで済むと知った洋太は、あいへの想いを再燃させた。
一方で、あいは人間になることをもう諦めていた。再生時間の限り、洋太たちと楽しく過ごしたいと願っていた。
洋太はあいと共に絵本制作をしようとするが、洋太をあいに奪われてしまうことを恐れたもえみがそれを拒絶した。もえみの気持ちを尊重したあいは洋太の家を出ていってしまう。

夏美の死

持病を悪化させた夏美は入院していた。見舞いに訪れたあいは夏美の余命がわずかであることを知り、夏美の「最後に一目彼氏に会いたい」という願いを叶えるために奔走する。
あいの必死の説得が男の心を動かし、夏美は今わの際に恋人に会うことができた。
夏美の死に号泣するあいだったが、真っ直ぐな愛を貫き、後悔のない人生を送った夏美の強さはあいに勇気を与えた。
夏美の死は、洋太にも影響を与えていた。夏美が危篤に陥ったとき、洋太の前に夏美の幻影が現れたのだ。あいを失い途方に暮れていた洋太は夏美に導かれ、夏美の病室に辿り着いた。
洋太はあいと再会できた。だが、夏美の死を目の当たりにし、あいがビデオガールのまま再生期限を迎えて消えてしまうことに強い恐れを抱いた。洋太はあいを人間にするため、あいとの恋を成就させることを決意してもえみに別れを告げた。
洋太のことを諦められないもえみは大切にしていた髪を切ってあいのようなショートカットにする。それを見たあいは深くショックを受け、もえみとふたりきりで話をした。優しいもえみのことが大好きなこと、洋太にはもえみが必要であることをあいは一生懸命に伝える。あいの深い友情と愛情を感じ取ったもえみはあいと和解した。

ローレックとの決着

ローレックの支配を破り、洋太と愛を分かち合い消えていくあい

5qblackwing1180
5qblackwing1180
@5qblackwing1180

Related Articles関連記事

I”s(アイズ)のネタバレ解説・考察まとめ

I”s(アイズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『I”s』は恋愛漫画の巨匠『桂正和』が1997年~2000年に週刊少年ジャンプで執筆した漫画である。 単行本では全15巻、完全版では全12巻で構成され、累計発行部数は1000万部以上である。 桂正和の代表作には『電影少女』や『タイガー&バニー』などがある。 この『I”s』の特徴は主人公『一貴』以外のキャラクターの心情が発言しない限り、ほとんど分からないという独特なストーリーの進め方になっている。 テレビゲームや小説、OVA化、2017年には実写ドラマ化をしている。

Read Article

TIGER & BUNNY(タイバニ)のネタバレ解説・考察まとめ

TIGER & BUNNY(タイバニ)のネタバレ解説・考察まとめ

2011年4月〜9月にかけてMBSほかで放映された、サンライズ制作のヒーローアニメーション。シュテルンビルドと呼ばれる街で、ベテランヒーロー・ワイルドタイガーとキザでクールな新人ヒーロー・バーナビーのコンビがW主人公で活躍する。アメコミと日本のヒーローものの良いところが満載の大ヒットアニメである。実在の企業がヒーロー個人のスポンサーになっており関連企業はタイバニとのコラボイベントを数多く実施した。

Read Article

TIGER & BUNNY 2(タイバニ2)のネタバレ解説・考察まとめ

TIGER & BUNNY 2(タイバニ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『TIGER & BUNNY 2』とは、ヒーローたちの日常と活躍を描いたオリジナルアニメ作品。2011年に放送されて好評を博した『TIGER & BUNNY』の続編である。 ヒーローが職業化している近未来都市シュテルンビルド。ベテランヒーロー鏑木・T・虎徹と若き俊英バーナビー・ブルックスJr.は、それぞれの過去や現在の問題を乗り越え、コンビを組んでの活動を続けていた。そんな彼らの前に新たなライバルとなる新人ヒーローたちと、人々の脅威となる新たな強敵が現れる。

Read Article

ウイングマン(桂正和)のネタバレ解説・考察まとめ

ウイングマン(桂正和)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウイングマン』とは1983年に少年ジャンプで連載開始された桂正和原作の漫画、それを原作としたヒーローコメディアニメ、アドベンチャーゲーム作品である。広野健太は憧れの強さから都合のいい解釈のヒーロー活動をしていた。突如謎の女の子アオイが異空間から現れる。持っていたノートにウイングマンをラクガキすると、本当にウイングマンに変身してしまった。そのノートは描いたことが現実になるドリムノートだった。ドリムノートを狙う異次元からの敵と戦い、成長していく健太の姿を描くヒーローアクション学園ラブコメディ作品。

Read Article

ジャンプで連載された「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズまとめ

ジャンプで連載された「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズまとめ

ジャンプといえば「遊戯王」や「ドラゴンボール」、「ワンピース」、「NARUTO」など、熱血バトル漫画が多いですよね。しかしながら、そんな表舞台の外側では、密かに爆発的な人気を誇っていたのが「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズです。「いちご100%」や「to loveる」など、世代によって既知か否かはまちまちなので、今回まとめてみました。

Read Article

【TIGER & BUNNY】漫画家・アニメーターによる画像まとめ【タイガー&バニー】

【TIGER & BUNNY】漫画家・アニメーターによる画像まとめ【タイガー&バニー】

『TIGER & BUNNY』とは、職業としてのヒーローが定着した社会で、ロートルヒーローと新人ヒーローのコンビが活躍する様を描いたサンライズによるアニメ作品。 作中に登場するヒーローは、誰もがただカッコいいだけではなく悩みも欠点も抱えた人間的な魅力に溢れており、丁寧に構成されたストーリーも相まってアニメファンから熱狂的な支持を集めた。プロによる寄稿も盛んに行われ、ここではそれを紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】ネタバレ&考察スレ2【タイガー&バニー】

【TIGER & BUNNY】ネタバレ&考察スレ2【タイガー&バニー】

『TIGER & BUNNY』とは、職業としてのヒーローが定着した社会で、ロートルヒーローと新人ヒーローのコンビが活躍する様を描いたサンライズによるアニメ作品。 主人公鏑木T虎徹と相棒のバーナビー・ブルックスJr.の凸凹コンビの軽妙なやり取りと、彼らの過去にも関わる世界全体の謎に切り込んでいく秀逸なストーリーで高い評価を受けた。放送当時はネット上でファンによる様々な考察が為され、作品の人気を印象付けた。当時のスレの様子を紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】転売失敗!?ポーチマン(60)騒動とは【タイバニポーチ】

【TIGER & BUNNY】転売失敗!?ポーチマン(60)騒動とは【タイバニポーチ】

2011年に放送され、世界中から絶賛されたオリジナルアニメ『TIGER & BUNNY』。ファンに向けた様々なグッズが販売される中、「ポーチマン(60)騒動」と呼ばれる事件が発生した。 2014年に発売された『TIGER & BUNNY』を転売用に60個購入した転売ヤーが、転売に失敗して大量の在庫を抱えることとなったのである。自ら「ポーチマン(60)」と名乗り始めたこの人物に、様々な意見が寄せられた。当時の反応を紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】ネタバレ&考察スレ4【タイガー&バニー】

【TIGER & BUNNY】ネタバレ&考察スレ4【タイガー&バニー】

『TIGER & BUNNY』とは、職業としてのヒーローが定着した社会で、ロートルヒーローと新人ヒーローのコンビが活躍する様を描いたサンライズによるアニメ作品。 主人公鏑木T虎徹と相棒のバーナビー・ブルックスJr.の凸凹コンビの軽妙なやり取りと、彼らの過去にも関わる世界全体の謎に切り込んでいく秀逸なストーリーで高い評価を受けた。放送当時はネット上でファンによる様々な考察が為され、作品の人気を印象付けた。当時のスレの様子を紹介する。

Read Article

TIGER & BUNNYの名言・名セリフ/名シーン・名場面をまとめてみた!

TIGER & BUNNYの名言・名セリフ/名シーン・名場面をまとめてみた!

落ち目のベテランヒーロー鏑木・T・虎徹と、新進気鋭の若手バーナビー・ブルックスJr.のデコボコヒーローコンビが、近未来都市シュテルンビルドで悪党相手に大立ち回りを演じるアニメ『TIGER & BUNNY』。魅力的なキャラクターとストーリーで大人気を博し、未だに高く評価される作品である。 作中には胸を打つ名言・名セリフや、手に汗握る名シーン・名場面の数々が存在し、ファンを夢中にさせた。その一部を紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】ネタバレ&考察スレ7【タイガー&バニー】

【TIGER & BUNNY】ネタバレ&考察スレ7【タイガー&バニー】

『TIGER & BUNNY』とは、職業としてのヒーローが定着した社会で、ロートルヒーローと新人ヒーローのコンビが活躍する様を描いたサンライズによるアニメ作品。 主人公鏑木T虎徹と相棒のバーナビー・ブルックスJr.の凸凹コンビの軽妙なやり取りと、彼らの過去にも関わる世界全体の謎に切り込んでいく秀逸なストーリーで高い評価を受けた。放送当時はネット上でファンによる様々な考察が為され、作品の人気を印象付けた。当時のスレの様子を紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】ネタバレ&考察スレ6【タイガー&バニー】

【TIGER & BUNNY】ネタバレ&考察スレ6【タイガー&バニー】

『TIGER & BUNNY』とは、職業としてのヒーローが定着した社会で、ロートルヒーローと新人ヒーローのコンビが活躍する様を描いたサンライズによるアニメ作品。 主人公鏑木T虎徹と相棒のバーナビー・ブルックスJr.の凸凹コンビの軽妙なやり取りと、彼らの過去にも関わる世界全体の謎に切り込んでいく秀逸なストーリーで高い評価を受けた。放送当時はネット上でファンによる様々な考察が為され、作品の人気を印象付けた。当時のスレの様子を紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】「タイバニ展」in大阪!最長5時間の長蛇の列に阿鼻叫喚!?

【TIGER & BUNNY】「タイバニ展」in大阪!最長5時間の長蛇の列に阿鼻叫喚!?

近未来都市シュテルンビルドを舞台に、ヒーローたちの日常と活躍を描いたオリジナルアニメ『TIGER & BUNNY』。2011年に放送され、世界的に高い評価を受けた人気作品である。 その劇場版作品『TIGER & BUNNY RISING』が公開された記念に、日本の各都市で同作の展示会『The World of TIGER & BUNNY』が開催。その大阪の初日の会場の様子を紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】虎兎、空折…人気カップリングランキング!【2013年冬コミ】

【TIGER & BUNNY】虎兎、空折…人気カップリングランキング!【2013年冬コミ】

近未来都市シュテルンビルドで繰り広げられる、ヒーローたちの日常と活躍を描いた人気アニメ『TIGER & BUNNY』。魅力的なキャラクターたちが織り成す絆と葛藤の物語は評価が高く、多くのファンを獲得した。 2013年の冬に開催された『コミックマーケットC85』のサークルカットから、同作のカップリング表記を抜き出してランキング形式で紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】オタ婚活あるある?タイバニファンの街コンシミュレート!

【TIGER & BUNNY】オタ婚活あるある?タイバニファンの街コンシミュレート!

2011年に放送されたアニメ『TIGER & BUNNY』は、国の内外を問わず高い評価を受けた作品である。深夜アニメにも関わらずその人気は一般層にまで広まり、特に女性ファンが極めて多いことで知られている。 そんな『TIGER & BUNNY』のファンが、「ファン同士が街コンで出会った際にどんな会話が繰り広げられるか」をTwitter上で予想している。抱腹絶倒のシミュレーションの数々を紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】スカイハイ役はトム・クルーズに?「ハリウッドで実写映画化」の衝撃

【TIGER & BUNNY】スカイハイ役はトム・クルーズに?「ハリウッドで実写映画化」の衝撃

2015年に開催されたNYコミコンにて、国際的な人気アニメ『TIGER & BUNNY』がハリウッドで実写映画化されることが発表された。この驚きの情報はファンの間を駆け巡り、一夜にして世界的な話題となった。 ファンの間では、さっそく「主役は誰が演じるのか」、「スカイハイはトム・クルーズがいい」と配役に関する意見が続出。当時の様子を紹介する。

Read Article

TIGER & BUNNYの「壁紙に使える」大きめ画像をまとめてみた!

TIGER & BUNNYの「壁紙に使える」大きめ画像をまとめてみた!

人気の衰えた中年ヒーローと、両親の仇を追う新進気鋭の青年ヒーローがタッグを組んで活躍するアニメ『TIGER & BUNNY』。その魅力溢れるキャラクターと丁寧なストーリー、「ヒーロースーツが企業の宣伝を兼ねている」というユニークな発想で好評を博した人気オリジナルアニメである。 様々な関連グッズが作られファンを喜ばせる中、もっとも手軽に手に入るとしてファンから評判だったのがPCなどで使う壁紙画像である。ここではそんな壁紙用画像を紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】虎兎、空炎…タイバニ腐向け画像を一気に紹介!【BL】

【TIGER & BUNNY】虎兎、空炎…タイバニ腐向け画像を一気に紹介!【BL】

落ち目のベテランヒーロー鏑木・T・虎徹と新進気鋭の若手ヒーローバーナビー・ブルックスJr.のデコボココンビが、近未来都市シュテルンビルドを舞台に活躍するアニメ『TIGER & BUNNY』。魅力的なキャラクターたちが織り成す丁寧なストーリーが好評を博した人気作品である。 女性ファンが多いことでも知られ、男性キャラクター同士の絡みを描いた、いわゆる“腐”向けのファンアートも数多く存在する。ここではそれを紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】HEROTVと企業のロゴまとめ【タイガー&バニー】

【TIGER & BUNNY】HEROTVと企業のロゴまとめ【タイガー&バニー】

『TIGER & BUNNY』とは、職業としてのヒーローが定着した社会で、ロートルヒーローと新人ヒーローのコンビが活躍する様を描いたサンライズによるアニメ作品。 本作は「アニメの中のヒーローが、実在の企業のロゴをスーツに貼り付けて、自ら宣伝塔となって戦う」という珍しい試みが行われたことでも知られており、実際に様々な企業がロゴを提供。現実と非現実の境界を曖昧にすることで、視聴者の物語への没入感をさらに強めることに成功した。作中に登場するロゴを、架空のものも合わせて紹介する。

Read Article

TIGER & BUNNYとアメコミの類似点?日米ヒーロー作品を比較してみた!

TIGER & BUNNYとアメコミの類似点?日米ヒーロー作品を比較してみた!

近未来都市シュテルンビルドを舞台に、落ち目のベテランヒーロー鏑木・T・虎徹と、新進気鋭の若手バーナビー・ブルックスJr.のデコボココンビが悪党退治に勤しむアニメ『TIGER & BUNNY』。国内外を問わず高い評価を受けた人気作である。 欧米風の外国の都市が舞台で、ヒーローを題材にした作品であるだけに、ヒーロー物が多いアメコミとの類似点を指摘するファンも少なからず存在する。ここではそんな分析の1つを紹介する。

Read Article

【タイバニ】TIGER & BUNNY in ナンジャ 初日 レポ まとめ #tigerbunny

【タイバニ】TIGER & BUNNY in ナンジャ 初日 レポ まとめ #tigerbunny

2011年に放送され、世界中で絶賛されたアニメ『TIGER & BUNNY』。近未来都市シュテルンビルドを舞台に、NEXTと呼ばれる新人類がヒーローとなり、その日常と活躍を描いた作品である。 2021年の1月11日から3月2日にかけて、ナンジャタウンで本作のコラボイベントが開催。10年のメモリアルイベントにも関わらず、多くの集客があり高い人気を証明するものとなった。当時の反応を紹介する。

Read Article

【タイバニコスプレ】NHKアナウンサー「松岡忠幸」のオタク伝説をまとめてみた!【縦読み】

【タイバニコスプレ】NHKアナウンサー「松岡忠幸」のオタク伝説をまとめてみた!【縦読み】

NHK長野放送局所属の松岡忠幸は、その端正な顔立ちと丁寧な語り口調で人気のアナウンサーの1人である。しかし同時にかなりのアニメオタクとしても知られており、放送中に人気アニメ『TIGER & BUNNY』のコスプレ姿で現れたことでアニメファンの間で一躍有名な人物となった。 そんな「長野のヨン様」ならぬ「長野のバーナビー」の数々のオタク伝説を紹介する。

Read Article

【TIGER&BUNNY】ネタバレ&考察スレまとめ18〜68【タイガー&バニー】

【TIGER&BUNNY】ネタバレ&考察スレまとめ18〜68【タイガー&バニー】

『TIGER & BUNNY』とは、職業としてのヒーローが定着した社会で、ロートルヒーローと新人ヒーローのコンビが活躍する様を描いたサンライズによるアニメ作品。 主人公鏑木T虎徹と相棒のバーナビー・ブルックスJr.の凸凹コンビのやり取りと、彼らの過去にも関わる世界全体の謎に切り込んでいく秀逸なストーリーで高い評価を受けた。放送当時はネット上でファンによる様々な考察が為され、作品の人気を印象付けた。当時のスレの様子を紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】裸の付き合い!?大江戸温泉で開催された全裸オフ会についてまとめてみた

【TIGER & BUNNY】裸の付き合い!?大江戸温泉で開催された全裸オフ会についてまとめてみた

近未来都市シュテルンビルドで繰り広げられる、ヒーローたちの日常と活躍を描いたアニメ『TIGER & BUNNY』。世界中で評価された人気作品で、特に女性のアニメファンから絶大な支持を受けたことで知られる作品である。 2013年、お台場の大江戸温泉にて「劇場版 TIGER&BUNNY -The Rising- 大江戸温泉フェスティバル!!」が開催。多くのファンが会場に足を運び、ファン同士で“裸の付き合い”をすることとなった。当時の反応を紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】凸凹主人公コンビ!?虎徹とバーナビーjr.の画像をまとめてみた【虎兎】

【TIGER & BUNNY】凸凹主人公コンビ!?虎徹とバーナビーjr.の画像をまとめてみた【虎兎】

超常的な力を持つヒーローたちが、人気と視聴率を競って争う様を描いたアニメ『TIGER & BUNNY』。2011年に放送され、その秀逸なシナリオと魅力的なキャラクターの数々で爆発的な人気を獲得し、多くのファンを生んだ作品である。 その主人公である鏑木虎徹とバーナビー・ブルックスJr.は、ロートルと期待の新人という凸凹コンビで、ぶつかり合いながら互いに成長していく姿が好評を博した。「虎兎」こと虎徹とバーナビーのコンビを描いたイラストを紹介する。

Read Article

NEW
【TIGER & BUNNY】ネタ情報考察話題感想・イラスト画像壁紙まとめ【タイガー&バニー】

【TIGER & BUNNY】ネタ情報考察話題感想・イラスト画像壁紙まとめ【タイガー&バニー】

『TIGER & BUNNY』(タイガー&バニー)とは、職業としてのヒーローが定着した社会で、ロートルヒーローと新人ヒーローのコンビが活躍する様を描いたサンライズによるアニメ作品。この記事ではタイバニのネタ情報・考察・話題・感想・イラスト・画像・壁紙など、様々な情報をまとめて紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY The Rising】役作りに余念無し…新ヒーローの声優が中村悠一に決定!

【TIGER & BUNNY The Rising】役作りに余念無し…新ヒーローの声優が中村悠一に決定!

2014年、人気アニメ『TIGER & BUNNY』の劇場版第2弾『TIGER & BUNNY -The Rising-』が公開された。本作に登場する新ヒーロー「ライアン・ゴールドスミス」を声優の中村悠一が担当することが決まり、ファンから注目を集めた。 人気・実力とも申し分ない若手声優の起用にファンは喜び、中村自身も役作りに余念がなく、この作品への期待の高さをうかがわせた。当時の反応を紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】他の漫画家の絵柄でタイバニキャラを!?イタコ漫画画像をまとめてみた

【TIGER & BUNNY】他の漫画家の絵柄でタイバニキャラを!?イタコ漫画画像をまとめてみた

「特定の作品を、特定の漫画家や作品の画風で描いた」ファンアートのことを“イタコ漫画”と呼ぶ。 近未来都市シュテルンビルドを舞台に、ヒーローたちの日常と活躍を描いたアニメ『TIGER & BUNNY』は、その人気から多くのファンアートが描かれ、中にはイタコ漫画も少なからず存在する。ここではTwitterで発表されたものを中心に、『TIGER & BUNNY』のイタコ漫画を紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】ツイッター大荒れ!?「バニーの水着コラ画像」騒動を徹底紹介!

【TIGER & BUNNY】ツイッター大荒れ!?「バニーの水着コラ画像」騒動を徹底紹介!

ロートルの鏑木・T・虎徹と新進気鋭のバーナビー・ブルックスJr.の凸凹コンビを中心に、ヒーローたちの日常と活躍を描いたアニメ『TIGER & BUNNY』。丁寧なストーリーと魅力的なキャラクターで、特に女性のアニメファンに大きな反響を呼んだ人気作品である。 その15話ではヒーローたちの水着姿が描かれ、ファンによる様々なコラ画像が制作された。ツイッター上のものを中心に、当時の反応を紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】ネタバレ&考察スレまとめ【タイガー&バニー】

【TIGER & BUNNY】ネタバレ&考察スレまとめ【タイガー&バニー】

『TIGER & BUNNY』とは、職業としてのヒーローが定着した社会で、ロートルヒーローと新人ヒーローのコンビが活躍する様を描いたサンライズによるアニメ作品。 主人公鏑木T虎徹と相棒のバーナビー・ブルックスJr.の凸凹コンビの軽妙なやり取りと、彼らの過去にも関わる世界全体の謎に切り込んでいく秀逸なストーリーで高い評価を受けた。放送当時はネット上でファンによる様々な考察が為され、作品の人気を印象付けた。当時のスレのまとめを紹介する。

Read Article

【TIGER & BUNNY】阿鼻叫喚!?東京のタイバニ展の様子をまとめてみた

【TIGER & BUNNY】阿鼻叫喚!?東京のタイバニ展の様子をまとめてみた

2014年、人気アニメ『TIGER & BUNNY』の劇場版作品『TIGER & BUNNY The Rising』が公開され、それに合わせて『特別展 The World of TIGER & BUNNY』が開催。特製グッズなども用意され、多くのファンが押しかけることとなった。 しかし主催者側の予想を遥かに上回る集客に加えてスタッフの不手際が重なり、数時間もの待機列が発生するなど、会場に向かった者は「阿鼻叫喚」の惨状に巻き込まれることとなった。当時の反応を紹介する。

Read Article

TIGER & BUNNYで国際交流!海外絵師によるハイクオリティなイラストを紹介

TIGER & BUNNYで国際交流!海外絵師によるハイクオリティなイラストを紹介

近年、日本のアニメの国際的な人気は上昇の一途を辿り、インターネットによる配信などで世界中で楽しまれるようになっている。 2011年に放送された『TIGER & BUNNY』は、物語の舞台が欧米風の都市であること、アメコミでも多く見られるヒーローを題材とした物語だったことから、アメリカを中心に諸外国でも高い人気を獲得。海外のファンによる二次創作も大量に作られることとなった。ここではそれを紹介する。

Read Article

目次 - Contents