制服がかわいい、かっこいい、変わってる漫画、アニメ作品

D8f3465e94501e8b14bdc385f1cc28c5

学園ものと言えば、色々な要素がありますが、「制服」も一つのポイントではないでしょうか。かわいい、かっこいい、もしくは奇抜な制服を集めてみました。

かわいい編・『I's』

2l1077

桂正和先生の、ちょっと(いやかなり?)エッチな青春ラブストーリーです。ヒロインがかわいいとは当たり前として、学校の制服もまた、ナイスなデザインでした。

12645

独特な形状のカラーと、プリーツスカート、そしてスカーフ。色がちょっとどぎつい気もしますが、目立っていいかも?

男子の制服も何かかわいかったですね。やっぱりズボンは紫・・・?

480x480bb 85

男性学生の制服のデザインといえば、あまりタイプがないように思われがちですが、(学ラン、チャック式学ラン、ブレザーくらい?)意外や幅あるんですよね。でもやっぱり女の子の制服のが気にはなりますが。

かわいい編・『新世紀エヴァンゲリオン』

小さめの襟と控えめなリボン、そしてスカートと一体化した上部。(もしかして太い吊り型?)この上部分がこの制服をかわいく見せているんでしょうね。

Neon genesis evangelion eva rei ayanami asuka langley soryu tokyo 3 school uniform cosplay costume xxs

作中には「四季がない」そうで、年中夏服。でもシンジの履歴書?では学ラン姿の写真があったので、多分女子にも冬服があることはあるんでしょう。ブレザー式の上着でも羽織るんでしょうか。それとも厚手の上着を着て、上からスカート・・・?

かわいい編・『浪漫倶楽部』

一時期の『少年ガンガン』に連載されていた、ハートフル学園(ハートフルな『涼宮ハルヒ』といっても過言じゃないかもしれません)ものから。とにかく、女子の制服がかわいかったんです。

4861271967

セーラー服にリボン、そしてちょっと短めの上着。見ようによってはだらしなく見える「シャツをスカート(もしくはズボン)の中にしまわない」という着方が、この学校ではデフォ。夏場など、シャツの上からベストのようなものを着るという、ブレザー系統の制服によくある着方も見られました。この上着にはボタンがついてないのか知りませんが、「羽織るだけの短い上着」と長いシャツが、不思議なことにだらしない印象を与えないし、かわいく見えるんですよね。

C01 0956

ちなみに男子はこちら。やっぱり上着が短い上にシャツ出てます。でもかわいいです。詰襟っぽいけど、ボタンらしきものが見当たらないのが気になる・・・。チャック式なんでしょうか。同じ作者の別作品にもこの制服というか学校は登場します。

かっこいい編『ヒカルの碁』

囲碁ブームを巻き起こしたこの作品。主人王ではなく、ライバルキャラの通っていた名門中の制服がなかなか・・・。

480x480bb 85

名門校って詰襟チェック型多いですね。

I320

夏も詰襟チャックってかっこいいかと思います。袖にもワンポイント入ってるし。でも何か暑そう。素材が涼しいのかな?

奇抜編・『少女革命ウテナ』

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

ジャンプで連載された「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズまとめ

ジャンプといえば「遊戯王」や「ドラゴンボール」、「ワンピース」、「NARUTO」など、熱血バトル漫画が多いですよね。しかしながら、そんな表舞台の外側では、密かに爆発的な人気を誇っていたのが「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズです。「いちご100%」や「to loveる」など、世代によって既知か否かはまちまちなので、今回まとめてみました。

Read Article

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

雨上がり決死隊のトーク番組、略して「アメトーーク」ですが、毎回面白いですよね。近年ではperfumeさんやハーフ芸人会、プレゼン大会などもあり、その面白さは無限大です。そんな中、今回は「アメトーーク」の中で取り上げられたアニメ・漫画に関する回、DVDのvol.1からvol.15巻までを、まとめてみました。

Read Article

『エヴァ』に『デュラララ』『ガンダム』とキティちゃんコラボはとどまる事を知らない!

「キティちゃん」と言えば、サンリオの代名詞と言っても過言ではないキャラクター。日本の女の子にもっとも愛され、そしてもっとも色々な“モノ”達とコラボを果たした別名「仕事を選ばないキティ先輩」。こちらでは、そんなキティちゃんのアニメや漫画を中心とした“コラボ遍歴”を集め、まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents