I”s(アイズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『I”s』は恋愛漫画の巨匠『桂正和』が1997年~2000年に週刊少年ジャンプで執筆した漫画である。
単行本では全15巻、完全版では全12巻で構成され、累計発行部数は1000万部以上である。
桂正和の代表作には『電影少女』や『タイガー&バニー』などがある。
この『I”s』の特徴は主人公『一貴』以外のキャラクターの心情が発言しない限り、ほとんど分からないという独特なストーリーの進め方になっている。
テレビゲームや小説、OVA化、2017年には実写ドラマ化をしている。

『I”s』の概要

『I”s』は1997年~2000年に週刊少年ジャンプで連載された、恋愛漫画の巨匠・桂正和による漫画作品である。同氏の代表作には、『電影少女』や『タイガー&バニー』などがある。
桂はその美麗な画力と細やかな人物描写から、編集部に「恋愛漫画を描いてみないか」と再三提案されていた。本作はその要望に応える形で初めて本格的に執筆された、“読切でない恋愛漫画”であり、今までジャンプ誌上に無かった初々しい恋愛模様を描き高い人気を獲得。ファンの中には「ジャンプ史上最高の恋愛漫画」と評価する声もあるほどである。単行本では全15巻、完全版では全12巻で構成され、累計発行部数は1000万部以上となっている。
この『I”s』の特徴は、主人公以外のキャラクターの心情が一切描かれないという独特なストーリーの進め方にある。これにより「ヒロインや他のキャラクターが何を考えているのか、自分のことをどう思っているのかは言動から推測するしかない」という、現実的な空気を作中に取り込むことに成功している。
テレビゲームや小説、OVA化、2017年には実写ドラマ化を果たしている。

高校生の瀬戸一貴(せと いちたか)は、クラスメイトの葦月伊織(よしづき いおり)に密かな想いを寄せるも、素直になれない性格のせいでなかなか距離を詰められないでいた。しかしある時、伊織と共に新入生歓迎パーティーの実行委員に任命されたことで、彼女と次第に打ち解けていく。
ところがそんな一貴の前に、四年前にアメリカへと渡っていった幼馴染の秋葉いつき(あきば いつき)が現れる。まっすぐな好意を示して迫るいつきに一貴は翻弄され、伊織との想いとの間で揺れ動く。

『I”s』のあらすじ・ストーリー

『I“s』は高校2年生の春~高校卒業後の浪人1年目の3年間で構成されている。

高校2年

「新入生ようこそパーティ」の実行委員に任命される一貴と伊織(立っている少年と少女)。

主人公『瀬戸一貴』は私立湾田高校に通う高校2年生。彼は同じクラスの葦月伊織に1年生のころに一目ぼれをし、それ以来ずっと恋愛感情を抱いていたが、小学生の頃に恋心を冷やかされたことのトラウマで想いを素直に打ち上げることができずにいた。
ところが高校2年生の春、「新入生ようこそパーティ」の実行委員を伊織と2人でやることになる。今まで全く接点がなかった一貴と伊織だったが、「新入生ようこそパーティ」をきっかけに「I“s」を結成し、徐々に打ち解けていく。

チームI"sの新入生歓迎会の発表シーン

その頃、突然一貴の前に幼馴染の「秋葉いつき」が現れる。いつきは一貴に小さいころから好意を抱いており、積極的にアピールをする。日々を過ごしているうちに一貴は伊織といつきの間で思いが揺れ動かされてしまう。

高校3年

いつきよりさらに積極的に迫る泉に、一貴は困惑する。

気づけば高校3年生に進級した一貴。ついに決断し、いつきに告白をしようとしたが、いつきは海外へ行ってしまう。傷心する一貴をみた親友「寺谷」は親戚の経営する旅館に高校最後の夏休みに傷心旅行へ連れ出したのだった。その旅行中、海で同じく傷心旅行に来ていた「磯崎泉」に出会う。ひょんなことから一貴は泉と「ひと夏の恋人」として、1日だけ一緒にすることにした。
もう2度彼女に会うことはないだろうと思っていた一貴だったが、夏休みが終わり、高校へ登校すると、泉に再会する。なんと泉は同じ湾田高校の生徒(1年生)だったのである。一貴に「運命」を感じた泉は、彼に猛アタックするようになった。泉のアプローチに振り回される一貴だったが、それでも1年生の頃から想いを寄せる伊織への思いを忘れられず、一貴はクリスマスイブに伊織への告白を果たし、彼女と付き合うことになった。
伊織は将来演劇を通した仕事したいと考えており、その夢を叶えるべく芸能事務所に所属していた。事務所からは付き合っていることを内緒にするように言われ、一貴と伊織は交際していることを秘密にすることとなった。

高校卒業後

一貴の隣人となる麻生藍子。当初は距離を保った付き合いをしていたが、互いが抱える恋愛の悩みから次第に親密な仲になっていく。

大学受験に失敗した一貴は、安アパートでの一人暮らしを始め、隣に住む伊織に似た大学生麻生藍子と親しくなる。会えない恋人を持つ二人は互いに惹かれはじめるが、やはり一貴の気持ちは伊織にあった。
そんなある日、すっかりアイドルとなった伊織を付け狙う怪しげで危険なインターネットサイトの存在を偶然知った一貴は、そこに聞き覚えのある言葉が書かれている事に悪い予感を覚え、再び彼女を守る決心をする。
越苗に護身術を習い事務所の前で張り込みをするが、熱狂的なファンにM・Kと間違えて暴行を受ける、そこへカミノギイサイから電話がかかる。寺谷や越苗の言葉を受け、イサイに立ち向かう決心をする。しかし、「彼女の為に別れてくれ、君が彼女の才能の目覚めを邪魔しているんだ」というカミノギイサイの言葉で、ついに一貴は伊織に別れの言葉を口にする。自分の気持ちに嘘を付いてしまった事に自身でも深く傷つく一貴。12月24日(クリスマス・イヴ)の公開放送の日、友人たちに励まされ伊織に会いに行き、そこでM・Kに暴行を受けながらも撃退する。しかし、頭を強く打った衝撃で一貴は倒れ病院に運ばれる。寺谷たちは一貴を助けようと伊織に病院へ来てもらおうと試みるが古川の抵抗で失敗する。しかし、伊織からの電話で一貴は意識を取り戻した。
本誌連載ではここで物語が終わるも、コミックスでは退院後の一貴が寺谷の家で祝福されるシーンが追加されている。そこで、伊織に自分の気持ちを伝えることに成功し、二人は改めて強い絆を結ぶのだった。

『I”s』の登場人物・キャラクター

主要人物

瀬戸 一貴(せと いちたか)

CV:櫻井孝宏/吉岡美穂/野村勝人
演:岡山天音
本作の主人公である。湾田高校2年生から物語が始まる。思いやりのある性格であるが、たまにその場の状況に流されてしまうなど優柔不断なところが見られる。
自分のことは「平凡で、将来の夢がない人間」と自称している。
小学校の時に片思いしていた「美代子ちゃん」に思いを勘づかれ、人前で言われてしまいトラウマになってしまった。この出来事以来、好きな女の子に対して良かれと思う行動とは反対の行動をしてしまい、素直な行動ができなくなってしまっている。
高校入学時本作品のヒロインの一人「葦月伊織」に一目ぼれし、高校3年のクリスマスイブまでずっと片思いをする

葦月 伊織(よしづき いおり)

CV:佐久間紅美/仲根かすみ/伊藤静
演:白石聖
本作のヒロインの1人。一貴と同級生で同じクラスであり、演劇部に所属する。将来は役者になることを目指し、一生懸命演技に取り組んでいる。雑誌のグラビアで取り上げられたり、校内でファンクラブがあったりと容姿端麗で人気もある。しかし、その人気ゆえに暴漢に襲われたりしてしまっている。
性格は明るいが、控えめである。
高校1年生の時から一貴に惹かれていたが、控えめな性格と一貴の逆走もあり、「自分は嫌われていると思っていた」というほど、すれ違いがあった。
高校卒業後はカミノギイサイの事務所に所属し、舞台やCM等、役者としても活躍していた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

TIGER & BUNNY(タイバニ)のネタバレ解説・考察まとめ

2011年4月〜9月にかけてMBSほかで放映された、サンライズ制作のヒーローアニメーション。シュテルンビルドと呼ばれる街で、ベテランヒーロー・ワイルドタイガーとキザでクールな新人ヒーロー・バーナビーのコンビがW主人公で活躍する。アメコミと日本のヒーローものの良いところが満載の大ヒットアニメである。実在の企業がヒーロー個人のスポンサーになっており関連企業はタイバニとのコラボイベントを数多く実施した。

Read Article

電影少女(ビデオガール)のネタバレ解説・考察まとめ

『電影少女(ビデオガール)』とは、1989年から4年にわたり週刊少年ジャンプに掲載された桂正和の恋愛漫画である。男子高校生を主人公に、同級生や後輩の少女、不思議なビデオテープから現れたビデオガールの少女との恋愛模様を描いている。 リアルな筆致と心理描写、SF要素が特徴。桂正和の連載作品としては4作目となるが、それまでの作風を一転させ、写実的な絵柄で本格的な恋愛漫画を描くスタイルは、『電影少女』が始まりとなっている。 なお、『ビデオガール』は『電影少女』の元となった読み切り作品のタイトル。

Read Article

ジャンプで連載された「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズまとめ

ジャンプといえば「遊戯王」や「ドラゴンボール」、「ワンピース」、「NARUTO」など、熱血バトル漫画が多いですよね。しかしながら、そんな表舞台の外側では、密かに爆発的な人気を誇っていたのが「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズです。「いちご100%」や「to loveる」など、世代によって既知か否かはまちまちなので、今回まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents