TIGER & BUNNY(タイバニ)のネタバレ解説・考察まとめ

2011年4月〜9月にかけてMBSほかで放映された、サンライズ制作のヒーローアニメーション。シュテルンビルドと呼ばれる街で、ベテランヒーロー・ワイルドタイガーとキザでクールな新人ヒーロー・バーナビーのコンビがW主人公で活躍する。アメコミと日本のヒーローものの良いところが満載の大ヒットアニメである。実在の企業がヒーロー個人のスポンサーになっており関連企業はタイバニとのコラボイベントを数多く実施した。

『TIGER & BUNNY』の概要

TIGER & BUNNYは2011年4月から9月までMBSほかにおいて放映された、サンライズ制作のアニメ作品である。キャラクターデザインを漫画家の桂正和が担当したり、実在の企業にヒーロー個人のスポンサーとなってもらうなど新しい試みを行い話題となった。アメコミのヒーローと日本のヒーローの良いとこどりなキャラクター設定は日本だけでなく世界でも人気を博しており、テレビアニメ史上初のUstream連動配信を行ったことも人気に拍車をかけることとなった。劇場版は2作公開され、コミカライズとノベライズもされている。オーケストラコンサートやミュージカルも行っており、社会人向けのアニメとして大成功をおさめた。

『TIGER & BUNNY』のあらすじ・ストーリー

シュテルンビルドの凸凹コンビ

物語の舞台であるシュテルンビルド。

個々に様々な超常能力を持つ新人類「NEXT」がこの世に誕生して45年。大都市シュテルンビルトには、NEXTによって構成されたヒーローチームが存在していた。彼らはそれぞれが別個のスポンサーと契約し、自らが宣伝塔となってTVの前で活躍。その姿は専用の特別番組「HERO TV」で放送され、ヒーローたちは「キングオブヒーロー」の座を巡るランキング争いを続けていた。
ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹(かぶらぎ てぃー こてつ)は、そんなシュテルンビルトのヒーローの1人である。今年で10年目になるロートルで、決して人気が高いわけでもない。それでも「ヒーローは人気取りではなく平和を守るのが本来の仕事」と胸を張り活動してきた虎徹だが、所属していた会社がヒーロー事業から撤退。これを引き継いだシュテルンビルドのメディア王アルバート・マーベリックのアポロンメディアに再雇用され、そこでバーナビー・ブルックスJr.という新人ヒーローとコンビを組むこととなってしまう。

今さら新人と組まされることに不満を抱く虎徹だったが、バーナビーもまた「あなたみたいなロートルと一緒に仕事をさせられるなんて」と不服そうな様子を隠さない。当然衝突する2人だったが、バーナビーは新人らしからぬ優秀なヒーローで、虎徹は生意気だと感じながらも次第に彼のことを認めていく。一方のバーナビーも、虎徹の長年の経験から来る洞察力や市民の心に寄り添い理想のヒーローたらんとする姿勢に少しずつ感化されていく。
それでも表面上は決して相手を認めず、喧嘩を繰り返しながら2人は事件を解決していく。

ブルーローズこと、氷を操るNEXT能力を持つ女子高生のカリーナ・ライル。
虎徹の友人でもあるロックバイソンことアントニオ・ロペス。
前年度のキングオブヒーロー・スカイハイことキース・グッドマン。
ドラゴンキッドこと、最年少の拳法少女ホァン・パオリン。
ヒーロー活動よりも企業のスポンサーとしての活動に熱を上げる、折紙サイクロンことイワン・カレリン。
業火を操るファイヤーエンブレムことネイサン・シーモア。
他のヒーローとも交流しながら虎徹とバーナビーはランキングを駆け上がり、街の人気者となっていく。

ルナティックの暗躍

シュテルンビルドでは日々様々な事件が発生し、その犯人がNEXTであった場合はヒーローたちが捕り物を担当するのが常である。ある時、捕まったNEXTが焼死体で発見されるという事件が発生し、強力な炎を操るネイサンの仕業ではないかとの疑惑が持ち上がる。
ネイサンはこれを否定し、真犯人は別にいると主張。長年の付き合いがある虎徹はこれを信じ、独自に調べていく。

一方のバーナビーは、焼死した男が己の尾をくわえた蛇と剣の刺青をしていたことから、「あのNEXTはウロボロスの構成員で、口封じのために組織に始末されたのではないか」と考えていた。バーナビーは幼い頃に両親を殺されており、その犯人が所属している謎の犯罪組織こそがウロボロスで、蛇と剣の刺青はその構成員の目印だった。彼がヒーローになったのも、ウロボロスの正体を突き止めて両親の仇を討つことが最大の目的だった。
ようやく見つけた手がかりが失われたことでバーナビーは苛立つも、これが本当に口封じなのだとすればウロボロスのさらに上級の構成員につながる情報が得られるかもしれないと気を取り直し、虎徹とは別口で調査を進める。

そんな2人の前に現れたのは、ルナティックと名乗る謎の怪人だった。シュテルンビルドには死刑制度が無く、どれほどの凶悪犯であっても逮捕後に殺されることはない。彼はそれを不服とし、「死罪に値する」と判断した犯罪者を勝手に処刑して回っていたのだ。
ヒーローとしても、ウロボロスの手がかりを得るためにも、これ以上ルナティックを放置することはできない。協力して立ち向かう虎徹とバーナビーだが、ルナティックはネイサンのそれ以上の火炎を操って2人を翻弄。手も足も出ずに取り逃がすも、虎徹たちはこの時狙われていた犯罪者を守り切ることには成功する。

ルナティックの正体は、シュテルンビルト司法局ヒーロー管理官兼裁判官のユーリ・ペトロフという男だった。ユーリはかつてシュテルンビルドで活躍し虎徹も憧れたMr.レジェンドというヒーローの息子で、彼からDVを受けていた。半ば事故の形でその父を死なせてしまったユーリは、正義というものの在り方が分からなくなり、法の番人となっても迷いを捨てられず、ついにはどうしても許しがたいと感じた犯罪者を処刑して回るようになったのだった。
虎徹の頑迷でまっすぐな正義の志は、そんなユーリの心に小さな波紋をもたらし、彼から注目されるようになっていく。

ジェイクとの決戦

バーナビー(左)に秘策を授ける虎徹(右)。

ある時、ぬいぐるみを乗せたパワードスーツの大群が暴れ回るという事件が発生し、ヒーローたちはこの鎮圧に駆り出される。これはクリームというNEXTによる犯行で、事実上街全体を人質に取った上でアッバス刑務所に収監されている凶悪犯ジェイク・マルチネスの解放を要求する。
ジェイクは強盗、誘拐、殺人を繰り返して刑期250年もの重罪判決を受けており、その中にはバーナビーの両親の殺害も含まれていた。他ならぬ両親の仇を討つ、そしてその背後にいるウロボロスの情報を入手するチャンスだと意気込むバーナビーだったが、クリームは交換条件だったはずのパワードスーツの停止を実行せず、ジェイクと共にスタジアムに立てこもる。ここでジェイクは「自分を倒すチャンスをやる」と豪語し、ヒーローたちとの一対一の決闘を提案する。

街を守るためにこれを受け入れざるを得ないヒーローたちだったが、最初に立ち向かったキースが倒れ、続いて挑戦したアントニオもあえなく敗北。ジェイク側から次なる相手に選ばれたのは虎徹だったが、ジェイクの能力が分からずに大苦戦。必死で食い下がるも、それゆえに徹底的に叩きのめされ、虎徹は病院へと運び込まれる。
しかし虎徹の奮闘は無駄ではなく、戦いの中で得たわずかな手がかりから、彼はジェイクの強さの秘密を見抜いていた。4番手として戦うこととなったバーナビーの下に深手を推して駆けつけると、虎徹は彼に勝利の秘策を授ける。

NEXTの能力は基本的に1人に1種だが、ジェイクは例外的に「バリアを作り出す」、「相手の思考を読み取る」という2種の能力を持っており、これこそが彼の高い戦闘能力の秘密だった。だからこそジェイクはその力に頼り切っており、これを見抜いて仕掛けた虎徹の作戦は見事に成功。バーナビーに敗れたジェイクは慌てて逃げようとするも、そのために用意していたクリームのヘリコプターを誤って攻撃し、その墜落に巻き込まれて死亡する。
こうして事件は解決し、バーナビーは両親の仇を討つことに成功する。しかし、ウロボロスにつながる手がかりはまたも失われることとなってしまった。それでもバーナビーは「街が犯罪者の脅威から救われたのなら喜ばしいことだ」と気持ちを切り替え、立っているのもしんどそうな虎徹を促して引き上げていく。彼の胸の内には、重傷のまま駆けつけ、自分を信じて全てを託してくれた虎徹への感謝と敬意が芽吹き始めていた。

虎徹の異変

ジェイク事件を解決して以降、虎徹とバーナビーはうなぎ上りに調子を上げて、キングオブヒーローも夢ではないほどの人気者となっていた。虎徹もバーナビーの力量を素直に認めて称賛し、バーナビーもまた虎徹の経験とヒーローとしての心構えに敬意を払うなど、非常に良好なパートナーシップを築いていく。虎徹の娘である鏑木楓(かぶらぎ かえで)がすっかりバーナビーのファンになったこともあり、家族ぐるみでの交流も増え、名実共に無二の相棒というべき存在となる。
しかしこの頃から、虎徹の体に異変が起こり始める。自身のNEXTとしての能力が不自然に増大し、それまで以上の力を発揮できるようになったのである。最初の内は「この歳にしてパワーアップした」とのんきに喜んでいた虎徹だが、次第に制御するのも難しくなり、密かに自分の体について調べ始める。

そして判明したのが、虎徹のNEXTとしての能力が減退しているという事実だった。NEXTには稀に起こる症状で、こうなるとNEXTとしての能力は一時的に上昇した後、数分の1程度にまで弱体化するか完全に消滅してしまう。かのMr.レジェンドもこの症状に苦しみ、現役時代の終盤は仲間に手柄を譲ってもらう形でなんとかヒーローとしての対面を取り繕っていたという。
近いうちにやってくる自分のヒーローとしての限界と、憧れていたMr.レジェンドの実態を知り、虎徹は悩んだ末に引退を決意。せめてヒーローらしく鮮やかに表舞台を去りたいとの想いから減退の事実をバーナビーにも秘密にしたまま、引退の準備を進めていく。

一方その頃、ウロボロスに関する資料を集めていたバーナビーは、“別の事件を起こしていた”という確固たるアリバイがあるため、ジェイクには自分の両親を殺せないことに気付く。ならば自分の中にある「両親を殺害するジェイク」の記憶はなんだというのか悩みに悩んだバーナビーは、虎徹にこれを相談しようとする。しかし“全ての準備が整うまで不必要に心配させたくない”という思いからなるべく相棒との接触を避けようとしている虎徹と擦れ違い、果てはケンカ別れすることとなり、代わりに話を聞いてもらおうと自身の後見人でもあるマーベリックの下に向かう。
実はそのマーベリックこそがバーナビーの両親を殺した張本人であり、「人の記憶を書き換える」NEXT能力で彼を良いように操ってきた張本人だった。ウロボロスの存在を追い続けたバーナビーが自分の下まで辿り着いたことに驚いたマーベリックは、再び彼の記憶を書き換える。辻褄を合わせるために他のヒーローたちも同じく記憶を書き換えられる中、引退の準備のために故郷に帰っていた虎徹だけが難を逃れることとなる。

虎と兎、再び

うっかり屋根から足を滑らせた虎徹を助けるバーナビー。

シュテルンビルドに戻った虎徹は、周囲の誰もが自分のことを覚えていないことに驚く。そればかりかマーベリックからもはや用済みだと判断されて殺人犯の濡れ衣を着せられ、1人街を逃げ惑う。戦闘アンドロイドH-01に追い詰められたところを「真実が塗り潰されようとしている」と判断したルナティックに助けられ、虎徹はバーナビーや仲間たちを正気に戻すために彼らと戦うことを決意する。
この頃、楓はNEXTとしての能力に覚醒しており、「ヒーロー馬鹿の父さんが人を殺すはずがない」と頑なに信じた彼女は真実を知るために1人シュテルンビルドに赴く。その際駅でマーベリックと接触し、「他人のNEXT能力をコピーする」という自身の能力で彼の持つ“人の記憶を書き換える力”を一時的に獲得。仲間たちと対峙する虎徹の下へと駆けつけ、カリーナやアントニオの記憶を以前のものに戻す。しかしまだ自身の能力を使いこなせていないせいで少し遅れてやってきたバーナビーの記憶までは元に戻すことができず、虎徹は彼と戦いながら必死に呼びかけ、何度も説明を繰り返す。それでも聞く耳持たないバーナビーに、虎徹がコンビを組んだ当初の悪態をつくと、よほど腹に据えかねたのか彼がそれに反論。これをきっかけにして、バーナビーもまたかつての記憶を取り戻す。

記憶の書き換えと事実の隠蔽に失敗したマーベリックは、H-01の大軍を放ってヒーローたちを一網打尽にしようと画策する。「NEXTという超常の力を持つ新人類を社会が受け入れるためには“ヒーローというシステム”が必要であり、そのために人生を懸けて尽力してきた自分が捕まるわけにはいかない」というのが彼の言い分だった。ヒーローたちは苦戦しながらもH-01を退け、残された力を振り絞った虎徹のサポートを受け、バーナビーはマーベリックを追い詰める。
しかしマーベリックは最後の悪足掻きとして自分で自分の精神を破壊し、自身も根深く関与していたウロボロスの秘密を闇に葬る。もはや情報源としては役に立たなくなったマーベリックはそのまま捕らえられ、護送中にルナティックに襲撃されて命を落とすのだった。

その後虎徹は改めて減退の事実と引退を表明し、バーナビーもまた両親の仇を討ったことでヒーローを続ける意義を見失いこれに続く。かつて最高の相棒として活躍した2人は、それぞれの道を歩んでいく。
しかし、結局虎徹は「正義と人々の平和のために尽くしたい」との想いを捨てられず、大きく弱体化した状態で安定したNEXT能力を引っ提げてヒーローとして再デビュー。シュテルンビルドの2部リーグで活動を再開する。自身の過去に踏ん切りをつけたバーナビーは、虎徹が悪戦苦闘する様をTVで眺め、再び彼と組んでヒーローになる道を選ぶ。虎と兎の名コンビは、今日もシュテルンビルドを駆け回っていく。

『TIGER & BUNNY』の登場人物・キャラクター

7大企業がヒーローを擁しており、ヒーロー達の個性はバラバラである。基本的には1企業1ヒーローなのだが、アポロンメディアはワイルドタイガーとバーナビーの2人を擁している。ヒーロー達の年齢もバラけているため視聴者側にとっては各ヒーローに感情移入しやすい魅力的なキャラクターになっており、脇役も個性豊かでスピンオフが作れそうなキャラクターがたくさん登場する。

ワイルドタイガー(WILD TIGER)

本名は鏑木・T・虎徹。主人公であるが、ベテランヒーローなのにヒーロー活動の際に物を破壊するため“正義の壊し屋”という不名誉な称号を貰っている。性格は誠実かつ熱血なので、相棒には少しウザがられることがしばしば。一児のパパでありいつもはヒーロー活動のため娘と離れて暮らしていて、娘には自分がヒーローであることを隠している。チャーハンが好き。現在のヒーロースーツはアポロンメディアのメカニック斎藤さんの傑作であり、物語冒頭で着用していた青いタイツスーツは“クソスーツ”と一蹴されていた。
NEXT能力は「5分間だけすべての身体能力が100倍」のハンドレッドパワーで、所属企業はアポロンメディア。

バーナビー・ブルックスJr.(BARNABY BROOKS Jr.)

adaken66n2
adaken66n2
@adaken66n2

Related Articles関連記事

機動戦士ガンダムSEED(シード)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムSEED(シード)のネタバレ解説・考察まとめ

「機動戦士ガンダムSEED」は2002年10月から2003年9月まで毎日放送・TBS系列で放送されたロボットアニメ。「機動戦士ガンダム」シリーズの中でも新しい世代に向けて作られた、“平成のファーストガンダム”と呼ばれる作品。幼少期の親友でありながら敵対する立場にいる2人の少年と、戦争を終わらせるために戦場に身を投じる中での葛藤や苦悩を描いた壮大なストーリーが見どころ。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは、「機動戦士ガンダム」シリーズの続編で、全26話のアニメシリーズ。 ∀(ターンエー)ガンダム以来、ガンダムのTVアニメシリーズとしては15年ぶりの富野由悠季監督作品である。また後年にはテレビシリーズを基に再編された劇場版も制作されている。 独特な演出とセリフ回しはファンから富野節とも呼ばれ、小気味良いテンポで展開されていくストーリーの中で、物語中の状況の変化と共に数々の名台詞が存在している。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)のネタバレ解説・考察まとめ

1979年から1980年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。ファンが多く知名度が高い作品だが、放送当時は視聴率が振るわず打ち切りとなった。 ガンダムシリーズの1作目で「初代(ガンダム)」や「ファースト(ガンダム)」とも呼ばれる。 ガンダムに乗ったアムロやその仲間が各地を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや別れ、戦いを経て成長していく物語である。

Read Article

伝説巨神イデオン(THE IDEON)のネタバレ解説・考察まとめ

伝説巨神イデオン(THE IDEON)のネタバレ解説・考察まとめ

『伝説巨神イデオン』は日本サンライズ制作・富野喜幸監督(当時)による日本のアニメ。 地球植民星ソロで発掘された、第6文明人の遺跡かつ変形合体する巨大ロボット「イデオン」と、その力の源「無限力イデ」を巡り、地球人と異星人バッフ・クラン両文明の衝突が発生。 銀河全体を巻き込む果て無き抗争へ発展していき、それを見つめ続けたイデの裁きによる全文明の終焉と全人類の輪廻転生までを描いた「解り合えぬ人々」を主役とした群像劇。 『新世紀エヴァンゲリオン』に強い影響(元ネタ)を与えた作品としても有名である。

Read Article

血界戦線(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

血界戦線(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『血界戦線』は、内藤泰弘の読み切り漫画を基に生まれた、SF伝奇アクション漫画である。2010年から『ジャンプSQ』で連載を開始。その後、幾度もの連載先の移動を繰り返しながらも連載を続けている。舞台は異界と人界が入り混じった元NYの「ヘルサレムズ・ロッド」。そこで世界の均衡を守る為に暗躍する秘密結社「ライブラ」の日々を描く物語となっている。「技名を叫んでから殴る漫画」というコンセプトに加え、無法地帯なんでもアリな突飛な世界観と色濃い性別年齢人種豊かなキャラクター達に、多くの反響が寄せられている。

Read Article

機動戦士ガンダムF91(Formula 91)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムF91(Formula 91)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムF91は、1991年に劇場公開されたアニメ作品。 シリーズである「機動戦士ガンダム」の劇場公開10周年を記念して製作された。 宇宙世紀0123年を舞台に、地球連邦軍と貴族主義を掲げるクロスボーン・バンガードとの戦いを描く。 「人は、いつ戦争を忘れることが出来るのか?」がキャッチコピーとしてつけられた。

Read Article

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム00』とは、サンライズが製作した日本のオリジナルロボットアニメである。2度のテレビ放映の後に劇場版も公開されている。 宇宙へ進出し、地域格差が現代よりも厳しくなっている地球を舞台に武装組織「ソレスタル・ビーイング」が戦争根絶を目的として、世界へ宣戦布告する。世界は混乱しながらも一致団結して「ソレスタル・ビーイング」と戦いを繰り広げていく。

Read Article

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』とは、アニメ「機動戦士ガンダム」の作画監督を務めた安彦良和が原作アニメ設定やストーリーを再構築したコミカライズ(マンガ化)作品をアニメ化したもの。 アニメ化に際し、原作マンガの描いた79年の原作アニメの前日談の部分を再構築し、原作アニメにつながるストーリーとなっている。79年のアニメでは主人公アムロ・レイの好敵手であるシャア・アズナブルが本作の主人公として描かれている。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)のネタバレ解説・考察まとめ

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは富野由悠季氏による日本のアニメーション作品。 技術の頂点を極めた人々が戦争の末に人類を滅亡しかけた宇宙世紀の1000年以上後を舞台にしている。命からがら生き延びた人々は新しい時代を「リギルド・センチュリー(R・C)」と名付け、さらには同じ轍を踏まぬよう技術に制限をかけ再び繁栄を初めていた。 明るく純粋無垢な主人公ベルリ・ゼナム、少し世話の焼けるお嬢様アイーダ・スルガンの二人の成り行きで始まった世界の仕組みを知る旅の物語である。

Read Article

機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダムΖΖ』とはガンダムシリーズの3作目として1986年3月~1987年1月に放映された。スペース・コロニー「サイド1」でジャンク屋を営んでいた「ジュドー・アーシタ」は前作Z(ゼータ)ガンダムの主人公「カミーユ・ビダン」との邂逅によりニュータイプとして目覚めたことをきっかけにモビルスーツのパイロットとして戦火へと身を投じてゆく。

Read Article

機動戦士ガンダムF91のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムF91のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムF91(Mobile Suit Gundam F91)は、1991年に劇場公開されたアニメ作品。 シリーズ作品である「機動戦士ガンダム」の劇場公開10周年を記念して製作された。 宇宙世紀0123年を舞台に、地球連邦軍と武装集団クロスボーン・バンガードの戦いを描く。 シリーズの代名詞である人型兵器モビルスーツも、作品の見どころのひとつとして挙げられる。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダムは日本サンライズによって制作された矢立肇・富野喜幸(現:富野由悠季)原作のロボットアニメである。ガンダム以前のロボットアニメとは違い、重厚な人間関係や緻密なロボット設計で新たなロボットアニメとしてジャンルを築いた。ロボットアニメでありながら、戦争という環境に置かれた主人公アムロ・レイの成長を主軸に描かれているこの作品には数多くの名言が残されている。

Read Article

機動武闘伝Gガンダム(Gガン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動武闘伝Gガンダム(Gガン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動武闘伝Gガンダムとは、1994年より地上波で放送されたテレビアニメ作品。 未来世紀60年、スペースコロニー間の代理戦争として行われるガンダムファイトを戦う、ファイターたちの成長を描く。 ガンダムシリーズの監督である富野由悠季以外の手によって製作されたアニメで、従来とのシリーズ作品との繋がりはなくなっている。

Read Article

機動新世紀ガンダムX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

機動新世紀ガンダムX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動新世紀ガンダムX』とは、1996年から1997年にかけてテレビ朝日系列にて放映されたアニメ作品。舞台は大きな戦後の世界で、バルチャーと呼ばれる組織が活動する中、厳しい環境を精一杯生き抜く主人公、ガロード・ランを中心に進んでいく。彼の行動が周囲の大人たちを動かし、次第に世界を巡る情勢をも変えていくことになる。

Read Article

男子高校生の日常(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

男子高校生の日常(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「男子高校生の日常」とは山内泰延によるギャグ漫画、及び2012年にサンライズで制作されたアニメーション作品。2013年には実写映画化もされた。男子高校生たちの日常生活の中で起こるギャグを描いた作品。また男キャラに負けない存在感と力強さを持った女子高校生達も登場する。主人公のタダクニに入野自由、タダクニの友人ヒデノリとヨシタケに杉田智和と鈴村健一などベテラン声優が数多く出演している。

Read Article

スクライド(s.CRY.ed / s-CRY-ed)のネタバレ解説・考察まとめ

スクライド(s.CRY.ed / s-CRY-ed)のネタバレ解説・考察まとめ

監督・谷口悟朗、脚本・黒田洋介によるサンライズ制作のオリジナルアニメーション作品。2001年7月4日から12月26日まで放送され、熱いストーリー展開で人気を博した。アルター能力者であるカズマが好敵手である龍鳳や多くの敵との戦い、さらには本土からの刺客との激戦を繰り広げる能力バトルアニメである。

Read Article

夏色キセキ(スフィア)のネタバレ解説・考察まとめ

夏色キセキ(スフィア)のネタバレ解説・考察まとめ

『夏色キセキ』は2012年4月から6月まで放送されたテレビアニメ。 2009年の結成当初から温められていた寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生による声優ユニット「スフィア」の4人を主演にしたアニメの企画が実現したもので、静岡県下田市に住む女子中学2年生4人の日常と、御石様と呼ばれる願い事を叶える不思議な石の力によって巻き起こる「キセキ」が描かれている。 作品の舞台となった下田市民からは作品終了後も愛されており、キャラクターの誕生日が近付くと「誕生日会」と銘打ったオフ会イベントが行われている。

Read Article

ガンダムシリーズの宇宙世紀年表まとめ

ガンダムシリーズの宇宙世紀年表まとめ

宇宙世紀とは『機動戦士ガンダム』から『G-SAVIOUR』までの作品間に存在する、架空の歴史である。 いわゆる戦記の体裁を採用しており、主に上記作品群の劇中で描かれた戦争をはじめとした、国家および組織間の闘争に年月を当てはめ、あたかも本当にガンダムワールドの歴史が続いているかのように楽しむ事を可能とした設定となっている。 反面、宇宙世紀のガンダムシリーズは年表に基づいた作劇を行うため、この設定を知らないと作品を理解する事が難しくなるという難点も抱えている。

Read Article

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

シャア・アズナブルとは、「機動戦士ガンダムシリーズ」に登場するキャラクターである。 天才的なパイロットにしてシリーズの初代主人公「アムロ・レイ」のライバルであり、同時に謀略家としての一面を持つ。常に仮面で顔を隠しているが、アムロにとっての敵でもあるジオン公国、それを統べるザビ家への復讐を胸に秘める。そのため時にアムロたちを利用し、時に手柄として付け狙い、やがて壮絶な私闘を繰り広げていくこととなる。 そのミステリアスな雰囲気と華々しい活躍から、シリーズ全体でも屈指の人気キャラクターである。

Read Article

異世界居酒屋「のぶ」(蝉川夏哉)のネタバレ解説・考察まとめ

異世界居酒屋「のぶ」(蝉川夏哉)のネタバレ解説・考察まとめ

『異世界居酒屋「のぶ」』は、蝉川夏哉によるライトノベルを原作とし、コミカライズ・スピンアウト・アニメ・ドラマと多岐にわたるメディアミックス化をしている。異世界転移というジャンルではあるが、経営している居酒屋の入口が異世界に通じ現代日本の料理と酒で異世界の人々を癒すという異世界転移にグルメジャンルを取り入れた異色のストーリーだ。帝国の古都アイテーリアにある居酒屋「のぶ」。そこはアイテーリアの人々が見たこともないようなお酒や料理を出し訪れた客を暖かく癒やしてくれる不思議な居酒屋だった。

Read Article

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『アクセル・ワールド』とは、川原礫によるファンタジー小説、およびそれを原作としたアニメ、漫画などのメディアミックス作品。 日常生活の多くが仮想ネットワーク上で行われる様になった2046年の地球が舞台。幼少期よりイジメの対象であった内気な少年ハルユキは、生徒会副会長黒雪姫から詳細不明のオンラインバトルゲーム「ブレイン・バースト」に誘われ、次第にバトルゲームにのめり込んで行く。 ゲームオーバーでプレイヤーとしての記憶まで消される戦いの中からは、数々の名言が生まれている。

Read Article

ガンダムMk-II(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムMk-II(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムMk-IIとは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』および『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する、人型兵器「モビルスーツ」の一機で『機動戦士Ζガンダム』の物語前半に主役機を務める。 モビルスーツの外装と骨格を、生き物のように分ける事を可能とした「ムーバブルフレーム」を採用し、革新的な運動性能を得た。地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」にて製造されたが、反地球連邦組織「エゥーゴ」によって全機が奪取されている。 主たるパイロットはカミーユ・ビダン、エマ・シーン、エル・ビアンノ。

Read Article

νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)の徹底解説・考察まとめ

νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)の徹底解説・考察まとめ

νガンダムとは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する人型兵器「モビルスーツ」の一機で、同作品の主役機を務める。 地球連邦政府に対して反乱を起こした「シャア・アズナブル」と決着をつけるために、その宿命のライバル「アムロ・レイ」が設計から関わり完成させた。搭乗する人間の意志に反応する、モビルスーツ用構造部材であるサイコフレームを搭載し、それによって精神波操縦兵装フィン・ファンネルを使用する事が可能になっている。

Read Article

アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

アムロ・レイとは『機動戦士ガンダム』の主人公であり、作中ではRX-78-2 ガンダムのパイロットを務めた。人類革新の姿「ニュータイプ」であるとされ、非常に強い感受性を持っている。 作中最強のパイロットであるともされ、そのモビルスーツ操縦技術は非常に高い。 劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』でも大人となったアムロが主役を務めた。 また、1979年より続くガンダムシリーズにおける最初の主人公でもあり、そのため「ガンダムといえばアムロ」というほどに高い知名度を誇っている。

Read Article

ガンダムF91(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムF91(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムF91とは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダムF91』に登場する、主役メカ(モビルスーツ)である。従来のガンダムシリーズに登場したモビルスーツの平均20m程度の全長よりも一回り小さく、15mとなったが、より高性能であると設定されているのが特徴。 また、この小型化設定により本機を含めて『機動戦士ガンダムF91』のプラモデルシリーズは、従来のガンダムシリーズプラモデル主力スケールだった144分の1から、100分の1へと拡大されて展開された。

Read Article

RX-78-2 ガンダム(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

RX-78-2 ガンダム(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

RX-78-2 ガンダムとは、アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する人型機動兵器「モビルスーツ」の一機にして、同作の主役機である。 敵対するジオン公国軍のモビルスーツ開発に後れを取った、地球連邦軍によるモビルスーツ開発・配備計画「V作戦」の一貫として製造された試作機。あらゆるコストを度外視して設計・製造されたため非常に高性能であり、戦艦の主砲並の威力を持つビーム兵器「ビームライフル」を運用できる。 主たるパイロットはアムロ・レイ。

Read Article

機動戦士ガンダムAGE(エイジ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムAGE(エイジ)のネタバレ解説・考察まとめ

「機動戦士ガンダムAGE」とは2011年10月から2012年9月までMBS・TBS系列にて放送されたテレビアニメである。突如あらわれた謎の勢力との戦争の中で、主人公(フリット、アセム、キオ)が世代交代していくのが特徴だ。子供向けの絵柄とは裏腹に、敵との戦争の中で各々の異なった葛藤を描いているのも魅力の一つであり、子供から大人まで楽しめる作品となっている。

Read Article

Ζガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

Ζガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

Ζガンダム(ゼータガンダム)とは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』の主役機であり、ウェイブライダー(戦闘機)形態への変形機能を有する可変型モビルスーツである。 機動力を特色としたバランスの良い機体で、同世代では最強クラスの性能を誇る。ただし操縦性は悪く、パイロットにも高い資質が求められる。 また、バイオセンサーというニュータイプ(宇宙進出で感知力を増大した人種)の精神波に反応し、それを力に変えるシステムが搭載されており、パイロット次第ではスペック以上の性能を発揮する。

Read Article

カミーユ・ビダン(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

カミーユ・ビダン(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

カミーユ・ビダンとは『機動戦士Ζガンダム』に登場するキャラクターで、ガンダムシリーズで最高のニュータイプ(宇宙進出で超感知力を得た人類)能力を持った少年。 先の戦争で地球連邦に敗北したジオン残党狩りを目的とした特殊部隊ティターンズに反感を持ち、その配備モビルスーツ「ガンダムMk-II」を奪い、反連邦組織エゥーゴに参加し軍属となる。 後に「Ζガンダム」に乗り換え戦局を渡り歩くも、最終決戦で宿敵パプテマス・シロッコを倒すため精神をオーバーロードさせ、廃人になってしまった。

Read Article

ジュドー・アーシタ(機動戦士ガンダムΖΖ)の徹底解説・考察まとめ

ジュドー・アーシタ(機動戦士ガンダムΖΖ)の徹底解説・考察まとめ

ジュドー・アーシタとは、テレビアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役であり、それまでのガンダムシリーズでは描かれてこなかった明るく元気な性格を持つニュータイプ(宇宙進出で感知能力を増大させた人種)である。 ジャンク屋として生活していたが、Ζガンダムのパイロットになり、後にΖΖガンダムを受領しつつ、エゥーゴおよび地球連邦軍と、ネオ・ジオン軍の戦いである第一次ネオ・ジオン抗争を戦い抜いた。

Read Article

∀ガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

∀ガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

∀ガンダムとは、テレビアニメ『∀ガンダム』に登場する主役メカ(モビルスーツ)であり、同時に全ての「ガンダム」が辿り着く終着点のようなキャラクター性を付与された、最強にして究極のガンダムである。 『∀ガンダム』の作中時間軸では、すでに忘れ去られた「黒歴史」の時代に建造されたモビルスーツであり、あらゆるもの砂と化す「月光蝶システム」を使用して黒歴史時代の地球文明を滅ぼしてしまったとされている。 『Gのレコンギスタ』発表までは、ガンダム正史上で最後に存在するガンダムとしても有名であった。

Read Article

シーブック・アノー(機動戦士ガンダムF91)の徹底解説・考察まとめ

シーブック・アノー(機動戦士ガンダムF91)の徹底解説・考察まとめ

シーブック・アノーとは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダムF91』の主役キャラクターであり、同作主役モビルスーツ「ガンダムF91」のパイロットを務めた少年。 『機動戦士ガンダムF91』の後の時代を描いた、漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズにも「キンケドゥ・ナウ」という名で出演している。 それまでのガンダムシリーズの主役達がクセの強い性格設定であった事に対し、突飛な部分が少ない、調和タイプのキャラクターとなっている。

Read Article

UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)の徹底解説まとめ

UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)の徹底解説まとめ

3ピースロックバンド・UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)は、アニメ『TIGER & BUNNY』のテーマ曲でアニメ好きの間で有名となり、結成10年を超えた今ではミュージックステーションに出演するなど、一般的な知名度も高くなってきた。 2013年からは毎年オリジナルアルバムをリリースするなど精力的に活動している。

Read Article

ΖΖガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

ΖΖガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

ΖΖガンダム(ダブルゼータガンダム)とはアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役機であり、多段変形合体機能に加えて、重武装を誇る恐竜的進化を遂げたモビルスーツである。 凄まじい戦闘能力を誇り、単機で戦局を変えうる可能性をも秘めている。 地球連邦軍およびエゥーゴと、ネオ・ジオンの戦いとなる、第一次ネオ・ジオン抗争の最中に地球連邦軍・エゥーゴの切り札として投入された。主なパイロットはジュドー・アーシタ。

Read Article

ロラン・セアック(∀ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ロラン・セアック(∀ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ロラン・セアックとは、アニメ『∀ガンダム』の主役キャラクターであり、褐色の肌に銀色の髪を持ったムーンレィス(月の民)の少年。 ガンダムシリーズの中でも随一といえるほどに優しい性格の持ち主で、命ある者と平和を心から愛し、故にこれを乱す「命を大切にしない者達」と粉骨砕身の覚悟で戦った。 過去のガンダム世界を土の下に埋葬して滅ぼしたモビルスーツ、∀ガンダムに偶然乗り込んだが、これもひとつの道具として捉え、単なるパイロットを超えて正しき使用者として接した。

Read Article

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争(ポケ戦・ポケなか)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争(ポケ戦・ポケなか)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』とは、1979年から断続的に製作され続けているロボットアニメ『ガンダムシリーズ』の1作品で、「宇宙世紀」と呼ばれる架空の時代の出来事を描いたOVAである。 地球連邦軍の新型モビルスーツ・ガンダムNT-1の奪取または破壊任務を命じられたジオン軍の特殊部隊サイクロプス隊。リボーコロニーで暮らす少年アルは、偶然からサイクロプス隊の面々と交流し、その作戦に加担していく。やがて彼らの戦いはコロニーの命運をも巻き込み、アルに戦争の残酷さを突き付ける。

Read Article

目次 - Contents