毛皮のマリーズ(バンド)の徹底解説まとめ

毛皮のマリーズとはVo.志磨遼平、Gt.越川和磨、Ba.栗本ヒロコ、Dr.富士山富士夫の4人からなる日本のロックバンドである。2003年に結成され、2006年にインディーズデビュー。その後は国内のツアーや音楽フェスでライブを重ね、2010年に日本コロムビアからにメジャーデビューした。2011年12月に日本武道館でラストライブを行い同年12月31日をもって解散した。古典的なロック・ミュージックをルーツにした楽曲と情熱的なライブパフォーマンスで人気を博した。

REBEL SONG

「REBELSONG」はインディーズ2ndアルバム『マイ・ネーム・イズ・ロマンス』に収録されている初期の名曲である。ライブでは観客の手拍子が起こり、常にライブのハイライトになっている。MVでは、ライブの模様やメンバーのオフショットが映し出されている。

ビューティフル

「ビューティフル」はシングルにもなった毛皮のマリーズの代表曲である。ストレートなロックンロールで「生きて死ぬための僕らの人生」という歌詞が印象深い楽曲。ファンの人気が高くライブでも幾度となく演奏された。MVでは、誰もいない劇場でテンション高く演奏するメンバーの姿が見れる。

恋をこえろ

「恋をこえろ」はインディーズ2ndアルバム『マイ・ネーム・イズ・ロマンス』に収録されているラブソングだ。早いテンポで演奏され初期毛皮のマリーズの破壊的なサウンドが聴ける。MVではDr.富士山富士夫が女性に恋をするショートストーリーが描かれている。テレビ埼玉『THE BEAT TIME』4月度エンディングテーマ、Music Japan TV『BREAK TV』4月度エンディングテーマに使用された。

ボニーとクライドは今夜も夢中

「ボニーとクライドは今夜も夢中」はメジャー1stアルバム『毛皮のマリーズ』に収録された、古典的な王道ロックナンバーである。タイトルは、志磨遼平に届いた「あなたは私のクライドです。一緒に銀行強盗しませんか」というファンレターをヒントに制作された。メンバーがグラマラスな衣装を着て演奏しているMVにも注目だ。テレビ神奈川『音楽缶』4月度オープニングテーマ、テレビ埼玉『THE BEAT TIME』5月度オープニングテーマに使用された。

毛皮のマリーズのミュージックビデオ(MV/PV)

スタッガー・リーを撃て

「スタッガー・リーを撃て」は、ベスト・アルバム『MARIES MANIA』で未発表音源として収録された。少し気だるそうに歌う志磨遼平のボーカルが印象的な軽快なロックンロールソングだ。アルバム収録のために作られたMVでは、ライブのハイライト映像が見れる。

LOVEDOGS

「LOVEDOG」はインディーズ1stアルバム『戦争をしよう』に収録されている曲だ。ノイジーなギターとゴリゴリのベース、力任せのドラム、狂気じみた歌声を披露するボーカル、全てがガレージパンクロック。初期マリーズにしかできない音楽の衝動性と破壊力を併せ持つ名曲である。MVは、小さなステージでテンション高く演奏しており、かっこいいメンバーが見れる映像に仕上がっている。

おはようミカ

「おはようミカ」はミニアルバム『Faust C.D.』に収録されており、毛皮のマリーズお得意の70年代王道ロックンロールを感じさせる名曲だ。暗いステージの中で、顔を黒く塗ったメンバーが演奏している不気味なMVに注目してほしい。

愛のテーマ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents