毛皮のマリーズ(バンド)の徹底解説まとめ

毛皮のマリーズとはVo.志磨遼平、Gt.越川和磨、Ba.栗本ヒロコ、Dr.富士山富士夫の4人からなる日本のロックバンドである。2003年に結成され、2006年にインディーズデビュー。その後は国内のツアーや音楽フェスでライブを重ね、2010年に日本コロムビアからにメジャーデビューした。2011年12月に日本武道館でラストライブを行い同年12月31日をもって解散した。古典的なロック・ミュージックをルーツにした楽曲と情熱的なライブパフォーマンスで人気を博した。

富士山富士夫(フジヤマフジオ)

1977年8月14日生まれ。長崎県諫早市出身。ドラム担当。2005年3月1日に毛皮のマリーズに加入。バンド加入前はドラムの経験がなくお笑いコンビを組んでいた。持ち前のパワフルなドラミングで毛皮のマリーズのリズムを支えた。毛皮のマリーズ解散後は音楽活動を行っていない。

毛皮のマリーズのディスコグラフィー

シングル

ビューティフル / 愛する or die

2008年12月3日発売。

1. ビューティフル
2. 愛する or die
3. 宗教

『ビューティフル』は毛皮のマリーズの1stシングルである。「ビューティフル」は毛皮のマリーズの代表曲で、「生きて死ぬための僕らの人生」という歌詞が印象的な、ストレートなロックナンバーで、 テレビ番組『ミュージャック』のエンディングテーマにもなった。ライブでも頻繁に演奏される人気曲「愛する or die」を含む、全3曲収録。オリコンチャート最高72位を記録。

NO MUSIC,NO LIFE.

2010年4月7日、タワーレコード限定販売。

1. NO MUSIC, NO LIFE.

『NO MUSIC, NO LIFE.』は毛皮のマリーズの2ndシングルで、タワーレコード限定で販売された。

Mary Lou

2010年10月27日発売。

1. Mary Lou
2. コミック・ジェネレイション
3. デュマフィスの恋人

『Mary Lou』は毛皮のマリーズの3rdシングルである。「Mary Lou」はアルバム『ティン・パン・アレイ』収録のラブソングだ。ライブでも披露されファンの人気も高い曲である。王道ロックンロールソング「コミック・ジェネレイション」を含む3曲が収録。オリコンチャート最高19位を記録。

ミニアルバム

Faust C.D.

2008年5月14日発売。

1. おはようミカ
2. 人生
3. ハートブレイクマン
4. 非・生産的人間
5. ジャーニー
6. ライデイン(愛と笑いのロード)

『Faust C.D.』は毛皮のマリーズの1stミニアルバムである。オリコンチャート最高117位を記録。2ndアルバム『マイネーム・イズ・ロマンス』と同時期に録音されたが、こちらのほうが暗い雰囲気のある作品で完成度も高い曲が並ぶ。古典的なロックナンバー「おはようミカ」、哀愁漂う歌い方が印象に残るフォーク・ロック曲「ハートブレイクマン」を含む6曲が収録。

アルバム

戦争をしよう

2006年9月20日発売。

1. LOVEDOGS
2. BORN TO MEET YOU
3. ロマンチック
4. 或るGIRLの死
5. (MY JOHNNY)SUE
6. YOUNG LOSER
7. アンプリファイヤー
8. “FUJIYAMA-FLASH"
9. ロリポップ
10. 世界のトップ
11. VELVET GOLD MAY
12. BOYS

『戦争をしよう』は毛皮のマリーズのインディーズ1stアルバムである。グラムロック、パンクなどの古いロックを基盤に作られた楽曲が並び、若手バンドらしい勢いのある演奏が聴ける作品だ。「LOVEDOGS」はライブでも頻繁に演奏されている代表曲だ。解散ライブでも演奏された壮大なバラード「YOUNG LOSER」では、Gt.越川和磨の素晴らしいギターソロが聴ける。全12曲。後の2016年4月27日にアナログ盤が1000枚限定で発売された。

マイ・ネーム・イズ・ロマンス

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents