私とあなたのオープンな関係(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『私とあなたのオープンな関係』とは2017年にNetflixで配信されたアメリカ合衆国の恋愛映画である。
SNSで知り合った男女が軽い関係から本気の関係へと進展していくが、男女の行き違いから関係にズレが生じるようになり、2人は型破りな方法で関係を修復しようとする。しかし2人の関係は更にこじれていく。
現代ならではの若い男女の出会いと恋愛事情が、丁寧に描かれている作品。
映像も青白さを強調しており、透明感が出ている作品となっている。

翌日、ガビはラリーと会って、彼の娘と遊ぶ。
その間、マーティンはベサニーとの思い出の映像をパソコンで見て思い出に浸る。
ガビからラリーの家に泊まるとの連絡が来て、マーティンは「会いたい」と返信しようとするが、止めて「楽しんで」と送る。

翌日、マーティンは仕事を休み、昨日のことを聞く。ガビは酔っ払って、ラリーと寝て気持ちよくなったことを話す。
それを聞いたマーティンは嫉妬し、ガビを激しく抱く。
その後、ガビはラリーに会いに行って愛し合う。それからクレアに会いに行った際に、彼女からマーティンの話しを聞く。それはブレイクから聞いた話しで、バーでマーティンが話した内容だった。
ガビは、なぜマーティンがブレイクに話したのかと怒り始める。そして家に帰って、マーティンとベサニーの思い出の映像を見つけて悲しくなる。
帰ってきたマーティンに詰め寄るが、プライベートな事だから話す必要はないと言い返される。
ガビは隠されていた事に怒り、荷物をまとめてラリーの家に行く。
ラリーは、近々ヨーロッパに行くので、ガビに一緒に暮らさないかと誘う。ガビは少し考える。

マーティンは、ベサニーと会うことにし、カフェで待ち合わせする。彼女から子供の写真を見せてもらう。マーティンは、ベサニーが幸せそうで良かったと思う。
ベサニーは、毎日が退屈で予測した通りだと語る。けれどもそれが大人ということなのだとマーティンに告げる。

2人の終着点

お互いオープンに話し合い、お互いがお互いを必要としている事に気付き一からやり直そうと話し合うシーン

マーティンはガビに性欲を満たす為の関係を求めていくのは辞めてほしいとお願いする。

ガビはラリーが本気の恋愛を望んでいない事が分かり、自分を知ろうとしない彼に、別れを告げる。
ガビは、マーティンの家に戻り、誰かときちんとした関係を築きたいと、涙ながらに話す。
いつかお互いに飽きること、失望させること、それはお互い同じだと、2人は涙を流して話しハグをする。

『私とあなたのオープンな関係』の登場人物・キャラクター

マーティン・ハロック(演:ニコラス・ホルト)

日本語吹替:神奈延年
ガビの彼氏。べサニーと8ヶ月間結婚をしていたが彼女の流産がきっかけで離婚。自暴自棄になっており、体だけの関係を求めて出会い系アプリを利用していたが、ガビと出会い付き合う事にする。マンネリ化が原因で関係が上手くいかなくなり、恋愛にスリルを求めるようになる。

ガブリエラ・シルヴァ(ガビ)(演:ライア・コスタ)

日本語吹替:白石涼子
マーティンの彼女。マーティンと同様で体だけの関係を求めて出会い系アプリを利用している。マーティンと出会い、お互いの事を全て知っていたいと思っていたが、マーティンはそうでもなく関係がこじれていく。関係を修復するため浮気ありのオープンな関係を提案するが、きちんとした関係を築きたいと考え直す。

ラリー・ベヘラーノ(演:ダニー・ヒューストン)

日本語吹替:金尾哲夫
ガビに好意を抱く男性。友人に誘われたパーティーでガビと知り合う。娘と2人暮らしで、ヨットを持っている。ヨーロッパに行くため、ガビと一緒に暮らしたいと思っている。

ブレイク・ビーソン(演:コートニー・イートン)

日本語吹替:北西純子
マーティンの元妻が流産して自分が自暴自棄になったことなど、心の内を話した相手。2人の友人でもあり、ラリーとガビが知り合ったパーティーに2人を招待した人物。

ポール(演:マシュー・グレイ・ギュブラー)

正面を向いている男性

日本語吹替:岡井カツノリ
マーティンの友人。結婚しており、子供がいる。マーティンがガビとの関係性を話す事ができる親しい友人。マーティンの元妻とも親交があり、出産した事をマーティンに告げる。

ベサニー(演:ポム・クレメンティエフ)

日本語吹替:三瓶由布子
マーティンの元妻。マーティンとの子を流産で亡くしてしまい、その事が原因で離婚をした。久しぶりに会ったマーティンに出産した事を告げ、我が子の写真を見せて幸せそうにする。

アーチー・ハロック(演:デヴィッド・セルビー)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents