私とあなたのオープンな関係(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『私とあなたのオープンな関係』とは2017年にNetflixで配信されたアメリカ合衆国の恋愛映画である。
SNSで知り合った男女が軽い関係から本気の関係へと進展していくが、男女の行き違いから関係にズレが生じるようになり、2人は型破りな方法で関係を修復しようとする。しかし2人の関係は更にこじれていく。
現代ならではの若い男女の出会いと恋愛事情が、丁寧に描かれている作品。
映像も青白さを強調しており、透明感が出ている作品となっている。

日本語吹替:宮崎敦吉
マーティンの父親。認知症の妻と2人暮らし。娘がいたが16歳の時に事故で亡くなった。マーティンが家に帰ってきた際に、ガビと初めて会う。

ジーニー・ハロック(演:アマンダ・セラ)

マーティンの母親。認知症を患っている。夫と2人暮らしで夫に助けてもらいながら生活をしている。ガビの事をマーティンの元妻であるべサニーと間違ってしまう。

ジョアン(演:ジェシカ・ヘンウィック)

日本語吹替:土井真理
マーティンの元同僚。転職し医大で働いている。久しぶりに元職場に顔を出し、マーティン達に会いに来る。その後クラブに出かけて、マーティンと良い感じになり浮気をする。

ローランド(演:アルバート・ハモンド・Jr)

ガビの奥に映る男性

日本語吹替:兼政郁人
ガビがよく行くお店の従業員でガビの事を知っている。ガビの職場に患者として現れ、パーティーに誘う。そこでガビはローランドと浮気する。

オーレン(演:ダニエル・ゾヴァット)

日本語吹替:稲垣拓哉
マーティンの友人。ポールとマーティンの3人で飲みに行くほど仲が良い。3人で集まり、マーティンの元妻である日系人のベサニーの話で盛り上がりプライベートな会話をする親友の1人。

ブレット・ジャクソン(演:カイ・レノックス)

日本語吹替:山本善寿
ガビとマーティンのカップルセラピーの先生。考え方の違いで溝が生まれてしまった2人に「1日1時間でもいいから正直に今日あった出来事を話すんだ。話すには勇気がいるが、勇気無くして愛はない。」とアドバイスをする。

エッシャー・ペレル(演:本人)

日本語吹替:天野真実
男女のオープンな関係について講演会を開いている女性。彼女が考えるオープンな関係続ける人は、新しい出会いを求めるのではなく、新しい自分自身を求めているのであると言う。オープンな関係を推奨しているのではなく、お互いの関係性を深めるのなら良いが唯の時間稼ぎに過ぎないとガビとマーティンに忠告する。

クイン(演:マヤ・ストヤン)

右側の女性

日本語吹替:山本善寿
ガビの提案で3人で情事を行った相手。知り合いを誘うのは良くないと考えたガビとマーティンは知り合いではなかった女性を誘い、3人で楽しんだ。

『私とあなたのオープンな関係』の用語

出会い系アプリ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents