ザ・ファブル(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ザ・ファブル』は日本の青年漫画。作者は南勝久。講談社の『週刊ヤングマガジン』で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。伝説の殺し屋「ファブル」は組織の命令によって佐藤明という偽名を付けられ、誰も殺さない一般人として生活する。移住先の大阪で、明はパートナー洋子とともに周囲の優しさに触れる。しかし、明たちはトラブルに相次いで巻き込まれていく。2019年、岡田准一が主演を務めて実写映画化され、2021年に第2作が公開される。

組織・呼称

ファブル

主人公の佐藤明が裏社会で呼ばれている通称。もともとは、明が所属する組織そのものの呼び名だった。裏社会では組織や明の存在自体が明らかになっていないため、「寓話」という意味を持つ「ファブル」という呼び名がいつの間にか付けられていた。

組織

明が所属する暗殺する組織。詳しいことは全く明らかにされていない。「ファブル」などと呼ばれていることもあるが、ボスや明たちは「組織」と呼んでいる。

真黒組(まぐろぐみ)

大阪府太平市(架空の街)にある暴力団。小さな組織ながらも生き残れているのは、「組織」とのつながりがあるためだとされている。

オクトパス

明と洋子が移り住んだ街にある個人で経営するデザイン会社。アルバイトとして働く明は、配送と雑用係として雇われたが、のちに独特な世界観の絵のセンスが認められ、デザインの仕事もするようになる。

バッファロー

明と洋子が移り住んだ街にあるバー。

武器

ナイトホークカスタム

明が愛用する武器。銃の長さは4インチ。明は暗殺後は海に捨てるなどして、毎回新調していた。大阪に移住する際、ボスから武器を置いていくように言われていたが、ナイトホークを隠して持参した。

ブラックホークCQD-MKⅠ

明が愛用していてたサバイバルナイフ。かつて、山でクマと遭遇した際に、このナイフで応戦して命を守った。大阪に移住したあとの山籠もりの時にもこのナイフを購入した。山籠もりが終わった後、クロに贈った。

ルガーP08

真黒組の浜田組長が愛用する拳銃。ドイツで開発された自動拳銃。浜田組長よりも前の組長から受け継がれている銃。

S&W M36

海老原が愛用する拳銃。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents