ザ・ファブル(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ザ・ファブル』は日本の青年漫画。作者は南勝久。講談社の『週刊ヤングマガジン』で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。伝説の殺し屋「ファブル」は組織の命令によって佐藤明という偽名を付けられ、誰も殺さない一般人として生活する。移住先の大阪で、明はパートナー洋子とともに周囲の優しさに触れる。しかし、明たちはトラブルに相次いで巻き込まれていく。2019年、岡田准一が主演を務めて実写映画化され、2021年に第2作が公開される。

小島(こじま)

演:柳楽優弥
海老原の弟分。昔ながらのヤクザで、殺人罪に問われて15年間服役していた。出所後、海老原の忠告を無視してデリヘルの経営に手を出す。これが発端となり、同じ組の砂川と揉めることになる。落とし前をつけるため、海老原によって射殺される。女性を殺したことが原因でEDとなった。

砂川(すながわ)

演:向井理
真黒組幹部。出所してきた小島がデリヘル経営に手を出してきたことから、砂川自身が組から追い出されるのとはと考え、組の乗っ取りを図る。山岡を通じて殺し屋を雇い、浜田組長と海老原の暗殺を企てる。途中で、乗っ取りの計画がバレて追われる身に。最後は山岡を殺害しようとしたが逆に殺されてしまう。

水野(みずの)

真黒組の幹部。毎月、富裕層を交えて乱交パーティーを開く。女装が趣味。浜田組長の死後、山岡に脅されて対立していた砂川の下につく。最後は山岡に殺される。

その他の殺し屋

マツ

マツは偽名。本名は山岡。武器の調達と情報屋として裏社会に生きる。表向きはバーの経営などしている。昔は殺し屋だった。闇稼業が長く死体処理などを行う。大学生の娘を持つ。闇稼業から足を洗うために明たちに助けを求める。

鈴木

氏名不詳。興信所を運営している宇津帆に雇われている殺し屋。整形を繰り返して若く見せているが実際はアラフォー。洋子と一度戦うも全く歯がたたなかった。宇津帆の死後、別の殺し屋二郎の行方を捜す際、マツの依頼で洋子に協力する。

二郎(じろう)

氏名不詳の殺し屋。名前は偽名。砂川から、同じ組に浜田か海老原のどちらか1人を殺害する依頼を受ける。緻密な計画を立てて、浜田組長を毒殺する。殺したあと京都府内で潜伏していたが、海老原の命令を受けたマツや洋子、鈴木に見つかり射殺される。

フード

演:福士蒼汰
氏名不詳。小島がデリヘル運営に手を出した際、砂川に雇われた殺し屋。明に圧倒的な力の差を見せつけられて敗れる。鈴木に射殺される。

コード

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents