ザ・ファブル(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ザ・ファブル』は日本の青年漫画。作者は南勝久。講談社の『週刊ヤングマガジン』で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。伝説の殺し屋「ファブル」は組織の命令によって佐藤明という偽名を付けられ、誰も殺さない一般人として生活する。移住先の大阪で、明はパートナー洋子とともに周囲の優しさに触れる。しかし、明たちはトラブルに相次いで巻き込まれていく。2019年、岡田潤一が主演を務めて実写映画化され、2021年に第2作が公開される。

山岡は快楽的な殺人を趣味としていることから、どうせ殺されるなら暗殺の最高傑作と呼ばれた明に殺されることを希望していた。しかし、明に殺意はなかった。その場にいた海老原が、屋外にいた高橋から銃をもらい、山岡を撃ち殺した。同門対決はこうして終わるのであった。明は、「配達があるから」と何事もなかったかのように職場に戻っていった。一連の騒動が終わったあと、拠点に組織のボスが現れ、今後についての話し合いが行われた。山岡に寝返ったアザミとユーカリだったが、明の要望によって殺されることはなかった。

殺し合ったことなど気にしない明。

洋子の自宅に集まる明、アザミ、ユーカリの4人。アザミは殺そうとした明に「山岡についた俺たちに怒りがあるだろう」と聞く。それに対して、明は「友達とケンカした。ふつうよくあることじゃないのか」と返した。そして、明と洋子はボスの命令で組織を抜けることになったことも告げた。さらに、アザミとユーカリもデザイン会社のオクトパスで働き、ふつうの暮らしをすることになった。

プロポーズのあとミサキにキスをする明。

明は職場に出向き、辞めることを伝える。急に辞めることを知ったミサキはショックを隠し切れなった。ミサキが「これからどうするのか」という問いに、明は「自分のスキルを活かして人助けがしたい」と告げた。さらに、ミサキに指輪を見せてプロポーズをする。あまりの急展開に驚く一同。申し出を受け入れるミサキだった。そして、明と洋子はボスからもらったキャンピングカーで人助けの旅に出た。

『ザ・ファブル』の登場人物・キャラクター

組織関係者

佐藤明(さとう あきら)

演:岡田准一
主人公。佐藤明という名前は偽名で組織のボスが付けた。氏名不詳。幼い頃から殺し屋としての訓練を受け、その時の環境に合わせて力を最大限に発揮することができる。逆に自分を弱く見せることができるなど、組織における暗殺の最高傑作と呼ばれる。これまでに71人を殺害。感情を表に出さないが、純粋な性格の持ち主。お笑い芸人のジャッカル富岡のファン。

佐藤洋子(さとう ようこ)

演:木村文乃
組織の命令によって、明のパートナーとして行動している。佐藤洋子は偽名で、ボスが名付けた。ずば抜けた記憶力の持ち主。10歳の時に火災で両親が死亡した後、記憶力に目を付けたボスが保護した。かなりの酒好き。明には及ばないが殺しの技術は習得している。

山岡(やまおか)

氏名不詳。山岡は偽名。組織の幹部で恐怖を感じない男。殺しのシナリオを考え、自分にとって一番楽しめる方法で殺人を行う。幼い洋子を組織に引き入れるために、彼女の両親を殺害した張本人。「最高傑作」の殺し屋の記憶に残りたい一心で明に殺し合いを挑む。明に殺されたいという願いは叶わず、海老原により銃殺される。

アザミ

氏名不詳。アザミは山岡が名付けた偽名。山岡の部下で、暗殺者としての技術は高いものを持っているが、明と対峙するも全く歯が立たなかった。眼鏡をかけた大柄な男。山岡の死後、デザイン会社のオクトパスの従業員として働いている。明と同じくジャッカル富岡が好き。

ユーカリ

氏名不詳。山岡の部下で偽名。殺し屋としてのレベルについて、山岡からは洋子と同じと言われている。山岡が組織を裏切った際、アザミと共に山岡を助けるために行動する。明と拳を交えるが全く歯が立たなかった。山岡の死後、明の跡を継いでオクトパスの従業員として働くことになる。

ボス

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents