ザ・ファブル(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ザ・ファブル』は日本の青年漫画。作者は南勝久。講談社の『週刊ヤングマガジン』で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。伝説の殺し屋「ファブル」は組織の命令によって佐藤明という偽名を付けられ、誰も殺さない一般人として生活する。移住先の大阪で、明はパートナー洋子とともに周囲の優しさに触れる。しかし、明たちはトラブルに相次いで巻き込まれていく。2019年、岡田准一が主演を務めて実写映画化され、2021年に第2作が公開される。

演:佐藤浩市
氏名不詳。明や洋子が所属する組織のボス。組織の実態は謎に包まれているが、ボスは時代の移ろいと共に組織の方針を変え、暗殺業を辞めることを考えていた。その一環として、明と洋子を一般人として生活させる。埼玉県の某所で整体院を経営している。若い頃は自らも殺し屋を行っていて、いとも簡単に人を殺す。

有限会社オクトパス関係者

清水岬(しみず みさき)

演:山本美月
明と洋子が移り住んだ家の近くに住む女性。親の借金のためにアルバイトを掛け持ちしながら、忙しい毎日を送っている。かつてグラビアアイドルをしていた。物語ではデリヘルに無理やり勧誘されるなど多くのトラブルに巻き込まれる。最終的に明が殺し屋だということに気付くが、この時点で好意を寄せていたため現実を受け入れることに。明が旅に出る前にプロポーズをされて、申し出を引き受ける。

田高田(たこうだ)

演:佐藤二朗
デザイン会社オクトパスの社長。明とミサキを交際させようと飲み会を開いたりパーティーを計画したりして画策する。酒好きで洋子ともテキーラの早飲み勝負を挑む。

貝沼悦司(かいぬま えつじ)

演:好井まさお
デザイン会社オクトパスの社員の1人。陰湿な性格でミサキに好意を抱き、ミサキの家に盗撮用のカメラを設置するなど犯罪を犯してしまう。裕福な家庭で過保護に育てられた。盗撮したことで宇津帆に目を付けらる。貝沼の母親が大金を奪われた上に、宇津帆らに拉致されて山の中で命を落とす。

真黒組関係者

海老原剛士(えびはら たけし)

演:安田顕
真黒組の若頭。移住してきた佐藤明と洋子の世話をしている。明と出会った当初、明がシリアルキラーと偏見を持っていたが、トラブルに巻き込まれた海老原を親身になって助けてくれる明への信頼感は少しずつ増していく。武闘派のヤクザで殺人もするが、理不尽なことを嫌う真っすぐな性格。趣味は料理で、舎弟にふるまうこともしばしば。浜田が死んだあと、5代目組長に就任する。

浜田広志(はまだ ひろし)

演:光石研
真黒組の4代目組長。山岡からの依頼を受けた二郎の生成した毒によって殺害される。依頼の張本人は同じ組の砂川だった。明と洋子の2人に親しみを持っていた。

黒塩(くろしお)

演:井之脇海
真黒組員。通称クロ。明が殺し屋だと知っている1人で、いとも簡単に相手を制圧をする明を見て憧れを覚える。明に弟子入りしたいと考え、山籠もりなどに付いて行ったりする。物語を通して明と洋子を支える存在。2人が立ち去ったあと、明が生活を送っていた住宅で暮らしている。

高橋(たかはし)

真黒組員。海老原の運転手を務める。洋子に好意を寄せて食事に誘うが、酔い潰される。小島のデリヘル運営を手伝わされる。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents