ギターウルフ(Guitar Wolf)の徹底解説まとめ

ギターウルフとは、ロックンロール、ガレージロック、パンクロックから強い影響を受けた音楽性で、国内外を問わず世界中のファンや有名ロッカーから支持を集める日本を代表するロックバンドである。1987年に結成してから革ジャン革パン、3コードを基本とした音楽スタイルを貫ぬき、狂気ともいえる圧巻のライブパフォーマンスで1993年以降は海外ツアーを行い世界中を飛び回っている。2017年以降は自身が主催するロックフェス「シマネジェットフェスヤマタノオロチライジング」を開催している。

2000年6月21日発売

1. オカオミ惑星
2. ジェットジェネレーション
3. オールナイトでぶっとばせ!!
4. 流星ノイズ
5. 冷蔵庫ゼロ
6. Jack The Ripper
7. ワイルドゼロ
8. ロックンロールエチケット
9. ミサイルミー
10. カワサキZII750 Rock'n'Roll
11. サマータイム・ブルース
12. 火星ツイスト
13. Too Much Junkie Business
14. マシンガンギター
15. ラーメン深夜3時
16. Kick Out Jams
17. Rumble

ギターウルフ初のライブアルバムで、その名も『LIVE!!』。多くのパンクロッカーがライブをしたことで有名なニューヨークの伝説的ライブハウス、CBGBでのライブや、ロックンロールエチケットツアーから選曲されており代表曲を網羅したベスト版的な内容になっている。「ジェットジェネレーション」「オールナイトでぶっとばせ」「ミサイルミー」などの代表曲がライブバージョンで楽しめる。オリコン最高70位を記録。

UFO ROMANTICS

2002年3月6日発売。スペインでは2003年11月発売。アメリカでは2003年2月11日に発売。

1. 火の玉レッド
2. 放課後サンダー
3. ザーザーアスファルト
4. タクシードライバー
5. ダイアモンドハニー
6. ギオンミッドナイト
7. 光のベイベー
8. UFOロマンティクス
9. ナガサキJET
10. ジェット・ビア
11. オレンジジュース
12. アルコールエース
13. イナズマのメロディ

7枚目になっても一切ブレない爆音ロックンロールアルバムで、その変わらないスタイルが今作にも詰め込まれている。変わったことは初めて全曲オリジナル曲で構成されていること。表題曲「UFOロマンティクス」はシンプルなベースライン、シンプルなギターのフレーズから始まるギターウルフらしい曲で、サビの「たぶんUFO」の部分ではライブで合唱される人気曲である。初回生産限定で革ジャケット仕様になっている。オリコン最高68位を記録。

LOVEROCK

日本では2004年7月22日発売。アメリカでは2004年9月27日発売。オーストラリアでは2005年3月21日に発売された。

1. ラブロック
2. 悪魔のカード
3. ジェット13
4. 暴走レター
5. 新幹線ハイテンション
6. 宇宙青春
7. 真夜中の心臓
8. 月光ボーイ
9. 超能力ナイト
10. ブラックホーク
11. カツミヤタダコシティー
12. ファイヤージョー
13. 血煙スカイ
14. 涙のタイムマシン
15. あの娘だけ
16. SFトーキョー
17. ブラックロックンロール

8thアルバムはこれまでで最も多い17曲収録。内容は相変わらずブレないジェットロックンロールが聴ける。タイトルどおりロック愛が伝わってくるアルバムだ。「新幹線ハイテンション」の歌詞では新幹線を「高速の悪魔、高速のスター」と表現しており、新幹線と悪魔をくっつけるあたりは流石のセンスである。結果的にベース担当ビリーが参加した最後のオリジナルアルバムになった。

Golden Black

2005年7月27日発売。アメリカでは2005年11月15日に発売された。

1. 環七フィーバー
2. オールナイトでぶっとばせ!!
3. ミサイルミー
4. ロックンロールエチケット
5. ワイルドゼロ
6. ラブロック
7. イナズマのメロディ
8. 星空ジェット
9. ジェットジェネレーション
10. 新幹線ハイテンション
11. ジェット・ビア
12. カミナリワン
13. インベーダーエース
14. UFOロマンティクス
15. ジェット13
16. ロックで殺せ!
17. 火星ツイスト
18. フジヤマアタック
19. 光のベイベー
20. レッドロカビリー
21. カワサキ ZⅡ750 Rock'n'Roll
22. タクシードライバー
23. 島根スリム
24. 爆音ブラッド
25. アイ・ラヴ・ユー、OK
26. サマータイムブルース

ベース担当ビリーが急逝してから追悼の意味を込めて作られたのがこのベストアルバムである。これまでのギターウルフの名曲、名演が全26曲に集約されたファンなら持っておきたいマストアイテムのアルバムだ。代表曲はもちろん収録されており、最初から最後までロックンロールしか入っていない。セイジが尊敬している「矢沢永吉」の「アイ・ラヴ・ユー、OK」ビリーがボーカルを担当した「ミサイルミー」「サマータイムブルース」収録。初回限定盤はゴールドの革ジャケット仕様。

DEAD ROCK

2007年1月24日発売。ドイツでは2007年6月8日、フランスでは2007年6月12日、スカンジナビアでは2007年6月15日に発売された。

1. DEAD ROCK
2. アンドロメダマン
3. レッドミー
4. ケンカロック
5. SEXナポレオン
6. 高校生アクション
7. ワイルドビキニガール
8. 東京ゾンビ
9. エイジアンエクスプロージョン
10. 池袋タイガー
11. FIRE
12. レッドシチュエーション
13. 口笛シャドウ

新ベーシストとしてUGが加入後、初のアルバムがこの『DEAD ROCK』である。楽器未経験のUGが加わり新しいグルーブになった新生ギターウルフの今作は、レコーディング・エンジニアにZAKを迎えて制作され、これまでのアルバムより聴きやすい音になっている。「DEAD ROCK」はまるで前ベーシストのビリーに捧げる曲のようであり、一曲目に持ってくるあたりはこれから新しいギターウルフに変わるといった決意が込められているように感じる。初回限定盤は「ケンカロック」「高校生アクション」のMVとメイキングが収録されたDVD付きだった。オリコン最高128位を記録。

火星ツイスト

2007年9月19日発売のセルフカバーアルバム。

1. 宇宙のメロディー
2. 火星ツイスト
3. UFOロマンティクス
4. オールナイトでぶっとばせ!!
5. ミサイル発射
6. ミサイルミー
7. レッドロカビリー
8. 嵐の前ぶれ
9. ハリケーンロック
10. 島根スリム
11. ジェット13
12. ギャングのメロディー
13. マシンガンギター
14. ギャングのメロディー2
15. タイムとラベル
16. 涙のタイムマシン
17. ロックンロールエチケット
18. ZII
19. BORN TO BE WILD

UGが加入しライブを重ねていった新生ギターウルフは2007年に結成20周年、デビュー10周年を迎えた。これまでの活動を振り返ったセルフカバーアルバムは、アレンジを加えて新たに生まれ変わった名曲が聴ける。初回生産限定盤はライブでこれまでのキャリアを振り返ったDVDとブックレットがついた。オリコン最高216位を記録。

宇宙戦艦ラブ

2010年11月24日発売。ヨーロッパでは2011年5月27日発売。

1. フーチークーチースペースマン
2. ドーベルマンナイト
3. 宇宙戦艦ラブ
4. ファイヤーエイティーン
5. ボルテージセパハン
6. ナミダバイオレンス
7. コンクリートパンク
8. ブラックホールママ
9. ドラキュラメリカ
10. ハカタ大作戦

ギター、ボーカルのセイジが足の骨折から復活後に発売された通算10枚目のアルバムである。基本的な路線はこれまでと変わっていないが、ブルース、パンク、ロカビリー、サイケとバラエティーにとんだ内容になっている。アメリカのブルースマン「マディ・ウォーターズ」の「Hoochie CoochieMan」から取ったであろう「フーチークーチースペースマン」は、ギターウルフでは珍しいブルースが聴ける(ブルースとはアメリカの黒人音楽でロックンロールに影響を与えた音楽である)。タイトル曲の「宇宙戦艦ラブ」は5年かけて制作され、「ナミダバイオレンス」「ブラックホールママ」「ハカタ大作戦」などセイジのワードセンスが今作でも光っている。初回生産限定盤はライブDVD付きの2枚組で発売された。オリコン最高232位を記録。

ザ・ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプローションVSギターウルフ

2013年1月23日発売。

CD
1. Smoke on the Water
2. シーズ・オン・イット. ジャック・ザ・リッパー(メドレー)
3. ガソリン子守唄
4. リーヴ・ミー・アローン・ソウ・アイ・キャン・ロック・アゲイン

DVD
1. イナズマのメロディ
2. オールナイトでぶっとばせ!!
3. ドーベルマンナイト
4. ジェットジェネレーション
5. ワイルドゼロ
6. ガズークス. テル・ミー・ザット・ユー・ラヴ・ミー. スウェット、シャート・ジャック. ブルース・X・マン. ソウル・タイプキャスト. アンクリアー(メドレー)
7. ベルボトムズ

アメリカのロックバンド「Jon Spencer Blues Explosion」との合同で制作された作品でCDとライブDVDの2枚組で発売された。内容はそれぞれの持ち歌と影響を受けたバンドのカバー曲が2曲ずつ収録されたCDと、日本のライブハウスである下北沢シェルターでのライブ映像を収録したDVDになっている。

野獣バイブレーター

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents