Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)の徹底解説まとめ

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)とは、デビュー・シングル「Ocean Eyes」を音声ファイル共有サービスSoundCloudでリリースし、口コミで話題となったアメリカのアーティストである。レコード会社の目に止まり、その後も数々のヒット曲を世に生みだしている。音楽制作は、デビュー当時から実の兄Finneas O'Connell(フィネアス・オコネル)と共に行っている。性別や国籍を問わず多くのファンを集めている。

Up Next Sessionでの「watch」のライブ動画

1. bellyache (Live)
2. watch (Live)
3. ocean eyes (Live)

Apple Music限定でリリースされたライブEPである。YouTubeには、Billie Eilishが歌唱、兄Finneas O'Connellが演奏しているライブ映像がアップされている。
どの曲もライブバージョンならではの臨場感が味わえるEPである。

Billie Eilishの代表曲とミュージックビデオ(MV/PV)

Ocean Eyes

Billie Eilishが、有名歌手になるきっかけとなった「Ocean Eyes」である。彼女が14歳の時、兄Finneas O'Connellと共同制作しSoundCloudに初投稿した曲である。

Ocean Eyes(Dance Performance Video)

ダンサーと共に踊るBillie Eilishに驚く人も多いだろう。振り付けは、Billie Eilishのダンス講師だという。
優雅で物語性のあるダンスと曲の融合が美しいミュージックビデオである。

bellyache

この曲で、BIllie Eilishは、友人と恋人を殺した殺人鬼の心情を歌詞にしている。人殺しをしても気持ちは晴れず、警察に追われることになってしまったという内容だ。もちろん実話ではなく「自分ではない人間を妄想して、なりきって歌詞を書くと面白いのではないか」というアイデアから作詞された。歌手のTyler, The Creator(タイラー・ザ・クリエイター)「Garbage」にインスパイアされて作られた曲でもある。

Bored

この曲はNetflixドラマ『13の理由』のシーズン1の最終話で流れる。何も進展のない退屈な関係について歌っている。
Billie EilishはElle magazineのインタビューで「MVは何の進展もない関係から抜け出せない状況にインスパイアされたの…自分にとってすごく悪い環境に長い間いるのに、それに慣れてしまうのよ」と語った。

watch

失恋の悲しみとの相手の嘘を炎に例えており「嘘は、いつかどうせバレるから嘘はつかない方がいい」という歌詞であり、ミュージックビデオにも火を放つシーンが登場する。Billie Eilishは、ミュージックビデオに一人二役で登場している。
ミュージックビデオは、ダンサーとBillie Eilishがストーリー性のあるダンスを披露しており、Billie Eilishが一人二役を演じている。

idontwannabeyouanymore

自己嫌悪について書かれた曲である。歌詞の中の「you」は鏡に映った自分自身を表している。ミュージックビデオにも、鏡が登場している。今の自分から変わりたいという内容の歌詞である。

lovely

「lovely」は、Billie EilishとKhalidのコラボ楽曲であり「鬱」をテーマにしている。「lovely」というタイトルから恋愛の曲のように思う人も多いかもしれないが、「憂鬱」を歌った曲である。時に憂鬱な気持ちであることも、素敵なことであるとBillie Eilishは述べている。
「lovely」が作中でつかわれた連続ドラマ『13の理由』は、SNS等により引き起こされる現代の複雑な人間関係、そして自殺や鬱、不安などシビアな問題を扱っている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents