ワールドトリガーに登場するトリガーと技まとめ

『ワールドトリガー』とは、葦原大介による漫画、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。
ある日突然現れた近界民(ネイバー)の襲撃により、三門市は大きな被害を受ける。その危機を救ったのが『ボーダー』と呼ばれる機関だった。ボーダーに所属する三雲修は空閑遊真という少年と出会う。遊真は近界民の世界からやって来ていた。
トリガーとはこの世界で使われる武器である。トリガーは地球、近界民で独自に発展し、多様な戦い方をするこの作品の要となっている。

『ワールドトリガー』の概要

『ワールドトリガー』とは、葦原大介による漫画、およびそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。

ある日、三門市に異世界へと通じる『門(ゲート)』が開いた。 門からは異世界の住人である『近界民(ネイバー)』が現れて侵攻を始める。地球とは違うテクノロジーを持つ近界民に地球側の攻撃は通じず、どうすることも出来なかったがそこへ『ボーダー』と呼ばれる組織が現れ、『トリガー』という武器を用いて近界民を撃退した。ボーダーは近界民に対抗するために結成された界境防衛機関だった。それ以降、近界民は門を通じて地球に襲来するようになり、ボーダーは三門市に防衛体制を整えた。
三雲修はボーダー隊員であることを隠しながら中学校へ通っていた。そこへ空閑遊真という転校生がやってくる。遊真は日本の常識を知らず、また中学生とは思えぬ異様な気迫を持っていた。修はクラスメイトに目をつけられた遊真を助けようとするが、そこへ近界民が襲来する。ピンチに陥った修たちだったが、遊真は修が見たこともないトリガーを使って近界民を撃退した。遊真は自身が近界民ということを修に話した。遊真は父親の友人を探しに地球にやって来ていたのだった。
その後、遊真はボーダーに入る事となり、修と、修の幼馴染である雨取千佳と共にチームを組み奮闘していく。

ボーダー内には『A級』『B級』『C級』というランクが存在する。連載当初は近界民とボーダー隊員との戦いが描かれるが、途中からはボーダーの各部隊がランクを上げるための『ランク戦』が行われていく。ランク戦では敵も味方もボーダーのトリガーを使用する。それ故に、各隊員の能力も重要だが、それぞれの部隊が戦略を持っていなければ勝利することは難しい。ボーダーの部隊が登場してからは、近界民との戦いも各部隊がそれぞれの能力を活かして戦闘を行う。
隊員の能力はもちろんそれぞれが異なっており、力が足りていない者も登場する。しかし、戦況を読んで行動することで、力がない者でも部隊に貢献することが出来る。少年漫画では珍しい力を全てとしない戦闘が人気を博している。

トリガーとは

『トリガー』とは『界境防衛機関・ボーダー』が異世界の住人である『近界民』に対抗するためにしようする武器である。元は近界民の技術であり、近界民もトリガーを使用する。
トリガーは使用者が持つ『トリオン』をエネルギー源とする。トリオンの量は個人によって異なっており、トリオン量によって使用する武器の効力が変化する。
トリガーを起動すると、トリオンを元に『トリオン体(戦闘体)』が生成される。トリオン体はトリガーによる攻撃でしかダメージを与えることが出来ない。トリオン体が破壊されても痛みはなく、また死亡することがない。ただし、トリオン体を破壊されると生身に戻ってしまい、その後、トリオンが回復するまではトリオン体を新たに生成することが出来ない。

ボーダー隊員は『トリガーホルダー』という容れ物に『トリガーチップ(トリガーを封じ込めたチップ。攻撃するための物や、戦闘を補助する物など、様々なものがある)』を組み込む。トリガーホルダーは4×2のスロットがあり、合計8つのチップを入れることができる。スロットは右手と左手で分けられており、利き手側を『主トリガー(メイントリガー)』、反対側を『副トリガー(サブトリガー)』と呼ぶ。メインとサブは同時に起動できるが、同じスロットのトリガーを二つ起動することは出来ない。
トリガーには孤月のような単体でも効果を発揮するトリガーと、それ自体には破壊力がないが、身を隠したり、他のトリガーと組み合わせることで効果を発揮する『サブトリガー』が存在する。

近界民のトリガーも独自に進化しており様々な武器がある。しかし、トリオン体を生成する点は共通している。

トリガーには『ブラックトリガー』という特別なトリガーが存在している(ボーダー隊員など使用している一般的なトリガーは『ノーマルトリガー』と呼ばれる)。
ブラックトリガーは量産することができず、優れたトリオン能力を持つ者が命と引き換えにしなければ作ることが出来ない。さらにブラックトリガーは作った人間の性格や感性が反映されている。そのため、誰にも扱えるわけではなく、使用者を選ぶ。
このように希少で、誰でも扱えるわけではないが、その威力はノーマルトリガーと比べ物にならず、ブラックトリガー1つでも戦況を変える力を持つ。ブラックトリガーはそれぞれに能力が異なっている。

『ボーダー』のトリガー

ボーダーのトリガーは、大きく分けて『攻撃手(アタッカー)用トリガー』『銃手(ガンナー)用トリガー/射手(シューター)用トリガー』『狙撃手(スナイパー)用トリガー』『オプショントリガー』が存在する。
ボーダー隊員はこの中から8つのトリガーを使うことが出来る(緊急脱出で1つ使うので、実質7つ)。

『攻撃手(アタッカー)用トリガー』は、近接戦で効果を発揮するトリガー。『孤月』や『スコーピオン』『レイガスト』などのブレード型トリガーを指す。

『銃手(ガンナー)用トリガー/射手(シューター)用トリガー』は中距離戦で効果を発揮するトリガー。
『銃手(ガンナー)』は銃型のトリガーを持つ者を指し、射手(シューター)は銃を持たずに弾を撃つ者を指す。『銃手(ガンナー)』『射手(シューター)』共に『アステロイド』『メテオラ』『バイパー』『ハウンド』、これら4つの弾を使い分けて戦う。
『銃手(ガンナー)』は銃型トリガーを携帯しなければならず、弾も2種類しか使うことが出来ない。その代わりに扱いは簡単で、銃自体に弾の性能をアップする補助効果がある。『射手(シューター)』は、銃を携帯する必要もない上に、自身で弾速や威力を設定することができる。その代わり扱いが難しくなっている。

『狙撃手(スナイパー)用トリガー』は遠距離で効果を発揮するトリガー。『イーグレット』『アイビス』『ライトニング』これら3つの狙撃トリガーを指す。

『オプショントリガー』は、それ自体に威力がなく、他のトリガーと組み合わせることで効果を発揮するトリガーを指す。

孤月(こげつ)

攻撃力:A 耐久力:A 軽さ:C
主な使い手:太刀川慶、村上鋼:生駒達人

近接攻撃を仕掛ける『アタッカー』のトリガー。
日本刀のような形状のブレード。高い攻撃力、耐久力を誇り、アタッカーの中では最も人気のあるトリガー。デメリットはある程度の重さがあること、常に鞘を携帯しなければならない、などが挙げられる。
鞘に刀を収めている間はトリガーOFFとなり、トリオンを消費しない。
刃の色を変えることができる。B級ランク戦Round7では、B級中位の『鈴鳴第一』に所属している村上鋼が孤月の色を黒に変え、停電時にブレードを見えなくさせた。
ボーダー屈指の孤月使いである太刀川は、部隊ランクA級1位、個人総合ランク1位、アタッカー個人ランク1位という成績を残している。

弧月(槍)

主な使い手:米屋陽介

槍版の孤月。通常の孤月よりリーチに優れる。
刃の部分が刀型の孤月よりも少なく、トリオン消費が少ない。
このトリガーを使っている米屋陽介はトリオン量が多くない。そんな米谷が、トリオン消費を少なく、刀よりも長いリーチを得る、というコンセプトのもとにエンジニアと一緒に開発したトリガー。
柄の長さも調節することができ、室内のような狭い場所にも対応することが出来る。

旋空(せんくう)

孤月専用のオプショントリガー。トリオンを消費して、刀身を伸ばすことが出来る。ブレードの先端の方が威力と速度が増す。
起動時間が短ければ短いほどに、斬撃拡張範囲が大きくなる。斬撃拡張範囲を伸ばすためには、刀を振るスピードと、旋空起動のタイミングが重要となる。
一般的な使い手は起動時間が1秒ほどで、斬撃拡張範囲が15mほどだが、ボーダー随一の旋空の使いである生駒は起動時間が0.2秒で、斬撃拡張範囲が40mにも及ぶ。その達人芸とも言える技は「生駒旋空」と呼ばれている。

幻踊(げんよう)

孤月専用のオプショントリガー。
スコーピオンのように刃を変形させて攻撃することが出来る。作中では米谷が使用し、主人公である遊真や、近界民であるランバネインに対して手傷を負わせた。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

目次 - Contents