初恋限定。(Hatsukoi Limited.)のネタバレ解説・考察まとめ

『初恋限定。』は、河下水希による漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』にて、2007年44号から2008年26号まで連載された。
中学2年生の有原あゆみと江ノ本慧を中心に、中学生と高校生計8人の恋が同時進行で進む姿を描いたオムニバス作品だが、連載期間は約半年と短命に終わった。
いわゆる「打ち切り」となった作品であるが、打ち切りに遭いながらドラマCDやアニメといったメディアミックス化された珍しい作品でもある。

『初恋限定。』の概要

『初恋限定。』とは、河下水希による漫画作品。タイトルは「ハツコイリミテッド」と読む。

『週刊少年ジャンプ』にて、2007年44号から2008年26号まで連載された。
連載終了後にドラマCDとアニメ化が発表され、2009年2月にドラマCDが発売、2ヶ月後の同年4月から6月までテレビアニメが放送された。

「中学生4人、高校生4人の計8人の女子の恋が同時進行で展開される、オムニバス作品」という触れ込みで宣伝されているが、ストーリーの7割は有原あゆみと江ノ本慧(あゆみ3割、江ノ本4割)の恋が中心に進行する。

作者の前作である『いちご100%』が3年近く続いた一方『初恋限定。』の連載期間は約半年と短命に終わった、いわゆる「打ち切り」となった作品であるが、打ち切りに遭いながらドラマCDやアニメといったメディアミックス化された珍しい作品でもある。

『初恋限定。』のあらすじ・ストーリー

「美少女Aと野獣Z」 - あゆみが貰ったラブレター

あゆみにラブレターを渡した男子高校生は財津操という名前で、近所では有名人だった。

雪ノ下中学に通う有原あゆみは、男子から告白されたいという願望を抱く何処にでもいる中学2年生だった。ある日あゆみは強面の男子高校生「財津操」からラブレターを受け取る。夢にまで見た男子からのラブレターだが、相手がイケメンとは真逆の強面高校生だとは想定外。返事をくれと付き纏われ、あゆみはストレスでぐったりしていた。そんな様子を見かねて、クラスの男子があゆみをお姫様抱っこで保健室に運んでくれた。彼の名前は財津衛。顔良し性格良しの彼はあゆみにとって理想の男性だ。そんな彼にお姫様抱っこされ有頂天のあゆみだが、彼の苗字があのストーカー男財津操と同じ「財津」である事に嫌な予感を覚える。衛に確認すると、やはり操は衛の兄だった。衛と付き合ったら漏れなく兄の操も付いて来るという事実に愕然としたあゆみ。相変わらず付き纏う操に「メーワクだからついてこないで!!」と言い切って逃げ出した直後、操を敵対視する男子高校生たちに攫われてしまう。相手は、あゆみを盾にこれまで喧嘩で勝てなかった操をボコボコにしようという魂胆だ。駆けつけた操はあゆみを解放するよう不良達に迫るが、一瞬の隙を突かれて総攻撃を喰らい絶体絶命のピンチに陥る。しかし縄が緩んだあゆみが逃げ出し、人質を失った不良たちは呆気なく操に叩きのめされた。これで事件は解決かと思われたが、あゆみが「ホントこわかったんだからあ!!!」と、操に強烈なキックをお見舞いしKOしてしまう。これまで誰も倒せなかった操を一撃で倒したあゆみに、不良達から「おそれいりました!」と土下座。そして、血相を変えて家を飛び出した兄を追って一部始終を見ていた弟の衛も、兄を一撃で仕留めたあゆみに恐怖を抱いていた。

「となりの山本さん。」 - 衛が好きな人

積極的なアプローチを仕掛けるあゆみの好意に気付きもしない衛。衛の友人楠田悦は、もしかすると衛には既に彼女か好きな人がいるのではないかと睨んでいた。楠田に詰め寄られ、顔を赤くして目を逸らす衛。その反応を見た楠田は、相手は誰だと迫る。好きな人を言わない限り解放されないと判断した衛は、水仙寺高校に向かう。適当な女子生徒を指さしてごまかそうと考えていたのだが、なんと「本命」がやって来てしまった。衛が分かり易く反応したせいで、誰が好きなのか楠田にはバレバレ。衛の想い人は、これまで年上に興味がなかった楠田も見とれるほどの美貌とスタイルの持ち主だった。衛が「ただの片想い」で知り合いではないと関係を否定すると、おこぼれに預かりたい楠田は「作戦会議を行う!」と言い、強引に衛の家に上がり込んだ。
衛のベッドで我が家のようにくつろぐ楠田と、何故かカーテンに仕切られた窓の向こう側を気にする衛。楠田が挙動不審な衛の様子を訝しんでいると、窓のノック音と女性の声が聞こえて来た。楠田が窓を開けると、入って来たのは先程の美人女子高生「山本岬」だった。件の美人女子高生が知り合いどころか隣に住む幼馴染だという事も楠田にバレてしまった衛は、彼女を「さき姉」と呼んで慕っている事、自分は弟扱いされるだけで全く異性として見て貰えない事に悩んでいると白状する。

「ゆらめきアンバランス」 - 体育祭準備

あゆみの友人江ノ本慧は、14歳でありながら年商13億の起業家からプロポーズされるなど絶大な美貌を誇っていた。「はっきり言ってかなりモテる」と自分で言うほど自信家で、男は顔と公言し理想が高く彼氏や恋人とは無縁だった。
そんなある日、体育祭の応援係を男女1人ずつ決める事になった。他人事のように見ていた江ノ本だが、友人の土橋りかに「人に命令するのが得意」だからと推薦されてしまう。みんなでチアをやったら楽しそうなどと仲間たちは盛り上がり、「チア」という言葉に釣られた楠田も応援係に立候補した。
元来の責任感の強さもあり、クラスメイトに的確な指示を出す江ノ本。しかし、チア目当てで応援係に立候補した上にイケメンでもない楠田は江ノ本にとって邪魔でしかなかった。応援歌の歌詞を考えているときも、応援歌そっちのけでチア衣装のデザインに没頭するなど仕事をしない。頼りにならない楠田に愛想を尽かした江ノ本は、振り付けの練習に衣装作りにと1人で奔走する。だが、クラス全員分の衣装を1人でどうにか出来るはずもなく、体育祭前日にようやく完成したのはたった1着だった。疲労がピークに達し、そのまま眠ってしまった江ノ本。ミシンの音で目を覚ますと、そこにいたのは毛嫌いしていた楠田だった。手伝ってくれる楠田の姿に、江ノ本はときめきを感じていた。
結局完成したのは一着だけ。女子は学ランで応援する事になった。唯一完成したチア衣装を、ネタなのか罰なのか自分が着る事になり不本意な楠田だが、携帯の待ち受けを昨日こっそり撮った江ノ本の写真にするなど、江ノ本を意識し始めていた。

「ナイショノコトバ」 - 妹大好きなお兄ちゃん達

水仙寺高校に通うあゆみの兄・有二と小宵の兄・良彦は、お互いの妹自慢でしょっちゅう張り合う妹大好き「お兄ちゃん」だった。ある日、お互いの妹を紹介し合ってどちらがかわいいか決めようということになった2人は、妹達の通う雪ノ下中学に向かう。お兄ちゃんが迎えに来てくれたと良彦に抱き着く小宵と、一緒に帰ろうと肩を組む有二の足を踏んで冷たくあしらうあゆみ。見事なまでに真逆な兄妹だ。
シスコン過ぎてあゆみから避けられている有二だが、なんとかコミュニケーションを取ろうと努力を重ね、一緒にゲームをするなど楽しんでいた。だが、ある日あゆみが口走った「財津君大好き」という言葉に大きなショックを受ける。
勿論あゆみの言う「財津君」とは財津兄弟の弟「財津衛」の事だが、弟の存在など知らない有二は、操が相手だと勘違いして激しく動揺していた。操とあゆみがくっついたらどうしようと本気で心配し良彦に相談するが、良彦は他人事と思って大笑いするだけ。勘違いと思い込みを加速させた想像力の逞しい有二は、操があゆみを手懐けた方法を勝手に想像し、それを再現するためたまたま持っていた飴を通りすがりの岬の口に突っ込むという暴挙に出た。岬は、ただのクラスメイトでしかない有二からいきなり飴を口に入れられて困惑。しかし唐突すぎる有二の行動に、何故かこれまで感じた事のないドキドキを感じていた。これをきっかけに有二に興味を持つ岬。一方、ずっと前から岬に好意を抱いていた良彦は彼女にとって「有二の友達」という認識でしかなく、恋の相談相手というポジションを手に入れるもののそれ以上の関係になる事はなかった。

「逆走少年!」 - 曽我部の根拠のない自信

あゆみや衛たちと同じ2年2組に在籍する曽我部弘之は「この学校の女子は男を見る目がない」「こんなに素敵な僕がいるとゆーのに」と、ナルシスト全開だった。根拠のない自信を持ち、自分がモテないのは女子に見る目がないからだと自分に好意を寄せない異性を見下していた。しかし実際の曽我部はまともに女子と話せないほど奥手。周りが彼の「魅力」を知る術はなく、モテないのも当然だった。そんなこじらせナルシストの曽我部は、ある日廊下で千倉とぶつかる。心配して声を掛けてくれた千倉に対し、自分の魅力を理解出来る女性であると意味不明な勘違いをする。クールなポーズや分かりにくい親切で彼なりのアピールをするが、言葉を交わすというコミュニケーションは取っていないため、当然千倉に曽我部の気持ちは伝わらなかった。
気持ちが伝わっていない事を「千倉さんはシャイだから」と超ポジティブに受け止めている曽我部は、千倉と2人きりになりたいと楠田に相談し作戦を練る。作戦が成功し、ついに一緒に帰る事になった2人。曽我部は舞い上がり、道中色々と話し掛けてくれる千倉にまともに返事も出来ない有様。だがなぜか2人は予想外にいい雰囲気となる。後ろから見ていた楠田は2人の様子に驚きつつも、後は告白あるのみだと応援する。しかし、そんな楠田の期待に反して曽我部の口から出た言葉は「また明日」だった。千倉も「また明日」と返すが、曽我部はそれを「明日また一緒に喋ったり帰ったりしてもいいですという意味でのまた明日」と有り得ないほどポジティブに捉え、そのまま走り去ってしまう。当然ながら千倉には何一つ真意が伝わっていないのだが、自分の目標を達成した曽我部は「任務完了!」と盛り上がっていた。

「雪が降り出すその前に」 - 江ノ本と楠田のクリスマスデート

クリスマス当日、6人で行うはずだったクリスマスパーティーは楠田と江ノ本の2人きりで行う事になってしまう。

千倉と一緒にクリスマスを過ごしたい曽我部だが、正面から誘っても断られるのは目に見えていた。そこで楠田が「勝算のある作戦」を思い付く。それは、仲良し女子グループごとクリスマスパーティーに誘うという、シンプルながら最も確実に女子を誘えるものだった。
楠田の読み通り、衛のパーティー参加を聞いたあゆみがパーティーへの参加を表明すると続いて千倉も参加を決め、友人たちに押された江ノ本もパーティーに参加する事になった。
江ノ本は、嫌いだったはずの楠田のことが気になっている事実を自分でも否定できなくなっていた。プレゼント交換用の品に選んだのも、楠田に似合いそうなマフラーだ。すると、同じくプレゼント用に手袋を選んでいる楠田に出会う。てっきり楠田は下着でも選ぶだろうと思っていたが、あゆみや千倉に当たるかもしれないからとまともな意見を出す楠田。江ノ本は楠田の常識的な面に感心する一方、あゆみ達のことは女子扱いするのに自分のことだけ女子扱いをしない事に不満を持つ。そして「そんなダサイ手袋もらって喜ぶ女子がいると思ってんの?」と心にも思っていない事を言い、楠田を怒らせてしまう。
そしてクリスマス当日。他のメンバーが様々な理由で参加を見送り、残ったのは楠田と江ノ本だけになった。江ノ本はクリスマスを「世界中のみんなが幸せになれる日」だと信じて楽しみにしていたが、現実は全く盛り上がらず謝るチャンスが来る気配もない。楠田が「行くぞ」と歩き出し、言いたい事も言えないまま楠田と別れたくない江ノ本は後を追う。楠田が向かった先は、雪の積もった公園だった。誰にも荒らされていない雪の積もる地面を見てはしゃぐ楠田に、「人の気も知らないで」と雪玉を投げ付ける江ノ本。楠田もそれに応戦し、何故自分にだけ冷たいのか、何故自分にだけ厳しいのかとお互いの感情をぶつけ合う雪合戦が始まった。一頻り投げた後、帰ろうと歩き出した楠田に向かって今度はプレゼントを投げ付ける江ノ本。中身は楠田に似合うと思って買った例のマフラーだ。すると楠田からもプレゼントが。楠田が選んだのはある意味彼らしいチョイスのミニスカのサンタ服と、あの日見たピンクの手袋だった。

「コノハナサクヤ」 - 憧れの連城先輩

バレンタインを前に有二に本命チョコを用意していた岬は、自分に対する衛と良彦の気持ちを知る。悩んだ末に、やはり有二が好きだと結論を出した岬は衛と良彦の告白を断る。長年想い続けていた岬からフラれた衛は抜け殻状態だった。
一方、衛と同じ美術部の千倉にはお気に入りの絵があった。部室に飾られている桜並木の絵だ。この絵に比べて自分はまだまだと思っていたところ、部室に見知らぬ男子高校生が入って来た。彼は雪ノ下中学美術部のOBで、なんと憧れのあの絵を描いた連城由紀人だった。千倉が連城への憧れの気持ちと自分の腕の未熟さを話すと、連城は千倉の絵を一緒に完成させようと提案する。憧れの先輩からのまさかの申し出に驚きつつも、千倉はその申し出を快諾。それから連城は部活に顔を出すようになった。部員から進路を聞かれ「海外に行く」と答えた連城。千倉は連城がいなくなる事を悲しく思ったが、「海外ボランティアで貧しい国の支援活動をしながらいろんな国の子供達と絵を描く」という夢を叶えるために旅立つのだと知り、心から尊敬する。そして、卒業を迎えた彼に改めてその気持ちを伝えた。両親を初め周りの誰からも応援されなかった自分の夢を、たった一人だけ応援してくれた千倉の言葉に感動した連城は「本当にありがとう…」と千倉を抱き締めた。そして千倉を見送った後、意を決した表情で再び美術室に向かった。
一方、仲良く絵を描く千倉と連城を物陰から見ていた曽我部。自分には一つとして連城に勝てる要素が無い。これまで持っていた根拠のない自信が完全に打ちのめされた。
翌日千倉は美術室に居た。結局完成しなかった絵には木の前で満面の笑顔を浮かべる千倉の姿が描き足されていた。そして、進路を応援してくれた事への感謝の気持ちが綴られた置き手紙も見つかった。千倉は手紙を読みひとしきり泣いた後、描き残されていた桜を描き絵を完成させる。その一部始終を陰で見ていた曽我部は、自分の情けなさに涙を流していた。

「少年達の逃避行」 - 自分を変えるための家出

失恋から2ヶ月経ってもまだ衛は落ち込んでいた。そして、衛の隣には同じく意気消沈の曽我部。仲良く落ち込む2人を心配半分呆れ半分で見ていた楠田も、何かと絡んでくる江ノ本に思わず暴言を口走って自己嫌悪に陥り、見事落ち込みグループの仲間入りを果たした。
「どっか遠いところに行きてーな」と楠田が呟き、それを聞いた曽我部も旅に出ようと盛り上がる。「旅」といえば聞こえはいいが、言ってしまえば「家出」だ。知らぬ間に仲間に入れられていた衛は、いきなり翌日の出発を告げられ困惑する。移動は自転車、宿は当然野宿、着替えは公園で洗うから2枚で十分という計画に不安しかない衛だが、行かないというわけにもいかず3人の旅が始まった。しかし、何処に行くかは一切決めていない上、食料はんまい棒(お徳用)のみで所持金も僅か。想像以上に無計画な旅に、衛は頭を痛めながら自転車を漕いでいた。
翌日、3人揃って休んだ彼らを心配した江ノ本たちは衛の家に向かい、出てきた操から3人が家出した事を聞く。操は衛が心配で取り乱すが、何処にいるか尋ねようと電話した江ノ本の着信に楠田がうっかり出てしまった事と衛の携帯のGPSから居場所がすぐに特定され、みんなで3人を追う旅に出る。
一夜明け、相も変わらずノープランな旅を続ける楠田達。空腹に耐えかね、所持金をコンビニで使い果たしてしまう。アテのない旅を続けるべきか否かと揉めながら自転車を漕ぐ3人の目に飛び込んで来たのは、何処までも続く広い海と美しい夕陽だった。楠田達は喧嘩を止めて自転車を乗り捨てると、夕陽の沈む海に向かって走り出し、千倉、岬、江ノ本とそれぞれの想い人に向かって大好きだと叫ぶ。その声は、楠田達に追いついた女子たちにも届いていた。そして、フラれてもなお岬を想い続ける衛とあゆみ以外は大きく関係を進展させ、晴れて両想いとなった。

「虹色ドロップ」 - 有原有二の告白

話し掛けても素っ気ない態度だったこれまでとは一転して積極的になる有二にペースを乱された岬は有二と距離を置く事にする。

leina19y6
leina19y6
@leina19y6

Related Articles関連記事

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

とある魔術の禁書目録(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

とある魔術の禁書目録(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『とある魔術の禁書目録』とは、鎌池和馬のライトノベル『とある魔術の禁書目録』を原作とする、J.C.STAFF制作によるサイエンス・ファンタジーアニメ作品。第1期は、2008年10月から2009年3月まで放送された。第1期以降、2020年までには、第2期、第3期までが放送されている。『とある科学の超電磁砲』、『とある科学の一方通行』などと合わせて「とある」シリーズと呼ばれており、本作『とある魔術の禁書目録』はその中核的な位置づけの作品である。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

いちご100%(河下水希)のネタバレ解説・考察まとめ

いちご100%(河下水希)のネタバレ解説・考察まとめ

『いちご100%』とは、河下水希が週刊少年ジャンプにて連載していた漫画作品、あるいはこれを原作としたアニメ作品である。ジャンルはラブコメディー。 頼りないが夢に対してはまっすぐで情熱的な少年真中淳平をめぐって様々な恋模様が展開される。それらを通じて人間関係のすれ違いや将来の夢への苦悩を経験する中で登場人物が内面的に成長していく様子が描かれている。本筋に関わる部分でのヒロインたちの繊細な心情の描写とそれ以外の部分でのお色気、ギャグといったコメディ要素とのギャップが大きな魅力の一つである。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ジャンプで連載された「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズまとめ

ジャンプで連載された「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズまとめ

ジャンプといえば「遊戯王」や「ドラゴンボール」、「ワンピース」、「NARUTO」など、熱血バトル漫画が多いですよね。しかしながら、そんな表舞台の外側では、密かに爆発的な人気を誇っていたのが「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズです。「いちご100%」や「to loveる」など、世代によって既知か否かはまちまちなので、今回まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents