ぐらんぶる(第6話『初バディ』)のあらすじと感想・考察まとめ

%e3%81%82

愛菜を加え新入生が4人となったピーカブーでは、時田ら先輩陣がいよいよライセンス講習を始めようとしていた。しかし伊織はダイビングについて全く勉強していなかったため、時田に教本を渡されその場でハンドシグナルを学び始める。すると突然菜々華がやってきて、伊織と千紗が交際しているという噂について問い質してきた。
今回は「ぐらんぶる」第6話『初バディ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ぐらんぶる」第6話『初バディ』のあらすじ・ストーリー

Agv

カンニング作戦に加わる藤原(左)と御手洗(左から2番目)

伊織たちはドイツ語の単位を何としても取得するため、カンニングの算段を立てていた。千紗の隣に座り回答を見せてもらうという案は彼女に拒否されたため、伊織はノートを限界まで縮小コピーしたカンペを作り、途中から混じってきた同級生の藤原健太と御手洗優も交えてその隠し場所を検討した。

伊織「これが字の読める限界サイズだな」
耕平「大分小さくなったが……」
山本「隠す場所を考える必要があるな」
御手洗「北原ー、カンニングか? 俺も混ぜてくれ」
藤原「俺も俺も」
伊織「何故俺の周りにはこんなクズばかりが集まるんだ?」
耕平「類友ってやつだろ」

その後、筆箱の中やペットボトルのラベル、腕の中など各々カンペの隠し場所を決めた上で、いざドイツ語の試験に臨む。しかし筆箱やペットボトルを試験前に片付けさせられてしまったり、腕の中のカンペが汗で滲み文字を読めなくなってしまったり、そもそもカンペを見ても殆ど問題が解けなかったりと、誰一人カンニングが上手く行くことはなかった。

Rge

試験中にサービス問題を出すドイツ語の講師

終いには藤原のカンペが講師に見つかり、彼は敢え無く単位落ちが確定となってしまう。しかし講師はカンペを没収したあと、皆のテストの出来が悪いことを理由にサービス問題を出題すると言いだした。

講師「ふむ、皆出来が悪いなあ」
伊織「問題が難しすぎるんだよ……!」
講師「仕方がない、サービス問題を出そう」
学生たち「おおっ」
講師「講義中の話から出題します。今から言う単語を、ドイツ語に訳して裏面に書きなさい。――第1問、『心臓リウマチ』」
伊織「(分かるか、んなもん!)」
耕平「(サービスの意味を誰か教えてやれ!)」

サービス問題は3つ出たものの全く当てにならず、結局伊織たちは20点行くか行かないかという酷い点数を取ってしまった。しかし講師はこれまた皆の出来が悪いことを理由に、10点以上なら単位を与えるという。この朗報に喜ぶ伊織たちだったが、テスト用紙の裏面を見てみるとそこに書いてあったのは「カンニングの疑いがあるので再試」という一文だった。伊織は畜生と叫びながらテスト用紙を破り、その場に崩れ落ちるのだった。

Xcv

ダイビングへの憧れを語る愛菜

所変わってグランブルー。ピーカブーの活動内容を知っているのかと尋ねる伊織と耕平に対し、愛菜はダイビングへの憧れを語り始める。

愛菜「ちょっと憧れてたのよねー、大人の趣味って感じで。海の中も、色とりどりの魚にも興味があるし」
伊織「それはそれは」
愛菜「南の島の綺麗な海で、大学の仲間とダイビング! まるでドラマみたいじゃない?」
伊織・耕平「「ならこのサークルは止めておけ」」
愛菜「ここダイビングサークルじゃないの?」

その後、愛菜の歓迎会が始まったものの、男共は女性の新入生を前にしても何時も通りに服を脱いでいく。慌てて「普通の人」を探し求める愛菜だったが、男同様に服を脱ぐ梓や半裸の伊織を尻に敷く千紗、千紗の使用済みコップを手に恍惚とした表情を浮かべる菜々華など、女性陣にもロクなメンバーがいなかった。

D

愛菜のピーカブー入会を歓迎する千紗

そんな中、雑誌で表情を隠した千紗が愛菜に話しかけてくる。ダイビングに興味を持って入会してきた愛菜を、千紗は心から歓迎している様子だった。

愛菜「ところで、ダイビングって何を用意しておいたら良いんですか?」
菜々華「んー、そうねえ……」
千紗「(愛菜に雑誌を見せながら)色々あるんだけど」
梓「最初はレンタルで良いんじゃないかな?」
菜々華「取り敢えずは、タオルとか水着かしら?」
愛菜「み、水着ですか?」
菜々華「水着は嫌?」
愛菜「嫌というか、恥ずかしくって」
菜々華「あはは。大丈夫よ」
梓「恥ずかしいことなんて何もないって」
愛菜「それは、皆さんがダイビングに慣れてるからで、普通の人は――」
全裸の男共「ワッショイ、ワッショイ!」
愛菜「(普通の人が何処にもいない!)」

Ger

お菓子を巡って言い争う伊織と耕平

愛菜の訴えにより、全員服を着た状態で歓迎会を続けていたが、夜になって酒を切らしてしまう。愛菜と千紗が近くのコンビニまで買い出しに行ったのを他所に、伊織と耕平は1つのお菓子を巡って下らない言い争いを始めた。

耕平「オイオイ誰だよ、キノコ(※)と間違えてタケノコ(※2)を買ったのは?」
伊織「は? 何を言ってるんだ? 普通はキノコよりタケノコだろ」
耕平「冗談はよせよ。タケノコなんて、味覚ウンチの食べ物だろうが」
伊織「いやいや、キノコこそがバカ舌の食べ物だろ」
耕平「おいコラ、何て言った!? クラッカーとクッキーの味の差も分からん味音痴が!」
伊織「あぁん!? 売り上げ比較したことねーのか!?」
耕平「テメェ、それを言ったらもう戦争だろうが!」
伊織「あぁ、やんのかコラァ!?」

先輩たちはたまらず2人を宥め、ゲームで決着をつけさせることにする。厳正なアミダくじの結果、伊織と耕平はポッチーゲーム(※3)をやらされる羽目になった。

※ 明治製菓より発売中の『きのこの山』がモデルの菓子
※2 同社より発売中の『たけのこの里』がモデルの菓子。作中では「たけのこの帰郷」とされている
※3 ポッキーゲームのこと。2人で両端を咥えて食べ進め、先に口を離した方の負け

Qg

黒糖を咥える2人

伊織と耕平はポッチーがないことを理由にゲームを避けようとするが、寿が代わりに巨大な黒糖の麩菓子を用意したことで更に難易度が上昇。2人は男同士で口を寄せ合うことへの抵抗を示す以前に、そもそもそれを意識する所まで食べ進めることが出来ず、結局ゲームは決着つかずに終わった。そのため梓は仕方なく、ポッチーを買ってくるよう千紗にメールを入れる。

千紗「梓さんが『ポッチーを買ってきて』だって」
愛菜「ポッチー?」
千紗「甘い物なんて珍しい」
梓のメール『伊織と耕平がどうしてもポッチーゲームをしたいんだってさ』
千紗「目を離した間に何が……」

Erg

野球拳で盛り上がる伊織たち

伊織と耕平は先輩方にもゲームに参加するよう訴え、時田らはそれをあっさり承諾する。その後、愛菜たちが買い出しから帰ってくると、部屋の中ではポッチーゲームを行う2人を決めるための野球拳が行われていた。

野球拳中の5人「おっ、お帰りー!」
愛菜「どうしてそうなる(服を脱ぐ)んですか!?」
耕平「待てケバ子、これには訳がある!」
伊織「俺達はポッチーゲームをするために、まずジャンケンをしていただけなんだ!」
愛菜「ジャンケンするだけなら脱ぐ必要ないでしょ!?」
時田「野球拳なんだから脱ぐ必要あるだろ」
寿「全くだ」
愛菜「野球拳以外のジャンケンを覚えなさいよ!」

Er

伊織たちの、水中ジェスチャーに関する知識の有無を確認する時田

野球拳が一段落した後、新入生も増えてきたし、そろそろライセンス講習(※)を始めないか、と寿が切り出す。その準備にあたって、時田と寿は伊織たちに対しダイビングに関する知識の確認を始めた。

時田「一応聞くが、お前ら、教本には目を通してあるんだろうな?」
伊織「そりゃあ勿論」
耕平「聞くまでもなく」
時田「……こいつは絶対目を通してないな」
寿「1つ、テストしてみるか」
時田「うむ。――2人とも、ハンドシグナルは知っているか?」
伊織「はい」
耕平「要はジェスチャーですよね?」
寿「水中での意思疎通に使う、重要なサインだ」
時田「今から俺が実際にやってみせる。それを見て、何を訴えているか考えてみろ」

そう言って時田が「潜行します」「問題発生」など様々なハンドシグナルを身振り手振りで行うも、伊織も耕平も一連のジェスチャーの意味を片っ端から履き違え、ダイビングに関して全く勉強していないことが先輩方にバレてしまうのであった。

※ ダイビングの技能認定証、通称『Cカード』を取得するために必要な講習。ショップで器材のレンタルや購入といったサービスを受けたり、インストラクター無しでの単独ダイビングを行ったりするためにはCカードの取得が必須

Aerg

先輩たちに「問題発生」のサインを送る伊織

伊織は先輩方に教本を渡され、その場でハンドシグナルの勉強をすることに。「覚えたら意外と良いことがあるかも」と寿に諭されつつ、渋々教本とにらめっこしていると、その様子を菜々華が覗きに来た。

菜々華「伊織くん、ライセンスのお勉強?」
伊織「はい。ハンドシグナルだけですが」
菜々華「へー。どれどれ……(伊織に密着)」
伊織「(こっ、この感触は!)」
菜々華「まずはここから覚えると良いよー」
伊織「(まさかホントに良いことが起こるとは……なんて素晴らしいんだ、ハンドシグナル!)」
菜々華「あ、そういえば伊織くん」
伊織「あ、はいっ」
菜々華「さっきこんな話を聞いたんだけど、知ってる?」
伊織「何の話ですか?」
菜々華「伊織くんと千紗ちゃんがお付き合いしてるって話」

学祭以来流れ続けていた「伊織と千紗が付き合っている」という噂をよりによってシスコンの菜々華に知られてしまい、伊織はたまらず時田らにハンドシグナルの1つである「問題発生」のサインを送るのだった。

A

伊織に詰め寄る菜々華

「伊織と千紗が付き合っている」という噂を菜々華に知られてしまったことについて、伊織は梓にも相談を入れる。しかし相談を聞いた梓が「伊織の意中の相手が耕平である」と菜々華に伝えようとしたため、伊織はそれを阻止しようと慌てて「俺は千紗が大好き」叫んでしまい、それを聞いた菜々華はたまらず伊織に詰め寄った。

伊織「あのですね菜々華さん、今のはその……!」
菜々華「良かったー! このところ2人の仲が険悪みたいだから、心配だったの。でも伊織くんがそうなら大丈夫よね」
伊織「はぁ……」
梓「菜々華、良いの?」
菜々華「え、何が?」
梓「だってほら、ちーちゃんと伊織が」
菜々華「良いことじゃない。お付き合いしてるように見えるくらい、仲が良いんでしょ?」
伊織「(何というご都合的解釈!)」
梓「ふーん。そうじゃなくて、本当に付き合ってるとしたら?」
菜々華「んー、あはは。ちょっと分からないかなあ」
伊織「ですよねー! 全く、梓さんの質問は全然意味がわからなくて」
菜々華「んーん、そうじゃなくって。――自分が何をするか分からないかなあ」
伊織「(俺そのうち殺されるかもしれん)」

Ae

3組のペアでそれぞれ潜る練習を行う

伊織と千紗が恋仲かどうかはともかく、近頃2人の仲が険悪であることを心配していた菜々華は翌日、3組のペアでそれぞれダイビングの練習を行わせることにする。そのうちの一組は当然、伊織と千紗のペアだった。

伊織「菜々華さん」
菜々華「何、伊織くん?」
伊織「どうして俺と千紗がペアなんですか?」
菜々華「2人に仲直りしてもらおうと思って」
伊織「むしろ逆効果のような……」
梓「大丈夫よ。ちーちゃんって、海に入ればすんごくチョロイ子だから」
菜々華「そうねえ」
伊織「それ、本人が聞いたらすっげえ怒りますよ?」

Fd

伊織を先導する千紗

雪兎
雪兎
@go-111220942323697633326

Related Articles関連記事

坂本ですが?(Haven't You Heard? I'm Sakamoto)のネタバレ解説まとめ

「坂本ですが?」とは、作者「佐野菜見」による漫画、及び2016年にスタジオディーン製作で放送されたアニメーション作品。「このマンガがすごい! 2014」にてオトコ編第2位を獲得し、放送前から話題を集めた。アニメでは緑川光や石田彰など多数の有名声優が起用されている。挙動が全てスタイリッシュでクールな高校生「坂本」が、周りを翻弄するほどの完全無欠な日々を過ごすギャグ作品。

Read Article

機動新世紀ガンダムX(After War Gundam X)のネタバレ解説まとめ

『機動新世紀ガンダムX』とは、1996年から1997年にかけてテレビ朝日系列にて放映されたアニメ作品。舞台は大きな戦後の世界で、バルチャーと呼ばれる組織が活動する中、厳しい環境を精一杯生き抜く主人公、ガロード・ランを中心に進んでいく。彼の行動が周囲の大人たちを動かし、次第に世界を巡る情勢をも変えていくことになる。

Read Article

ぐらんぶる(第7話『ダブルス』)のあらすじと感想・考察まとめ

テニサーのティンカーベルがピーカブーに対してダブルスの交流試合を申し込み、時田と寿は賞金目的でその対決を受け入れる。男コンで伊織に敗れていた工藤は仕返しを果たすため、応援に来ていたピーカブーの先輩方を酔い潰れさせたり、伊織と自身の直接対決の模様をビデオカメラで録画するなど様々な揺さぶりを仕掛けてきた。 今回は「ぐらんぶる」第7話『ダブルス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第10話『沖縄上陸』)のあらすじと感想・考察まとめ

千紗を除く1年生3人にダイビングのライセンスを取得させるため、一行は沖縄で合宿を行うことに。菜々華や梓と同室で寝ることになった伊織が翌朝煩悩まみれになるハプニングもあったものの、3人は一先ず筆記試験を通過。続いて海洋実習を行うことになるが、愛菜は自分が周囲の足を引っ張ってしまうことを気にしていた。 今回は「ぐらんぶる」第10話『沖縄上陸』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第3話『新世界』)のあらすじと感想・考察まとめ

サークル活動の予算を獲得するため先輩方からミスターコンテスト、略して男コンへの出場を命じられた伊織と耕平。嫌がる2人は代わりに千紗をミスコンに出場させるために奔走するが、最終的に千紗が出した出場条件は「伊織と耕平も一緒に出ること」で、結局2人の努力は無駄に終わってしまうのだった。 今回は「ぐらんぶる」第3話『新世界』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第8話『男のカクテル』)のあらすじと感想・考察まとめ

伊織と耕平は沖縄合宿の経費を稼ぐため、時田の紹介で引っ越しのバイトをしたり、寿が勤めるバーでバーテンダーの仕事に挑んでいく。一方、伊織らの悪友の一人である御手洗は、他の面々に内緒でいつの間にか彼女を作っていた。 今回は「ぐらんぶる」第8話『男のカクテル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第11話『誤解なんだが』)のあらすじと感想・考察まとめ

自分だけライセンス試験に不合格となり、耕平と愛菜から馬鹿にされることを恐れた伊織は、彼らにバレずに練習を行うため、千紗に頼んで夜のプールで練習に付き合ってもらうことに。しかし裸で入水している所に警官が現れてしまい、自分の格好を隠すためプールに潜り続けた結果、伊織は翌日風邪を引いてしまうのだった。 今回は「ぐらんぶる」第11話『誤解なんだが』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第4話『男コン』)のあらすじと感想・考察まとめ

伊豆春祭当日、緊張の面持ちでミスコンに出場した千紗は、彼女の魅力を引き出す為に伊織らが奇行の限りを尽くした結果、無事に優勝を果たすことが出来た。一方、同コンテストにテニスサークル『ティンカーベル』のネタ枠として出場していた吉原愛菜は、自分が笑いものにされていることを悩んでいた。 今回は「ぐらんぶる」第4話『男コン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ぐらんぶる』とは、月刊誌『good!アフタヌーン』で連載中の漫画及びそれを原作としたアニメ作品である。原作者は『バカとテストと召喚獣』の井上堅二、作画は吉岡公威。 主人公の北原伊織は大学進学を機に、叔父の古手川登志夫が経営するダイビングショップ『グランブルー』で暮らすことになる。新生活への期待を抱きながら店の扉を開けると、中には裸で騒ぐ筋骨隆々の男たちが居た。彼らが所属するダイビングサークルに半ば無理やり入会させられた伊織は、海と酒と全裸野郎に囲まれた暑苦しい青春にその身を投じていく。

Read Article

ぐらんぶる(第1話『ディープブルー』)のあらすじと感想・考察まとめ

主人公の北原伊織は大学進学を機に、叔父の古手川登志夫が経営するダイビングショップ『グランブルー』で暮らすことになる。新生活への期待に胸を膨らませながら店の扉を開けると、中に居たのは裸で騒ぐ筋骨隆々の男たちだった。伊織は、その男たちが属するダイビングサークル『ピーカブー』に半ば無理やり入会させられてしまう。 今回は「ぐらんぶる」第1話『ディープブルー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第12話『オトーリ』)のあらすじと感想・考察まとめ

合宿の舞台は宮古島に移り、ライセンス無しでは潜れないポイントで耕平と愛菜は本格的なダイバーデビューを果たす。一方、ライセンスの無い伊織は皆と潜ることが出来なかったものの、「海だけじゃなく、船まで楽しい」とダイビングの新たな魅力を見つけていた。そして夜には、時田らが合宿の真の目的としていた飲み会「オトーリ」が始まる。 今回は「ぐらんぶる」第12話『オトーリ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第5話『後の祭り』)のあらすじと感想・考察まとめ

ミスコンの表彰中に千紗が伊織を彼氏だと発表して以来、伊織は周囲の男子学生から厳しい視線を浴びていた。伊織は「耕平が梓と付き合い始めた」というデマで耕平を自分側に巻き込みつつ、他の男達をなだめるため、合コン用の女子を紹介するよう梓に頼み込む。それに対し梓が連れてきたのは、ピーカブーに新たに入部するというスッピンの愛菜だった。 今回は「ぐらんぶる」第5話『後の祭り』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第9話『王様ゲーム』)のあらすじと感想・考察まとめ

抜け駆けを妨害された御手洗が「俺達はいつ彼女が出来るんだ」と抗議したのをきっかけに、伊織と耕平は再び合コンのセッティングをすることに。千紗に女友達を紹介してもらうため、伊織は王様ゲームに巻き込んで命令しようとするが、王様を引いた耕平との意思疎通が上手く行かず、目論見は失敗に終わった。 今回は「ぐらんぶる」第9話『王様ゲーム』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第2話『水の中で』)のあらすじと感想・考察まとめ

連日の外泊を菜々華に咎められてしまう伊織だったが、今度の飲み会は女子大との交流会。何とか外出許可を得たい伊織に対し、時田と寿は自立をアピールするための部屋作りを提案する。その後、耕平も協力してあれやこれやと部屋の改装を繰り返したものの、尽く卑猥な空間にしかならなかった為、最終的に伊織は取り壊し予定の離れに隔離されてしまうのだった。 今回は「ぐらんぶる」第2話『水の中で』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(Grand Blue)の名言・名セリフまとめ

「ぐらんぶる」は、原作:井上堅二、作画:吉岡公威による漫画作品。 主人公「北原伊織」は大学進学を機に、叔父の経営するダイビングショップ「グランブルー」へと下宿することになる。美女のいとこや、大学の友人、入会したダイビングサークルの個性的なメンバー達と共に、馬鹿馬鹿しく面白おかしい大学生活を描いたギャグマンガである。ギャグがメインである作品でありながら、心動かされるストーリーや名言も多い。

Read Article

バカとテストと召喚獣(バカテス、Baka and Test)の名言・名セリフまとめ

「バカとテストと召喚獣」は、井上堅二によるライトノベル作品。 主人公「吉井明久」が在籍する文月学園では、科学とオカルトの偶然によって開発された「試験召喚システム」が採用されていた。己の試験結果に応じた強さの召喚獣を駆使し戦う試験召喚戦争で、勝利報酬である待遇の向上を目当てに、成績最底辺である明久達のFクラスは上位クラスへ立ち向かう。主にバカらしく滑稽な名言が数多い。

Read Article

ダイビングマンガ「ぐらんぶる」が色々とおかしい!?

皆さんは「ぐらんぶる」という漫画をご存知でしょうか。有名ライトノベル「バカとテストと召喚獣」を世に送り出した井上堅二が原作を務めるマンガです。一見普通のダイビングマンガ。しかしそこはあのバカテスを書いた作者、内容はとんでもないものになっています。マンガ「ぐらんぶる」をご紹介致します。

Read Article

目次 - Contents