鉄拳7(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『鉄拳7』とは、2015年2月18日にバンダイナムコエンターテイメントよりアーケードゲーム版として稼働を開始した3D対戦型格闘ゲーム。『鉄拳』シリーズのナンバリングとしては7作目。対戦格闘ゲームとしては初めてゲームセンター間のオンライン対戦が実装された。全世界で累計4400万本が出荷されており、世界で最もプレイされている3D対戦格闘ゲームである。シリーズ3以降は風間仁が主人公であったが、本作では再び三島一八と三島平八の二人が主人公の一員として登場する。

サウジアラビアの民間軍事会社に勤め、かつて所属した軍隊の中では最強を誇っていた。現在は不可解な死を遂げた友人の事件を追っている。コマンド入力が比較的簡単かつ攻撃力の高いものが多く、初心者にもおすすめキャラクターの一人とされている。

カタリーナ・アウヴェス

ブラジル国籍。口は悪いが、孤児院で育った自分を引き取り育てた養父思いな一面もある。ある日行方不明となった養父を探すための資金作りを目的に「The King of Iron Fist Tournament7」に参加する。格闘スタイルはサバット。

クラウディオ・セラフィーノ

古代より魔の力を祓い続けてきたエクソシスト集団「シリウスの射手」の代表者で、イタリア出身の魔術使い。三島財閥より傘下に入るようしつこく要求され、その真意を掴むために調査を開始する。

三島一美(みしま かずみ)

平八の妻で、一八の母親。以前は3人で仲睦まじく暮らしていたが、世界征服を目論む平八の考え方に徐々に危険を感じ始め、その死の間際に自らが命を助けた豪鬼に向かって平八と一八を倒すよう依頼した。

ギガース

一八の趣味である平八への嫌がらせを目的に、G社内のバイオテクノロジー技術により開発された人間兵器。ジャックと最強の人間兵器の座を賭けて争う。

ジョシー・リサール

キックボクシングで生計を立てるフィリピン人の少女で、泣き虫な性格。モデルとしても活躍している。故郷であるフィリピンが台風の被害にあった時に、支援に駆け付けた三島財閥の特殊部隊「鉄拳衆」に憧れ、自らも鉄拳衆の採用試験に応募する。

マスターレイヴン

国連の諜報機関に所属するエージェントで、忍術を操る。三島財閥とG社の争いを監視する役割だが、「The King of Iron Fist Tournament7」への参加目的はドラグノフの抹殺であった。

ギース・ハワード

SNKの対戦格闘ゲーム『餓狼伝説』シリーズからのゲストキャラクターで、ハワード・コネクションの総帥。豪鬼と同じく専用のゲージが設けられてる。餓狼伝説シリーズで使われている「烈風拳」、相手の打撃を受け止めた上で投げ飛ばす「当て身投げ」などを得意とする。

クマ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents