鉄拳7(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『鉄拳7』とは、2015年2月18日にバンダイナムコエンターテイメントよりアーケードゲーム版として稼働を開始した3D対戦型格闘ゲーム。『鉄拳』シリーズのナンバリングとしては7作目。対戦格闘ゲームとしては初めてゲームセンター間のオンライン対戦が実装された。全世界で累計4400万本が出荷されており、世界で最もプレイされている3D対戦格闘ゲームである。シリーズ3以降は風間仁が主人公であったが、本作では再び三島一八と三島平八の二人が主人公の一員として登場する。

三島平八のペットで、平八の事を慕っている。ポールとは親熊の代から続く因縁の関係にある。一度は風間仁によって北海道の原野に捨てられるが、頭首に返り咲いた平八の指示で鉄拳衆の一員として迎えられた。

パンダ

シャオユウのペット兼ボディーガード。シャオユウに対しては母親のような感情も抱いている。クマに思いを寄せられているが、相手にしていない。

ミゲル・カバジェロ・ロホ

スペインの厳格な家庭に育つが、その破天荒な性格により周囲から浮いた存在であった。唯一の理解者であった妹を三島財閥の戦闘機による空爆で亡くしてからは、戦争を開始した風間仁に対し復讐を誓っている。

エディ・ゴルド

ブラジルの裕福な家庭に生まれた勤勉な青年であったが、父親殺しの汚名を着せられ刑務所に服役。その間にカポエイラを習得し、名手となる。師匠の病の治療を三島財閥に頼った事から鉄拳衆の一員となる。

李超狼(リー・チャオラン) / ヴァイオレット

中国から連れてこられた平八の元養子で、一八のライバルとなるべく三島家で育てられた。三島財閥を追放後はヒューマノイドメーカー「ヴァイオレット・システムズ」の経営に乗り出し成功、ヴァイオレットの名で三島家への復讐を企む。口癖は「Excellent」。

ノクティス・ルシス・チェラム

スクウェア・エニックスのRPG『ファイナルファンタジーXV』からのゲストキャラクター。ルシス王国の王位継承者で、格闘スタイルは武器召喚。

アンナ・ウィリアムズ

アイルランド出身の、ニーナ・ウィリアムズの妹。モデルはフランス人女優のアンヌ・パリロー。幼少時代からニーナと共に父親から暗殺術を仕込まれるが、ニーナばかり溺愛する父親の姿を見て、2人を憎むようになる。

雷武龍(レイ・ウーロン)

香港国際警察の刑事で、ブライアンの元同僚である。担当の麻薬取引事件を追う内に三島財閥と接触した。格闘スタイルは五形拳を主軸とした各種拳法で、酔拳も使いこなす。元ネタはジャッキー・チェン。

ニーガン

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents