刀使ノ巫女(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

Cmijy1u

『刀使ノ巫女』とは、studio五組が製作するアニメ。日本刀を使って戦う「刀使(とじ)」と呼ばれる少女たちの、戦いや日常を通して友情を紡いでいく様を描く。魅力的なキャラクターや日本文化を色濃く反映した世界観などが人気を呼んでいる。ストーリー面は二部構成になっていて、少女たちが逃亡劇を繰り広げながら、刀使を陰で操る敵と戦う第一部、少女たちの日常を絡めながら、新たな戦いを描く第二部に分かれている。

『刀使ノ巫女』の概要

『刀使ノ巫女』とは、『きんいろモザイク』などで知られるstudio五組が製作するアニメーション番組。2018年の1月から放送され、全24話の予定。アニメーションのほか、コミカライズやスマートフォン向けのゲームなど、テレビ放送以外のメディア展開も活発だ。

ストーリーは「胎動編」と「波乱編」の二つのクールに分かれている。

日本刀の帯刀が許され、「荒魂」と呼ばれる怪物たちと戦う少女たち、「刀使」の存在が一般にも認知されている世界を舞台とし、和のテイストを前面に押し出しつつも、いまどきの女の子たちの友情と成長を描いていく青春バトルアクションアニメである。

『刀使ノ巫女』のあらすじ・ストーリー/感想・考察

第1話「切っ先の向く先」

刀使(とじ)。それは荒魂(あらだま)と呼ばれる怪物に、御刀(おかたな)と呼ばれる特別な日本刀を武器に立ち向かう神薙ぎの巫女。
美濃関学院に通う刀使の衛藤可奈美(えとうかなみ)は可奈美は同じ学院に通う柳瀬舞衣(やなせまい)とともに、剣術の大会に出場する。決勝に駒を進めた可奈美は、平城学館の十条姫和(じゅうじょうひより)と対戦。しかし、姫和はその切っ先を可奈美ではなく、刀使たちを束ねる折神家の当主、折神紫(おりがみゆかり)に向け、襲い掛かる。紫の手によって逆にピンチになる姫和だったが、可奈美が姫和を助けてそのまま逃走してしまう。

可奈美と姫和、本作のメインとなる二人の運命的な出会いを描く第1話。他にも舞衣や沙耶香、折紙紫など、シリーズ全体を通した主要キャラがすでに登場している。

renote.jp

第2話「二人の距離」

折神紫暗殺に失敗した姫和と、とっさに彼女を助けてしまった可奈美は逃亡を余儀なくされる。紫暗殺の裏には、刀使たちを陰で操る大荒魂の存在があった。紫の親衛隊によって追跡が始まる中、可奈美の身を案じる舞衣は捜索任務に志願する。可奈美と姫和を見つけ出す舞衣だったが、可奈美は姫和とともに大荒魂と戦う道を選択。舞衣も可奈美の気持ちを理解し、二人を見逃す。

「二人の距離」というタイトルだが、どの二人を指すかは明示されていない。出会ったばかりの可奈美と姫和の距離とも取れるが、可奈美の身を案じつつも彼女の想いを湯煎する舞衣と可奈美の距離も描かれている、ダブルミーニングのタイトルだ。

第3話 無想の剣

美濃関学院出身の元刀使、恩田累にかくまわれる可奈美と姫和。二人はそこで、紫が大荒魂に支配され、刀剣類管理局全体が闇に染まっていることを聞かされる。刀剣管理局そのものと戦うことになった彼女たちを支援する「ファインマン」の正体とは? そこに、追手として剣術大会で可奈美に敗れた糸見沙耶香が現れる。

追うものとかくまうもの、それぞれが現れ、逃亡劇としては重厚さを増していく。この回では主要キャストがほぼ出そろっているのも見逃せないポイントだ。

第4話「覚悟の重さ」

刺客と戦い逃亡を続ける可奈美と姫和は謎の支援者「ファインマン」と合流するため下田に向かう。そこへ、二人への追撃命令を受けた古波蔵エレンと益子薫が現れ、二人に襲いかかる。エレン&薫との戦いの中で、可奈美は姫和とともに大荒魂に立ち向かう決意を改めて固める。

エレンと薫のコンビが本格定期に登場する回である。それまでの追手たちとはまた一味違った空気感を持つ彼女たちの存在は、可奈美と姫和の逃亡劇に大きな影響を与えるので要チェックだ。

第5話 山狩りの夜

エレンと薫の追撃を逃れた可奈美と姫和だったが、安心したのもつかの間、再びエレンと薫が現れる。身構えた二人だったが、エレンと薫に敵意はなく、今までの攻撃は反折神体制組織・舞草に迎え入れるためのテストだと告げる。そこに、折神家から新たな刺客が送り込まれてくる。

エレンと薫は敵ではなく味方だったという、今後のシリーズに関わる展開を迎えた後、折神家親衛隊との戦いが繰り広げられる。戦いの中でさらに友情を深めていく可奈美と姫和に注目だ。

第6話「人と穢れの狭間」

親衛隊に投降したエレン。素直に尋問を受けるふりをして、隙を見て荒魂のサンプルを奪って逃走する。だが、親衛隊の皐月夜見に気づかれてしまう。そこに可奈美たちが駆けつけるが、夜見の体内の荒魂が暴走してしまう。荒魂の猛威を目の当たりにした可奈美たちはその場を離脱することに成功し、舞草の潜水艦と合流する。

投降したエレンの真意がわからず、はらはらとさせる回でもあった。一方で、荒魂の猛威が初めてきちんと描かれた回でもある。

第7話「心の疼き」

ファインマンことエレンの祖父、リチャードに出会う可奈美たち。一方、鎌倉では紫の配下である鎌倉女学院学長・高津雪那が、沙耶香に荒魂を注入しようとしていたが、沙耶香が予想外の反抗をし、そのまま沙耶香は鎌倉を飛び出す。舞衣に助けを求めた沙耶香は親衛隊の燕結芽(つばくろゆめ)の追撃を振り切り、舞草に合流する。

沙耶香がついに雪那に反旗を翻し、6人のメインキャラクターがついに一か所に集結した。可奈美と姫和、エレンと薫という組み合わせのほか、舞衣と沙耶香の友情にも注目だ。

第8話「災厄の日」

舞草で紫の妹、朱音らから歓待を受ける可奈美たち。そこで彼女らは20年前に起きた「相模湾大災厄」の知られざる真実を聞かされる。この戦いに最前線で戦っていた人物こそが、可奈美と姫和の母親たち、そして折神紫だった。彼女らは大荒魂「タギツヒメ」を鎮めるも、その戦いが原因で寿命を削り、後に若くして亡くなってしまう。一方、倒したと思ったタギツヒメだったが、紫の体を支配することで生き残っていた。

「相模湾大災厄」という事件を通して語られたのは、倒すべき敵「タギツヒメ」の存在、そして、可奈美と姫和の親子二代にわたる因縁。さらに、可奈美の夢の中に出てくる、剣の稽古をつけてくれる少女が若き日の花であることを知る可奈美にも注目だ。

第9話「祭りのあと」

修行をしつつもお祭りを楽しむなど、つかの間の平穏を満喫する6人。そこで彼女らは荒魂のもととなったノロを祀る風習があること、人間がノロの扱いを間違えたために相模湾大災厄が起きたことを知り、可奈美と姫和は舞草として戦う決意を固める。ところが、舞草を結芽が襲撃。圧倒的な強さで舞草の刀使たちを撃破していく。

ノロ、御刀、荒魂、そして刀使。物語の主要設定に日本の風習を絡めたバックボーンを与えることにより、『刀使ノ巫女』の和のテイストをより一層濃く醸し出している。その解説をするのがアメリカ人のリチャードというのが何とも面白い。可奈美たちの緩やかな日常を描く一方で、後半は結芽の狂気にも似た強さが際立っていた。

第10話「明日への決意」

結芽の襲撃から潜水艦で逃れる可奈美たち。刀剣類管理局により、紫に敵対する勢力が次々に封じられた。現状、戦えるのは潜水艦のなかの6人の刀使だけ。そんな中、刀使たちは大荒魂が現れる前兆である、隠世の波動を感じる。朱音は横須賀に潜水艦を停泊させると、マスコミにむけて、大荒魂の脅威を説明。紫たちの眼を朱音に引き付け、潜水艦からミサイルを発射する。それは、S装備を付けた可奈美たちを紫のもとへと送り届けるものだった。

胎動編クライマックスに向けて物語もいよいよ大詰めを迎える。そんな中、舞衣の決意があったりと、過酷な戦いの中で友情を深めていく6人が微笑ましい。

knock-88
knock-88
@knock-88

Related Articles関連記事

結城友奈は勇者である(ゆゆゆ、Yuki Yuna is a Hero)のネタバレ解説まとめ

勇者であるシリーズの第2段。2014年10月に第1期が放送。2017年10月から第2期が開始される。タカヒロIVプロジェクトの第4段。略称は「ゆゆゆ」。「勇気」や「勇ましさ」、「勇者であること」をテーマにして、少女たちの戦いが描かれている。アニメ本編のコミック化や勇者部の日々を描いたコミック作品も展開されている。

Read Article

NEW

刀使ノ巫女(第1話『切っ先の向く先』)のあらすじと感想・考察まとめ

荒魂と呼ばれる怪物に日本刀で立ち向かう神薙ぎの巫女・刀使である衛藤可奈美は、親友の柳瀬舞衣とともに剣術大会に出場する。全国から集まった刀使たち、そして舞衣を打ち破り、可奈美は決勝に進出。十条姫和と対戦するが、姫和は突如、刀使を束ねる折神家の当主・紫を襲撃する。 今回は「刀使ノ巫女」第1話『切っ先の向く先』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

刀使ノ巫女(第19話『禍神の呼び声』)のあらすじと感想・考察まとめ

タギツヒメの襲撃から1週間。タギツヒメは突如テレビカメラの前に現れ、自分たちは対話を求めており、刀使こそが対話を邪魔する存在であるという、自分たちに都合のいい話を世間に流布する。タギツヒメたちの狙いはイチキシマヒメを取り込み、完全体になること。ついに居場所がばれたイチキシマヒメは、紫とともに潜水艦を降り、逃亡を始めるが、高津雪那率いる追手が迫る。 今回は「刀使ノ巫女」第19話『禍神の呼び声』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents