ダーリン・イン・ザ・フランキス(第3話『戦う人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

"戦う事しか知らない"ヒロは、ゼロツーの協力を仰ぐことでフランクスに乗ろうと決意する。しかし仲間のピンチにヒロは「ミツルと乗ってくれ」と言ってしまう。後にそれは、彼を危険にさらすこととなる。
今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第3話『戦う人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第3話『戦う人形』のあらすじ・ストーリー

コドモたちに「ナマエ」を付けていくヒロ。
ヒロは、外を知らないコドモたちの「希望」とも言える存在だった。

物語は、幼少の頃に遡る。ヒロは「自分で自分のナマエを付けているんだ」と言う。そうして「Code:015」は「イチゴ」というナマエを付けてもらう。そのやりとりに、周りのコドモたちは興味津々だった。そうしていつしか、ヒロの周りにはたくさんのコドモたちが集まっていた。

ヒロがイチゴに会うシーン。
「キス」をしてもフランクスを動かすことにできなかったこ二人の関係は険悪に。

ヒロはボディチェックを受けていた。彼が自室に戻ろうとした際、偶然イチゴとすれ違う。「終わった?」とイチゴが問うと、「うん。とりあえず異常は無いって」と答えるヒロ。するとイチゴは一言「そう」とだけ答えた。そして数秒間の沈黙。それを破ったのはヒロだった。ヒロが何か言いたげに「あのさ、イチ...」と言いかけると、イチゴに招集がかかってしまう。
一方その頃、ナナとハチは、ヒロのことや昨夜の模擬戦闘の話をしていた。ナナは「あの子と乗ってここまでダメージが少ない例は初めて」という。やはりかつてのパートナーは死んだ(もしくは瀕死にまで追いやられた)のだろう。ハチは「デルフィニウムとのコモンコネクトでは失敗したが、ストレリチアとのコネクトは(中略)適応している」と言った。考えられるとしたら、「特殊検体」(現時点では"ゼロツーと乗っても肉体的疲労兆候があまり見られない人"とされている)。二人の考えは同じようだった。

イチゴに続き、ヒロにフランクスに乗らないように説得するゴロー。
しかし、やはりヒロの意思は固まっていた。

ゴローはヒロに「お前たち、コクピットで何かあった?」と聞く。「なんで?」と返すヒロ。なんでも彼によれば「イチゴのやつ、模擬戦の後からなんかヘンだった」らしい。「さっきもイチゴ、怒ってるみたいだった。」と白状するヒロ。そして話は、イチゴの昔話になる。彼女は、「ヒロのことになるとすぐムキになる」らしい。数少ない10番台として、兄のように思う節があるのだろう。それを聞いてヒロはゴローに「イチゴのせいじゃない」という伝言を頼む。ゴローは二つ返事で快諾すると、「ヒロ、これからどうするんだ?」と、ヒロの身を案じる。ヒロは「もう一度ゼロツーと乗れないかお願いしてみる」という。ゴローは乗らないよう必死に説得するが、「もし仮に俺がゼロツーとしか乗れないのだとしたら、それしか道はないんだ」と、覚悟を決めていたようだった。

リビングルームで、ヒロについて話しあっている。
フトシやココロのように心配している人もいれば、ミツルやゾロメのように呆れている人もいる。イクノは至って中立的な立場をとっている。

夕刻になり、ヒロ、ゴロー、イチゴを除いた面々は、やはり昨日の模擬戦の話をしていた。「結局ヒロがパラサイトになれるかもって話、どうなったのかな」と切り出すフトシ。「乗れないパラサイトをこのままパパが認めるとは思えない」とヒロがパラサイトになることはないと言わんばかりのイクノ。一同は沈黙する。「悲しかったよね...」とヒロに対して同情の意を示すココロ。それに対してミクは「イチゴもイチゴよね。リーダーのくせにヒロに肩入れしすぎじゃない?」と冷めた態度を取る。そこに、イチゴが合流する。イチゴは「ヒロがパラサイトなら、大きな戦力になる」と言うが、ミクは「『パラサイトなら』の話でしょう?」と冷めた態度を取った。しかしイチゴは怯むことなく雄弁を続けた。「まだ可能性はある。(中略)ストレリチアには乗れた。例え意識はなくても、あの時助けてくれたんだ」「私はヒロを信じてる」。その言葉を聞いて次に口を開いたのはミツルだった。ミツルは、「ヒロを庇う気持ちも判らなくはないですが、意識のなかったヒロは乗せられたに過ぎない」と、皮肉交じりの言葉をイチゴに突きつける。「でも、そうと決まった訳じゃ...!」とイチゴは口を開くが、「ヒロはパラサイトにはなれなかった。もうあの頃のヒロとは違うんです」と言う核心をついた言葉に反論することができなかった。

「どこにも繋がっていない、行き止まりの街」。そうセラススを表現するゼロツー。

みんなが話し込んでいるのとほぼ同時刻。ゼロツーはセラスス内施設の一角にいた。
ヒロが訓練から戻ると、ゼロツーは彼を「待っていた」らしい。そしてゼロツーはヒロを街に連れ出した。その広さにヒロは「こんな場所、どうして知ってるの?」とゼロツーに聞いたが、彼女は「どこも造りは似たようなものさ。面白いとこなんてないよ」と言った。だがヒロにとっては街の中に入ること自体、初めての経験だった。その煌びやかな姿に感動したヒロ。するとゼロツーはセラススを「どこにも繋がってない、行き止まりの街」と評した。

コンラッド級の叫竜。マグマ燃料に吸い寄せられる形で現れる。

13都市部隊にAPE本部より最初の任務が言い渡される。フランクスより一回り小さい「コンラッド級」と呼称されている叫竜が出現したのだ(コレをはじめとする叫竜たちはマグマエネルギー反応に引き寄せられる形で出現する)。今回は「ストレリチアの出撃はない」そうだ。出撃準備に入る13都市部隊。そんな中、イクノとミツルの機体である「クロロフィッツ」のパラキャパシティが著しく低下していた。その為ハチはクロロフィッツを下げ、三機での出撃に切り替える。ほどなくしてパラサイトたちは、マグマ燃料の採掘場に到着した。どうやらこの地下(「レベル8」と呼ばれる箇所)で叫竜の生体反応が発見されたらしい。ただ単に傷をつけただけでは叫竜の動きは止まらない。"コア"と呼ばれる心臓部分を、各機体が持っている専用の"マグマ兵器"を用いて破壊するしかない。

「ミツルと乗れる?」と問いただすナナにゼロツーは「僕はダーリンと乗りたいって言ったんだよ」と強い口調で言うのであった。

一方その頃、ミツルとイクノはナナに呼び出されていた。どうやらイクノは、以前から、精神面に"不安定さ"があったらしい。それを聞いたミツルは「僕たちのパートナー適正に、何か問題があるんじゃないでしょうか」と言う。ナナによれば「初めは割とあること」と言う。ミツルが「そうですか」と納得しかけた時、イチゴから無線が入る。どうやら叫竜を見つけたらしい。三機の華麗な連係プレーにより、叫竜を見事打ち倒すことに成功する。そんな姿をモニタ越しに見ていたヒロたち。そこに「まだ殺ってないよ」と言う言葉と同時にゼロツーが現れる。「油断しちゃダメ!すぐにコアを潰して!」というイチゴに「分かってるって!」と返したゾロメがとどめを刺そうとしたその瞬間、叫竜がいきなり襲いかかってきたのだった。叫竜の激しい攻撃により、ミクは意識を失ってしまう。すると次の瞬間、マグマ燃料の放出によりたくさんの叫竜が発生してしまう。前線からの一時離脱を余儀なくされる13都市部隊。それを見ていたゼロツーは「いいの?このままじゃあの子たち、みんな死んじゃうよ?」とナナを挑発する。それを聞いてヒロは「俺とゼロツーで救援に行かせてください」とナナに懇願する。しかしハチが「正式なステイメンでない者に搭乗許可はできない」と言う。するとミツルは「ヒロがだめだったら、僕が行くしかないんじゃないですか」と言った。確かに彼はステイメンなので、問題はなかった。ナナは「ストレリチアは普通のフランクスと違う」とやめるよう説得するが、彼は「ヒロには乗れて、僕に乗れないはずはない」と聞く耳を持とうとはしなかった。ナナはゼロツーに「ミツルと乗れる?」と問う。だがゼロツーは「ボクはダーリンと乗りたいって言ったんだよ」と高圧的な態度でそれを拒み、ヒロに「ダーリンもそうでしょ?」と聞いた。しかしヒロは何かを決めたような顔で「ゼロツー、ミツルと乗ってくれ。頼む」と告げる。

瀕死のミツル。
ストレリチアの中では、一体何があったのだろうか。

何百、何千という叫竜に囲まれ、壊滅状態にある13都市部隊。そこに、ミツルが乗ったストレリチアが救援に現れる。ミツルは叫竜を次から次へとなぎ倒し、「僕なら気を失うことはない」とヒロとの格の違いを見せつける。ミツルが「なんならこのまま僕が乗ってもいいですよ!僕たち最高のパートナーになれそうじゃないですかぁ!」と言うと、ゼロツーは「へえ…そうなんだ?じゃあ…ちょっと本気出してみようかな」と返し、ナナの命令を無視して残っていた大型の叫竜と応戦する。ナナの命令により回収されたストレリチアからはゼロツーが出てきた。彼女はコクピットに横たわるミツルを一瞥すると、「やっぱお前じゃぁ、ボクのダーリンにはなれないな」と言った。一方のヒロに対しては「ボクのダーリンは、キミだけだ」と言った。

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第3話『戦う人形』の感想・考察

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の動画放送情報

RYUCCA
RYUCCA
@RYUCCA

Related Articles関連記事

ダーリン・イン・ザ・フランキス(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』とは、矢吹健太郎による漫画作品、及びそれを原作としたテレビアニメ作品。遠い未来で産まれたヒトである「コドモ」はここで生きるため叫竜と戦うことを宿命とされた。その一人「Code:016」は、森の中で「パートナー殺し」と噂されている少女「Code:002」に出会う。自分の存在価値を証明する為、少年の闘いが始まる。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第4話『フラップ・フラップ』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦う事しか知らないヒロは、ゼロツーと乗る決意をする。例えそれが、彼の身を削ることになろうとも。それを聞いたイチゴは、チームリーダーとしての信念の元、ある一つの決意をする。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第4話『フラップ・フラップ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第7話『流星モラトリアム』)のあらすじと感想・考察まとめ

グーテンベルクとの激闘の功績が称えられ、休暇が与えられた13都市部隊。彼らは叫竜の脅威もない環境の中で、日々の戦闘や訓練の疲れを癒すかのように、海水浴を楽しんでいた。しかし、ふと立ち寄った洞窟の先には、かつて人間が暮らしていたと思わしき「都市」の残骸があった。 今回は「ダーリイン・イン・ザ・フランキス」第7話『流星モラトリアム』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第10話『永遠の街』)のあらすじと感想・考察まとめ

同じ夢を何度も見ると語るゾロメ。パパから勲章を与えられることになった13部隊。自分達が守る街を初めて目にしたコドモ達は興奮する。授与式は粛々と終わり帰り道でゾロメは皆とはぐれてしまう。そこでゾロメはあるオトナと出会い話をする。そのオトナに懐かしさを覚えるゾロメだが、話の途中で迎えが来てしまう。そしてゾロメは考えていたことも、オトナのことも忘れてしまい、夢さえも見なくなった。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第10話『永遠の街』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第13話『まものと王子様』)のあらすじと感想・考察まとめ

叫竜との戦闘中。ゼロツーとヒロの意識が混ざり合い、二人は回想していた。 幼い頃にヒロとゼロツーはラボで出会っていた。部屋に閉じ込められたゼロツーを連れ出したのがヒロだった。二人はオトナからの逃避行を続けるが結局捕まり、記憶は消去されてしまう。 しかし戦いの最中で思い出す。ヒロは「君が絵本の女の子だったのだね」と言い、それを聞いたゼロツーは涙を流していた。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第13話『まものと王子様』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第1話『独りとヒトリ』)のあらすじと感想・考察まとめ

フランクスのパイロットであるパラサイトとして不適合とされ、落第を言い渡された少年・ヒロは、森の中で「パートナー殺し」と噂されている少女・ぜロツーと出会う。自分の存在価値を証明する為、少年の闘いが始まる。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第1話『独りとヒトリ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第5話『キミの棘、ボクのしるし』)のあらすじと感想・考察まとめ

26都市部隊との共闘戦線を引くことになった13都市部隊。しかし急造部隊故に彼らは「26都市部隊の保険」として置かれる。そのことに一同は憤るが、ヒロは「俺たちの力、見せつけてやろう」と皆を鼓舞する。一方、「死んだらその時だよ」と、彼の死を厭わないゼロツーにイチゴは「この人でなし!」と口を滑らせてしまう。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第5話『キミの棘、ボクのしるし』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第8話『男の子×女の子』)のあらすじと感想・考察まとめ

突如訪れた「思春期」により、13都市部隊は分裂する。ゼロツーも「人間らしい喧嘩をしてみたい」と思春期の戦いに参加する。ナナに喝を入れられ、冷静になるコドモたち。そんな矢先、ミクが行方不明になってしまう。とある部屋で彼女を見つけたコドモたちは、そこで重大な事実を知ることになる。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第8話「男の子×女の子」の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第11話『パートナーシャッフル』)のあらすじと感想・考察まとめ

過去にヒロとした約束がミツルを未だに苦しめていた。ミツルの気持ちや体調とは関係なくイクノとのコネクト値は低下していた。そこでパートナーシャッフルが行われる。ミツルはココロの志願によりフトシから逆恨みされココロに理由を聞こうとするが再び叫竜が襲来。戦闘中にジェニスタを強制起動させようとしたココロだったが、ミツルが止め、力を合わせる。13部隊の連携で叫竜を撃退するのだった。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第11話『パートナーシャッフル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第2話『繋がるということ』)のあらすじと感想・考察まとめ

昨日の戦闘を受け、ヒロはゼロツーとフランクスに乗ることを決意する。ヒロはコクピットの中では自我を保っていなかったことが判明する。またゼロツーと乗るという事は、自ら死を選択しているとも言える。ヒロの死を防ぐにはどうすればいい、と一人思い悩むイチゴ。そんな時彼女は、「ヒロとフランクスに乗る」という、思い切った行動に出るのであった。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第2話『繋がるということ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第6話『ダーリン・イン・ザ・フランクス』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヒロは「グーテンベルク級」と呼ばれる大型叫竜との闘いの最中、瀕死の重傷を負い、意識を失ってしまう。たとえ独りになっても叫竜を倒そうと、必死の抵抗を試みるゼロツー。その中でヒロは意識を取り戻し、叫竜を撃破する。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第6話『ダーリン・イン・ザ・フランクス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第9話『トライアングル・ボム』)のあらすじと感想・考察まとめ

パパからプレゼントが届き一時的な休息の時を過ごす中、ゴローはヒロと好きという感情について話をする。そんな中、叫竜が襲来。戦闘中デルフィニウムが捕らわれ、ゴローはイチゴを脱出させたものの、叫竜の体内に取り残されてしまう。強引な方法で救助にきたイチゴ。二人は脱出と同時に叫竜を撃退する。戦闘後ゴローは手作りの髪留めをイチゴに渡し、イチゴに自分の感情を告白する。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第9話『トライアングル・ボム』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第12話『ガーデン/始まりの庭』)のあらすじと感想・考察まとめ

13部隊は検査のためラボを訪れていた。検査を抜け出したコドモ達はガーデンで、パラサイトが戻ってくる事はないという事実を知る。メンテナンスを受けていた9'sからイチゴはゼロツーの事を聞く。湖の畔でヒロはゼロツーに告白する。叫竜との戦闘中にストレリチアは暴走し、ヒロはコックピット内でゼロツーに首を絞められてしまう。ゼロツーの意識が流れ込み、その情景にヒロはある少女を思い出す。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第12話『ガーデン/始まりの庭』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents