エロマンガ先生(伏見つかさ)のネタバレ解説・考察まとめ

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」で有名な伏見つかさが著者を務める電撃文庫のライトノベルと、それを原作にしたアニメ作品。
ラノベ作家の高校生の主人公と引き籠もりのイラストレーターの妹が、「世界で一番面白いラノベを書く」という夢のために二人三脚する物語を描いている。
2016年4月にアニメ化し、全12話が放映された。

『エロマンガ先生』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「部屋を出たら負けだと思っているわ☆」

第1話で初めて正宗を部屋に入れ、会話をした時に出てきた紗霧の台詞。「休みの日に家に居過ぎ!」と文句を言った時、「家で仕事してるに決まってるだろ」と正宗に返された後、夏休みの回想シーンに入る。

夏休みの正宗はボツ続きで仕事が思うように進まず、このように血相を変えて連日徹夜仕事に追われるほど、紗霧の食事を作ってやるほどの余裕がなかった。さらにイヤホンでラジオを聴きながらでも集中までしないといけない状況だったため、紗霧が必死で床を叩き、足を踏みならしても食事が全然来なかった。

下で兄も大変な状況になっていることにも気付かず、必死になってドンドンする紗霧。

兄の言うように部屋を出て、見つからないように勝手に食べればいいが、この後の「部屋を出たら負け」という引き籠りならではの一種のポリシーがそうはさせなかったようだ。

「床をドンドンしてもご飯が来なかったときの絶望…兄さんに分かる!?」と、悲痛に訴えてくる紗霧だが、正宗は「飯くらい部屋出て食えよ」とツッコむ。すると紗霧はドヤ顔で、

「部屋を出たら負けだと思っているわ☆」と、言い切った。これはまさに引き籠り系キャラの名台詞で、しかもここまで愛くるしい外見だからこそ、ファンの中にも「負けなら仕方ない」と思ってしまった人もいるだろう。

めぐみのあの手この手

第2話でいきなり和泉家を訪れためぐみは、紗霧と友達になれてないのが心残りとなっており、彼女を学校に連れていくことに熱意を燃やしていると豪語する。これに対し紗霧は、正宗が懐に忍ばせている携帯電話越しに「すっごく嫌いなタイプ。親切押し売り偽善者。帰れ!」と、こっそりと暴言を吐きつけている。

その後めぐみは、紗霧を部屋から引っ張り出すために、彼女が使っているネットを解約しようと提言したり、正宗に「チューしたことあります?」と、色仕掛けを使ったりしているうちに、ついに正宗の携帯越しに紗霧がこの会話を聞いていることを看破。正宗から携帯をブン捕って紗霧に一声かけようとするが、一瞬のうちに切られてしまう。

第3話ではなんと、クラスメートたちを連れて和泉家の前へと押しかけて紗霧に大声で呼びかけるという大胆な行動に発展。ここまでやってくることから、紗霧と友達になりたいという熱意が嘘ではないことがよくわかる。

兄妹として作家としての第一歩

第4話にてエルフと親しげにしている所を見てしまい、嫉妬のあまり心を閉ざしてしまう紗霧。そして正宗は一念発起して、紗霧に自分の本当の思いを伝えるため、彼女をヒロインにしたラノベを書き上げる。

しかし一方の紗霧も、実はイラストレーターとしての切磋琢磨に励んでいて、頑なに閉じ籠っている半月の間、数多くのイラストを描きあげていた。その見事な出来に目を見張る正宗に、「あなたの新作から私を降ろすなんてありえない。和泉先生が妹をヒロインにするって、究極のラノベを作ってみせるって、本当は嬉しかったから! 絶対私がイラスト描きたいって思ったから!」と、思いの丈をぶつける。紗霧はエルフと会うようになって正宗が作家としてもすごく前向きになったのも、正宗が彼女を新しいイラストレーターにするつもりだと誤解してしまったのだ。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents