岳(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『岳』とは2003年より『ビッグコミックオリジナル』にて連載が開始された石塚真一による漫画、および原作を基にして作られた映画のことである。山岳遭難救助隊の新人として配属された女性警察官と山を愛する山岳救助隊員との交流を中心として、山を愛する人々の想いや成長過程が細やかに描かれている。美しさだけではなく、時には人間に容赦なく襲い掛かる自然の驚異を体感させてくれる山愛に満ち溢れた作品だ。

『岳』の概要

『岳』とは小学館発行の雑誌『ビッグコミックオリジナル』にて2003年19号から連載がスタートした石塚真一による漫画、および作品を基にして作られた映画である。『ビッグコミックオリジナル』『ビッグコミックオリジナル増刊』にて不定期連載が行われ、2007年7月より『ビッグコミックオリジナル』での毎週掲載となり、2012年の12号で完結した。物語は基本的に一話完結型が多い長野県の北アルプスを中心に展開される北アルプス編と、ネパールにそびえるエベレストおよびローツェを舞台にしたエベレスト編の大きく二つに分かれて描かれている。エベレスト編は基本的にラストまで通しの物語が描かれている。
『ビッグコミックオリジナル』掲載時はタイトルが『岳 みんなの山』となっており、単行本ではタイトルが『岳』と区別されている。単行本は全18巻でマンガ大賞2008、第54回小学館漫画賞一般向け部門、第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している。
2011年5月には実写映画版『岳-ガク-』が公開され、小栗旬と長澤まさみが主役を務めている。動員者数は公開二日間で20万人を超えるヒット作となった。

山岳遭難救助隊の新人として山に派遣された女性警察官の椎名久美と、山を愛するベテラン山岳救助隊員の島崎三歩との交流を通して山の魅力や自然の怖さ、山岳救助隊員としての成長などが描かれる。その他にも安全に登山を楽しむための注意点や登山グッズの解説など、これから山に登ってみたいという人に向けても丁寧にストーリーが作りこまれている。

『岳』のあらすじ・ストーリー

遭対協・島崎三歩

長野県山岳遭難救助隊の新人隊員として派遣されることになった椎名久美(しいなくみ)は、登山届のチェック中に一人だけ北穂高岳からの下山が遅れている人物がいることを確認する。久美の上司で救助隊チーフの野田正人(のだまさと)に確認すると、民間ボランティア団体「山岳遭難防止対策協会(通称:遭対協)」に連絡するよう指示を受けた。
久美はちょうど北穂高岳に登っていた遭対協の島崎三歩(しまざきさんぽ)に捜索を依頼する。三歩は気軽に了解してくれたが、頼りなさげな態度が気になり、正人に三歩がどのような人物なのか尋ねた。

三歩の幼馴染でもある正人は、三歩が南米やヒマラヤなど世界中の名峰を制覇してきた猛者であり、山のあらゆる面を見てきた男だと説明する。
正人の言葉通り三歩はあっという間に崖から滑落して動けなくなっていた男性会社員を発見し、男性を背負ったままほぼ垂直の崖を苦も無く登っていった。
後日久美が勤務する警察署宛に、男性からお礼の品が届く。三歩は住居を持たず、山の中にテントを張って一年中山で生活していたのだった。

三歩の過去

長野県出身の三歩は、帰国する前アメリカ・ワイオミング州のグランドティートンでレスキュー隊員として活動していた。
高校を卒業して以来世界中の山にソロで挑戦していた三歩は、ある時パタゴニアの山を登っていた時に知り合ったスコットと、偶然グランドティートンで再会する。
山での仕事を探していた三歩とスコットは高い技術力を見込まれてティートンのレスキュー隊に歓迎され、二か月後にはそれぞれレスキューチームのリーダーに抜擢される程の活躍を見せていた。

気があった三歩とスコットは一年半ほどティートンで働いた後揃って退職し、道々の山を登りながらワイオミングからマウントレーニアを目指すクライミングの旅に出た。
ある時三歩は、ソルトレイクシティで乗せたヒッチハイカーの老人に「ハイウェイにごみを捨てたら1000ドルの罰金を取られる。ではハイウェイに捨てても怒られないものはなんだ」というクイズを出される。老人は「1000ドルだ」とジョークを言い、フラリと降りていった。
暫くして目的地のマウントレーニアに到着した二人だが、頂上付近の4300メートルの高度でスコットが高山病を発症してしまう。高山病は高度なトレーニングを積んでいても前触れもなく発症することがあり、スコットは頭痛や吐き気等の症状に苦しんで登頂を断念した。スコットは三歩との旅を思い返しながら「もっといろんな人が山を楽しめばいいのに」と言葉を残し、その二か月後冬のマッキンリーで消息を絶ったのである。

北アルプスに戻ってきた三歩は、雪庇(稜線からせり出した雪のひさし)から落ちかかっていた青年を救助する。「迷惑をかけて申し訳ない」と謝る青年に、三歩はかつての老人と同じように「山に捨てても怒られないものなーんだ」とクイズを出した。
戸惑う青年に「答えはごみと命以外全部!」と明るく答え、美しい景色が広がる頂上へと青年を誘うのだった。

生還

正人の依頼で久美に基礎的な技術訓練をすることになった三歩は、ソロで前穂高岳に登りに来た青年を見かける。軽装備だったことが気になった三歩は青年に声を掛け、雪面でも滑らずに登ることができる「クランポン」を貸して見送った。
一方青年はクランポンにまとわりつく雪が煩わしくなってクランポンを外した途端足を滑らせ、残雪が創り出した雪の壁「シェルンド」の中に落ちてしまう。
シェルンドは壁の下に雪解け水が流れているため猛烈に体温を奪われる構造になっており、青年はあっという間に気を失った。
正人たちと別れた後も青年の事が気にかかっていた三歩が登ってみると、シェルンドに落ちた形跡を発見する。正人に連絡を取った三歩だが、救助ヘリが飛べない状況だった為時間がかかると言われ、通信を切断すると服を着こんでシェルンドへと降りていった。

どんなに着込んだ人間でも30分が限界だと言われるシェルンドから運よく生還した青年は、「大学の冒険部に所属している」と説明し、パラオで見つけた遺骨の写真を前穂高岳の頂上に届けるために登っていたと事情を明かす。青年から写真を借りた三歩は翌日、良く晴れた前穂高岳の頂上に笑顔で立っていた。

救助の現実

三歩と共に訓練で屏風岩を登っていた久美は、途中先行パーティ二人の滑落場面に遭遇する。雷雲が発生する時間帯だった為三歩は救助を躊躇するが、「三歩の言う事を絶対に聞く」という条件のもと正人から許可を取り、雷が鳴り響く中二人は救助に向かった。

一人は落石によって即死状態だったが、もう一人は生存しており岩の割れ目(クラック)に身を隠していた。三歩は「雷はクラックを伝うからそこから出て指示に従ってほしい」というものの、滑落者は恐怖心から拒否する。普段穏やかな三歩だったが、滑落者の胸ぐらを掴むと無理やりクラックから引きずり出した。その瞬間轟音とともに数秒前まで滑落者がいたクラックに雷が落ち、バックパックが黒焦げになってしまう。
唖然とする久美と滑落者を励まし続けて雷を無事やり過ごした三歩だが、遺体を背負って降りた先で待っていたのは、遺族からの罵倒だった。
理不尽に殴られる三歩だが、何も言い返すこともなく土下座して謝罪する。久美は三歩が理不尽を受け入れているのが理解できず憤っていたが、三歩の行動には理由があった。

三歩がかつて海外で登っていた頃、パートナーの人間が目の前で滑落死するという出来事があった。何もできなかった三歩は遺族から責められることを恐れていたが、一週間後ようやく意を決して遺族の元へ向かう。
殴られる覚悟をしていた三歩だが、出迎えたファミリーはレモネードを勧め「来てくれてありがとう」と感謝を述べてくれた。
その時三歩は「どうしても助けられない人はいる。だからせめて『助けられず申し訳ない』と謝りたい」と思ったのだった。

ザック・ウェザース

ある日三歩の元に、ティートンレスキューチームのメンバーだったピッツィーとザック・ウェザースがやって来る。大喜びで山を案内する三歩だったが、正人から「親子が行方不明」という捜索以来の連絡が入った。ザックとピッツィーは救助の手伝いを申し出て、手掛かりをもとに捜索を開始する。
一方滑落した親子は、怪我が原因でかなり衰弱状態にあった。父親の方は生きることを諦めていたが、子供の方は「困ったらお母さんを呼んでね」といった母親の遺言を思い出し「オカアサン」と大声で呼び始める。子供の気力に触発された父親も一緒に叫び出し、その声を聞きつけた三歩達によって親子は無事に救出された。
その後ザックは三歩の紹介で居酒屋のバイトを始め、ボランティアの救助隊員として日本にしばらく滞在することとなった。

オトコメシ

久美が山岳救助を始めて少し現場に慣れたころ、小学生の横井ナオタが行方不明になった父親を捜索してほしいと警察署に依頼にやって来る。
父子家庭だった為ナオタの父は様々な経験をナオタにさせており、「高いところでオトコメシ(おにぎり)食べたい」というナオタの希望で、山に下見に行っていたのだった。
依頼を受けた三歩は滑落していた父親を発見するも、崖上に引き上げた途端に容体が急変する。急いでヘリを飛ばして現場に駆け付けたが、ナオタが到着した時には父親は息を引き取っていた。
その後ナオタは富山の祖父母の元へ引き取られ、活発な少年へと成長する。そしてナオタを気にかけていた三歩は長期休暇に合わせて度々ナオタの元を訪れ、兄弟のような交流を楽しむのだった。そして幾度目かの交流の際、三歩がかつて勤めていたティートンの話を聞き、いつか二人で登ることを約束した。

久美と牧

山岳救助を行う上で迅速な対応が必要となる際に活躍していたのが、ヘリコプターだった。元山岳部部長だった牧英紀(まきひでのり)は、遭難者に対して「死に場所でも探してたのか?」と問いかけるなど厳しい態度をとることで有名な人物だった。
あまりにもきつい物言いに反発心を持っていた久美だが、ある時牧とともに救助を行う機会がやって来る。遭難したのは女性も混じった比較的高齢のグループだったが、天候不順でヘリを寄せられず、久美が視界の開けた部分までグループを登らせることとなった。
絶望するグループメンバーをどうにか励ましていた久美だったが、衰弱したメンバーの女性が座り込んでしまう。久美の体力では担いで登ることもできず、久美は心を鬼にして女性を怒鳴りつけ、なんとかヘリまで辿りつくことができた。
牧は全員を登らせた久美にねぎらいの言葉を掛け、久美は牧が遭難者たちに厳しい言葉を掛ける意味をようやく理解したのだった。
その後牧は経営難によってレスキューからの撤退を決意したが、三歩に説得されて独立し、パイロットの青木と共に「燕(つばくろ)レスキュー」を立ち上げた。

新人隊員

山岳救助隊の新人として配属された久美の後輩阿久津敏夫(あくつとしお)は、深刻な高所恐怖症によってロープ降下ができないという、山岳救助隊としては致命的な弱点を抱えていた。失敗続きの阿久津は救助隊員を諦めようと決意するが、そんな折青果市場で働く父親が事故で急死したという知らせが届く。
阿久津は酒ばかり飲んでいた父親に対してずっと苦手意識を持っていたが、弔問に訪れてきた市場仲間たちが語ったのは、阿久津の知らない「仕事人」としての輝いた父親の顔だった。
父の死後現場に戻った阿久津は、新しい道を一歩踏み出しロープ降下を成功させる。そして山岳救助隊員を続けることを決意し、三歩に教えを乞うて技術を学んでいくのだった。

ナオタの成長

父が事故死して以来山に登ることが無かったナオタだが、中学生の夏休みに三歩とともに山に登る約束を交わす。
当日山岳ガイドとしてクライマーのナオタを迎えた三歩はがっちりと握手を交わし、小学4年生の頃に父を亡くした山に登り始めた。三歩の教えを忠実に守って順調にキャンプ地に到着し、二人はナオタが作った「オトコメシ」を楽しむ。
しかし翌日あいにくの雨の中、三歩は遭難者捜索の依頼を受けた。ナオタを置いて行くことを躊躇う三歩だったが、ナオタは笑顔で三歩を送り出す。周囲のクライマーから生存が危ぶまれていた遭難者だったが、救助が間に合い無事命を救うことができた。
三日目の晴れた朝、ナオタはいよいよ頂上に向かって歩き出す。道中「とうちゃんを助けてくれてありがとう」と三歩に感謝を述べ、ただひたすらに頂上へ向かうナオタを見ながら、三歩は「大きくなったな」と成長を感じるのだった。
無事頂上に辿りつき握手を交わしたナオタと三歩を、優しい山の風が撫でていった。

阿久津の事故

頼りない新人隊員だった阿久津も三歩の元で様々なことを学んで成長し、さらには伴侶と子供を得て幸せな生活を送っていた。
ある日阿久津は久美から出動要請の交代を頼まれ、山へと向かう。三歩の指導によってたくましくなった阿久津だが、「三歩の役に立ちたい」と単独行動を起こした結果、落石事故に巻き込まれて意識不明の重体に陥った。
目の前で起こった阿久津の事故に三歩は打ちのめされ、正人も事故の責任を問われて山を降りることになってしまう。
阿久津は奇跡的に目を覚ましたが下半身不随の状態になり、二度と立ち上がれないと診断される。責任を感じた久美は正人に辞表を渡そうとしたが、正人が高校時代山を諦めようとしたときの思い出話を聞き「山岳救助を続けてほしい」と後を託された。

一方の三歩は阿久津の事故を受けて酔いつぶれる日々を送っていたが、ザックの励ましを受けて自分を見つめなおし、世界で三番目に高い山のローツェに挑むことを決意する。
久美にこれまで記録してきた北アルプスでの山岳事故の調査結果をまとめたノートを託し、ローツェへと旅立った。

再会

airlifing
airlifing
@airlifing

Related Articles関連記事

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

BLUE GIANT(ブルージャイアント)のネタバレ解説・考察まとめ

『BLUE GIANT』とは、2013年から『ビッグコミックスピリッツ』において連載されている石塚真一による漫画である。ジャズを題材とする本作品は、世界一のサックスプレーヤーを目指す高校生・宮本大が、仙台、東京、ドイツと拠点を移しながら一歩ずつその階段を上っていく様が描かれている。2016年に舞台をドイツに移してからは、『BLUE GIANT SUPREME』の別タイトルで続編が連載された。

Read Article

コクリコ坂から(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『コクリコ坂から』とは、2011年に公開されたスタジオジブリのアニメーション映画。監督は宮崎吾朗で、キャッチコピーは『上を向いて歩こう。』。 港南学園高校2年生のメルこと松崎海は、毎朝庭で旗を揚げていた。それは戦争に行ったきり、帰ってこない父親へ向けた信号旗だった。ある日、学校新聞「週刊カルチェラタン」で、自分が旗を揚げる少女として取り上げられていることに気が付く。それは同じ高校の3年生、風間俊が書いた記事だった。メルはこの記事をきっかけに俊を気にするようになり、だんだんと彼に惹かれていく。

Read Article

ゴジラvsコング(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラvsコング』とは、“怪獣王”ゴジラと“髑髏島の巨神”コングの熾烈な戦いを描いた、2021年公開のハリウッド映画。2014年から続く『モンスターバース』シリーズの四作目である。 あらゆる怪獣の王として君臨するも、人類に対しては中立の立場を取っていたゴジラ。しかしある時巨大企業エイペックス・サイバネティクスの本社がゴジラに襲われる。人類はゴジラに匹敵する力を持つコングを唯一の対抗手段と目して様々な計画を進めていくが、その裏には世界の覇者にならんとする者たちの邪悪な思惑が隠されていた。

Read Article

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『50回目のファースト・キス(映画)』とは、本国アメリカのみならず世界中で大ヒットとなったロマンチック・ラブコメディである。記憶障害という難病をテーマに切なく涙かせるシーンもありながら、集結したコメディ俳優たちがハワイを舞台にナンセンスながらクセのあるギャグで始終笑わせてくれる。 二人が揃ってメディアに登場すると今だに大きな話題となるアダム・サンドラー×ドリュー・バリモアの最強コンビの抜群の信頼関係が、最高の映画製作に影響を与えヒット作へと導いている、今もなお根強いファンが多い傑作である。

Read Article

夜のピクニック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『夜のピクニック』とは、恩田陸の青春長編小説『夜のピクニック』を原作としたヒューマンドラマである。「みんなで夜歩く。ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう」をキャッチコピーにして、2006年9月30日に公開された。主人公の甲田貴子は、北高に通う高校3年生である。北高には、一昼夜かけて80㎞を歩く「歩行祭」という伝統行事があった。貴子は、高校生活最後の歩行祭で「同じクラスの西脇融と話をする」という1人だけの秘密の賭けをしていた。青春時代の輝きや、友人の大切さなどを感じる青春映画である。

Read Article

WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』とは、三浦しをんの著書『神去なあなあ日常』を原作として公開された青春映画である。大学受験に失敗した平野勇気は「緑の研修生」という林業研修プログラムのパンフレットを偶然見つける。その表紙の美女に憧れて神去村(かみさりむら)にやってくるが、そこには癖だらけの村人たちが暮らしていた。何度も逃げ出そうとする勇気だったが、次第に林業の魅力にみせられていく。この映画はたくさんの小ネタに笑わせられつつ、森林風景の美しさや人との出会いに感動する物語になっている。

Read Article

コブクロ(黒田俊介・小渕健太郎)の徹底解説まとめ

身長193cmのボーカル・黒田俊介と、168cmのギター&コーラス・小渕健太郎の2人で構成された男性2人組の音楽ユニット。2001年に『Yell~エール~/Bell』でデビューして以来、数多くのドラマ・CMのテーマソングを歌っている。 2017年までに、NHK紅白歌合戦には8回、ミュージックステーションスーパーライブにも11回出演しているなど、長きに渡って活躍している。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アイアムアヒーロー』(I Am a Hero)とは、花沢健吾による日本のSFホラー漫画である。謎の感染症が世界中で流行り、ほとんどの人間がゾンビになっていく。そのゾンビと戦い、感染から逃れる数少ない人間は、引きこもりやニートといった社会に劣等感を抱いていた者たちが中心となっている。この漫画に出てくるヒーローたちは、人間臭いリアリティーのあるヒーローだというのも見所のひとつ。漫画雑誌『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2009年22・23合併号から2017年13号まで連載。

Read Article

宇宙兄弟(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙兄弟』とは2007年に講談社『モーニング』にて連載がスタートした、小山宙哉による漫画及び、原作を基にしたアニメ作品。大人気を博し、のちにアニメ及び実写で映画化されている。「兄弟二人で宇宙飛行士になる」という幼いころの約束。弟は夢をかなえて宇宙飛行士になっていた。いつしか夢をあきらめて別の道に進んだ兄六太(ムッタ)のもとへ、もう一度宇宙へのチャンスがやってくる。宇宙飛行士になるまでの過程や施設、訓練、ミッションの様子など、宇宙の魅力がふんだんに詰め込まれた作品である。

Read Article

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)の徹底解説・考察まとめ

『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』とは2019年に公開された、詐欺師をテーマにした映画作品。東京ドラマアウォードなどの賞を受賞した、総合視聴率15.1%の人気テレビドラマを映画化した1作目。大ヒットした痛快エンターテインメント映画で、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)が、悪い奴から詐欺で大金を巻き上げるストーリー。今回のおさかな(ターゲット)はラン・リウ。恋愛詐欺師のジェシーと日本のゴットファザーの赤星も加わり、香港を舞台にコンゲームを繰り広げる。

Read Article

宇宙兄弟の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『宇宙兄弟』とは小山宙哉によって執筆された、夢を諦めた兄が宇宙飛行士の弟と「兄弟で月に立つ」という夢をもう一度実現するべく宇宙飛行士目指して奮闘する、宇宙を題材にした漫画作品である。夢を叶えた弟に劣等感を抱く兄六太(ムッタ)や、ともに宇宙を目指す仲間達、弟の日々人(ヒビト)などが発した名言・名セリフの数々は「もう一度立ち上がろう」という小さなきっかけをくれる原動力を、多くの人々に与えている。『宇宙兄弟』の心にしみる名言・名セリフ、印象深いシーンなどをご紹介する。

Read Article

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『シグナル 長期未解決事件捜査班』とは、過去と現在が無線機による通信で繋がり、その無線機を使ってそれぞれの時代の刑事が事件を解決していくという刑事ドラマである。2018年にフジテレビ系で放送された連続ドラマで、韓国で数々の賞を受賞したドラマ『シグナル』の日本版リメイクとなっている。過去と現在が同時進行で描かれ、未解決事件を解決する現在の長期未解決事件捜査班と、その事件が実際に起こっている過去が繋がり、事件解決だけでなく謎や秘密が明らかになっていく。

Read Article

NEW

隣人13号(隣13)のネタバレ解説・考察まとめ

『隣人13号(隣13)』とは井上三太原作の日本のサイコホラー漫画である。通称『隣13(りんじゅうさん)』と呼ばれている。いじめと解離性同一障害(二重人格)をテーマにしており、カリカチュア化された描き方や個性的な脇役などが特徴な作品である。後に小栗旬(十三)・中村獅童(13号)の主演で実写映画化された。建設作業員の村崎十三は小学生の頃いじめられていた。同級生の赤井トールに硫酸をかけられ、顔を焼かれた。その瞬間から臆病な十三の中に凶暴な別人格「13号」が誕生した。13号は赤井に復讐を目論んでいた。

Read Article

NEW

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

超高速!参勤交代(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『超高速!参勤交代』とは、土橋章宏が脚本を手がけ、2014年に映画化された時代劇映画である。監督は本木克英。湯長谷藩(ゆながやはん)藩主の内藤政醇(まさあつ)は、長い参勤交代を終えて国元に帰ってきていた。しかしすぐにまた参勤するようにと江戸から知らせが届く。湯長谷藩の面々は老中松平信祝(のぶとき)の無理難題を攻略するため、何度も窮地に陥りながらも知恵をめぐらせ江戸に向かう。この物語は個性豊かなキャラクターが織りなすコミカルな様子の中に、男たちの熱い思いを垣間見ることが出来る作品となっている。

Read Article

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

『白夜行』とは、1999年に刊行された東野圭吾の推理長篇である。発行部数は2010年12月時点で200万部を超えている。1973年、大阪で起きた殺人。犯人は小学5年生の被害者の息子・桐原亮司と、容疑者の娘・西本雪穂。未解決のまま時は流れていく。そして成長した2人は犯罪行為で互いに助け合うようになり、周囲で不可解な事件が次々と起きる。 疑念を抱く刑事が2人の関与に気づき、証言や調査で真相に迫っていくというストーリー。2006年にはテレビドラマ化、2011年には映画化されている。

Read Article

罪の声(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『罪の声(映画)』とは塩田武士の同名小説を2020年に土井裕泰監督、小栗旬主演で映画化されたサスペンス映画である。1984年に実際に起こった「グリコ森永事件」を題材にした、フィクションでありながらも限りなく事実に近い作品としてサスペンスフルに仕上がっている。実際の事件でも犯人が使用した「子供の声」を中心に、自分の声が使われていたことを知ってしまった人物と過去の大事件の犯人を追うジャーナリストの2人の視点から犯人を追い詰めていく物語である。

Read Article

超高速!参勤交代 リターンズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『超高速!参勤交代 リターンズ』とは、土橋章宏が脚本を手がけ、2016年に公開された時代劇映画である。監督は本木克英。湯長谷藩(ゆながやはん)藩主の内藤政醇(まさあつ)をはじめとする一行は、元遊女のお咲を側室に迎え湯長谷への帰途についていた。しかし再び老中松平信祝(のぶとき)の陰謀にまきこまれ、城を乗っ取られてしまう。民を傷つけられた政醇は信祝に対抗することを決める。この物語は個性豊かなキャラクターが見せるコミカルな様子の中に、理不尽に強く立ち向かう男たちの姿を見ることが出来る作品となっている。

Read Article

天気の子(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『天気の子』とは、新海誠による日本のアニメーション映画。2019年7月19日に公開され、興行収入は140億円を突破し、日本映画史に残る大ヒットを収めた。 家出して東京にやってきた少年・森嶋帆高は、親元を離れて弟と2人暮らしをしている天野陽菜という少女と出会う。似たような身の上の若者同士で次第に親しくなっていく中、帆高は陽菜が「どんな大雨も晴れに変える」という不思議な力を持つことを知る。これを使って商売を始める帆高たちだったが、やがて陽菜の力に隠されていた大きな代償を突き付けられる。

Read Article

リッチマン、プアウーマン(リチプア・RMPW)のネタバレ解説・考察まとめ

『リッチマン、プアウーマン』とは2012年にフジテレビ系列で放送された、若くして億万長者となった男性と、高学歴ながら内定がもらえない女性の恋愛模様を描いた恋愛ドラマである。若き社長日向徹と就活難民の夏井真琴が出会い立場が違いながらも会社のために奮闘していく中で互いに惹かれあっていく物語。お互いが素直になれなくてすれ違うが互いへの思いを伝えるために人間的にも成長していく。企業ものとしての要素も多く盛り込まれており恋愛とビジネスの両方の観点から楽しめる作品である。

Read Article

銭の戦争(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『銭の戦争』とは、2015年1月から3月まで放送された、復讐劇をテーマとした日本のテレビドラマ。主人公・白石富生は、順風満帆の日々を送っていたが、父が借金を残して自殺し、さらに連帯保証人であった白石は金も職も婚約者も全て失う。そして人生のどん底から復讐を果たしていくというストーリー。韓国で2007年に制作されたテレビドラマ『銭の戦争』を原作として、舞台を日本の東京に置き換えて制作された。

Read Article

め組の大吾(FIRE BOYS)のネタバレ解説・考察まとめ

『め組の大吾』は1995年から1999年までの約4年間、曽田正人先生が週刊少年サンデーで連載していた消防士の物語である。マンガの他、2004年にフジテレビでドラマ化された。主な内容は、不良に近かった朝比奈大吾が、消防士になり同僚や上司、先生や助けた人などに刺激を受けてレスキュー隊員へと破天荒ながら活躍の場を広げていく様子が描かれている。元不良らしい考え方と行動力の大吾とともに、優等生である甘粕のコンビが魅力を後押ししている。また、火災や事故現場の臨場感などが読み手を引き付ける。

Read Article

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

福田雄一監督による実写版「銀魂」の続編が、2018年8月17日に公開されます。メインキャストは、万事屋の3人(小栗旬、菅田将暉、橋本環奈)真選組の3人(中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮)を初めとし、ほとんどが前作と同じ顔ぶれ。これに新たなキャストも加わった今作は、原作の人気長編である「真選組動乱篇」と、征夷大将軍徳川茂茂が登場する「将軍接待篇」を土台としたストーリー展開となることが発表されています。

Read Article

実写版「銀魂」メインキャストが出揃う!※キャラ絵との比較画像、公式最新動画掲載

主役の銀さん以外のキャスティングが発表になりました。それぞれドラマや映画で主役を張れる方達の揃い踏みです。そこで「銀魂実写化!」の妄想キャスティングと同じような感じで、画像を並べてみました。 メインキャストのビジュアルや予告動画、主題歌などについての情報は、その都度紹介していきます。

Read Article

【犬猿の仲】意外な人物も!?芸能界の共演NGまとめ

「あの人とこの人は犬猿の仲」という関係って、どこにでもありますよね。芸能界でもそれは同じで、様々な理由で「共演NG」とされる組み合わせは多数存在しています。何がきっかけで「この人ムリ」になるのかは人それぞれですが、華々しい世界にもそういったことがあるというのは視聴者としてはあまり知りたくないですよね…。

Read Article

セクシー!大人の色気を纏わせる長澤まさみの画像まとめ

元サッカーの日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督でもあった長澤和明を父親に持つ長澤まさみ。弱冠12歳で芸能界デビューを果たし、名門堀越高校を卒業後は様々なドラマや映画、舞台などに出演して活躍の場を広げている。本記事では思わずドキッとするような、大人の色気を纏わせる長澤まさみの画像をまとめて紹介する。

Read Article

小栗旬と山田優、結婚までのエピソードまとめ

イケメンなうえに演技力の高さから女性人気が高かった俳優の小栗旬と、169センチのファッションモデル山田優は2012年に結婚した。出会いのきっかけは共演したドラマ『貧乏男子 ボンビーメン』であったが、交際発覚から結婚まで約4年の歳月を費やしている。本記事では小栗旬と山田優の出会いや、結婚までのエピソードをまとめて紹介する。

Read Article

【さすがの美人】よく似てる?芸能人の姉妹・兄弟の画像をまとめてみた【タレント・有名人】

ドラマやバラエティ番組を彩る芸能人たち。厳しい審査を勝ち残ってきた彼らは美男美女ぞろいで、話術や演技だけでなくその容姿でもファンを魅了する。 そうなると気になるのは、「本人がこれほど美人なら親や兄弟も美形なのでは」という点である。ここでは、様々な経緯から公開された"芸能人の家族の写真"について紹介する。

Read Article

【花ざかりの君たちへ】今どうしてる?出演者たちのその後【堀北版】

2007年に放送された堀北真希の主演ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』。このドラマには小栗旬や生田斗真、岡田将生など、今や不動の人気を誇る俳優たちも出演していました。この記事では、ドラマ出演者たちのその後について紹介しています。いやぁ、ホントにみんなイケメンですね!堀北真希が羨ましすぎる…。ちなみに彼女は2017年に芸能界を引退しています。

Read Article

【中谷美紀】15年間にわたって恋愛し続けた2人の結末【渡部篤郎】

良い人の役から悪役までなんでもこなす俳優・渡部篤郎と、着物姿が美しい女優・中谷美紀。現在はともに別々の伴侶がいる2人ですが、実は15年間にもわたる大恋愛をしていたんだそう。この記事では、そんな2人についてまとめました。美男美女コンビのこういう話はあまり聞きたくないものですね…。

Read Article

目次 - Contents