岳(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『岳』とは2003年より『ビッグコミックオリジナル』にて連載が開始された石塚真一による漫画、および原作を基にして作られた映画のことである。山岳遭難救助隊の新人として配属された女性警察官と山を愛する山岳救助隊員との交流を中心として、山を愛する人々の想いや成長過程が細やかに描かれている。美しさだけではなく、時には人間に容赦なく襲い掛かる自然の驚異を体感させてくれる山愛に満ち溢れた作品だ。

『岳』の概要

『岳』とは小学館発行の雑誌『ビッグコミックオリジナル』にて2003年19号から連載がスタートした石塚真一による漫画、および作品を基にして作られた映画である。『ビッグコミックオリジナル』『ビッグコミックオリジナル増刊』にて不定期連載が行われ、2007年7月より『ビッグコミックオリジナル』での毎週掲載となり、2012年の12号で完結した。物語は基本的に一話完結型が多い長野県の北アルプスを中心に展開される北アルプス編と、ネパールにそびえるエベレストおよびローツェを舞台にしたエベレスト編の大きく二つに分かれて描かれている。エベレスト編は基本的にラストまで通しの物語が描かれている。
『ビッグコミックオリジナル』掲載時はタイトルが『岳 みんなの山』となっており、単行本ではタイトルが『岳』と区別されている。単行本は全18巻でマンガ大賞2008、第54回小学館漫画賞一般向け部門、第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している。
2011年5月には実写映画版『岳-ガク-』が公開され、小栗旬と長澤まさみが主役を務めている。動員者数は公開二日間で20万人を超えるヒット作となった。

山岳遭難救助隊の新人として山に派遣された女性警察官の椎名久美と、山を愛するベテラン山岳救助隊員の島崎三歩との交流を通して山の魅力や自然の怖さ、山岳救助隊員としての成長などが描かれる。その他にも安全に登山を楽しむための注意点や登山グッズの解説など、これから山に登ってみたいという人に向けても丁寧にストーリーが作りこまれている。

『岳』のあらすじ・ストーリー

北アルプス編

マイホーム

ほぼ垂直の崖を簡単に登っていく三歩

長野県山岳遭難救助隊に新人隊員として配属されることになった女性警察官椎名久美は、登山計画書をチェックしていると一人だけ時間に遅れてまだ北穂高岳から下山していない人物がいることを発見する。久美の上司で山岳遭難救助隊のチーフである野田正人は、民間ボランティア団体の山岳遭難防止対策協会(通称:遭対協)に連絡するよう久美に指示を出す。
北穂高岳にいた遭対協の島崎三歩は時間に遅れている会社員の捜索依頼を了承するも、頼りなさげな態度に不安を覚えた久美は島崎三歩がどのような人物なのか正人に尋ねた。

三歩の幼馴染である正人は、一見頼りなさげに見える三歩がヒマラヤや南米の名峰を渡り歩いてきた実力者であり、山に対して様々なことを見てきた人物だと説明する。7年前ヒマラヤ山脈西端に位置する8000メートル級の山の頂上付近に立っていた三歩は、亡くなっていた別の登山者グループ8名の遺体を一人で自分のテントに運び、嵐が過ぎるまで10日間を遺体とともに過ごしたという経験があった。

一方下山予定を過ぎていた会社員は斜面から滑落して腕を骨折し、切り立った崖を前に動けないという状況に陥っていた。冷えていく体で絶望しかけたその時会社員を発見した三歩が救助にやってくる。明るい口調で「迷子のおじさん見ーつけた」という三歩を頼りなさげに感じた会社員だが、三歩はほぼ垂直の崖をあっという間に登っていき無事崖下から救助される。
下山途中三歩に背負われた会社員は、出世の願掛けのために山に来たことを三歩に話していた。マイホームを持ちのんびりと暮らすことが夢だという会社員に対して既にのんびりした生活をしていると返す三歩。テント暮らしじゃないかと言いかけた会社員は雄大な夕陽を見てマイホームの住み心地を尋ねると、三歩は元気に「ファンタスティック」と応えたのだった。

クイズ

かつて自分が出されたクイズを若者に問いかける

日本に帰ってくる前三歩は、アメリカワイオミング州のグランドティートンでレスキューをしていた。ヨーロッパや南米の山を一人で登ってきた三歩は、パタゴニアの山で偶然出会ったアメリカ人のスコットとティートンで再会する。二人はともにティートンのレスキューチームに歓迎されて寝食を共にし、2か月後にはそろってレスキューチームのリーダーに選ばれていた。
気が合った二人は1年半ほど働いたレスキューチームを辞めて、ワイオミングからシアトルまでの山を登りながらマウントレーニアを目指すクライミングの旅に出る。道中ヒッチハイカーの老人から「ごみを捨てたら1000ドルの罰金を払うハイウェイに捨てても罰金を取られないものはなんだ」というクイズを出された三歩。答えがわからなかった三歩に対して老人は「答えは1000ドルだ」とジョークを言って降りていった。
旅の目的地であるレーニアに登っていた三歩とスコットだが、頂上付近の4300メートルでスコットが高山病を発症してしまう。「もっと多くの人が山に来て楽しめばいいのに」という言葉を残して、スコットは2か月後冬のマッキンリーで消息を絶ってしまった。
北アルプスの山に戻ってきた三歩は、雪庇から落ちかかっていたところを救助した若者に「山に捨てても怒られないものはなんだ?」と問いかける。戸惑う若者に三歩は笑顔で「ごみと命以外全部」と答えを教え、頂上へと誘った。

写真

登山経験のなさから滑り止めを外してしまう青年

山岳救助隊の訓練に付き添っていた三歩は、一人で前穂高岳を登りに来た青年を見かけ声をかける。クランポン(アイゼン)を持っていないことを知った三歩は青年にクランポンを貸し出し、正人たちと別れた。青年はクランポンを履いて山頂を目指していたが、歩きにくさからクランポンを外す。そして雪面で滑った青年はシェルンドという溶け残った雪によって造られた穴の中に転落し、猛烈な寒さから気を失ってしまった。
シェルンドは雪の壁の下に雪解け水が流れているため急激に体温を奪っていくため、どんなに着込んだ人間でも30分が限界だといわれている場所だった。青年の様子が気になり後を追って登った三歩は、青年がシェルンドに滑落しているのを発見してすぐさま救出に向かう。
運良く三歩に助けられた青年は、冒険部に所属している大学生だった。冒険部の活動で訪れたパラオで日本人兵士の遺骨を発見した大学生は「穂高に帰りたい」と刻まれた鉄かぶとを発見し、遺骨の写真を持って前穂高岳の頂上を目指していたのだった。三歩は下山途中に大学生から写真を預かり、また山に冒険に来るという大学生と約束を交わして別れる。翌日三歩は前穂高岳の頂上で遺骨の写真を掲げていた。

イナズマ

遺族から助けられなかったことを責められて殴られても土下座して謝罪する三歩

技術訓練として屏風岩を登りに来た三歩と久美は、先行していた二人パーティーの一人が滑落した現場に遭遇する。雷雲が発生する時間帯のため久美を連れていた三歩は救助に当たることを躊躇するが、久美は役に立ちたいと主張し救助に向かうこととなった。
雷が鳴り響く中即死状態だったパーティーの一人を確保した二人はもう一名の救助に向かうが、雷の中体をさらす恐怖を感じた遭難者は岩の割れ目(クラック)に隠れて動かなくなってしまう。三歩が何とか説得して崖のそばに移動した直後、遭難者のバックパックは雷の直撃を受けて真っ黒に焼け焦げてしまった。
髪の毛が逆立つほどの雷をやり過ごした三歩達は、滑落者を背負って岩の下まで降りる。そこで待っていた滑落者の家族から「土下座して謝れ」と殴られてしまった三歩だが、何も言い返さず土下座して謝罪した。
殴られて悔しくないのかと疑問をぶつける久美に対して、三歩はティートンで登っていた時の出来事を話す。パートナーが滑落死した一週間後ネクタイを締め緊張した面持ちで家族のもとへ謝罪に向かった三歩は、笑顔で迎えられレモネードを勧められる。「来てくれてありがとう」と感謝まで述べてくれた家族を見た三歩は、せめて「助けられず申し訳ない」と謝りたいと思うようになったのだった。

遠くの声

三歩(右)の元レスキューチームメイトピッツィー(中央)とザック(左)

ある日三歩がアメリカのティートンでレスキューのリーダーを行っていた時のチームメイト、ザックとピッツィーが三歩を訪ねて北アルプスまでやって来た。突然の訪問に驚くも三歩は大歓迎で北アルプスの名所を案内していたところ、正人から常念岳で行方不明になった父子の捜索を依頼される。無線を聞いていたザックとピッツィーは父子の捜索の協力を申し出て、かつて三歩がリーダーを務めていたレスキューチームが北アルプスで再結成された。
父子が最後に目撃された場所から同じ時間に出発し、足跡をたどる三歩達。捜索を開始して2時間がたったころ、登山道のわき道から「オカアサン」と助けを求める声を聞きつけ崖下の父子を無事救助した。
5日間も行方不明になり、足の怪我と焦りから絶望して遺書を書いていた父親は謝罪をするが、ピッツィーは笑顔で「VERYHAPPY(あなたが生きていて幸せだ)」と返す。そして子供の「お母さんが夢の中で『困ったらお母さんを呼んでね』と言っていたから頑張った」という言葉を聞き、安堵感と子供の気丈さに涙を流していた。
父子をヘリコプターに乗せて見送った後その場でキャンプすることを決めた三歩たち。三歩が日本に帰ってきてからの話をしていると、ザックから一通の手紙が差し出される。それはレスキューチームの仲間だったアンディから、三歩にあてて書かれた遺書だった。遺書を読んだ三歩は日本まで遺書を届けにやってきてくれた二人に感謝し、笑顔で「飲むか?」と二人を誘うのだった。

選択

猛吹雪の中岳で遭難した2名を捜索している山岳救助隊とボランティア団体の遭対協だったが、視界が確保できず猛烈な雪を降らせる爆弾低気圧が接近していたために捜索を打ち切る。別行動で一人中岳に入り捜索を続けていた三歩だが、突如発生した雪崩に巻き込まれ無線を無くし連絡不能の状況に陥っていた。
雪崩から抜け出した三歩は岩陰にもたれかかっていた遭難者2名を発見して雪洞に移動させたが、猛吹雪で視界が確保できないため山を下りることができず一晩雪洞で過ごすことを決める。しかし食料や燃料のない雪洞の中で、遭難者の一人が熱を出し体調不良になってしまう。
天候が回復することを願って眠りについた三歩たちだが翌日になっても吹雪は収まっておらず、三歩は体調の悪い遭難者を残して吹雪の中を下山するという結論を出した。納得できないもう一人の遭難者だったが「大丈夫だから先に行け」というパートナーの声に後押しされ、下山を決意し生還した。

5日後天候が回復した中岳には、雪洞に残していった遭難者を捜索する三歩、ザックと遭難者のパートナーの姿があった。パートナーが肺水腫を発症していて助からない状況だったことを下山後に警察から聞いた遭難者は、三歩たちに「もう山には登らない」とパートナーを救えなかった後悔の念を込めて伝える。それを聞いたザックは自分の妻も山で死んだクライマーだったこと、山が大嫌いだったが妻の死んだ場所を見たいという思いで山登りを続けてクライマーになったこと、山は大嫌いでもとても美しかったことなど自分の過去を話して聞かせた。そして笑顔で「また山においでよ」と誘うのだった。

遊子(ゆうし)

三歩を心配する姉の千歩(画面下)

ある時久美の勤務する長野北部署に、三歩の住所を教えてほしいと姉の千歩(ちほ)がやってくる。北アルプスまで千歩を案内した久美は、千歩から「山の仕事はどうか」と尋ねられる。凄惨な事故が多いから微妙だと答えてしまい千歩を気遣って謝罪した久美だが、千歩は「海外の山を登っていた時は心配したけど、今はもう心配を通り越してしまった」と微笑みながら感慨深げに山を眺めていた。
正人から千歩が来ていると聞かされた三歩は、二日後小諸の駅で千歩と再会した。食事をしながら三歩は「なぜ急に山にやって来たのか」と姉に問いかける。その場では姉からの返事はなかったものの、その後訪れた懐古園で最初の子供を流産してしまったことを告げられた。
怖いことはないのかと千歩に尋ねられた三歩は「怖いこともあるけど、それに向き合わないのはもっと怖いかな」と返答する。その言葉を聞いた千歩は安心したように「次は三歩のように丈夫な赤ちゃんを産む」と微笑んだ。

airlifing
airlifing
@airlifing

目次 - Contents