目次

  1. 概要
  2. 『真・三國無双7』とは
  3. 『真・三國無双7 猛将伝』とは
  4. 『真・三國無双7 with 猛将伝』とは
  5. 『真・三國無双7 Empires』とは
  6. ストーリー
  7. 『真・三國無双7』
  8. 『真・三國無双7 猛将伝』
  9. 『真・三國無双7 with 猛将伝』
  10. 『真・三國無双7 Empires』
  11. ゲームシステム
  12. 将星モード
  13. フリーモード
  14. 得意武器
  15. 天稟
  16. 武器相性
  17. ストームラッシュ
  18. ヴァリアブルカウンター
  19. スキル
  20. 覚醒
  21. 秘計(Empires)
  22. 『真・三國無双7』で追加された新武将
  23. 李典(りてん)
  24. 楽進(がくしん)
  25. 魯粛(ろしゅく)
  26. 韓当(かんとう)
  27. 関興(かんこう)
  28. 関銀屏(かんぎんぺい)
  29. 張苞(ちょうほう)
  30. 賈充(かじゅう)
  31. 文鴦(ぶんおう)
  32. 張春華(ちょうしゅんか)
  33. 『真・三國無双7 猛将伝』で追加された新武将
  34. 于禁(うきん)
  35. 朱然(しゅぜん)
  36. 法正(ほうせい)
  37. 陳宮(ちんきゅう)
  38. 呂玲綺(りょれいき)
  39. 『真・三國無双7 Empires』で追加された新武将
  40. 荀彧(じゅんいく)
  41. 既存の武将
  42. 夏侯惇(かこうとん)
  43. 典韋(てんい)
  44. 張遼(ちょうりょう)
  45. 曹操(そうそう)
  46. 夏侯淵(かこうえん)
  47. 張郃(ちょうこう)
  48. 許褚(きょちょ)
  49. 曹仁(そうじん)
  50. 徐晃(じょこう)
  51. 曹丕(そうひ)
  52. 甄姫(しんき)
  53. 蔡文姫(さいぶんき)
  54. 賈詡(かく)
  55. 郭嘉(かくか)
  56. 王異(おうい)
  57. 龐徳(ほうとく)
  58. 周瑜(しゅうゆ)
  59. 陸遜(りくそん)
  60. 孫尚香(そんしょうこう)
  61. 太史慈(たいしじ)
  62. 黄蓋(こうがい)
  63. 甘寧(かんねい)
  64. 呂蒙(りょもう)
  65. 孫堅(そんけん)
  66. 孫策(そんさく)
  67. 孫権(そんけん)
  68. 周泰(しゅうたい)
  69. 凌統(りょうとう)
  70. 大喬(だいきょう)
  71. 小喬(しょうきょう)
  72. 丁奉(ていほう)
  73. 練師(れんし)
  74. 趙雲(ちょううん)
  75. 関羽(かんう)
  76. 張飛(ちょうひ)
  77. 劉備(りゅうび)
  78. 諸葛亮(しょかつりょう)
  79. 月英(げつえい)
  80. 龐統(ほうとう)
  81. 徐庶(じょしょ)
  82. 黄忠(こうちゅう)
  83. 魏延(ぎえん)
  84. 馬超(ばちょう)
  85. 馬岱(ばたい)
  86. 関平(かんぺい)
  87. 星彩(せいさい)
  88. 姜維(きょうい)
  89. 劉禅(りゅうぜん)
  90. 関索(かんさく)
  91. 鮑三娘(ほうさんじょう)
  92. 司馬懿(しばい)
  93. 司馬師(しばし)
  94. 司馬昭(しばしょう)
  95. 王元姫(おうげんき)
  96. 鄧艾(とうがい)
  97. 鍾会(しょうかい)
  98. 郭淮(かくわい)
  99. 諸葛誕(しょかつたん)
  100. 夏侯覇(かこうは)
  101. 貂蝉(ちょうせん)
  102. 呂布(りょふ)
  103. 董卓(とうたく)
  104. 袁紹(えんしょう)
  105. 張角(ちょうかく)
  106. 孟獲(もうかく)
  107. 祝融(しゅくゆう)
  108. 左慈(さじ)
  109. 裏話
  110. 追悼
  111. 主題歌
  112. アンケート
  113. チャッカマン
  114. ネオロマ無双

概要

『真・三國無双7』とは

『真・三國無双7』PV2

『真・三國無双7』は、2013年2月28日にコーエーテクモゲームスよりPS3版で発売されたゲーム作品で、『真・三國無双』シリーズの第7作目にあたる。ナンバリングタイトルとしては2年ぶりとなる作品で、新たな武将の追加に加え『真・三國無双4』に登場していた左慈の復活で、参戦武将は過去最多の77名となった。

武器システムや無双乱舞の仕様など、過去作で好評だった要素を採用しつつも、新たな要素を加えているのが本作の大きな特徴である。また、布袋寅泰がイメージソングを担当したことも話題となった。

『真・三國無双7 猛将伝』とは

002

2013年11月28日にPS3版で発売された拡張ディスク作品が『真・三國無双7 猛将伝』である。細かいバランス調整や本作で追加された新武将を中心としたステージ、そして『三国志』最強の武将・呂布を主人公としたストーリーが大きな特徴である。
『猛将伝』シリーズ恒例の競技モード「チャレンジモード」はネットランキングに対応しており、登録すれば全国のプレイヤー達と腕を競うことができる。また、今回はこれをプレイすると特別な武器が入手できるので、あまり記録を競うことに興味がないプレイヤーでも、プレイして損のない作りとなっている。

『真・三國無双7 with 猛将伝』とは

『真・三國無双7 with 猛将伝』PV2

『真・三國無双7 with 猛将伝』は、2013年11月28日にPS3及びPS vita版で発売された作品。それから2014年2月22日にPS4版、2014年5月23日にWindows版が発売されている。タイトル通り、『真・三國無双7』及び『真・三國無双7 猛将伝』の2つを1つにまとめたもので、『無双』シリーズ初のPS4作品であり、フルハイビジョン対応作品でもある。

『真・三國無双7 Empires』とは

001

『真・三國無双7 Empires』は、2014年11月20日にPS4・PS3・Xbox one版で発売された。一騎当千の無双アクションに、コーエーテクモゲームスが得意とする歴史シミュレーション要素を加えた作品。プレイヤーのゲーム内での行動が、所属勢力や他の武将達との関りなどに影響を与えるのが特徴である。

ストーリー

『真・三國無双7』

007

メインであるストーリーモードは「魏伝」・「呉伝」・「蜀伝」・「晋伝」・「他伝」の5つが用意されている。プレイヤーは5つの内の1つを選び、正史『三国志』及び歴史小説『三国志演義』をベースにした各勢力の物語を追う。幕間ムービーから戦闘モードへと切り替わるシームレスプレイや、戦闘前に拠点で武将や兵士達から様々な話が聞けるなど、前作と同じ要素が多く取り入れられているのも本作の大きな特徴の1つである。
また、「他伝」以外の4つは15ステージ前後で構成されており、途中で特定の条件をクリアすることで隠しステージが登場したり、本来は戦死する武将が生き延びて次のステージに登場したりする。

特に本来は戦死する武将を生存させるなどといった特殊な条件を全てクリアしていくと、本作オリジナルの物語が展開されるIFルートが登場する。ただし、IFルートを発生させるための条件の中には、プレイヤー武将が弱いとクリアが難しいものがあるので、最初は条件をクリアせず、本来の歴史通りに進むのがおすすめである。ちなみに本来の歴史に沿って展開されるルートは、史実ルートまたは通常ルートなどと呼ばれている。
なお、他勢力の武将を扱う「他伝」は、基本的には武将1人1人に対応した独立ステージとなっており、IFルートは存在しない。

『真・三國無双7 猛将伝』

004

『三国志』最強の武将・呂布を主人公としたストーリーモード「呂布伝」がメイン。『真・三國無双7』の4つの勢力と同様に、特殊な条件を全てクリアすればオリジナルの展開を楽しめるIFルートが出現する仕様となっている。その他の勢力も、于禁・朱然・法正などの新たに追加された武将が活躍する新ステージや、ギャグ的要素の強い外伝ステージなどが追加されている。

記録を競うチャレンジモードは、10分間に倒した敵の数を競う「暴風」、10分間に場外へ落とした敵の数を競う「彗星」、プレイヤーがやられるまでに倒した敵武将の数を競う「百花」、目的地に到達したタイムを競う「迅雷」、敵を全滅させたタイムを競う「烈火」の5つの種目がある。PSネットワークのスコアランキングに対応しており、全国のプレイヤーと腕を競うことができる。

『真・三國無双7 with 猛将伝』

『真・三國無双7 with 猛将伝』 PS4× PS3 比較映像

『無双』シリーズ初のPS4作品。タイトル通り『真・三國無双7』と『真・三國無双7猛将伝』とを1つにしたもので、ストーリーやシステムなどに変化はないが、グラフィック面が強化されたことで表示される敵の数が増え、より一騎当千の爽快感を味わえるようになった。
衣装や武器、ステージの描画も細かくなり、光の描写や金属の質感がレベルアップしたことで、PS3版とは別物と化した武将やステージがあるほどである。

『真・三國無双7 Empires』