目次

  1. MOTHR2 ギーグの逆襲
  2. 主人公ネス
  3. ポーラ
  4. ジェフ
  5. プー
  6. MOTHER2の世界
  7. Wii版「MOTHER2ギーグの逆襲」発売中!!

MOTHR2 ギーグの逆襲

15641

初代『MOTHER』の発売から5年余りが経過した1994年に発売されたシリーズ第2作。前作からプラットフォームはスーパーファミコンに推移し、ファミコンでは出来なかった事をやるという事を目標に開発された。システムはもちろん、格段に向上したグラフィックを用い、前作を遥かに上回った緻密で鮮明な世界観描写がなされている。

ある夜、オネットに落下した隕石から現れたカブトムシのような姿をした生物ブンブーンから、宇宙最大の破壊主ギーグの暴虐で世界が荒廃するという未来の危機、そして自分が未来を救う救世主となるべき存在であることを知らされ、自分に眠る力を呼び覚ます8つのパワースポットと共に戦う仲間を探して旅に出る。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

主人公ネス

1105923i

違う地球のとある国、イーグルランドにある小さな町オネットに生まれ住む12歳の少年。
一見ごく普通の少年だが、生まれながらにして超能力を持っている。赤い野球帽と青と黄色のボーダーシャツがトレードマーク。黄色いリュックサックを背負っている。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

ポーラ

Images

ツーソンにあるポーラスター幼稚園の園長の娘である11歳の女の子。主人公ぼくとは同年齢。幼い頃から超能力が使えた為、街では超能力少女として有名で、テレビの取材も多かったらしい。また「可愛い女の子」と呼ばれており、端正な顔立ちであることが伺える。第六感が鋭く、自分たちの進むべき道が直観的にわかる他、予知能力を持つ。自分が地球を救う選ばれし子供たちのひとりである事は、ネスと会う前から既にわかっていたらしく、ネスがオネットにいる時からテレパシーで彼に呼びかけていた。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

ジェフ

20100811 004

主人公と同い年。ウィンターズのスノーウッド寄宿舎に暮らしていた寮生。おんなのこのテレパシーを受け、寄宿舎を離れ、スリークへ向かう。アンドーナッツ博士の息子。しかし確執があったのか、ラスボスを倒すまでアンドーナッツ博士のことを「おとうさん」と呼ばない。父親譲りなのか技術力はピカイチで、墜落したスカイウォーカーを1人で直すほどである。戦闘ではこの特技を生かすタイプの行動がほとんど。極度の近眼で力も弱く、臆病な性格と自称している。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

プー

6111fcf9

白い道着を着用し、髪型は弁髪。主人公よりは少し年上で背が高い。故郷ランマや彼の合流するサマーズで通行人の女の子に話すと彼はモテている。
無の修行を積み、素手での格闘と超能力に長ける。西洋料理には慣れず、ハンバーガーやピザなどでのHPやPPの回復は他のキャラクターと比較して少ない(ランマで買える料理の場合は他の仲間よりも多く回復する)。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

MOTHER2の世界

Images  1

スリークを支配しているボス、ゲップー

Images  2
49605384
20140827 00000001 dengeki 017 10 view

ネスはハンバーガーが大好物

20140827 00000001 dengeki 042 10 view

サターンバレーに住む謎の生き物、どせいさん

20140827 00000001 dengeki 016 10 view

ネスのお父さんは基本的に登場しませんが、いつもネスのためにお金を振り込んでくれます。

Wii版「MOTHER2ギーグの逆襲」発売中!!

WWW.NINTENDO.CO.JP