目次

  1. .hack//G.U.
  2. .hack//Roots
  3. .hack//G.U.+
  4. .hack//G.U.(小説版)
  5. .hack//G.U. TRILOGY
  6. 関連記事

.hack//G.U.

Pkg

まずは本流、ゲームの.hack//G.U.。
前作から一つ減った全Vol.3のPS2のゲームです。
アクションゲームとして前作から大幅に昇華、生真面目だった前作主人公・カイトと比較し、ダークヒーロー感の強い新主人公・ハセヲ、非常に完成度の高いアバターステージなど、アクションRPGとして非常に面白いゲームとなっています。
.hack//の導入としてもなかなか優秀なシリーズだと思います。

.hack//Roots

Imagesroots

Rootsは、.hack//SIGNのようなアニメ版。主人公・ハセヲの前日譚となっています。
ゲームでは八ヶ月と省略された部分をアニメにするというメディアミックスで、こちらは基本的にはG.U.に繋がる本流の作品となっています。
しかし、微妙に掴みきれない雰囲気、空気の違いすぎるようなキャラ、酷い作画が重なり合い、最終的にG.U.本篇と若干の矛盾が起きるという……。
いろいろと残念だったと言われる作品です。

.hack//G.U.+

News large hack01

漫画版で展開された.hack//G.U.+。
全五巻で、三巻まではゲームにそったストーリー、四巻からはオリジナルの展開となっています。
また、どんどんと形態を変えるのが面白いハセヲも、最初の姿で固定され、後半には姿を変えましたが、これも相違点と言えます。

漫画作品だからか、台詞や表現が過激で、ハセヲのキャラクターもG.U.本篇とは若干違うような雰囲気もあります。
ゲームとはまた違った面白さがありますね。

.hack//G.U.(小説版)

515sttchsil

メディアミックスの中でも一番の異色作が、小説版G.U.
G.U.と言えば憑神アバターというのが有名ですが、なんとこのシリーズにはそれが憑神器アバターとされ、スケィスやイニスと言った八相がすべて、武器としての姿をしています。
そのデザインはゲームの八相武器に準拠となっていますが、さらにはゲームとキャラクターのジョブを変えることで、武器被りなどを防いでいます。

そして一番の特徴は、最終巻の表紙になっている、ハセヲのオリジナルフォームです。
他メディアミックスではぼかされていたハセヲ=前作の楚良という設定を全面的に拾い、楚良の記憶を取り戻す=真のハセヲとなり、スケィスの力を完全に振るうというストーリーになっています。

仏教などの宗教観や、インド神話の話を持ち出すなど、かなり難解なストーリーになっています。

.hack//G.U. TRILOGY

Top

ゲーム版.hack//G.U.のストーリーを、一時間半の映画として再構築したOVA作品が、TRILOGYです。
ハセヲとオーヴァンという二人に視点を絞り、登場キャラクターも大幅に減少。
オリジナル・ハセヲB-stフォームのど派手なバトルや美麗なフルCGムービーは、一個の作品としても最高だと思います。

というわけで、.hack//G.U.のメディアミックスたちでした。

どれか一つを見るだけでも面白いですが、ぜひすべてを見て、その違いを比較してみるとより面白いですね。

関連記事

RENOTE.JP

RENOTE.JP

RENOTE.JP

RENOTE.JP