目次

  1. 「お前誰だよ!」視聴者を困惑させたD機関の人間達
  2. キャラが覚えられない視聴者が続出
  3. 結城中佐(ゆうき ちゅうさ)
  4. 佐久間中尉(さくま ちゅうい)
  5. 三好(みよし)
  6. 神永(かみなが)
  7. 小田切(おだぎり)/本名:飛崎弘行(とびさき ひろゆき)
  8. 甘利(あまり)
  9. 波多野(はたの)
  10. 実井(じつい)
  11. 福本(ふくもと)
  12. 田崎(たさき)
  13. 視聴者の間でも見分けるポイントについて議論が続く
  14. しかし、外見での見分け方には落とし穴が…。
  15. もう見分けられないからキャラの声で覚える
  16. まとめ
  17. ジョーカー・ゲーム 関連記事

「お前誰だよ!」視聴者を困惑させたD機関の人間達

%ef%bc%91

※結城中佐の合成感についてはスルーでお願いします。

第1話にして登場したD機関の人間たちは、合計10名。
結城中佐を筆頭に佐久間中尉、そして学生である三好・神永・小田切・甘利・波多野・実井・福本・田﨑が一気に登場します。
これ加えてほとんどのキャラデザが似ているという事で、視聴者の頭は混乱を余儀なくされました。

(´・ω・).。oO (ていうかこれ、なんて乙ゲー?

キャラが覚えられない視聴者が続出

という事で今回はD機関のキャラクター達に迫りつつ、それぞれの特徴および見分け方についても探っていきたいと思います。

結城中佐(ゆうき ちゅうさ)

D機関の創立者にして実質的にこれ動かしている人物です。普段は冷淡な喋り口調と無表情を貫いています。
自身も優秀なスパイとして活躍した過去には日本軍に有益な情報を数多くもたらしました。
佐久間の調べによると右手の杖は「偽装をしやすくする為のフェイク」で、義手の左腕に相手の目が行くのを防いでいるそうです。
彼の正体に迫ろうとするものは、ことごとく結城中佐に出し抜かれています。

%e7%b5%90%e5%9f%8e%e4%b8%ad%e4%bd%90

見分けるポイントとして押さえておきたいのは、
●オールバック
●右手に杖をついている
●D機関員の中でも一番歳をとっている容姿……など。
後、神出鬼没です。
他の若いキャラに比べて存在感もありますし、結城中佐は第1話からかなり喋っていたので記憶にある方も多いのではないでしょうか?

cvは堀内賢雄さん。代表作に「機動戦士ガンダムΖΖ/マシュマー・セロ 役」「フルハウス/ジェシー・コクラン 役」などがあります。

14b2cbb3

※第2話「ジョーカー・ゲーム(後編)」では”小さな貿易会社の社長”に扮します。料亭・花菱の女将曰く常連客で、小さな貿易会社の社長さんは愛想がよく、若い芸者をしょっちゅう笑わせているそうです。

ただの遊び人じゃねえか。

8dcc8152

※第3話「誤算」では、フランスのとある教会にある懺悔室に出没しました。
現地で潜入捜査をしていた波多野(島野亮祐)からフランス国内の情勢について報告を得ると同時に任務終了・即時帰還を言い渡します。

64560f1f

※第6話では田崎の飛ばした伝書鳩を大連(中国)で待ち構えてゲットします。
しかし、彼らの得た有益な情報は上手く使われていないのだとか…。心なしか結城中佐の背中が悲哀を帯びています。

49cc0200

※第9話では、とある宿の一室に居た現役のエロオヤジとして登場。普段とは違う軽い声色と柔らかな物腰が特徴で、その変装っぷりは仲居達の目だけでなく、風機関の人間や視聴者の目をも欺く程でした。

このエロオヤジこそが結城中佐の本性なのかもしれません。

Eb77728e

※第10話では有崎晃と親しくしていた謎の男として登場し、自らの過去さえもスパイをおびき出すための餌として利用していました。
また、自分の名前を聞かない事と将来晃について調べに来た人物に有崎家の元使用人が話すべき内容を教える事を条件に、寝たきり状態となっていた晃の療養費を負担していることが判明します。
ただ「有崎晃=結城中佐」本人であるのか?有崎晃の過去はどこまでが本物なのか?そもそも有崎家の使用人が覚えている「謎の男」は実在したのか?
という点においては、有崎晃を調べ上げようとしたスパイ(アーロン・プライス)にも視聴者にも明確な真実は明かされませんでした。

E4f7d69a

※第11話ではかつてドイツに潜伏し半年以上に渡ってドイツの機密情報をかすめ取っていたことが判明します。その後、日本の陸軍参謀本部に売られ、スパイとして拷問を受け他にも関わらず、最終的には諜報機関アプヴェアに所属するヴォルフ大佐の監視の隙を突いて、敵から手榴弾をくすねて爆発させた後、脱走に成功しました。
ちなみに、左腕を負傷したのはこの時だと思われます。

とんでもない男前でしたね。

E9887f96

※同じく第11話では現在の時間枠でも登場し、三好の”引き継ぎ”相手として現場に現れています(背中だけ写ってた男)。
三好が遭遇したと思われる列車事故の連絡を受けた時にはベルリンへ急行。死亡した三好の遺体が身につけていたシャツの襟元から協力者名のリストが記載されているマイクロフィルムをいち早く回収し、協力者のフォローをする為にその場を立ち去りました。

佐久間中尉(さくま ちゅうい)

D機関に出向した陸軍出身者です。
当初は軍人一色の熱血漢で、陸軍人とは余りにもかけ離れた機関員の振る舞いに反感を持っていましたが、ゴードン邸の一件や機関員とのやり取りを経て柔軟な思考を持つようになります。これが佐久間自身の洞察力等の新たな能力を発揮させる事に繋がり、第2話では結城中佐に『(スパイになる)訓練を受ける気はないか?』とスカウトされました。
その後、佐久間がどうなったのかはアニメでは明らかになっていません。果たして彼の選んだ答えとは…?

%e4%bd%90%e4%b9%85%e9%96%93%e4%b8%ad%e5%b0%89