目次

  1. 「お前誰だよ!」視聴者を困惑させたD機関の人間達
  2. キャラが覚えられない視聴者が続出
  3. 結城中佐(ゆうき ちゅうさ)
  4. 佐久間中尉(さくま ちゅうい)
  5. 三好(みよし)
  6. 神永(かみなが)
  7. 小田切(おだぎり)/本名:飛崎弘行(とびさき ひろゆき)
  8. 甘利(あまり)
  9. 波多野(はたの)
  10. 実井(じつい)
  11. 福本(ふくもと)
  12. 田崎(たさき)
  13. 視聴者の間でも見分けるポイントについて議論が続く
  14. しかし、外見での見分け方には落とし穴が…。
  15. もう見分けられないからキャラの声で覚える
  16. まとめ
  17. ジョーカー・ゲーム 関連記事
6c8ebd1d

※第12話「XX ダブルクロス」では、2重スパイの疑いがかかっていたカール・シュナイダーを監視している最中に死亡させてしまうという失態を犯してしまいます。しかし小田切はシュナイダーの人柄を冷静に分析し、他殺であった可能性を提示。その後結城中佐に命じられた他D機関員の調査報告と、自らの再調査結果を総合してシュナイダーの死の真相を暴き出しました。

甘利(あまり)

性格も社交的で面倒見がよく、機関員たちの兄貴分的な存在。自由人の気質を持ち、細かいことにこだわりません。女性の扱いに慣れています。

出典: JOKERGAME.JP

%e3%81%82%e3%81%be%e3%82%8a

基本的に
●なんか女遊びしてそう、なんかチャラそう、なんか幼女手懐けそう、
と感じたら80パーセント甘利だと思って間違いはないです。
また
●子供の警戒心を瞬時に解き手懐ける
だけでなく、
●口笛でイルカを呼び寄せる
●他人の犬を手懐ける
事も得意としています。人間問わずコミニュケーション能力に長けているようです。

cvは森川智之さん。代表作は「地獄先生ぬ〜べ〜/玉藻京介 役」「剣風伝奇ベルセルク/グリフィス 役」など。

073268

※第1・2話「ジョーカー・ゲーム(前後編)」では憲兵隊のひとりに扮し、ゴードン邸を家宅捜索しました。

B6aa3f07

※第7話では日本の技術者内海修(うつみおさむ)として登場します。
この時の任務は英国スパイであるジェフリー・モーガン(ルイス・マクラウドと名乗る)の日本への入国を阻止することでした。
ジェフリー・モーガンは船上で「ケルベロス」という名の暗号名を持った「何者か」に暗殺されますが、内海(甘利)はその正体を突き止め、自主を促した後にケルベロスの娘とその連れの愛犬フラテを引き取りました。

波多野(はたの)

愛嬌がある一方プライドが高く、小生意気な性格をしています。機敏で体術の達人です。

出典: JOKERGAME.JP

フランスはマルセイユにて一時的な記憶喪失に陥ったにも関わらず、故障した銃を分解し再び組み上げた後、ドイツ兵を撒くために小麦粉とふいごを使って粉塵爆発を起こしました。
意識が朦朧とした中でも鏡の反転文字を読む知能を見せつけ、ロシア語でうわごとを言っていた事から、ロシア語とパリ訛りのフランス語を習得している事が判明しています。

%ef%bc%91

見分けるポイントとしては
●垂れ目
●真ん中分けの前髪
●小柄な体格
です。
●腕を後ろで組むクセ
もあります。
機関員の中で一番小柄なら波多野と思って間違いはないでしょう。

cvは梶裕貴さん。代表作は「進撃の巨人/エレン 役」「マギ/アリババ 役」などがあります。

073268

※第1・2話「ジョーカー・ゲーム(前後編)」では憲兵隊のひとりに扮し、ゴードン邸を捜索しました。

9101a9a0

※第3話「誤算」では、日本人留学生の島野亮祐としてフランスに潜入します。

F9a6cc87

※第10話ではスパイ容疑のかかったアーロン・プライスという男の拷問シーンで、アシスタントとして登場。

Dde1331c

※第12話「XX ダブルクロス」では、遺書の実物を調べ、”秘密インクはなし。紙も近所で購入したものだった”と小田切に報告します。

”ナルシストでない皮肉屋”って何だ。
”ナルシストな皮肉屋”も居るって事か?三好のことか?

実井(じつい)

気さくな性格で、普段は物腰柔らかいですが、敵対する相手に対しては時にサディスティックな冷酷さを見せます。

出典: JOKERGAME.JP

%ef%bc%92

外見的特徴に
●中性的な容姿
●小柄な体格
があります。また、
●どことなく可愛らしさを兼ね備えている男(視聴者目線)
という意見もあります。
主要回を見た限りですが、若干2重人格っぽい雰囲気も放っていました。

cvは福山潤さん。代表作は「コードギアス反逆のルルーシュ/ルルーシュ・ランペルージ 役」「中二病でも恋がしたい!/富樫勇太 役」など。