目次

  1. ホームズのイメージモデルになった人は2人いる。
  2. おなじみのポーズ1
  3. おなじみのポーズ2
  4. バイオリンの演奏
  5. ディアストーカー(鹿討帽)
  6. 相棒ジョン・ワトソンとシャーロック・ホームズ

ホームズのイメージモデルになった人は2人いる。

12 w paget

ホームズのイメージを決定付けたシドニー・パジェットには、同じ画家であるウォルターという弟がいました。シドニーはイケメンな弟をモデルにホームズを描いたと言われています。ご覧のように確かに理知的なイメージの美男子ですね。ビジュアル的には彼が「ホームズ」らしさを形作ったことになるでしょう。

また、これとは別に、「ホームズ」物語の原作者コナン・ドイルには、医学生だった頃、抜群の推理力で患者の職業や病名をずばり的中させるジョセフ・ベル教授という知り合いがいました。常に人の一歩先を行く、天才的な推理力の持ち主ホームズのイメージはこのベル教授がもとになっています。

03 bell

ちなみにベル教授はこんな人です。彼もなかなか整った顔立ちの方だったようですね。

さて、ここからは主に前述したシドニー・パジェットの挿絵をもとに、現段階で最もシャーロック・ホームズを魅力的に描いたと思われる2つのドラマシリーズに焦点を当て、同じ場面をそれぞれどのように描いていたかの比較をしてみたいと思います。

1つは1980年代前半から1990年代前半にかけて、イギリスグラナダTVで制作された「シャーロック・ホームズの冒険」シリーズ。
もう1つは2010年から放映継続中(現在第4シリーズ待ち)の同じくイギリスBBC制作「シャーロック」シリーズです。

おなじみのポーズ1

50a7b101e340b09db1079e31368c6c0b

椅子の上で膝を抱え、背中を丸めて思索中のホームズ。難問にぶちあたった時、しばしば彼はこういうポーズを取りました。

67e64498cdddb932b3f51e6514b67e34

上がグラナダTVでホームズを演じた、ジェレミー・ブレット(JEREMY BRETT)、下がBBCで「シャーロック」を演じているベネディクト・カンバーバッチ(BENECICT CUMBERBATCH)です。背が高くて、手足が長いイケメンじゃなければ、似合わないポーズ。

おなじみのポーズ2

1266754301

「両手の指先をあわせて」と表現されるポーズ。何かを考えようとする時にホームズがよくするポーズです。

2be769e8ab01337e48189b0f8d983b7e

挿絵そのまんま、という感じのジェレミーホームズ。本当にそこにホームズがいる!という気さえします。

20100811235948

そしてベネディクト=シャーロックもこんなポーズをシーズン1の第1話「ピンク色の研究」で披露していました。この時彼の腕の内側には、煙草代わりのニコチンパッチが貼ってありました。原作のホームズは煙草をかなり吸いますが、現代のイギリスでは自由に煙草を吸える場所が極端に少ないため、こんなことになったわけです。

バイオリンの演奏

T02200223 0223022612811411592

ホームズは気持ちを落ち着けたい時などによくバイオリンを弾きました。子守唄を奏でてワトソンを寝かしつけたこともあるようです。また、バイオリンの演奏会にもしばしば足を運んでいます。

Img045

優雅なフォームでバイオリンを奏でるジェレミー=ホームズ。如何にもヴィクトリア時代らしい雰囲気です。ちなみにこのバイオリンは名器ストラディバリウス。古物商で只同然でこれを買ったというホームズは、バイオリンに関して大変な目利きでもあったようです。

3eb957b6ea3e3a72201ad5e591569da7

21世紀のシャーロック・ホームズもちゃんとバイオリンを弾いています。第3シリーズでは、結婚するジョンのために、自作の曲をバイオリンで演奏してみせたりしています。カンバーバッチは腕が非常に長いので、こういう仕草がとても様になりますね。

ディアストーカー(鹿討帽)

2013 12 16 02

もともと原作内では、ホームズがディアストーカーを被ったという描写はないのですが、パジェットの挿絵の影響で、ホームズと言えば「パイプとディアストーカーとインバネス(コート)」というイメージが出来上がったそうです。

3d2d3067aecb044e9f89d8cb4ebec3e3

ロンドンの街中では、いつもきちんと黒のシルクハットを被っていたグラナダTV版のホームズ。地方での事件捜査がある時だけ、このようにディアストーカーを被っていました。

Fda9a881ea54ef788e3dbfaab2ab6562

「あのヘンテコな帽子を被った探偵」と、ドラマで言われたりもしてた現代のシャーロック・ホームズ。しかしドラマの回を追うごとに、段々とこの姿にも馴染みが出てきました。

相棒ジョン・ワトソンとシャーロック・ホームズ

Paget holmes

パジェットの挿絵では、ワトソン単独の挿絵が見つかりませんでした。ワトソンは常にホームズと一緒にいる存在、と捉えられていたのかもしれません。アフガン戦争から傷痍軍人として本国に戻り、再び医者として仕事をするかたわら、親友ホームズの数々の輝かしい難事件解決を物語として綴ったワトソン。彼の果たした役割りはそれだけではありません。気難しくて常人と感覚が大きく異なるホームズの「おもり役」「聞き役」としてなくてはならない存在でした。

8 20120403225153

グラナダ版でワトソンを演じたのは、一話目から「最後の事件」までがデヴィッド・バーク、「空き家の怪事件」から最終話までがエドワード・ハードウィックでした。どちらのワトソンも温かみがあって、常識人で、エキセントリックなホームズをそばで優しく見守り、時にはしかりとばし、また時には一緒に危ない橋を渡る事もある、そんな頼りがいのある存在でした。

Tiny

BBC「シャーロック」のジョン・ワトソンを演じたのはマーティン・フリーマン(MARTIN FREEMAN)。映画「ホビット」シリーズでは主役も演じている俳優です。皮肉にも原作と同じように、現代のイギリスでも少し前にアフガン戦争があったため、現代のワトソンも軍医としてアフガニスタンに赴き、そこで怪我を負い除隊。帰国後PTSDになりロンドンで引きこもり生活を送っていた時、ふとしたことでシャーロックに出会う・・・という経緯が第1話で描かれていました。グラナダ版と違うのは髭がないこと。しかし第3シリーズの第1話では何故か口ひげをはやしているジョンが登場して、びっくりしました。いろいろあって、結局その髭はそり落とされるのですが。こちらのジョン・ワトソンも温かみがあって、常識人です。そしてグラナダ版同様、シャーロックを支える、なくてはならない存在です。
また、現代の「ワトソン」らしく、シャーロックの事件を紹介するツールはネット。自分のブログの中でシャーロックが発表してもよい、と許可をした事件に関する記事を書いています。