閲覧注意?狂気を感じるNHKの歌まとめ

Z322026096

子供たちのための楽しい歌番組『みんなのうた』をはじめ、NHKでは数多くの歌が放送されている。明るく元気な歌がたくさん放送される中、トラウマ級に恐ろしい、もはや狂気を感じる歌もよく流れている。今回は狂気を感じるNHKの歌をふりかえることで、みなさんのトラウマをどんどんえぐっていきたいと思う。

『みんなのうた』とは

Non21

1961年に放送を開始し、2011年に50周年を迎えたそうな。

「みんなのうた」はNHKのテレビ・ラジオで放送されている5分間の音楽番組です。
隔月で良質なオリジナル楽曲とアニメーションなどによる楽しい映像を制作・放送し、こどもから大人まで、幅広い世代の視聴者の皆様にご支持いただいています。

出典: www.nhk.or.jp

なるほど、素敵な番組じゃないか。

…などと言っていられないことくらいもう十分知っている。

『みんなのうた』に潜む狂気…

大変だ、視聴者がおびえているぞ…!

そうだ。
『みんなのうた』には狂気が潜んでいるのだ。

『みんなのうた』、そしてその他NHKの番組で放送された狂気にあふれた名曲たちを、強靭なメンタルでふりかえっていこう。

さとるくん

『さとるくん』2007年

えっそれって絶対幽れ…。

こわい。こわいぞ。
どうしてこんなものを平気で流すんだ。
こんなものを流されて子供たちは何を思えばいいんだ。

公共の電波(しかも有料)を使ったただの嫌がらせである。

メトロポリタン美術館

『メトロポリタン美術館』1984年

最初から嫌な雰囲気はにじみ出ていたが、最後は何なんだ。
どうしたんだ、一体。

世界観がわからない。
というよりもはやすべてにおいて意味が分からない。

「何だったんだ今の…」という感覚だけを残していく歌だ。

まっくら森の歌

『まっくら森の歌』1985年

「まっくら クライ クライ」…?
(こいつは何を言っているんだ…)

無駄に壮大な音楽と透き通った歌声、謎めいた歌詞がじわじわくる一曲。

月のワルツ

『月のワルツ』2004年

…何だこれは。

この歌は前二作とともに「みんなのうた三大トラウマソング」と呼ばれているが、明らかに異質である。
確かにアニメーションは気持ち悪いし歌詞も子供に聞かせてどうなるんだといった感じだがさほど恐ろしくはない。

なのになぜこんなに心が乱されるのか。

恐怖感のある映像でなくても幻想的かつ目まぐるしい展開に頭が追い付かなくて、そのまま鮮烈なインパクトがトラウマに近い形で残ってしまう

出典: dic.pixiv.net

わかるような、わからないような。

メロンの切り目

もふもふさん
もふもふさん
@mfmf1201

Related Articles関連記事

谷山浩子(たにやまひろこ)の情報まとめ【経歴・人物(メンバー)・アルバム・代表曲】

谷山浩子とは、日本のシンガーソングライター。代表曲はNHK「みんなのうた」で流れた「まっくら森の歌」「しっぽのきもち」など。作風は小さな子でも聞ける童話的なものから歌謡曲チックなもの、シュール・ブラックメルヘン・感動系なものまで様々。物語が見えてくるようなファンタジーな歌詞が多く、谷山浩子ワールドを繰り広げている。2012年にデビュー40周年を迎えた。

Read Article

迷い込んだ感じがいいのです・・・意味不明、架空の言語を使用した曲まとめ

リズムに乗る、歌詞の意味をかみしめる、作品の世界に想いを馳せる・・・楽曲の楽しみ方はいろいろあると思いますが、英語やフランス語の歌詞でも、分かる人には分かりますし、分からない人でも楽しめます。歌詞が何語だっていいんです。それこそ、意味の分からない、架空の言語であっても・・・。

Read Article

Contents