ヴァルキリープロファイル(VALKYRIE PROFILE)のネタバレ解説・考察まとめ

1999年に「トライエース」が開発し「エニックス」から発売されたPlayStation用ソフト。
2006年に【ヴァルキリープロファイル -レナス-】でPlayStation Portable用ソフトとしてリメイクされる。戦闘はターン制だが、ダンジョンはアクションと二面性を持つシステムを採用している。
北欧神話をモチーフに、レナスが世界の終わり「ラグナロク」を回避するために世界を旅する。

ダンジョンを攻略すると神界の道具「アーティファクト」が手に入る。
アーティファクトは神界へ送ることで評価値が上昇するが、送ることを拒むことで評価値は減少するが入手することが可能になる。
アーティファクトは様々で「武器」や「装飾品」、「ドーピングアイテム」など様々な物があり、どれも強力な効果が備わっている。入手することで攻略が楽になる為、現在の評価値と相談して、使えそうなものは手元に置いておくなど判別することが出来る。

登場人物・キャラクター能力

仲間のキャラクターはレベルアップと共にCP(キャパシティポイント)というポイントが得られる。CPは仲間を強化するために使用する。
CPの振り分けは大まかに「戦闘スキル」「技能スキル」「人物特性」の3つに分けられる。ただし、レナスを含めた神族の仲間には「人物特性」が存在しない。

戦闘スキル

戦闘に関係するスキルになる。
「攻撃力」や「防御力」などの基礎ステータスの強化や、自動でアイテムを使用する「オートアイテム」や確率で自動回復する「ファースト エイド」などの戦闘サポートスキルがある。

技能スキル

知識や統率能力など神界で活躍する際に使用するスキルになる。
一部のスキルは基礎能力が上がったりするが、ほとんどは人間界で使用せず役に立たないスキルになる。
主に神界にエインフェリア(仲間)を送る際、対象となるエインフェリアに覚えさせ神界で活躍させるためのスキル。

人物特性

対象となるキャラクターの性格改善を行う。
改善される内容はキャラクターごとに違い、それぞれ「プラス」の個性と「マイナス」の個性が存在する。
「プラス」の個性は「自己犠牲」「勇敢」「気丈」などの美点になり、「マイナス」の個性は「自分勝手」「臆病」「冷徹」などの欠点になる。
美点はより良くし欠点は改善することで、エインフェリアとしての格が上がり「勇者適正値」というポイントが上昇する。
修正し勇者適正値が一定以上になることで初めて神界へ送ることが出来るようになる。

この性格改善はゲームデザイナーの意図がある。それは、エインフェリアの性格を無理やり改善して神界に送ることへの疑問であり、人間を好き勝手に使う親族に対する反感である。
この考えは、神界と決別し人間界を見守るAエンディングへの布石となっている。

武器

本作の武器はキャラクターごとに装備できる武器の種類が違う。
武器の種類は「剣」「大剣」「刀」「槍」「弓」「杖」「専用武器」に区分され、それぞれが装備できる武器を使用する。

登場する武器の中には壊れる物もある。
大まかに分けて「神界で作られた壊れない武器」と「人間界で作られた壊れる武器」になる。壊れる武器は破損率が存在し、一回ごとの使用で判定される。そして破損した武器は消滅する。

キャラクターの攻撃回数は最大で3回+決め技になるが、これは武器によって変わってくる。
武器によっては「性能は良いが決め技が無い」物や「攻撃回数が1回と決め技しかないが攻撃力は高い」など癖がある物も存在する。

ダンジョン

本作のダンジョンはサイドビュー形式の2DCGで表示される。そのダンジョンをプレイヤーはレナスを操作し、「物を持ち上げる」「ジャンプする」「オブジェクトを動かす」「晶石と呼ばれる氷塊の足場を作る」などをして謎解きを行うアクションゲームになる。
また、敵はシンボルエンカウントになり、剣を振る動作を行い敵シンボルに当てることで先制攻撃を仕掛けることが出来る。

ダンジョンにはそれぞれ特徴のある仕掛けが存在しており、ダメージを受けるトラップやマップ自体が変化するトラップ、中には強制的にダンジョンから追い出されるトラップなどがある。仕掛けを搔い潜りダンジョンの最深部に居るボスを倒すことが目標となる。

戦闘

戦闘はターン制バトルになる。
前衛3人+後衛1人になり、後衛は敵からの近接攻撃を受けないと共に、近接攻撃を行うことが出来ない。
4人の戦闘メンバーは4ボタン(〇×□△ボタン)に対応しており、対応するボタンを押すことでそれぞれの攻撃回数分攻撃することが出来る。
攻撃の型はそれぞれのキャラクターごとに3つ用意されており、対応ボタンを押すごとに設定された攻撃の型を順番に行っていく。設定はステータス画面から変更可能で、3つある型をどの順に行うかを設定可能になっている。
型の中には「敵を空中に浮かせる」「敵を後ろに弾き飛ばす」「広範囲に攻撃をばらつかせる」など様々あり、敵のサイズの違いや、敵を攻撃で動かすことによって後続の攻撃が当たらないことがある。そのため、どの順番で攻撃の型を設定し、どのタイミングで攻撃ボタンを押すかを考えて行う必要がある。

登場するキャラクターは戦闘開始時にレナスが実体と作成し戦闘メンバーとなる。
戦闘メンバーは「DME(ディバイン・マテリアライズ・エナジー)」という値をが耐久力(他の作品でいうHP)になっている。これは、魂だけしかない戦闘メンバーを実体化させる為にレナスから供給されるエネルギーになる。
戦闘でダメージを受け0になり戦闘不能となる(他の作品同様HPが0になると戦闘不能)他、DME供給元であるレナスが戦闘不能になって数ターンが経過しても全滅になる。
なお、一部の戦闘以外は全滅してもゲームオーバーにならずにダンジョンの外に追い出される。

CT

格戦闘メンバーにはCT(チャージターン)が存在する。
CTは「決め技」や「魔法」を使用した際に増加し、ターンの経過で減少する。CTが溜まっている状態では決め技と魔法が使用することが出来なくなる。

CTの回復はターン経過以外に、敵を攻撃して出現する「紫炎石」を入手しても回復する。

魔晶石・紫炎石

画像に映る水色の結晶が「魔晶石」、青と赤の球体が「紫炎石」

敵を攻撃していると「魔晶石」と「紫炎石」というアイテムを落とす。
魔晶石は敵が空中に浮いている際に攻撃を当てる。紫炎石は敵が地面に付いている際に攻撃を当てることで出現する
出現したアイテムはターン終了後に自動的に入手する。

「魔晶石」は結晶の形をしたものになり、入手することで戦闘終了後の経験値に加算される。
「紫炎石」は球体の形をしたものになり、入手することでCTが回復する。
また、稀に魔晶石と紫炎石の代わりに「宝箱(ドロップアイテム)」を落とすことがある。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents