Plastic Tree(プラスティック トゥリー)の徹底解説まとめ

『Plastic Tree』とは、1993年に結成され現在も活動の幅を広げる四人組ヴィジュアル系ロックバンド。1997年にメジャーデビュー後、幾度かのメンバーチェンジを経て現在のメンバーとなる。
「プラ」「プラトゥリ」などと呼ばれることが多く、叙情的なギターロックサウンドにふんわりとした雰囲気のボーカルが乗る特異な雰囲気を持つバンド。

概要

1993年、ボーカルの有村竜太朗と長谷川正が中心になって結成。1994年にナカヤマアキラが正式加入した。
1997年1stシングル「割れた窓」でメジャーデビューするものの、1stアルバム『Hide and Seek』発表の後に所属事務所が業務解散してしまう。その後事務所を変更し、活動を軌道に乗せる。
鋭く尖ったギターサウンドに、有村の浮遊感とエモーショナルさが混じり合ったボーカルが乗るのが特徴。唯一無二の存在として活動を続け、2013年にはバンド結成20周年を迎えた。
その繊細な詞世界とPVなどに見られる独特のアートワークは後進のバンドにも影響を与えている。
ファンのことを「海月(くらげ)」と呼称する。
初期の頃から「サーカス」「理科室」というモチーフを好み、CDのコンセプトやライブでのモチーフに使用することがある。
2000年代中盤からシューゲイザーの影響が出たサウンドに変化し、世界的に通用するロックサウンドとなった、

メンバー

有村竜太朗

出典: arimuraryutaro.com

ボーカル&ギター担当。
捉えどころのない不思議な声をしており、どこか客観性を帯びた歌唱をする。
エモーショナルな曲になると、その声が悲しみを帯びた叫びとなり、聴くものの心を震わせる。

長谷川正

出典: img.nanos.jp

ベース担当。
メンバーからもファンからも「正くん」と呼ばれている。
堅実なプレイスタイルに、プラの世界観を彩る作曲を行うバンドリーダー。
2ndアルバムまではすべての作曲を行い、3rd以降も半分以上の楽曲を作成するメインコンポーザー。

ナカヤマアキラ

出典: img.barks.jp

ギター担当。
激しいギタープレイをしながらも、作成する楽曲は王道でストレートなものが多い。
シングルのカップリング曲を担当することが多かったが、10thシングル「散リユク僕ラ」で表題曲を担当した。

佐藤ケンケン

出典: mikiki.tokyo.jp

2009年に正式加入した5代目ドラマー。
見た目の体格からは考えられないほどパワフルなドラムを叩く。
ツイッター上などでもフランクなキャラクターでファンから親しまれている。

主な旧メンバー

TAKASHI

出典: 1.bp.blogspot.com

3代目ドラマー。
音楽性の違いでプラを脱退後、HUSHに在籍。
その後バンド活動を引退している。

ササブチヒロシ

出典: mnavi.roland.jp

4代目ドラマー。
現在はサポートドラマーやドラムチューニングとして多くのバンドに参加している。
(カッコー、東京酒吐座、KANA-BOON、cali≠gali等)

オリジナルアルバム

『Hide and Seek』

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents