ヲタクに恋は難しい(ヲタ恋)のネタバレ解説まとめ

ふじたによる日本の漫画。2014年4月にウェブコミックとしてpixivに1作目が投稿され、2015年4月にはpixivで公開されている作品と描き下ろしを含めた単行本が一迅社より発行されている。略称は「ヲタ恋」。主人公桃瀬成美はオタクだが周囲に隠している。転職先で幼馴染で見た目はいいが重度のゲームオタクの二藤宏嵩と再会し、成り行きから付き合うことになる。

概要

ふじたによるオリジナル漫画作品。2014年にpixivに一作目が投稿され、それがpixiv内のオリジナル漫画ブックマーク数1位となり注目を集める。また2014年の【次にくるマンガ大賞】の「本にして欲しいWebマンガ大賞」で1位を獲得し、2015年には実際に一迅社よりpixivに投稿された作品と描き下ろしを含めた単行本が発売された。その他にも「このマンガがすごい!2016 オンナ編」で1位を獲得している。
現在はpixivと並行し、一迅社とpixivの共同運営による配信サイト「comic POOL」で配信されている。基本的には1話完結に近い形となっている。

あらすじ・ストーリー

隠れ腐女子でヲタクのOL・桃瀬成海は転職先の会社で幼馴染、二藤宏嵩と再会する。うっかり宏嵩に声をかけてしまった成海は食事に誘うなど当たり障りのない会話でその場を切り抜けようとする。しかし成海がヲタクだということを隠しているとは知らない宏嵩が「今度のコミケ参加するの?」と発言。その一言で同僚にヲタクであることがバレてしまう。
成海はこれまで彼氏にヲタクであることがバレて振られてきた。乙女ゲームの分岐点は間違えないのに付き合う男は間違う成海は、自分の趣味に理解のある人は大体がヲタクであるにも関わらず、ヲタクと付き合うという選択肢で妥協はしたくないという理由から自分の恋愛の対象として外していた。そのため宏嵩に対しても大切なヲタク友だちとしか見てこなかった。
そんな成海に宏嵩は告白をする。自分なら趣味に付き合うことができるし、イベントにも同伴可能であると。
斯くして二人のヲタクは交際を始めたのであった。

成り行きから宏嵩との交際を始めた成海であったが、友だちから恋人になった宏嵩に戸惑い避けるようになっていた。
そんな様子を二人の同僚である、樺倉太郎・小柳花子にも呆れられ、仕事に支障が出る前に決着を付けろと言われた宏嵩は成海に近づくが逃げられる。
エレベーターまで追いつめ、なおも自分から逃げようとした成海に友人のままでいた方が良かったのかもしれないと告げる。
観念した成海は、今さら恋人になったことが恥ずかしかったと話し、二人は和解した。
ついでに樺倉と小柳の交際も発覚し、不器用なヲタクカップル2組の恋愛模様が描かれていく。

登場人物・キャラクター

桃瀬成海(ももせなるみ)

CV.伊達朱里沙
主人公。26歳。OL。オタクであることを周囲に全力で隠している腐女子。しかしコミケには同人作家として参加している。
転職先で宏嵩と再会し、付き合うことになる。過去の彼氏はオタクではなかったため、成海がオタクであることがバレて振られている。
仕事中にTL(タイムライン)警備をしているため、残業をしている。

【オンとオフ】

周囲にヲタクであることがバレることを恐れている成海は一般的な女子を装い猫を被っている。転職して宏嵩と同じ会社になったのも交際相手にヲタクであることがバレて気まずくなったため。

【可愛い。だがしかし…】

一見すると可愛らしい女性であるが、宏嵩相手にはオタク用語などを多用した会話をしており、オタクとしての自分を前面に出している。

【格差社会】

自他ともに認めるほど成海は貧乳である。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents