目指すは世界一の独裁者!? 『トロピコ』シリーズ作品まとめ

大統領(プレジデンテ)として南の島を統治するシミュレーションゲーム、『トロピコ』のシリーズ作品まとめ。シミュレーターとして使えそうなほど作りこまれた初代トロピコから、最新作『トロピコ5』まで、各タイトルの特徴や特色をまとめています。

PS4で発売された『トロピコ5』は、久しぶりに江原正士氏がナレーション&吹き替えを行っています。

本作では『時代の変化』というシステムが追加され、キャンペーンモードではミッションをクリアする毎に植民地時代→世界大戦時代→冷戦時代→現代と時代が移り変わります。時代が進むたびに新しい建造物や布告のロックが解除され、島の統治方法がどんどん広がるというシステムです。また、『技術ツリー』が導入されており、研究ポイントを貯める事で技術研究が進み、使用可能な布告や建造物が追加されます。

観光系技術を優先的に獲得して観光大国を作ったり、軍事技術をいち早く手に入れて最強の軍事国家を作ったりなど、思い通りの国を目指せます。特に軍事国家は初心者にオススメです。トロピコ5では『軍事要素が強化』されており、島内限定ですが本格的な戦争シミュレーションが出来るようになったからです。前作では他国が侵略してきたら問答無用でゲームオーバーでしたが、本作は侵略軍と戦う事が出来、それに勝てばゲーム続行が出来ます。各隊を自由に動かすことは出来ず大まかな指示しか出せないのですが、軍事施設の配置を工夫すれば有利に戦争を進められます。

監視塔で港に足止めし、動きの止まった敵軍を戦車隊で挟み撃ちにしたり、宮殿の周りを軍事施設で固めて鉄の防御を構築したり。空母やレーザー兵器などの強力な兵器を建てていれば、さらに有利かつ派手な戦争が出来ます。前作までは他国の侵略を恐れるだけでしたが、『トロピコ5』はもはや戦略シミュレーションを遊んでいるような気分になります。

『トロピコ5』の戦争の様子。これは島内の反乱軍ですが、ゲーム中ではアメリカなど他国の軍隊も侵略に来ます。何も対策をしていないとこのように宮殿を囲まれフルボッコにされてしまいます。

しっかり軍事力を伸ばしていればこのとおり。他国のご機嫌伺いしか出来なかった前作から一転、戦争で敵軍を蹴散らせる爽快感。ドンドン減っていく敵軍を見ていると、思わず「我が島の軍事力は世界一ィィィィーーーー!」と高笑いしたくなります。

プレジデンテのキャラメイクは簡略化され、分かりやすくなりました。
さらに『親族』という形で複数のプレジデンテを作成できるようになっており、島の統治に役立つ能力が複数使用可能となっています。

まとめ

いまや知名度が上がり、熱狂的なファンが増えている人気作品、『トロピコ』シリーズまとめでした。
「面白いだけじゃなく、キャラや建物、システムまでがリアルなシミュレーションゲームをやりたい」、そんな人にはまずトロピコをオススメします。とにかくベースとなるシステムが作りこまれており、まるで本当に政治を執り行っているような気分になります。それでいて堅苦しい印象はなく、遊べば遊ぶほど新しい発見がある作品です。特に都市開発・経営シミュレーション好きな人ならハマること間違いなしです。

【関連まとめ】

renote.jp

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents