【モヤさま 歴代女子アナの活躍まとめ】大江アナ・狩野アナを振り返る

狩野アナの卒業で騒然となった『モヤモヤさま~ず2』。お笑いコンビ・さまぁ~ずの大竹一樹、三村マサカズと番組を盛り上げる人気女子アナウンサーの名シーンをご紹介。

2013年、ニューヨーク支局へ転勤した大江アナに代わり、「モヤさま」初登場を果たす。
視聴者から絶大な支持を集めていた大江アナの後任なだけあって、狩野アナに対する不満や不安は各所で見聞きされていた。
しかしこの時、大江アナにはない独特のキャラが、既に醸し出されていたのである。

初出演の北新宿編で、初対面のさまぁ〜ずから「38歳?」「子供が1人いる?」と言われた。
それ以来「38歳子持ち顔」とたびたび紹介される。

出典: ja.wikipedia.org

2013年の時点で26歳。実に12歳分の誤差であった。

初回でさっそく水餃子の汁を飛ばす

一気にかぶりつく狩野アナだったが、水餃子の肉汁が噴出。
前方ではなく、なぜか顔面に向かってぶちまける。

ロケ中に発覚!狩野アナは動物が大の苦手

北海道の札幌ロケで訪れた動物園「ノースサファリサッポロ」。
入園すれば”何があっても自己責任”との注意事項が掲げられた園内で餌やり体験をする事になったのだが、狩野アナは突如悲鳴を上げ、号泣する。

狩野アナは動物(特に自分より体の大きい動物)が苦手だった。
群がってくるペリカンやカンガルー達に追い詰められ、狼狽する狩野アナの姿は、全国のお茶の間に公開された。

good-living.net

しかし、ポニーとの徒競走対決で勝利した時には、喜びの感情を爆発させる。

狩野アナは「運動神経抜群」&「超がつく程の負けず嫌い」だった

一般人との勝負にも全力で挑む狩野アナの姿は、視聴者の好感をよんだ。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents