【モヤさま 歴代女子アナの活躍まとめ】大江アナ・狩野アナを振り返る

狩野アナの卒業で騒然となった『モヤモヤさま~ず2』。お笑いコンビ・さまぁ~ずの大竹一樹、三村マサカズと番組を盛り上げる人気女子アナウンサーの名シーンをご紹介。

子供でも避けそうな遊具にも、果敢に立ち向かう。

好奇心の赴くままに絶壁すべり台を滑ったり、のぼり棒から滑り落ちたり…。
そんな事を重ねた結果、大江アナはセクハラの危険を感じ、モヤさまロケでスカートを穿かなくなった。

スカジャンの刺繍を触るフリして大江アナの胸を触る三村さん。
その無反応さに我慢できなかったのか、触った本人が事案を暴露した。

笑顔で坂を走る大江アナ。

しかし、どこも揺れず…。期待はずれの結果に落ち込む三村さん。
これに大江アナは激しく抗議した。

video.search.yahoo.co.jp

滅多に出ない!大江アナの「おいしい」は本物

さまぁ~ず曰く、”嘘をつけない”大江アナ。
番組内には昼ごはんタイムが盛り込まれているが、さまぁ~ずの2人に比べると大江アナは中々「おいしい」と言わない。
そんな彼女が「おいしい」と明言した料理・お店は、本当においしい事でも有名である。

中でも横浜・元町の中華街にある「景徳鎮(ケイトクチン)」の麻婆豆腐は、大江アナの大好物だ。

djzakiyamasan.hatenablog.com

天然だが、そこがいい。他のアナウンサーとは「何か」が違う大江アナ

早口言葉と変顔のダブルパンチで視聴者に強烈な印象を残した大江アナ。
さまぁ~ずの暴走を受け止めるだけでなく、自然な笑いを取る姿にも定評があった。

飲料に指して飲めば味が変化するストローを牛乳に刺し、夢中で吸い込む大江アナ。
欲張りにも3本のストローを口にくわえる女子アナの姿に、現場スタッフや視聴者は笑わざるを得なかった。

ロケ中に大量の脇汗をかいてしまう

真夏の暑い日の野外ロケでは、脇汗をかきまくる。
しかし、その姿に不快を感じた者は誰一人としておらず、むしろ現場の空気とお茶の間は和んでいた。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents