【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

1話無料視聴

「雨の公国」の第四公女ニケが、「太陽王リヴィウス一世」に嫁ぐことになった。長旅の末、王の住む「晴れの大国」を訪れたニケはその豊かさに驚く。そして、まずはこの国の様子を知ろうと見て回るのだが、そこへ2人組の男が現れて……。原作コミックが1話無料で今すぐ読める動画一覧はこちら第2話 watch/1397629946

少雨化が進んで降雨量の減少が続く世界。雨を降らせる能力を持つ「雨の公国」の第四公女ニケ・ルメルシエはジャンケンで負けてしまい嫌々ながらも国のため、「晴れの大国」の太陽王リヴィウス一世に嫁ぐことに。しかも、即位して3年で世界を征服したと聞いたが、会った相手はなんとまだ子供であった。更には、退屈だから雨を降らせろと要求され反発するニケ。しかし、共に危機を乗り越え信頼を深め、ニケは自らの意志でリビ(リヴィウス)のそばに留まることを決意する。

出典: ja.wikipedia.org

ニケ / ニケ・ルメルシエ

本作の主人公。
東方にある小国「雨の公国」の第4公女であるが、お供一人連れずに「晴れの大国」に向かったりと逞しい一面を持つ。
「アメフラシ」と呼ばれる天候を操る能力を持っており、感受性が希薄になっていたリビの興味を引くきっかけにもなった。
太陽王リビと出会った当初はお互い反発していたが、数々の困難を乗り越える中で理解を深め合っていく。
その大胆な言動と大国の王妃にそぐわぬ出自であるが故に、諸外国のお偉い方からは疎まれることも多いが、
持ち前の破天荒な性格と強い意志を貫き通す事で相手と和解出来るよう勤めている。

リビ / リヴィウス・オルヴィヌス・イフリキア

「晴れの大国」の少年王リヴィウス一世。愛称は「リビ」。
「欠けた心を埋めたい一心のウサ晴らし」で世界征服を果たす。
晴れ続ける天候に飽き、雨を見たいという理由で雨の公国に自治を認める代償として姫を1人寄こすよう要求した。
当初は退屈しのぎで反抗的なニケを妻として迎え入れたが、敵対派閥に暗殺されそうになったところをニケに救われる。
孤児院の同じ年頃の子供達よりも身長が低いことを悩み、密かに体を鍛えたり身長が伸びるよう努力していた。

出典: ja.wikipedia.org

ニール

太陽王の首席秘書官でリビの理解者。リビ限定で慢性的にオカン病患者。
ニケを「山猿のような姫」と言っているが、それでニケを蔑むようなことはなくリビの「精神安定剤」として頼りにしている。
超スパルタでとても楽しそうにニケをしごき、たびたびレッスンをさぼって町へ行ったり公務逃亡したりするニケを叱り鎖に繋いでの指導を行うが、貴族たちから蔑まれることの多いニケを心配し何かと気にかけている。

出典: ja.wikipedia.org

圧倒的な存在感を放つエロトリオ

「戦略の神、グラハム・ヴォーダン。戦死者0のゼウス島攻略はあまりにも有名。」

『兵器の神、アレン・ケイツビー。いち早く爆裂火薬の調合に成功。』

『この世の全ての人脈に通じているビンセント・ラトクリフ。善悪問わずあらゆる組織が彼に一目置いている。』

そんなすごい彼らにリビを加えた4人が決定した物事は『四神の声』として絶対的な力を持っており、何人たりともそれを覆すことは出来ないとされる。
重厚な扉の向こうで行われる四神の話し合い…。
さぞ真剣なものだろうと思われがちだが、その実態は3人のエロじじいによる各々の性癖の熱弁会であり、おっぱいについての議論が交わされることがほとんどである。
それを11歳のリビが呆れた顔で聞きつつ話の本筋を戻そうとしている様がなんとも面白い。

ショタ好きはココに注目!

時が経つにつれてニケの存在はリビにとって欠かせないものなっていた。
ニケの命が危険に晒されれば、掟を破ってまで助けに行く姿は心にグッとくるものがある。
しかも普段は強がっているショタ王が突然抱きついてきて「お前までいなくなったら、どうしたらいいかわからない」なんてデレようもんなら、悶絶必至である。
ツンデレの加減が程良く、甘え上手なのもリビの魅力かもしれない。

…それにしても身長差すげえな(・ω・`)。

お姉さんキャラ好きはここに注目!

不安に駆られて震えながらニケに抱きついたリビを、優しく包み込む。

『お前はいろんなこと考えてて、怖い想いしてたんだな…』
『ごめんな、こんな時お前の震えを止める方法がわからない』

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)のネタバレ解説まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。 『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

ARMS(アームズ)の名言・名セリフまとめ

『ARMS(アームズ)』とは、七月鏡一原案をもとに1997年から2002年にかけて少年サンデーで連載された、皆川亮二の大ヒットSF漫画である。 主人公は、右腕にナノテクノロジーで生み出された金属生命体「ARMS」を移植された少年「高槻涼」。彼が同じARMS移植者である3人の仲間と供に、ARMSを狙う謎の組織「エグリゴリ」の刺客と果てない戦いに身を投じていくという物語である。 本作は「人間とは一体何か?」をテーマとしたSF漫画作品でもあり、登場する名言は人間の心や成長にまつわるものが多い。

Read Article

東京ミュウミュウの名言・名セリフまとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

十二国記(The Twelve Kingdoms)とは

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。古代中国風の異世界を舞台に、権力とそれに伴う責任、コンプレックスなどを通して成長する人々を描くこの物語は、異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ。

Read Article

目次 - Contents