【Hello Kitty】ハローキティにまつわる都市伝説・豆知識まとめ

頭につけた真っ赤なリボンと、ふんわりとした可愛らしい雰囲気で人気のキャラクター【ハローキティ】。様々なグッズ展開がなされ、ハローキティのYouTubeチャンネルが開設されるほどの人気ぶりである。そんなハローキティにまつわる都市伝説や、ちょっとした豆知識をまとめてご紹介する。

キティーちゃんのプロフィール

出典: matome.naver.jp

名前:キティ・ホワイト
生年月日:1974年11月1日
出身地:ロンドン郊外
身長:りんご5こ分
体重:りんご3こ分
血液型:A型
好きな食べ物:ママの作ったアップルパイ

キティーちゃんには双子の妹がいた!

実は、キティーちゃんには双子の妹がいることを知っていましたか?
妹の名前は「ミミィ」。
二人はとてもそっくりで親ですら見分けがつかないため、見分けをつけるために、キティーちゃんは向かって右側の耳にリボンを、妹のミミィちゃんは向かって左側の耳にリボンをつけている。

ミミィちゃんのプロフィール

出典: www.dorasu.com

本名:ミミィ ホワイト
性格:ちょっと内気で大人しい。控えめで恥ずかしがり屋さんで、女の子らしい。
将来の嫁:お嫁さん
特技:パッチワークと刺しゅう。手芸が大好き。
得意科目:家庭科

その他のキティーちゃん一家をご紹介!

・ジョージ(George White):父・商社マン
・メアリー(Mary White):母・専業主婦(元ピアニスト)、趣味はお菓子作り
・アンソニー(Anthony White):祖父、趣味は絵描き
・マーガレット(Margaret White):祖母、趣味は刺繍

キティちゃんは当初、実は男の子だった!?

キティちゃんは登場当初、男の子設定になっていたそうです。

当初、サンリオグッズを買うともらえたチャームの一つに、ミニブックがあり、そこに記載されているキティの妹ミミィがお兄ちゃんと呼んでいることから、男の子ではないかと思われます。

出典: blogs.yahoo.co.jp

青いサスペンダーズボンに赤いリボンの姿だと、一見すると女の子にみえますが

キティちゃんに口がない理由

実は口がないのは理由があったのだ。実は、「口がない」のではなく、見ている人と感情を共有できるようにあえて「描かない」だけだったのだ。

つまり、持ち主の気分によって、悲しい顔のキティちゃん、笑っているキティちゃんを感じてもらいたい意向らしいです。

出典: gigazine.net

アメリカの人権団体が「キティちゃんに口がないのは、女は喋るな!という女性差別である!」と、サンリオを訴えるという事件もあったらしい。

キティーちゃんは実は猫ではなかった!?

キティちゃんは猫をモチーフにしているものの、猫ではなく擬人化されたキャラクターだったのだ。

サンリオから「ハローキティは猫ではありません。彼女はカトゥーンキャラクターです。彼女は小さな女のコです。彼女はお友達です。でも猫ではありません。彼女は四つんばいにはなりませんし、彼女は2本足の生活で歩いたり座ったりします。彼女にはペットもいます」

出典: www.cinematoday.jp

出典: www.sanrio.co.jp

キティーちゃんは明るくて、優しい女の子!!

キティーちゃんの名前の由来

キティというのは英語圏では「仔猫ちゃん」というニュアンスの言葉だというのはご存知でしたか?

キティーちゃんの名前ですが、実は不思議の国のアリスに出てくるアリスが可愛がっていた猫の名前が「キティ」だった。
名前はそこから取られているらしいです。

当初はキティーちゃんという名前が無かった!?

funkbeat
funkbeat
@funkbeat

Related Articles関連記事

『エヴァ』に『デュラララ』『ガンダム』とキティちゃんコラボはとどまる事を知らない!

「キティちゃん」と言えば、サンリオの代名詞と言っても過言ではないキャラクター。日本の女の子にもっとも愛され、そしてもっとも色々な“モノ”達とコラボを果たした別名「仕事を選ばないキティ先輩」。こちらでは、そんなキティちゃんのアニメや漫画を中心とした“コラボ遍歴”を集め、まとめてみました。

Read Article

今でこそ忘れられてる一昔前に流行った癒しキャラ+グッズまとめ

ハローキティやミッキー、ドラえもん、ワンピース、ふなっしーなど、今旬なキャラクターはたくさんいます。しかしながらその陰で、その歴史をつないで来た今でこそ旬ではないキャラクターたちが過去、数多くいました。今回はそんな忘れられかけている歴代癒しキャラクターに着目、その活躍ぶりや販売されているグッズなどにも注目し、まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents