同級生(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『同級生』とは2006年より中村明日美子が『OPERA』(茜新社)で連載していたBL漫画、およびアニメ映画。「まじめにゆっくり恋をしよう。」をコンセプトに描かれた高校生のピュアな純愛ボーイズラブ作品。性格も見た目も真逆な佐条と草壁は高校2年生の時に同じクラスになり、合唱祭を通じて恋愛が始まる。ジャンルの違う者同士、男同士で付き合うこと、進路や受験などに日々迷いながらも、まじめにゆっくり恋愛していく。この漫画からBLにハマる人が続出するなど、青春BL漫画の不朽の名作と言われている。

『同級生』の概要

出典: akaneshinsha.com

漫画 同級生

『同級生』とは2006年より中村明日美子が『OPERA』(茜新社)で連載していたBL漫画、およびアニメ映画である。シリーズ化されており『同級生』→『卒業生』→『O.B.』→『blanc』と続き、スピンオフ作品として『原と空』がある。時系列順でいうと『同級生』→『卒業生」』→『原と空』→『O.B.』→『blanc』となる。
作者の中村明日美子は2000年の大学生時代に『月刊マンガF』(太田出版)にて第3回エロティクスマンガ賞佳作を受賞。ボーイズラブ以外にも主に少女漫画、挿絵など多数の作品が存在する。
同漫画はドラマCD化もされており、2016年には劇場版アニメも公開となった。『O.B.』から6年後の2020年、シリーズ最新作となる『blanc』が刊行され物語はハッピーエンドを迎えた。
『同級生』では、性格も見た目も真逆な佐条と草壁が高校2年生で同じクラスになり、合唱祭を通じて恋愛が始まる。ジャンルの違う者同士、男同士で付き合うこと、進路や受験などに日々迷いながらも、まじめにゆっくり恋愛していく。『卒業生』では2人が高校を卒業するまでを、『O.B.』では卒業後の2人の様子を、『blanc』では結婚に至るまでが描かれており、『原と空』では2人の高校の先生だった原の恋愛模様が描かれている。
劇場版『同級生』は、原作漫画に忠実に作られているが、原と佐条の出会いの話のみ省略されている。水彩画タッチの画に、押尾コータローのギターBGMが、ゆっくりとした時の流れと爽やかさを醸し出している作品である。

『同級生』のあらすじ・ストーリー

『同級生』

馴初め

影練する佐条を見てしまった草壁

私立東府第一高等学校に通う同じクラスの草壁光(以後草壁)と佐条利人(以後佐条)は、正反対のタイプだ。金髪にロン毛、ピアスにバンド活動といわゆる不良の草壁。一方佐条はメガネにサラッとした黒髪の絵に描いたような優等生である。
高校二年生の夏、合唱祭の練習中のこと。草壁は佐条が歌わずに口パクしていることに気づく。ガリ勉くんには歌なんかくだらないのかと不快に思った草壁だが、その日の放課後1人教室で歌の練習をする佐条を見つける。佐条は苦手な歌を克服しようと人知れず練習していたのだ。そんな彼の姿を見た草壁は、気付けば個人的に歌のレッスンをしようかと申し出ていた。

無意識にキスしてしまう草壁と驚く佐条

その後佐条を無意識に目で追うようになった草壁は、佐条が歌を頑張る理由は音楽教師である原先生(以後原)のためではないかと思い始める。
合唱祭前日最後の2人だけのレッスンで、草壁はその疑念を佐条に投げかける。驚いた佐条は持っていたサイダーを落としてしまう。落としたサイダーを拾おうとした草壁の手と自分で拾おうとした佐条の手が重なった時、草壁は無意識のうちに佐条にキスをしてしまう。

ちゃんと歌えている佐条を見た草壁は涙が止まらなくなる

合唱祭当日、横目で佐条の様子を見ていた草壁は、ちゃんと歌えている佐条を見て涙が流れる。涙に自分でびっくりした草壁は本番中にもかかわらず飛び出していき、それを見た佐条も草壁を追って出ていく。

自分の今の気持ちを素直に告げる草壁

草壁は自分が佐条のことが好きなことを自覚し、原に嫉妬していることを混乱しながらも佐条に告げる。佐条はそんな草壁を落ち着かせ、「先生のためではなく草壁と歌ったりするのが…」とどもりつつ告げる。飛び出して行った2人を探しに来た先生たちに見つからないように、近くにあった小屋に隠れた2人はもう一度ちゃんとキスをするのであった。

原先生

「つきあってない」、チューは「もうしない」と強がる佐条

両思いになった草壁と佐条。しかし、男同士で付き合うことで周りからどう見られるかを気にした佐条は、草壁に「付き合ってない」、キスは「もうしない」と突き離す。

弱っている草壁に皮肉をいう原

そう言われると思っていなかった草壁は元気のない日々を過ごしていた。そんな中、進路希望の紙を白紙で出した草壁は進路指導室に呼ばれる。そこで待っていた原に「オマエと佐条ってちょっと前まで仲良かったよな。俺はあいつのこと1年の時から知ってた」と皮肉じみたことを言われる。

原の言葉に草壁と自分はジャンルが違うんだと改めて思う佐条

実は原は1年の入学式に来る途中に倒れた佐条を介抱しており、その際に密かに佐条に恋心を抱いていたのだった。先生と生徒という立場上、卒業まで待とうと思っていた中で草壁が現れてしまったのだった。
草壁の次に進路指導室に呼んだ佐条もまた元気がない様子を見たハラセンは、「男同士でつきあうってどういうことかわかってる?佐条、草壁は“そう“じゃないよ」と諭される。

改めてちゃんと告白する草壁

一方、進路指導室での原の皮肉じみたあの言葉が引っかかっていた草壁は、急いで学校に戻り進路指導室に駆け込む。今にも佐条にキスしようとする原が目に入り、草壁は原を殴って佐条を急いで連れ出した。
そして、佐条に対し改めてちゃんと言葉にして「つきあってください」と告げるのだった。

草壁のバンドのライブ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents