真実(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『真実』とは、2019年の日仏共同制作のヒューマンドラマ映画。2018年にカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した是枝裕和監督の作品。代表作は『万引き家族』『誰も知らない』など。主演には、フランスを代表する大女優カトリーヌ・ドウーヴを起用し、すべての撮影をフランスで行った監督の初の国際共同製作映画ということで、世界から注目を浴びる。『真実』の出版を機にベテラン女優ファビエンヌとその娘リュミールが心に秘めている真実、彼女たちを取り巻く人々の思いが暴かれてゆく。

撮影現場では順調に撮影が進んでいる。撮影中の映画『母の記憶に』は、不治の病を患いこのまま地球上に住めば2年で命を失ってしまうという母が生きるために宇宙へ行くという選択をし、宇宙では年をとらず若いままでいるため、7年おきに地球に帰ると、娘だけが老いていくという話だ。
相変わらずファビエンヌとリュミールの関係はギクシャクしており、挙句の果てには、休憩時間にあまりに話がかみ合わない母親にリュミールは「ママも宇宙船で過ごしてきたんじゃない?」と言う。ファビエンヌは冗談半分で「そんなに若く見えるかしら?」と心に想う「真実」を隠し、はぐらかす様に演技をしながら返事する。
その晩、シャルロットとハンクは一緒に楽しくパスタ作りをしてディナーの準備をし、家族が集まり屋敷でディナーを楽しんでいる。ハンクは自分が関わっている撮影の話をピエールとしている。ピエールは過去に監督助手もしたこともあるため大いに盛り上がっているが、それが気に入らない様子のファビエンヌ。ハンクに向かって「俳優ね~」「主役をもらえるまでにはまだまだのようね」「いまどきの役者なんてどこで演技しても俳優って名乗るのよ。ネットドラマでもYouTube動画でもね」「所詮俳優の真似ごとにすぎないわ」など嫌味を連発する。
それに反発するようにリュミールは、ファビエンヌがセザール賞を取った役は元々サラの役だったが、体を使って監督に取り入り、役を横取りしたと言い出した。
ピエールもリュミールに便乗し、ファビエンヌの実力では勝ち取ることができなかった役だったがサラから役をもぎ取り、サラの人生をめちゃめちゃにしたと話す。口論はさらに激しくなり、リュミールはファビエンヌがサラを殺したんだと非難する。しかしここは大女優の貫録を見せ怖気づく様子は微塵も見せないファビエンヌ。「もし私が体を使って役をとったとしたら、それが何なの?実力がなければ、今頃はもう消えていなくなってるわよ。実力があるから今もこうして活躍しているのよ」と更にリュミールの上手をいく。サラはお酒を飲み、酔っ払ってそのまま一人で海に泳ぎに行き命を失ってしまったのだった。これをリュミールはファビエンヌの責任だという。ところがファビエンヌは「もし私の責任だとしても、もし彼女が偉大な女優なら、彼女はこの落胆を利用して彼女の役作りに生かしていたはずよ」と続ける。サラのやさしいところが好きだったとリュミールはいうが、それを聞いたファビエンヌは少し傷ついた表情を見せ、心とは裏腹に「サラの娘じゃなくて残念だったわね」と売り言葉に買い言葉で応酬する。「私はママを絶対に許さない」と泣きながら訴えるリュミール。「何様のつもり?人を許すとか許さないとか。もし私のことを許さない人がいるとすれば、それはサラだけよ」「ええ、そうよ私はひどい母でひどい友達よ。でもそれで下手な女優であるよりは、ひどい母、ひどい友でもいい女優の方がましでしょ。あなたが許してくれなくてもファンは許してくれるから。あなたには俳優の心理はわからないわ」と豪語するのだった。

夕食後も居残り飲み続けるファビエンヌとハンク

リュミールが立ち去って言った後もファビエンヌはハンクとさらに飲み続けたのだった。そこでファビエンヌは俳優という職業は私生活を犠牲にし100%俳優業に身も心も割かなければ成り立たないと言う俳優であるハンクに言う。ハンクに言いながらも本当はリュミールへのメッセージ、弁明なのかもしれない。女優がチャリティーや政界に出始めたらそれは女優生命の終わりを意味し、女優とはスクリーン上で戦うことに意義があるのだ、私はその戦いに勝ち続けることで孤独に勝ってきたのだ。と自分に言い聞かせるようにハンクに語る。
酔っ払って部屋に戻ってきたハンクを見たリュミールはハンクに拒絶反応を示し、また、自分の母親と仲良くしているハンクに嫉妬しているようにさえ見える。リュミールはハンクに「リュミールは心の奥底で母親に幸せな家族像を見せたかったから一家でわざわざニューヨークから来たのだろう」という言葉を投げかけられしばらく呆然としながら考える。

ファビエンヌの心情

不治の病のため宇宙で暮らし歳を取らない母よりはるかに老けた娘役を演じるファビエンヌ

翌朝、外で誰かがしゃべっているのを聞き、ファビエンヌが窓を開けると庭には亀の「ピエール」とシャルロットが一緒にいた。シャルロットは祖父ピエールの姿が見えなかったため、ファビエンヌがまた魔法を使いピエールを亀に変身させてしまったと思っている。ピエールは前日の晩にすでに屋敷を後にしていたのだった。
リュックがいない屋敷は相変わらずで、リュミールは入れた紅茶が熱すぎるなど文句を言うファビエンヌの対応に難儀している。
翌日ハンクは、ニューヨークに帰るという予定を変更して撮影現場へ同行することにする。撮影は難航しファビエンヌは何度もNGを出す。ファビエンヌが演じるのは、歳をとった晩年の娘役で、宇宙で生活することで歳を取らない母よりもいつのまにか大分老けているという役だ。台本には載っていない渾身の演技で前方へ崩れ落ち倒れるファビエンヌ。スタッフ一同は、倒れたファビエンヌを助けようとするが、監督はそのまま撮影を続行。渾身の演技だったのだが、監督に20%分簡潔に、もう一度取り直しといわれ憤慨する。実は彼女は、自分の役柄が老いと年齢を感じさせる役で一つ一つのせりふを発するたびに不安を抱いていたのだった。
撮影の合間、ファビエンヌはリュミールと雑談をしている。が、ファビエンヌは言いたいことがなかなか言えず、言い出すタイミングを見計らっている。実はファビエンヌは、リュックが出て行ってしまったことで顔には出さないもののかなりショックを受けている。そこで、脚本家でもある娘のリュミールにリュックに謝るための脚本を書いてほしいと頼む。人生において謝ることを知らないファビエンヌは、どのように謝ったらいいのかわからず途方にくれているのだ。ファビエンヌができる唯一の方法はシナリオをもとに演じることなのだ。
その日のうちにリュミールは母のために早速シナリオを書き始める。リュミールは心のそこでは母に頼りにしてもらってうれしく思っているのだった。
困難に陥り精神が不安定なファビエンヌはこのとき手に三角形の白い固形物を持っている。これで少しは精神の安定が図れるファビエンヌにとっての精神安定剤だ。リュックが出て行った翌日の朝もこの三角形をうっかり忘れて出かけるところで探しに部屋に戻る場面もあるほどなくてはならないものだった。

一人寂しく行きつけの中華料理店で愛犬とともに食事をするファビエンヌ

ある日、ファビエンヌは、愛犬の散歩途中に行きつけの中華料理店でランチをするために入る。そこで、中国人大家族がおばあちゃんの誕生日会で食卓を囲んで楽しく食事をしているところに出くわす。一人で席についているファビエンヌはなんともいえない哀愁漂う表情でその家族を一瞥する。

母娘の歩み寄り

夕食後、楽団が生演奏している広場で楽しそうに踊るファビエンヌ一家

いよいよリュックへの「謝罪」をするため一家でレストランへ向かうファビエンヌ一家。車内では、演じること意外何もかも苦手なファビエンヌがリュックの6人の孫の名前を覚えることもままならず、シナリオのように紙に書こうかとリュミールに言われる始末。
結局、食事が終わって外に出てもまだ謝罪をできないファビエンヌ。帰宅途中に広場で楽団が演奏しているところに遭遇し、ダンスを始めるファビエンヌ一家。このときばかりは日々のいざこざを忘れて楽しく幸せそうに踊る。家に帰る途中でファビエンヌとリュックは喫茶店へと入る。世間話を続ける2人だが、いまだに本当に言いたいことを言い出せないファビエンヌを察したリュックは、彼から何か話があるのではないのかと誘導する。ようやく糸口を見つけられたファビエンヌは「リュミールがリュックに戻ってきて欲しいといっているの」とこの場に及んでも自分の気持ちを言うことができず、娘を引き合いに出してリュックに戻ってくるようお願いする。娘は女優を目指していたのにもかかわらず挫折してしまったから自分のそばにいにくいはず。だからリュックを必要としているなどと言うが、リュックにはこれはファビエンヌの言葉でなく、脚本を元に演じていることはお見通しだった。
翌早朝、ファビエンヌはリュックが録音してくれていた台本のせりふがレコーダーから消えてしまったと絶望的な様子。放心状態で空を見るファビエンヌ。そんなファビエンヌを心配したリュミールは今まで一度もしたことがない母の髪のブラッシングをしてみるが、やはりうまくいかない。歩み寄る努力はするが、もどかしい二人だ。

言葉にする『真実』、言葉にしない『真実』

『真実』が明るみに出るシーン

うまくいかない時は、とことんうまくいかない。撮影現場でも同じだった。ファビエンヌは、あまりにうまくいかない自分に嫌気がさして、撮影途中でこっそり抜け出そうとするがぎりぎりでリュミールに見つかってしまう。リュミールに臆病者呼ばわりされ傷ついたファビエンヌ。ここで冷静になり撮影現場へと戻る。ファビエンヌはリュミールに、「今でも時々私の前にサラが現れるの。サラが私に自分より上手に演技できるのにって言ってるような気がするのよ」と告白する。娘に心の内を明かして少しすっきりし、自分を取り戻したファビエンヌはその後、無事すべての撮影を終了することができた。
控え室ではリュミールがファビエンヌの「安定剤」白い三角形の物体を手にして思いにふけっている。またファビエンヌも同じく遠くを見つめている。それぞれこの撮影を振り返っていた。
打ち上げの前にマノンをファビエンヌの家へ招く。そこでサラが残して行ったワンピースをマノンにプレゼントする。このワンピースはサラのお気に入りでここぞというときに着ていたものだった。「サラの再来」といわれているマノンにとってもサラの存在は大変なプレッシャーとなっていて、人々は自分ではなく自分を通してサラを見ているのではないかといつも怖いのだと打ち明けた。
その夜、ファビエンヌとリュミールは二人サロンで話をしている。そこで実は今までは否定していたが、リュミールが学生時代に出演した劇を実は見に行っていたことや、『ヴァンセンヌの森の王女』の魔女役をファビエンヌが引き受けたのはサラのためだったことなどを告白する。さらに、いつもサラが、リュミールに絵本を読み聞かせていて、自分の娘をサラにとられてしまったと嫉妬していたことなども打ち明ける。彼女の自伝本『真実』には一切書かれていなかった「真実」を知ったリュミールはうれし涙を流し、ファビエンヌに「これはママの魔法?魔法の効果ですべてを許すわ」と涙ながらに言う。
しっとりした雰囲気を一気に壊すのはファビエンヌ。「なぜこんな風に今日の芝居に活かせなかったのかしら。なぜ思いつかなかったのかしら?」と興奮気味に言い出す。これにはリュミールも白けて呆れ顔。
興奮さめないうちにセリフの稽古に励むファビエンヌのところにシャルロットが現れる。ファビエンヌの「シャルロットは将来何になりたいの?私の魔法で夢をかなえてあげるわ」という質問に対して「将来は女優になりたいわ」と言う。「それは、魔法がなくても私の孫なんだから大丈夫よ」というファビエンヌに一言魔法の言葉を言うシャルロット。
「おばあちゃんも宇宙船に乗る?そうしたら私が女優になるのを見届けることができるでしょ?」と。ファビエンヌはその言葉に感激する。ところが、これは実は脚本だったのだ。母へ一矢報いるためリュミールがセリフを書き、シャルロットに言わせたのだった。
うまく演技を終えてリュミールの元に返ってきたシャルロットは「私がおばあちゃんに言ったことって本当に思ってる?」と聞くがリュミールは意味深な微笑みだけを残しだまっていたのだった。
『真実』出版の記者会見を行うその日は、天気が良く穏やかな朝だった。退職すると言って出て行ったリュックは大きなバラの花束とシャンパンをかかえてファビエンヌ邸に戻ってきた。ファビエンヌの写真、自分の名前の入ったプレートをもとあった場所にまた戻し、何事もなかったかのように仕事を始める。リュックが戻ってきたからか、いくばくかリラックスしたファビエンヌ。ゆったりとした朝のひと時に「あのシーンをもう一度撮り直したいわ」とリュックに要求する。無茶な要求でもさも楽しいことかのように受けるリュック。結局映画の撮影が終わるまで滞在を延ばしたリュミール一家。リュミールは、実はリュックは本当に辞職し出て行くつもりはなかったのではないかと信じており、こっそりリュック本人に告げると、リュックは「そのとおり、それがなにか?」と清清しく答えたのだった。

ラストシーン。パリの素敵な冬空を見上げるファビエンヌ一家

記者会見に向かうファビエンヌ一家。屋敷の庭でファビエンヌが「パリの冬空はなんて素敵なのかしら、見てごらんなさい」といって皆で空を見上げ庭を後にして幕が下りる。

『真実』の登場人物・キャラクター

主人公

ファビエンヌ・ダジュヴィル(演:カトリーヌ・ドヌーヴ)

吹き替え:宮本信子
本作の主人公でパリ在住のフランス人ベテラン大女優。自伝本『真実』の出版を記念して自宅に娘家族を招く。新作映画の撮影も進行中で大女優の貫録を見せつける。母親業より女優業を優先してきたと娘に話すくらい女優業に専念してきたため娘との仲はギクシャクしている。現在、新しい映画『母の記憶に』を撮影中で73歳のエイミー役(ファビエンヌの新作映画の役柄)を演じる。

リュミール(演:ジュリエット・ビノシュ)

吹き替え:宮崎あおい
ファビエンヌの娘。ニューヨーク在住の脚本家。女優業に忙しい母にかわり親友サラに母親代わりとして育てられた。現在は夫のハンク、娘のシャルロットと共にニューヨークで生活している。小さい頃は女優を目指したこともあったが挫折している。母親が自伝本を出版する機会にパリの実家へ一家で戻るが、母親との確執が今もなお続く。長年公私ともに母親の世話をしていた個人秘書が出て行ってしまったためニューヨークへの帰国を延期し母親のそばで世話をすることとなる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

万引き家族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

万引き家族(英題:Shoplifters)とは、2018年に公開された日本映画である。監督は『そして父になる』などで知られる是枝裕和。主演はリリー・フランキーと安藤サクラ。 第71回カンヌ国際映画祭において最高賞のパルム・ドールを獲得するなど、国内外で高い評価を受けた。 貧困のなか、万引きによって生計を立てながら身を寄せ合う家族6人の姿を描く。

Read Article

デイブレイカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『デイブレイカー』とは、オーストラリア出身のスピエリッグ兄弟の監督・脚本によるSFアクション・ホラー。人口の9割以上がヴァンパイアと化した近未来を舞台に、人間の減少により血液不足に陥った状況を解決するために代用血液の開発を進めていたヴァンパイアの男が、人間とヴァンパイアの双方を救う新たな道を探ろうとする。09年・オーストラリア・アメリカ製作。

Read Article

歩いても 歩いても(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

兄の命日に久々に実家に集まった横山家。しかし次男の良多は父と折り合いが悪く、気が重い。食卓には母の作った手料理が並び、思い出話に花が咲く。そんな何気ない会話の中に、家族それぞれが抱えた事情が見え隠れする。どこにでもある家族の夏の一日を静かに繊細に描いた、是枝裕和監督の思いが詰まったホームドラマ。

Read Article

そして父になる(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『そして父になる』とは、”赤ちゃん取り違え事件”を扱った、2013年制作の日本映画。TVドキュメンタリー出身の是枝裕和が監督・脚本・編集を担当し、主演の福山雅治が初の父親役を演じた。第66回カンヌ国際映画祭では見事に審査委員賞を受賞し大きな話題となった。ある日、突然6年間育てた息子が病院で取り違えられた他人の子どもだったと知らされた対照的な2組の夫婦が、過酷な決断を迫られ、それぞれに葛藤を繰り返す中で本当に大切なものを学んでいく姿を描く。

Read Article

ガタカ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガタカ』とは1997年にアメリカで製作されたSF映画。 遺伝的優劣によって人生が左右される近未来社会の中で、遺伝的問題を抱えた1人の青年が不屈のチャレンジ精神で人生を切り開き、夢を叶えようとする姿を描いている。遺伝子がすべてと言われる世界の中で、当り前である概念を打ち砕き、不可能を可能としようとする姿に周囲が心動かされていくヒューマンストーリーでもある。現実感のある設定と名言の詰まったセリフの数々は、見る者の心に訴えかけ、今もって語り継がれる作品となっている。

Read Article

海街diary(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『海街diary』(うみまちダイアリー)とは、『月刊フラワーズ』にて2006年から連載されている吉田秋生による漫画、及びそれを原作とする映画である。外に女を作り出て行った父と、それにショックを受け新たな男を作り家族を捨てた母親。そんな両親を持つ三姉妹が父の訃報をきっかけに腹違いの妹・すずと出会い、絆を深めながら生き生きとそれぞれの人生を生きていく様が鎌倉を舞台として叙情的に描かれている。

Read Article

目次 - Contents