さらざんまい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『さらざんまい』とは、『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』など、ヒット作を多数手がけてきた幾原邦彦が監督を務める、新作オリジナルTVアニメ。東京・浅草を舞台に、人と人との「繋がり」を描いた作品。2019年4月~6月まで、フジテレビノイタミナ他にて放送された。中学生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人は、謎のカッパ型生命体「ケッピ」と出会う。ケッピは、どんな望みでも叶えることが出来る「希望の皿」を生み出せる唯一の存在だった。希望の皿を手に入れて譲れない繋がりを守る為、3人はケッピの命令に従う。

『さらざんまい』の概要

さらざんまい本PV

『さらざんまい』とは、『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』など、ヒット作を多数手がけてきた幾原邦彦が監督を務める、新作オリジナルTVアニメ。
2019年4月~6月まで、フジテレビノイタミナ枠にて放送された。

監督の幾原邦彦の作品は、独特な世界観とストーリーが多くそれをファンからは「イクニワールド」と称されている。
今回の作品も例外ではなく、「イクニワールド」炸裂のユニークな作品である。

キャラクターデザイン原案は、イラストレーターのミギー。
音楽は橋本由香利。
アニメーション制作は、MAPPAとラパントラックが担当している。

キャッチコピーは「つながっても、見失っても。手放すな、欲望は君の命だ。」
人と人との「繋がり」を描いた作品。

東京・浅草に住む、中学2年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人は、ある日、謎のカッパ型生命体「ケッピ」と出会う。
ケッピのことをカエルと見間違えてしまい、怒ったケッピは、無理やり彼らの尻子玉を奪い、カッパに変身させるのだった。
「元の姿に戻りたければ、ある方法でつながり、ゾンビの尻子玉を持ってこい」
ケッピにそう告げられた3人は、ゾンビの尻子玉を奪うことになる。
尻子玉を奪い、カパゾンビを倒すと、どんな望みでも叶えることが出来る「希望の皿」が手に入ることを知った3人。
3人には、それぞれ譲れない繋がりがあった。
その願いを叶えるため、3人は協力してカパゾンビを倒すことになるのだった。

同じころ、新星玲央と阿久津真武が勤務する交番でも、何かが起ころうとしているのだった。

第一皿放送後の反響が大きく、Twitterでも「#さらざんまい」がトレンド入り。
幾原邦彦監督の、個性的な世界観に引き込まれた人が続出したようであった。

『さらざんまい』のあらすじ・ストーリー

希望の皿と3人の秘密

左から、カッパに変身した陣内燕太、矢逆一稀、久慈悠。人力車を動かしているのがケッピ。

中学生の矢逆一稀(やさか かずき)、久慈悠(くじ とおい)、陣内燕太(じんない えんた)の3人は、ある日カッパ王国第1王子を自称するケッピという不可思議な生き物に出会い、カッパの姿に変えられてしまう。そのケッピに頼まれ、地元を騒がせていた不可解な事件の犯人であるカパゾンビという怪物と戦わされることとなった3人は、協力してこれを撃破する。
カパゾンビとは、人間から欲望を抜き取って生み出されたその名の通りのゾンビで、素体となった者の執着に従って一稀たちの暮らす浅草で様々な事件を起こしていた。人間には視認できず、倒すにはカッパの姿になって欲望を司る臓器・尻子玉を抜くしかない。尻子玉を抜かれたカパゾンビは消滅するが、同時に素体となった者は記憶も含めて「この世にいた」という存在そのものが消えてしまうらしい。

カパゾンビを倒すと、一稀たちの姿も元の人間のものに戻る。その際、ケッピはお礼だと言って彼らに「希望の皿」を贈る。これは5枚集めるとどんな望みでも叶うという品で、それぞれに胸に秘する願いを持つ一稀たちは希望の皿欲しさにケッピに協力するようになる。
しかし抜き取った尻子玉をケッピに渡す際、非常に傍迷惑な副作用が一稀たちを襲う。3人がどうしても秘密にしておきたい、絶対に他人に話せない過去や想いが、互いの心に流れ込んでくるのである。

一稀は人気ご当地アイドル吾妻サラ(あづま さら)に変装しては自撮り写真を撮影し、弟の春河(はるか)に送りつけて個人的なメッセージをやり取りすることを繰り返していた。小学生で足に障害のある春河はサラの大ファンで、“人気アイドルと友達である”と思い込ませることで、弟を喜ばせようとしていたのだ。
悠は兄の誓(ちかい)を慕っていたが、それは彼がかつて弟が犯した殺人の罪を肩代わりしてくれたことに起因していた。誓は家の借金を返すために裏社会に身を投じており、抗争の一環で誓を狙った男を偶発的に悠が殺害。弟がそんなことをするはめになったのも自分の責任との思いから誓はあえて濡れ衣を被り、そんな兄への恩義から悠も犯罪めいた仕事に手を染めていた。

燕太は燕太で、かつて同じチームに所属して活躍していた一稀が急にサッカーをやめてしまったことを気に病み、「戻ってきてほしい」と考えていた。しかしその想いは友人やチームメイトに向ける度合いを大きく凌駕し、寝ている一稀にこっそりキスをするなど愛欲に等しいものとなっていた。
それぞれの抱える秘密を知り、あるいは驚愕し、あるいはドン引きしつつも交流を重ね、一稀たちはカパゾンビを倒していく。

そのカパゾンビを生み出していたのは、新星玲央(にいぼし れお)と阿久津真武(あくつ まぶ)という2人組の警官だった。彼らは特に強い欲望を持つ者を見繕ってはその尻子玉を抜き取って殺害し、カパゾンビの素体としていたのである。玲央と真武が目を付けるのは大抵が泥棒や詐欺師などの悪人だったが、一稀たちが次々と尻子玉を回収していったために、次第に手段を選ばなくなっていく。

カッパ王国の滅亡

「アサクササラテレビ」で握手会の告知をする吾妻サラ。

カパゾンビとの戦いが続く中、サラの握手会が開催される。そのサラに扮したまま春河と「握手会で秘密の合言葉を交わす」約束をしてしまった一稀は、なんとかこれを守るために悠を巻き込んでの“サラの誘拐計画”を立てる。サラを拉致し、握手会の間だけ監禁し、代わりに自分が彼女に変装したまま握手会に出ようというのである。しかしサラもまたカッパだったことから普通の方法では閉じ込めることができず、誘拐計画は失敗。一稀は偽者のサラとして接していたことを春河や家族に知られてしまう。
実は一稀は、父親が以前に結婚していた女性が、夫とは別の男性との間に作った子供で、今の家族とはまったく血がつながっていなかった。これを知ったことで家族との間に自分から壁を作ってしまい、さらに偶然産みの親と再会。今の家族から離れるつもりこそなかったものの、本当の母親の温もりに惹かれ、春河たちには内緒で彼女と会うようになる。一稀の変化を敏感に察知した春河は、なんとか兄を引き留めようとこれを追いかけ、赤信号の交差点に飛び出してしまい、交通事故で歩けない体になる。両親も、2度と歩けなくなった春河すらも一稀を責めず、それがなおのこと彼を追い詰めた。一稀が急にサッカーをやめたのも、アイドルに変装してまで春河を喜ばせようとしたのも、家族への負い目と罪悪感から来る行動なのだった。

家族に知られてしまったと絶望する一稀だったが、玲央が次のカパゾンビの素体として春河に目を付けたと聞くや、弟を救うために悠や燕太と共に奮闘。その中で、3人はケッピが王子というのは自称でもなんでもなく本当の話だということを知る。
彼のカッパ王国は、彼らにとっての重要資源である尻子玉を巡って長年争っていたカワウソ帝国に攻め滅ぼされてしまったらしい。カッパ王国を滅ぼしたカワウソ帝国は、次なる侵略対象に人間界を設定し、先兵を送り込んでカパゾンビを作り出しているのだという。希望の皿を作り出す力を持つケッピは、カワウソ帝国の追撃から逃れつつ、彼らの野望を食い止めるために活動していたのだ。

玲央と真武はもともとはカッパだったが、王国を裏切ってカワウソ帝国に加担していた。しかし王国との戦いの中で真武は致命傷を負い、カワウソ帝国の科学力で蘇生するも、今は機械仕掛けの心臓でギリギリ命をつないでいる状態にあった。
衝撃の事実を突きつけられつつ、一稀は悠、燕太、そしてケッピの協力を得て春河を助け出す。矢逆家に自分の居場所などないのではないかと悩んでいた一稀だったが、自分がどうしようもなく春河や両親を愛していること、彼らからも同じくらい愛されていることを改めて理解し、この苦しみを乗り越える。一方、玲央はかつて取り逃がしたケッピが一稀たちと行動を共にしていることを知り、今後の作戦を人間の尻子玉の奪取からケッピの捕獲へと切り替える。

擦れ違う愛と欲望

一稀(画像左)は、燕太(画像右)と一緒にまたサッカーをしたいと言う。そこに悠(画像中央)も誘うのだった。

一稀と春河の関係が改善すると共に、彼と悠や燕太との仲も前進。友人としてさらに強い絆で結ばれていく。悠もかつてサッカーをやっていたことが明らかとなり、一稀たちは「夏休みが終わったら3人で部に入ってサッカーをやろう」と盛り上がる。
しかし誓が仕事でドジを踏んでしまい、悠は彼と共に浅草を離れることとなる。「希望の皿があと1枚あれば誓を救える、そうすれば悠も街を出ていく必要が無くなって一緒にサッカーができる」と一稀が提案するも、愛する一稀が悠とも仲良くなることが不満だった燕太が希望の皿を隠してしまう。これにより3人の仲は大いにこじれ、悠は当初の予定通り誓と一緒に街を出る道を選ぶ。

一方、玲央と真武の関係にも不協和音が生じていた。生前の真武は玲央と深い絆で結ばれていたが、機械の心臓を得て復活してからはどこか他人行儀になり、玲央はこれを“真武の姿をした偽者”だと感じるようになっていった。真武がかつての彼に近い言動を見せるたびに苛立ち、罵声を浴びせる一方、心から愛した相手を取り戻せないことに玲央は苦悩する。
その玲央と真武がケッピを捕まえようと乗り込んできた際、燕太は一稀を庇って撃たれて重傷を負う。たまたま不在だったケッピを捕まえることはできなかったものの、4枚の希望の皿を手に入れて玲央と真武は引き上げる。撃たれた燕太は病院に担ぎ込まれるも危険な状態が続き、一稀は彼と2度と会えなくなるかもしれないという恐怖に慄きながら“希望の皿を隠した”件で痛罵したことを後悔する。

同じ頃、悠は誓と共に街を出ていこうとしていたが、兄を追うヒットマンとの銃撃戦に巻き込まれる。生き残るために一度は悠さえ切り捨てようとした誓だが、最後の最後に弟の盾となって撃たれ命を落とす。兄のために一稀たちを捨てたのに、その兄をも失うこととなり、悠は慟哭する。
ケッピによってカッパの姿になった燕太は動けるようにはなったものの、命に関わる重体であることには変わりなく、その命が続くのはあと4時間。その間に玲央たちに奪われた希望の皿を取り返し、一稀たちの手元に残った分と合わせて燕太の延命を願わなければ、彼は本当に死んでしまう。命の保証はできないとケッピに伝えられながらも、一稀は燕太のためにカワウソ帝国との決戦に臨む。

共につながる未来へ

カッパに変身した3人は、一稀の手にあるミサンガを幼少の一稀に渡すことで、つながりを取り戻そうとする。

カワウソ帝国に乗り込んだ一稀、燕太、ケッピは、そこで黒ケッピこと漆黒のケッピと遭遇する。それは王国滅亡という絶望に耐えられなかったケッピが自身から切り離した半身であり、彼が人間界で探し続けていたもう1人の彼ともいうべき存在だった。一稀たちの好きにはさせじと玲央が駆けつけるが、そんな彼にカワウソ帝国の科学者が驚くべき真実を告げる。
真武の機械の心臓には、「玲央に愛の言葉を伝えると爆発する」仕組みが施されているというのだ。蘇生した真武はそれまでの彼とまったく変わらない人格を持っていたが、この仕組みのせいで玲央の側にいながら本心を告げられない状態にされていた。全ては、「つながりは毒だ」と断じるカワウソ帝国の科学者こと“欲望という概念そのもの”による悪意溢れる処置だった。

「このまま永遠に玲央に理解されないのなら、生きている意味など無い」と考えた真武は、己の欲望を開放してカパゾンビになる道を選ぶ。真武が苦悩し、傷つきながらも自分の側に居続けようとしてくれていたことを知った玲央は、ケッピの力を借りてカッパへと変身。かつて真武だったカパゾンビから尻子玉を奪取し、擦れ違い続けた末に自ら否定し続けた彼と自分の絆を再確認する。最後に玲央に愛の言葉を伝えると、真武は機械の心臓の爆発に巻き込まれて命を落とす。
愛する真武を失い、カパゾンビになってしまった彼の記憶をも失い、悲嘆に暮れる玲央。自暴自棄になって暴れる彼を悠が撃ち殺し、「誓を生き返らせる」ためにと希望の皿を渡すよう一稀に迫る。一稀がこれを拒み、燕太を救うために全ての希望の皿を使うと、悠はその選択が正しいことを認めつつも絶望に心折れる。これを利用して全てを終わらせるべく、欲望の化身たるカワウソが黒ケッピをけしかける。

過去へと遡りながら、自身につながる全ての“えん”を消し去っていく悠。一稀と燕太は掛け替えのない友人を救うため、ケッピと共に悠の救出に向かう。ギリギリで彼に追いつくも、誰かとつながることにも、その中で傷つくことにも疲れ果てた悠は一稀たちの手を払い除ける。なお諦めず、「つながりを手放さない、切り離されたってつないでやる」と叫んで悠を救おうとする一稀。そこに黒ケッピが現れ、3人をこの世の全てのつながりから切り離された“えんの外側”へと弾き飛ばす。
自分自身の記憶と、自分と関わってきた全ての人たちの過去から消えていく一稀たち。しかし自分たちの友情までも消滅させられてしまうと気づいた時、3人は同時にそれを拒む。どれほど苦しくても、どれほど悲しくても、共に過ごした賑やかで楽しい日々だけは消したくない、消されたくない。カワウソの妨害を切り抜けて駆けつけたケッピによってカッパの姿になると、3人はもう一度自分たちの関係をやり直すために、過去の一稀に悠が渡したミサンガを届けに向かう。一稀と悠は、本人たちも忘れてしまうほど幼い頃に出会っていたのである。

ケッピが黒ケッピとの融合を果たす中、復活した玲央と真武に導かれ、なお立ちはだかるカワウソを倒してかつての自分にミサンガを渡す一稀。この事実をもって彼らの過去は確定し、その後のそれぞれの人生も正常な形で復活。一行は“えんの外側”から生還する。その際、一稀たちは“自分たちが辿るかもしれない未来”を垣間見る。
3人でサッカーの日本代表として活躍する未来。怪我で再起不能になる未来。数々の犯罪行為が明らかとなり逮捕される未来。永遠の友情を誓ったはずの自分たちが、修復不能な決裂を経て別離していく未来。喪失の痛みを抱えてもなお彼らは未来を求め、つながりを求めて足掻き続ける。

その後数々の罪を犯した悠は少年院に収監され、3年の月日が流れる。出所した彼を待っていたのは、スポーツ選手を志す者としては致命的な、“少年時代の3年を無駄に浪費した”という残酷な現実だった。
失ったものはあまりに大きく、2度と戻ってくることはない。「それがどうした」と己を鼓舞する彼の前に、一稀と燕太が現れる。いつか彼が戻ってくることを、必ず自分たちと一緒にサッカーをしてくれることを信じて、2人は待ち続けてくれていたのだ。

「お帰り」、「待ってた」と再会を喜ぶ言葉をかける一稀と燕太に、「お前らには飽き飽きなんだよ」と悪態で応える悠。しかしその顔には、どうにも隠せない喜びと友への想いが溢れていた。

『さらざんまい』の登場人物・キャラクター

矢逆 一稀(やさか かずき)

左:矢逆一稀(人間ver.)、右:カズキカッパ(矢逆一稀 カッパver.)

CV:村瀬歩

東京・浅草に住む中学2年生。

以前は、サッカーが好きな明るい少年であったが、ある事がきっかけでサッカー部を退部する。
現在は、浅草のご当地アイドル・吾妻サラの女装をし、吾妻サラ本人であるかのように偽り、自撮り写真を弟のスマホに送るのが日課になっている。

弟に送った、矢逆一稀が吾妻サラのコスプレをして撮った自撮り写真

久慈 悠(くじ とおい)

左:久慈悠(人間ver.)、右:トオイカッパ(久慈悠 カッパver.)

CV:内山昂輝

東京・浅草に住む中学2年生。
一稀のクラスに転校してきた。
近寄りがたい雰囲気と、悪い噂が流れているせいで、クラスから孤立している。
離れて暮らしている兄の誓を慕っており、誓の真似をしているような節が見受けられる。

go-1173877913999490739721
go-1173877913999490739721
@go-1173877913999490739721

Related Articles関連記事

少女革命ウテナ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

少女革命ウテナ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

幾原邦彦率いるビーパパスが漫画家さいとうちほと組んで制作した1990年代を代表するアニメ作品。1997年4月2日から12月24日まで全39話が放送された。1999年には完全新作の長編アニメーション映画が公開されている。 幼少期に王子様に助けられ、自身も王子様になりたいと思った天上ウテナは入学した鳳学園で「薔薇の花嫁」と呼ばれる少女・姫宮アンシーに出会い、彼女をかけた決闘ゲームに巻き込まれていく。

Read Article

輪るピングドラム(ピンドラ)のネタバレ解説・考察まとめ

輪るピングドラム(ピンドラ)のネタバレ解説・考察まとめ

「少女革命ウテナ」などの幾原邦彦の12年ぶりの監督復活作で、2011年7月~12月まで全24話が放送されたブレインズ・ベース制作の作品。 冠葉と晶馬の妹である陽毬は病気のせいで余命わずかになってしまい、思い出の水族館へ行くが陽毬は倒れてしまい、病院に搬送されるも息絶えてしまう。 陽毬は水族館で買ったペンギン帽子に宿る謎の人格により延命されたが、その代わり「ピングドラム」を探すことを強制される。

Read Article

ハチミツとクローバー(ハチクロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ハチミツとクローバー(ハチクロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品。及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、大学生達の報われない片思いや芸術への想いが描かれている。

Read Article

四畳半神話大系(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

四畳半神話大系(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『四畳半神話大系』とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

PSYCHO-PASS サイコパス 3(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

PSYCHO-PASS サイコパス 3(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』とは、2012年10月からフジテレビ「ノイタミナ」にて第1期が放送された、Pruduction I.G制作のオリジナルテレビアニメの第3期。人間のあらゆる心理状態や性格傾向などが数値として計測可能な「シビュラシステム」の導入された東京を舞台に、厚生省管轄の警察組織「公安局」がシビュラシステムのもと治安維持活動に日々尽力する。登場人物達の葛藤やジレンマを追う群像劇や近未来的事件解決の物語は国内外からも厚い支持を受けている。

Read Article

もやしもん(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

もやしもん(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

石川雅之によって『イブニング』と『月刊モーニングtwo』にて連載された日本の漫画作品。『もやしもん(第1期)』、『もやしもん リターンズ(第2期)』としてテレビアニメが放送された。 細菌やウィルスを肉眼で目視でき、なおかつ菌と意思疎通までできる主人公、沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)のその不思議な力ゆえに巻き起こるどたばた学園物語である。

Read Article

ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

ハチミツとクローバー(ハチクロ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ハチミツとクローバー(ハチクロ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品、及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、不器用な大学生達の報われない恋や自分の才能や生き方について迷う若者達の姿を描いた青春群像劇

Read Article

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

うさぎドロップ(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

うさぎドロップ(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

うさぎドロップとは宇仁田ゆみによる日本の漫画作品。祥伝社「FEEL YOUNG」に2005年10月から2012年1月まで掲載。本編全9巻。番外編10巻。 2011年7月フジテレビ”ノイタミナ”にてアニメ放送。2011年8月に実写映画化。 祖父の葬儀で見知らぬ女の子に出会った独身30歳の男大吉と6歳の女の子りんの物語。

Read Article

海月姫(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

海月姫(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

海月姫(くらげひめ)とは、漫画家・東村アキコにより描かれた少女漫画である。講談社発行の雑誌Kissにおいて連載されている。オタクでニートの女たち、通称”尼~ず”はレトロなアパートの天水館で自らの趣味に没頭して暮らしていた。その一員である主人公の月海はクラゲのクララをきっかけに女装男子の蔵之介と知り合い、天水館売却を阻止すべくクラゲモチーフのドレスデザイナーとして奮闘することになる。

Read Article

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

図書館戦争(小説・漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

図書館戦争(小説・漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2006年よりアスキー・メディアワークスより出版された有川浩の小説及びそれらを原作とする漫画、アニメ、実写化作品である。シリーズ作品であり、「図書館戦争」から始まる全4巻と外伝「別冊図書館戦争」全2巻で構成される。舞台は公序良俗を乱し人権を侵害する表現を規制する法律が制定された架空の日本。主人公笠原郁は不当な検閲から本を守るため、表現の自由を守るため図書隊員として戦う。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

【新編集版を見逃した方必見!!】サイコパス1期に無かったシーンが「新編集版」に追加されているのをご存知ですか?本編の補足を兼ねた追加シーンでは、分かりづらかったキャラクターの心理が細かく描かれています。狡噛と対峙する直前の槙島は何を考えていたのか?狡噛はどんな思いで事件捜査にあたっていたのか?などなど…。見れば見るだけ、本編の面白さが濃密に感じられる新規カットについて迫ります!

Read Article

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

平和なはずの社会に突如現れた凶悪な殺人犯たち。彼らは一様に「マキシマ」という男の名を口にする。しかしマキシマは、人工知能でも裁くことができないイレギュラーな存在だった…。人工知能が絶対正義となった社会で、刑事は葛藤する。コンセプトは「近未来SF・警察もの・群像劇」。ノイタミナの大人気アニメ『サイコパス』のあらすじや見所をご紹介。

Read Article

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

一人前の刑事に成長した常守朱のみが知るシビュラシステムの秘密。人工知能と思われていたシビュラの正体は、凶悪犯罪者の脳だったのだ。恐ろしい事実を知りながら、それでも現状世界を維持することを決めた常守朱。しかし彼女の前に、新たな謎と事件が立ちふさがる。

Read Article

目次 - Contents