少女革命ウテナ(Revolutionary Girl Utena)のネタバレ解説まとめ

幾原邦彦率いるビーパパスが漫画家さいとうちほと組んで制作した1990年代を代表するアニメ作品。1997年4月2日から12月24日まで全39話が放送された。1999年には完全新作の長編アニメーション映画が公開されている。
幼少期に王子様に助けられ、自身も王子様になりたいと思った天上ウテナは入学した鳳学園で「薔薇の花嫁」と呼ばれる少女・姫宮アンシーに出会い、彼女をかけた決闘ゲームに巻き込まれていく。

あらすじ・ストーリー

幼い頃に助けてくれた王子様に憧れ、王子様になりたいと願う天上ウテナは、入学した鳳学園で姫宮アンシーという少女に出会う。
アンシーは「薔薇の花嫁」と呼ばれており、決闘に勝利しエンゲージした者には「永遠」に至る「世界を革命する力」が与えられると言われていた。
「薔薇の花嫁」をかけて戦い続ける生徒会メンバー(デュエリスト)たちは「薔薇の刻印」と呼ばれる指輪を持っていた。
ウテナが幼少期に助けてもらった王子様に貰った指輪がデュエリストの持つ「薔薇の刻印」と同じものであったため、ウテナもこの薔薇の花嫁をかけた決闘ゲームに巻き込まれていく。
各生徒会メンバーとの決闘の末アンシーを手に入れたウテナだったが、謎の組織”黒薔薇会”が現れる。
彼らの用意した黒薔薇のデュエリスト達が生徒会メンバーの剣を手に、ウテナに決闘を挑む。彼らの目的は薔薇の花嫁に死を与えることだった。
黒薔薇会の主宰者である御影草時との決闘に勝利したウテナは、アンシーの兄で学園理事長代理の鳳暁生と関係を深めていき、「世界の果て」の真相に近づいていく。

用語

エンゲージ

婚約の意味。薔薇の花嫁・アンシーをかけた決闘の勝者はアンシーと「エンゲージした」と表現され、アンシーはその勝者へ従属することとなる。

世界の果て

薔薇の花嫁をかけた決闘ゲームを仕組んだ黒幕。その正体はかつて「王子様」だった者の成れの果てである。
誰と誰が決闘するか、などは世界の果てからの手紙により決まる。

世界を革命する力

薔薇の花嫁とエンゲージした者に与えられる力。
デュエリストたちは各々の理由により世界を革命する力を欲し決闘に参加する。

決闘広場

学園の裏にある森から薔薇の刻印を持つものだけが入れる円形の広場。
螺旋階段か中央のゴンドラを使用して最上階へ行ける。
広場の上には逆さまになった城が見え、勝者にはそこからディオス(王子様)が舞い降り力をくれる。

黒薔薇のデュエリスト

御影草時によって心の闇を解放させられ、決闘に参加することになったウテナや生徒会メンバーの関係者達。
根室記念館の面会室で心の闇を解放させられ、生徒会メンバーの体から剣をとりだしウテナに決闘を挑む。

根室記念館

昔この場所で根室教授が「永遠」についての研究を行っていたが、その研究に携わっていた生徒100人が火事で命を落とした。
黒薔薇会はこの校舎を使っており、ここに訪れたものは御影に心の闇を解放され黒薔薇のデュエリストとなる。

薔薇の刻印

世界の果てから選ばれたものが送られる指輪。
かつて永遠の研究を行っていた100人の生徒と根室教授は世界の果てと契約してこの指輪を手にしていた。
この指輪を持つ者のみが決闘広場に入り、決闘に参加することができる。
御影は永遠を研究していた少年100人が持っていた指輪を使って黒薔薇のデュエリストを生み出す。
ウテナは幼少期に自分を助けてくれた王子様からこの指輪を受け取っている。

主要登場人物・キャラクター

天上ウテナ(てんじょううてな)

本作の主人公。
幼少期に両親を事故で亡くし、その際に自身を助けてくれた白馬に乗った王子様に憧れ自分も王子様になりたいと思っている少女。
”王子様のように気高くかっこよく”をモットーに正義感が強くスポーツも万能で中等部の女子生徒の人気の的である。
薔薇の花嫁と呼ばれる姫宮アンシーと知り合い、彼女を巡る決闘ゲームに巻き込まれていく。
実は幼少期王子様にに会った際に「百万本の剣」で貫かれたアンシーの姿を見せられていて、その際に「薔薇の刻印」の指輪を授けられていた。
その時、ウテナの本当の目的は「アンシーを助け出すこと」だったことが判明する。
暁生とアンシーが肉体関係にあることを知ってもアンシーを助ける気持ちは変わらず、本当のアンシーが閉じこもっていた「棺」を開く事に成功し、彼女の意識を革命する。
ウテナはアンシーの身代わりとなり鳳学園という世界から消え、アンシーと暁生以外の他の人々から忘れられてしまう。

姫宮アンシー(ひめみやあんしー)

薔薇の花嫁と呼ばれている少女。
決闘ゲームに勝利し彼女とエンゲージしたものには世界を革命する力が与えられるといわれている。
エンゲージした者に従属し、あまり主体性を見せない性格である。
昔多くの人の願いを叶えすぎたことで傷ついたディオス(王子様)を封印したが、彼女は「魔女」と見なされ、ディオスに救ってもらうはずだった「お姫様」達の家族によって無数の剣で刺し貫かれ、人々の憎しみから成る「憎悪に光る百万本の剣」を受け止め続ける事になる。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents