はたらく細胞(第12話『出血性ショック(前編)』)のあらすじと感想・考察まとめ

「この新人赤血球さんの教育係をしてもらいます」と先輩は言い、赤血球に新人を紹介した。ドジでおっちょこちょいの自分とは違い、とても優秀な後輩にプレッシャーを感じながらも努力する赤血球。その時、大きな音とともに爆発が起こる。周囲は明るく照らされ、気を失う赤血球。目を覚ますと辺りは破壊され、細胞たちは倒れていた。
今回は「はたらく細胞」第12話『出血性ショック(前編)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「はたらく細胞」第12話『出血性ショック(前編)』のあらすじ・ストーリー

後輩赤血球(左)を紹介する先輩赤血球(右)

人間の身体の中には、約37兆2000億個もの細胞たちが、毎日元気にはたらいている。肺胞で酸素を受け取った赤血球が配達に向かおうとした時、先輩赤血球が声をかけた。
先輩赤血球「あんたに頼みたいことがあってね。この新人赤血球さんの教育係をしてもらいます」
真面目そうな赤血球が挨拶をする。
赤血球「待ってください、無理ですよ!わたし自身、半人前みたいなものなのに」
先輩赤血球「これも仕事のうちよ。あんたも新人の頃は、ずっと他の赤血球たちにお世話になってきたでしょう?その恩を返すんだと思ってやりゃいいの。あたしも、そうだったんだから」
先輩の言葉に納得した赤血球は、請け負うことにした。
赤血球「よろしくお願いします」
後輩赤血球「こちらこそ、先輩」
オドオドする赤血球と比べ、後輩赤血球は落ち着いた物腰である。
後輩赤血球「なんで敬語使うんですか?私後輩ですよね」
赤血球『いきなり後輩さんを混乱させるようなことをして、わたしのアホ!わたしは先輩なんだから、毅然としてなきゃ』
心の中で気合いを入れる赤血球。
赤血球「それじゃあ、いろいろ教えてあげるね。まず、わたしたちのお仕事の内容だけど」
後輩赤血球「血液の六つの働き。一、水分保持。二、ガス交換。三、栄養分などの運搬。四、体温調節。五、身体の防御。六、傷口の補修。そのうち、わたしたち赤血球がすべき仕事は、ガス交換がメインなんですよね。本来の仕事ではない栄養分の運搬も、おまけでやってしまってるけど。組織細胞さんに酸素を届けると、細胞さんはブドウ糖を燃焼し、エネルギーと二酸化炭素と水を作るとか。二酸化炭素は身体にとって有害なものであり、排出しなければならないから、わたしたちが肺胞まで運搬し、酸素と交換をする。その繰り返しだと聞いています」
淀みない回答に、赤血球は動揺した。
赤血球「もう知ってるんだね。じゃあ、とりあえず実際に循環してみようね」
いつも通り迷子になった赤血球は、適当な道へ進もうとする。
キラーT細胞「ゴラッ!ここはリンパ管だ!赤血球のガキが入んじゃねえ!」
赤血球「怖かったあ。ゴメンね、ビックリさせて」
後輩赤血球「いや、別に」
赤血球「わたし、すぐ間違えちゃうの」

菌と取っ組み合いをしている白血球(中央)

聞き覚えのある声がした。
白血球「オラオラオラ、死ねえ!死ねえええ!」
菌と取っ組み合いをしている白血球だ。
赤血球「白血球さんだ」
後輩赤血球「先輩、免疫系と知り合いなんですか?」
赤血球「うん、良い人たちだよ」
菌を退治した白血球に赤血球は声をかけた。
白血球「隣の赤血球は、もしや後輩か?」
赤血球「そうなんです。私、教育係を任されまして、今いろいろ教えてあげてるんですよ」
その時、死んだと思っていた菌が再び動き出した。
白血球「コイツ、まだ息が?!」
攻撃された菌の血が激しくほとばしるのを、後輩赤血球は不安そうに見つめている。
赤血球「あのね、血管中で仕事する白血球さんたちにも、種類があるんだよ!ねえ、白血球さん、教えてあげてください!」
菌に対する白血球の怒鳴り声に負けないよう、赤血球は声を張り上げた。血を撒き散らしながら説明する白血球の姿を、後輩赤血球は青褪めた顔で見ている。
赤血球「この白血球さんも、みんなはちょっと怖がってるけど、ホントは優しい人だから!」
白血球がナイフを高々と振り上げ、菌にとどめを刺した。赤血球たちの方に血しぶきが上がる。

赤血球を心配する白血球

赤血球「ホント、ゴメンね。新品の制服なのに、返り血でベトベトになっちゃって」
後輩赤血球「いや」
風呂で血を洗い流した赤血球たち。
赤血球「ビショビショになっちゃったから、あったかい飲み物持ってきたよ。コーヒーと紅茶どっちにする?お砂糖とミルクもあるよ。一緒に飲んで、あったまろう」
後輩赤血球「ここは普通、飲み物じゃなくてタオルでは」
言われたことが、もっともすぎて、ショックを受ける赤血球。
赤血球『ダメだ、もっと先輩らしいとこ見せなきゃ』
その想いとは裏腹に、また道に迷ってしまった赤血球は、すっかり落ち込む。偶然通りかかった白血球は、うなだれている赤血球を見て思った。
白血球『あいつ、後輩と上手くやれているのかな?』
赤血球「ゴメンね、頼りない先輩で」
後輩赤血球「いや、別にそんなことは」
赤血球「今度こそ、ちゃんと案内するから」
地図を睨みつける赤血球。時間はかかったが、正しい方向を導き出した赤血球の後ろ姿を、白血球は温かい眼差しで見守った。

大きな音とともに爆発が起こる

その時、大きな音とともに爆発が起こる。周囲は明るく照らされ、気を失う赤血球。目を覚ますと、辺りは破壊され、細胞たちは倒れていた。変わり果てた光景に目を見張る赤血球。背後で気配がした。振り向くと後輩赤血球が、ただならぬ様子に驚いている。
後輩赤血球「なにごとですか、これは?!」
赤血球「わかんない」
白血球「大丈夫か?」
白血球が現われた。「血球たちは身体の中心部へ集まれ」という命令を赤血球に伝えた白血球は、急ぐようにうながした。そうしないと、血球たちが押し寄せてくるのだ。そうこうするうちに、大量の血球たちに押し流される赤血球たち。これが血圧である。
サイレンが鳴り響き、緊急事態が宣言された。生命にかかわるレベルのダメージが起こったのだ。呆然としていた後輩赤血球は、他の赤血球たちや白血球たちが、なにかに備えていることに気付く。緊迫した空気が流れる。
アナウンス「頭部付近の組織、血管が激しく損傷しています。免疫細胞のみなさま、損傷部からの細菌の侵入に備え、至急現場に急行してください」
白血球たちが雄叫びを上げた。血小板たちも止血のため、損傷箇所へと向かう。赤血球たちも酸素の運搬を再開する。体内は、一気に物々しい雰囲気と化した。事態が呑み込めず、困惑する後輩赤血球。
赤血球「行くよ。うろたえるのは後にして、とにかく今は酸素を運ぶよ」
そして、傷口の近くに到着した白血球は、有り得ない光景に固唾を呑んだ。荒廃したその場所には、血球たちの姿はなかった。

「はたらく細胞」第12話『出血性ショック(前編)』の感想・考察

「はたらく細胞」アニメ全話のネタバレ解説まとめ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

はたらく細胞(第8話『血液循環』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いつまでも半人前じゃ、足手まといになってしまう。迷わず最後まで一人で、この循環器を一周してみせる!』そんな熱い思いを持った方向音痴の赤血球を、ひそかにサポートする心配性の白血球。ふたりは、下大静脈から心臓へ行き、次に肺へと向かわなければならない。キラーT細胞は、免疫細胞が他の細胞や血球たちと仲良くすることに、なぜか不満のようだ。 今回は「はたらく細胞」第8話『血液循環』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第1話『肺炎球菌』)のあらすじと感想・考察まとめ

酸素を動脈に届けていた新人の赤血球は、細菌に襲われる。しかし、そこへ現われた白血球に救われる。仕事に戻った赤血球は偶然、細菌の生き残りである肺炎球菌に出くわすが、ふたたび白血球に助けられる。迷子の赤血球を、肺へ案内し終わった白血球は、レセプター(細菌レーダー)の反応に違和感をもっていた。 今回は「はたらく細胞」第1話『肺炎球菌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第13話『出血性ショック(後編)』)のあらすじと感想・考察まとめ

傷口の近くに到着した白血球は、目撃者である一般細胞に話を聞く。彼は見ていた。たくさんの血球が、あっというまに傷口に向かって、吸い込まれるように飛ばされていくのを。「ボクら細胞が生きていくのに不可欠な酸素を身体中に巡らせる、赤血球たちがいないんだ」と一般細胞は言った。そのころ赤血球は後輩赤血球をはげましながら、酸素をひたすら運んでいた。やがてあたりは、雪に包まれる。 今回は「はたらく細胞」第13話『出血性ショック(後編)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第5話『スギ花粉アレルギー』)のあらすじと感想・考察まとめ

今年もスギ花粉の季節がやってきた。眼から入った花粉がアレルゲンとなり、さまざまな症状を引き起こす。スギ花粉アレルギー緊急対策本部には、被害報告が次々と寄せられていた。記憶細胞は『言い伝え』を口にする。『宇宙より災いの流星飛来せし時、山は怒り、大地は荒ぶり、海はうごめく』。ヘルパーT細胞は、B細胞を現場へ向かわせた。血球や細胞たちは自分の仕事をまっとうしようとするが、災害はどんどん広がってゆく。 今回は「はたらく細胞」第5話『スギ花粉アレルギー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第9話『胸腺細胞』)のあらすじと感想・考察まとめ

「キラーT君、もうちょっとクールにやれないの?」「こっちも仕事なんでね。アンタの司令に合わせて、キチッと攻撃できるように鍛えなきゃならんのですよ」と、ヘルパーT細胞とキラーT細胞が口喧嘩をしていた。その上司と部下ではない様子に、困惑するナイーブT細胞たち。「彼らはね、胸腺学校時代の同期だったんだよ」と樹状細胞は一枚の写真を取り出すと、ナイーブT細胞たちに昔話をはじめた。 今回は「はたらく細胞」第9話『胸腺細胞』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第2話『すり傷』)のあらすじと感想・考察まとめ

毛細血管に養分を運んでいた赤血球が表皮に近づいたとき、大きな音とともに地面がゆれ、血管の外壁がくずれた。やがて大きな穴があき、その穴へ吸い込まれそうになった赤血球を、白血球が血管へと連れもどす。赤血球たちを逃がし、傷口のそばで侵入してきた細菌たちと戦っていた白血球は、彼らの動きに疑問をもっていた。血管の奥にいる白血球も、捨て身で向かってくる細菌たちは、何かがおかしいと考えていた。 今回は「はたらく細胞」第2話『すり傷』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

はたらく細胞(特別編『風邪症候群』)のあらすじと感想・考察まとめ

風邪が流行り出す季節が訪れた。ウイルスに狙われやすい咽頭付近に住居をかまえる細胞の一人が、細胞分裂という自分の仕事の単調さに不満を持っていた。何か面白いことはないかと考えていたある日、一人の青い細胞と出会う。細胞は青い細胞と一緒に、キラーT細胞やマクロファージなどにイタズラをして楽しむ。友達のいなかった細胞は、これからも仲良くしようと青い細胞に話す。しかしその青い細胞の正体は、とんでもないものだった。 今回は「はたらく細胞」特別編『風邪症候群』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第6話『赤芽球と骨髄球』)のあらすじと感想・考察まとめ

偶然迷い込んだ赤色骨髄で、赤血球は自分が幼い頃のことを思い返していた。そして、緑膿菌に殺されそうだったところを救ってくれた、骨髄球の男の子のことを思い出す。一方、白血球は変な姿をした細胞に襲われていた一般細胞を助ける。その一般細胞の案内で、キラーT細胞やNK細胞とともに、変な細胞の仲間が潜んでいる現場へやってくる。二手に分かれ偵察をはじめたとき、一般細胞とふたりきりになったNK細胞が口を開いた。 今回は「はたらく細胞」第6話『赤芽球と骨髄球』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第10話『黄色ブドウ球菌』)のあらすじと感想・考察まとめ

赤血球は全速力で逃げていた。細菌に追われているのだ。逃げ場を失った赤血球を細菌が殺そうとした時、何者かが細菌に強烈なパンチをお見舞した。その者は黄色い防護服をまとい、マスクで顔を覆っている単球と呼ばれる細胞だ。とても頼れる人だと白血球に教えてもらう。傷口から黄色ブドウ球菌が侵入し、白血球がピンチに陥った瞬間、単球が現われ、そのマスクを取る。 今回は「はたらく細胞」第10話『黄色ブドウ球菌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第3話『インフルエンザ』)のあらすじと感想・考察まとめ

体内を偵察していたナイーブT細胞が、インフルエンザウイルスに感染した細胞に襲われた。しかし、そこへ現われた白血球に救われる。マクロファージや、ナイーブT細胞の先輩であるキラーT細胞たちも応援に駆けつけるが、ナイーブT細胞は恐ろしさに逃げ出してしまう。号泣するナイーブT細胞に、樹状細胞は昔の写真を取り出して見せる。そこには、今のナイーブT細胞のように泣いている、キラーT細胞たちが写っていた。 今回は「はたらく細胞」第3話『インフルエンザ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第7話『がん細胞』)のあらすじと感想・考察まとめ

幼いころ、免疫細胞に仲間を殺された辛い思い出を抱えていたがん細胞は、免疫細胞に恨みをもっていた。殺される側から、殺す側になる機会をうかがっていたのだ。その正体を早くに見破ったNK細胞は、現場の偵察に来ていたキラーT細胞と白血球をうまく逃がし、自分一人でがん細胞と戦おうとしていた。一方、赤血球は大量の栄養分を運ぶ仲間を手伝っていたが、途中でマクロファージに声をかけられる。 今回は「はたらく細胞」第7話『がん細胞』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『はたらく細胞』とは、鈴木健一監督、david production制作によるアニメ作品である。ナレーションは能登麻美子。講談社の『月刊少年シリウス』にて、2015年3月号より連載中の清水茜による漫画が原作となっている。 舞台は、人間の身体の中。細胞たちが擬人化、侵入した病原体などがモンスター化・怪人化して描かれている。酸素を運ぶ赤血球や、細菌と戦う白血球。傷口をふさぐ血小板や、殺し屋のキラーT細胞など、そんな約37兆2000億個もの細胞たちの知られざるドラマが展開される。

Read Article

はたらく細胞(第11話『熱中症』)のあらすじと感想・考察まとめ

外気温上昇のせいで貯水槽の水分は尽き果て、身体は熱中症の危機をむかえていた。肝腺細胞たちは、体温調節機能を取り戻そうと奮闘し、赤血球たちは毛細血管を歩いてなんとか放熱しようとする。白血球も暑さには相当こたえているようだ。そんな中、熱に強いセレウス菌が侵入した。セレウス菌は細胞たちが高体温でパニックを起こしている隙に、身体を乗っ取ろうと企んでいた。 今回は「はたらく細胞」第11話『熱中症』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第4話『食中毒』)のあらすじと感想・考察まとめ

赤血球と白血球は、一緒に胃の見学をしていた。すると白血球のレセプター(細菌レーダー)が反応する。近くに細菌がいるのだ。好酸球は侵入した細菌を排除しようと、ひとり戦っていた。細菌が好酸球にとどめを刺そうとしたとき、現われた白血球に助けられる。周囲にいた細胞たちは、弱い好酸球の陰口をいった。そんな時、胃壁を食い破り、白血球でもかなわない寄生生物アニサキスが侵入しようとする。好酸球はアニサキスに立ち向かう。 今回は「はたらく細胞」第4話『食中毒』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents