Cities: Skylines(シティーズ:スカイライン)のネタバレ解説まとめ

Cities: Skylines(シティーズ:スカイライン)とは2015年にフィンランドにあるColossal Orderが開発した、都市育成型のシミュレーションゲームである。
プレイヤーは新しい都市の市長となり、自分好みの街づくりを行うことが出来る。
発売から3年経つが、PC版では今でも新しいDLCが登場し、2018年4月にはPlayStation 4とXbox ONEで、9月にはニンテンドースイッチでも発売され注目を集めている。

大きな街

人口が7000人になるとアンロック

・1タイル購入可能(4/9)

・「課税強化」が出来るようになり、住宅、商業、産業のそれぞれで税率を変更出来る

・特殊施設レベル5がアンロック

・高密度の住宅地と商業地、オフィス区画がアンロック

・公共交通に地下鉄が追加

・条例に「教育重視」「低密度/高密度住宅区画への増税/減税」「低密度/高密度商業区画への増税/減税」「オフィス区画への増税/減税」が追加

・地下鉄駅、焼却炉、大学がアンロック

◆各DLCを導入していると、以下のものも追加、アンロックされる◆

AfterDark
・刑務所
・条例に「犯罪の刑罰化」「娯楽優遇」

Snow Fall
・サウナ

Natural Disasters
・警察ヘリコプター車庫、緊急待避用シェルター(大)、ラジオ電波塔(大)、火災監視塔、宇宙レーダー、地震センサー、研究練
・条例に「避雷針」「VIPエリア」

Mass Transit
・公共交通に飛行船がアンロック
・飛行船整備場、飛行船停留所、飛行船経路
・フェリー埠頭、フェリー停泊所、フェリー整備場、フェリー経路、波力発電所
・条例に「教育的飛行船」

小都市

人口が10000人になるとアンロック

・特殊施設レベル6がアンロック

・公共交通に鉄道が追加

・条例に「小規模事業支援」「大規模事業優遇」「産業区画計画」「ハイテク住居導入」「高層建築禁止」が追加

・鉄道駅、貨物駅、水力発電所がアンロック

◆各DLCを導入していると、以下のものも追加、アンロックされる◆

Mass Transit
・公共交通にモノレールとケーブルカーが追加
・ケーブルカー用ケーブル、モノレール線路、4車線道路の上のモノレール線路、単線モノレール線路、2車線道路の上のモノレール線路、複線鉄道駅、複線ターミナル駅、ケーブルカーターミナル停留所、ケーブルカー停留所、モノレール駅、道路接続モノレール駅、モノレール/バス乗換駅、地下鉄/モノレール/鉄道乗換駅

大都市

人口が16000人になるとアンロック

・1タイル購入可能(5/9)

・下水処理場、火葬場がアンロック
Natural Disastersを導入していると冷凍保存研究所がアンロック

雄大な都市

人口が20000人になるとアンロック

・ローン会社が1つ追加

・太陽光発電所がアンロック

主要都市

人口が32000人になるとアンロック

・1タイル購入可能(6/9)

・公共交通に船舶が追加
ただし街の住民の移動手段ではなく、外部から観光客を呼び込む為の船

・港、貨物港がアンロック

巨大都市

人口が44000人になるとアンロック

・1タイル購入可能(7/9)

・原子力発電所、貨物ハブがアンロック

メトロポリス

人口が65000人になるとアンロック

・1タイル購入可能(8/9)

・公共交通に航空がアンロック

・空港がアンロック

メガロポリス

人口が80000人になるとアンロック

・1タイル購入可能(全タイル購入可能)

・条件が揃うことで、チート的な効果を発揮するモニュメントがアンロック

・国際空港がアンロック

『Cities: Skylines』の裏話・トリビア・小ネタ

資金が足りない時は「放置」

Digipro
Digipro
@Digipro

目次 - Contents